豊後水道 漁師の用語集


{豊後水道西部にて資料収集}



 昔から伝わる一本釣り漁師の「漁師の言葉」には、方言に通じる表現も多いが、独特の漁師言葉が多く現存する。
 漁師と会話するには「漁師の言葉」を理解する必要が生じる。


漁師の言葉 言葉の意味
あーぬく 上を向く様。
あう 逢う。出会う。巡り合う。魚群に出逢って大漁する様。
あう 合う。仕掛けが最適。餌がその魚に合う様。
あえくる やりとりする。細いハリスが切れないように手加減する様。
あえくる 魚などを、やたら当たりまくる様。
あえん 逢えん(魚と)。魚群との遭遇がない様。不漁。釣れない。
あえん 亜鉛。防触亜鉛板。漁船のプロペラや舵などの金属を電触から守る部材。
あお 青。青なまこ・青カマス・マルアジ。
あおざかな 青魚。アジやサバ・ハマチなど。
あおもの 青物。上物。アジやサバ・ブリなど。
あおる 煽る。周期的に曳く様。{モイカ}がこの引き方をする。
あか 垢。ビルジ。船に流入した海水。あかとり=ビルジを汲み出す様。
あか 赤。赤なまこ。赤カマス。
あかあみ 魚群で海面が、若干茶色に色変わりしている様。
あかえば 赤エバ。サバ皮などを赤系統に染めて疑似餌にした物。
あかた アカタ。マアジの幼魚。海中で密集すると赤茶色に見えるから?
あかとり ビルジの汲み取り。船に流入した海水の汲み取り。ビルジを汲み出す様。
あかもの 赤系統の魚。鯛類・アマダイ・イトヨリ・キンメダイなど。
あかり 明かり。集魚灯。航海灯。遠くに見える灯火。
あがりはげ 揚がりハゲ。浮きハゲ。南洋系のウスバハゲが酷寒の頃、低水温に耐え切れずに海面を漂う様。
あがりも 揚がり藻。波で海岸に打ち上げられた海草類。
あがる 揚がる。目視できるような浅場にタコや魚が来る様。使用例=あがりダコ・あがりボラ。
あがる 死ぬ。釣って生け簀に入れていた魚が死ぬこと。使用例=アガッテしもうた。アガルかな?
あがる 揚がる。上がる。上陸する。使用例=今度の台風はあがるぞ。
あがる 揚がる。上がる。上陸する。ウミガメが産卵に上陸する様。
あくる 明ける。夜が明ける。
あぐり あぐり網。
あける 開ける。活魚船倉のスカッパー(栓)を開ける。海水を入れる様。
あげしお 上げ潮。満ち潮。込み潮。
あげる 上げる。揚げる。仕掛けを浅くする様。
あげる 揚げる。魚を水揚げや荷揚げする様。
あきさば 秋サバ。旬のサバ。秋から冬にかけての脂の乗ったサバ。関サバ。
あさしお 朝潮。釣れる潮流のある朝間。 使用例=明日は朝潮じゃー早起きせぇ。
あさがり 深い海底から「岡のように」砂が盛り上がった場所。「すか」とも言う。
あさづき 朝月。夜明け前の月夜。
あさなぎ 朝凪。対流がない朝の時間帯。
あさま 朝間。朝の間。朝、魚が採餌する時間帯。太陽の揚がるまで。
あさば 浅場。あさがり。州。深い海底から「岡のように」盛り上がった場所。「すか」とも言う。
あさみち 朝満ち。朝間の満ち潮。使用例=あのポイントは朝満ちに釣れる。
あさやけ 朝焼け。
あしがはやい 足が速い。移動が速い。魚群の動きが速い様。魚群の逃げ足が速い様。
あじがけ アジを掛けての釣り。[活アジ胴付き仕掛け]
あすたん 後進。船をバックさせる様。
あせぇ 浅い。 反対語=ふけぇ。深い。
あそうやれ  浅くやれ。浅く入れて釣れ。浅い棚を攻めろ。
あたる 当たる。食い付く。釣れる。
あたる 当たる。当てた。ポイント予想が当たる。魚群に遭遇して大漁。
あたる 当たる。沈み瀬に船底が当たる。座礁する。
頭を揚げる ブリなどが海面で「なぶら」を打つ様。イルカやサメ、カジキ等が海面に姿を表す様。魚や魚群が目視される様。
当たらん 当たらん。当たりが無い。食い付かない。釣れない。
あたりぜ 当たり瀬。暗礁。座礁の危険がある沈み瀬。
あたり 魚の喰い。喰いつき。
あたりまくる 魚などを やたら触る様。
あたる 当たる。触る。
あつい 厚い。濃い魚群。層が厚い魚群。
あつい 厚い。魚の身肉が肥満して分厚い様。肥満した魚。
あてる 当てる。 釣って「あたりを」みる。使用例=○○の瀬で鯛を当ててみる。
あてる 当たる。 ポイント予想が大当たりした様。
あてんぽかし 位置やポイントも定めずに釣りなどをする様。
あとおい 後追い。魚群の通過した後を追う様。釣れなくなってから釣りをする様。
あとしお 後潮。干満1周期(15日間)の大潮より後半。
あなごかご アナゴ籠。アナゴを捕獲する筒状の罠。筒とも言う。
あなごなわ あなご縄。アナゴ用はえ縄。
あなごもり 穴籠リ。タコや魚が穴に潜む様。
あなじ 北西風。
あなどる 甘くみる様。油断する。
あなほご 穴カサゴ。磯辺の石の間に潜んで餌を待つカサゴ。世間を知らぬやから。
あね 姉。同種の魚で、少し大きい様。使用例=ちったぁ姉じゃー。(少しは太いぞ)
あば 網の上部に付ける浮き部品。ユラとも言う。昔は桐材などの木製であった。
あばかん 喰っても有り余るほど。余剰なほど。
あばりら こばりら 有り余るほど。
あぶらをうる 油を売る。時間を稼ぐ。仕事をサボる。
あぶらなぎ 油凪。油を流したような凪。べた凪。
あぶらむぎい 脂っ濃い様。くどい味。
あぶる 炙る。軽く焼く。
あみ 網。生け簀。獲ってきた魚を生かす網籠。
あみ 網。手玉。魚を獲り込む時に使用する柄の付いた道具。
あみにげ 養殖場や網から逃げ出した魚。
あやす 手加減する。やりとりする。
あらぐい  荒食い。入れ食い。爆釣。無茶苦茶釣れる様。
あわぁくう あわてる。びっくりする。
あわくい 泡食い。慌て者。
あわくれーさば 泡食いサバ。泡でも食う小サバ。慌て者。
あわせる 合わせる。魚が鈎を口に入れるタイミングを逸せずに糸を引いて鈎掛かりさせる様。
あわせる 合わせる。魚の居るポイントや棚に仕掛けを逢わせる様。
あんどん アンドンメ。ワカメに近い海藻。
あんどんかご 行燈籠。行燈型の撒き餌籠。
いおえさ 魚餌。付け餌にする小魚。
いおおい 魚追い。不漁ジンクスのある特定の魚船。
いおみだい  魚見台。漁群の動きを見張る岬の高台。ボラ山とも言う。
いおむし 魚虫。魚の口中に吸い付くフナムシに似た白い寄生虫。
いおむし 魚虫ほど魚が好きな人。魚に目がない奴。
いかえ イカ餌。真鯛やブリを釣る時に使用するイカ。
いかがた イカ型。餌木。スッテ。イカ角。イカ釣り用具。
いかし 生簀。活かし籠。活かし網。
いかしかご 活かし籠。生簀。びく。竹籠。合成樹脂の活かし籠。
いかし 活かし。活かした魚。生簀に入れた活魚。
イカ鯛釣り イカの活餌を鈎掛けして、大きな真鯛・ブリ・ヒラメ等を釣ること。
いかとり イカ捕り。イカ釣り。
いかりあと 錨跡。大型船が投錨後に残した海底の穴。
いかん 行かない。潮が動かない。潮流がない。
いき 行き。潮流が動くさま。
いき ポイントへ行く様。往路。
いきあたり・ばったり 位置やポイントも定めない様。
いきえ 活餌。生きた餌。
いきえがけ 活き餌掛け。生きた餌を掛けての釣り。
活きがいい  鮮度がいい。泳ぎがいい。
いく 行く。魚が曳き込む様。手釣り漁師の釣り糸を大魚が曳き込む様。使用例=こいつは大きい「いく、いく」止らんぞ。
いく 行く。潮流が速く流れる様。
いく 行く。釣りに行く。
いけす 生け簀。魚を畜養する網の枠。
いけま 活間。活魚船倉。生け簀の間。活魚用に作成した海水の流通する船倉。
いこみばり 鋳込み鈎。てんや鈎。うちこみばり。真鯛を釣る専用鈎の一種。
いさり 漁り。磯突き漁。
いさりもの 漁り物。磯突き漁での漁獲物。サザエ・アワビ・ウニなど。
いさりび 漁火。集魚灯の光。
いそ 磯。磯に行く。潮干狩りに行く様。
いそいお 磯魚。藻場に居る魚。
いそくさ 磯草。海藻。
いそくさとり 磯草獲り。海藻とり。海藻の収穫。
いそづり 磯釣り。磯辺での釣り。
いそもの 磯物。アワビやサザエ、蜷など磯辺で獲れる海産物。
いそやけ 磯焼け。磯辺の浅い岩場に海藻がない様。
いた 行った。逃げた。行ってしまった。切れてしまう様。魚が釣り上げる途中に逃げる様。
いた 行った。魚に曳かれて根掛かりする様。
いちまい 一枚。アワビなど大きな貝を数える単位。
いちぼう 一棒。一棒=30尋(約45m)昔の計測単位。
いつく 居着く。沈船や漁礁などに魚群が留まる様。
いっかんめだい  一貫匁鯛。3s位から5s程度の真鯛。最も見かけのいい大きな真鯛。
いっこもつれん 一個も釣れない。1匹も釣れん。全く釣れない。不漁。
いっこん 一匹。魚を数える単位。極端に小さな魚や数sを越すような大魚を数える際に使うことは少ない。
いっこんぼら 1匹だけの魚。仲間とはぐれた魚。普段は群となる魚が一匹だけで居る様。仲間はずれされる様村八分。使用例=あいつは「いっこんぼら」じゃー。
いっすんずり 一寸ずり。ちょっとだけづつ前進する様。超微速。
いっとき 一時。短時間。短期間。
いっぱい 一ぱい、二はい。イカやタコ・ナマコを数える単位。
いっぽん 一本。ハマチやアナゴなど、細長い魚を数える単位。
いて みた 行って様子をみた。別のポイントで釣って様子をみた。
いね、いぬる 帰れ。帰る。
いまんかた 今ん方。先ほど。サッキ。使用例=「いまんかた」イルカが居た。
いびしい 汚い。みみっちい。
いぼ 吸盤。
いもつき 芋突き。ヤスで漁をする際に芋を突く如く容易に魚が刺せる様。
いら 鱗。
いらぶかす ごまかす。騙す。疑似餌に動きを与えて魚を騙す様。使用例=もっと上手に「いらぶかせ」。
いりこむ 入り込む。乗っ込む。内海の入り江などに魚群が入る様。
イルカが、たおす イルカがジャンプしたり、採食活動をする様。
イルカぐい イルカ食い。イルカに追われて居場所を変えた魚群。イルカに巻き狩りされて放心状態の魚(手玉ですくえることもある)
いるかまわし イルカ回し大魚やイルカに追われた小魚群れが脅えて逃げ回り、他のポイントや内海などに大群となって避難して来る様。
いれぐい 入れ食い。爆釣。
いれぜ 入れ瀬。漁礁。
いろがわし 色変し。タコやイカが体色を変す様。
いろがわり 色変し。魚群で海面の色が変わる様。
いわいざかな  祝い魚。新船購入や新築、就職決定時の祝い事などに供する魚。
いわ 岩。石。網の下部に付ける錘。昔は焼きのいい陶器をロープに通していた。
いわがんつう 岩ばかりのポイント。
いわし 鰯。イワシ類。カタクチイワシ・ウルメイワシ・マイワシ。
いわしずけ イワシ附け。イワシ類の群の回りを回遊する鯛やブリなどの大魚。
いわし鯛 イワシ群を追う真鯛。
いわし鯛釣り サビキにカタクチイワシやウルメイワシを食わせ、これに直接真鯛を食わせる釣り方。大中真鯛の他にヒラメ・ハマチ・ブリ・サワラなどが釣れる。
いらたか 鱗高。鱗(ゼンゴ)が大きいマアジ。特大のマアジ。※ マアジの亜種だと言う漁師も居る。
いれのうに 入れたばかり。初投入。最初に。
ういちょる。 浮いている。上層に居る。真鯛などが普段居る水深より浮上している様。
うえ 上。上層。
うえ 上。上流。漁礁や沈み瀬の上流側。
うえ 上。北側。かみ。
うおつきりん 魚附き林。魚付き保安林。魚を沿岸に寄せる為に保護された林。
うき 浮き。浮く。死魚。魚が死んで浮き上がる様。
うき 浮き。浮き魚。魚群が浮上した様。
うきいお 浮き魚。仮死状態で浮上した魚。
うきだい 浮き鯛。中層に浮上した鯛。
うきだい 浮き鯛。急に釣り上げた鯛が空気袋が膨らんで腹を上にして浮上する様。
うきなわ 浮き縄。浮力の大きいロープ。海面に浮くナイロン系のロープ。
うきなわ  浮き縄。中層で魚を獲るはえ縄。
うく 浮く。揚がる。 使用例=海底の魚群が中層に浮く。中層の魚群が海面に浮く。
うく 浮く。死ぬ。生簀内の魚が死ぬ様。
うけ ウキ。浮。フロート。
うごかん 動かない。潮が動かない。潮流がない。
うごき 動き。泳ぎ。移動。使用例=餌の動きが悪い。
うじ 遊路。通路。ポイント。魚の通り路。いいポイント。
うすい  薄い。少ない。魚の密度が疎らな様。
うずをまく 渦を巻く。異常な程の魚の大群が居る様。使用例=ハマチが「渦を巻き」よる。
うせる 失せる。失せた。仕掛けを失う様。逃げ去る。
うとい 疎い。のろま。
うちあがる 打ち揚がる。大魚に追われたイワシ類などが揚陸する様。嵐の風波で座礁した船の有り様。
うちうみ 内海。内湾。岬に囲まれた風波の無い海。
うちこみばり てんや鈎。いこみばり。鋳込み鈎。てんや鈎。= 真鯛を釣る専用鈎。
うつ 打つ。水面で魚の「なぶら」が、一瞬同時に轟音をたてる様。
うつ 打つ。波が打つ。波が砕ける。うねりが磯を洗う。
うっつめ そればかり。使用例=島は魚料理の「うっつめ」。
うっつめ 路地の行き止まり。使用例=集落の「うっつめ」に俺の家。
うでぎ 腕木。艪の上部。
うどむ うなる。水面で魚の「なぶら」が、轟音をたてる程の異常な大群で居る様。 使用例=ぶりが「うどみ」よる。
うの 鵜。鵜の鳥。釣りが上手な人。使用例=あいつは「うの」じゃー。
うのとり 鵜。鵜の鳥。
うのとり  鵜の鳥。漁の上手な人。使用例=あいつは「うのとり」じゃー。
うま  ウマズラハギ。
うみいっぱい 海いっぱい。海一面に魚群が居る様。使用例=イワシが海いっぱいじゃー。
うみじけ 海時化 陸地に比較して海洋が異様に荒れる様。 台風の中心が当地方の東側を通過すると、陸上の風は強くなく、北風や北東風が強く吹くから、海上は大時化となる。使用例  今度の台風は四国に上がるケー、海時化じゃあーぞ。
うもり  埋もり。沈み瀬ほどでないが、障害物のある海底。いいポイント。
うら 浦。漁場。ポイント。
うらまえ 浦前。漁師の集落。海辺の集落。
うれた 高価。高価に売れた。市場で魚価が高かった様。
うれん 売れん。売れない。魚価が安かった様。
うろたえる 慌てる。逃げる魚が右往左往する様。
うわしお 上層を流れる海水。反対語=底潮。
うわつら 上面。水面に近い位置。上層。
うわば 魚群などの「上側の際」。使用例=イワシ群の「うわば」に真鯛が居る。
うわもの 上物。青物。アジやサバ・ブリ・サワラなど。
「え」をおう  映像を追う。魚探で漁群を追う。
「え」がある 魚の映像が視える。魚群が居る様。魚探の映像に魚の反応がある。
えぎ 餌木。スッテ。イカ釣り用具の一つ。「いか型」とも言う。
えさとり 餌獲り。魚を釣る餌とする小魚やイカなどを獲る前漁。
えさとり 餌盗り。本命の魚が喰い付く前に餌を盗り去る魚。
えじ 餌。活餌。鈎に付けて魚を釣る餌。
えじ 大魚達の餌となる小魚や甲殻類の群。使用例=「えじ」が居るから、近くに大魚も居るぞ。
えだ 枝鈎。[胴付き仕掛け]の枝ハリス。
えだどうぐ 枝道具。胴付き仕掛け。又道具。
えださばき  枝捌き。主ハリスと枝ハリスの絡み具合。
えだもつれ 枝も釣れ。主ハリスと枝ハリスの絡み。
えづけ 餌附け。餌を撒いて魚を寄せる様。
えびえさ 海老餌。海老を鈎付けしての釣り。
えびだて 海老建て網。車海老を獲る刺し網。
えば エバ=魚皮。魚皮サビキ。魚皮で作成した疑似餌。
えば鯛釣り  魚皮で作成した疑似餌で{真鯛}や{チダイ}を釣ること。
えんごう・かんごう 曲りくねった様。
えんずいとおし 延髄通し。魚の鮮度を保つ為に延髄内にピアノ線を入れる様。
おおいお 大魚。大型魚。ブリやサワラ、真鯛など。
おおまじ 大南風。南よりの強風。
おいあげる 追い揚げる。小魚が大魚に海面だ巻き狩される様。
おいぐい 追い食い。小魚を釣り上げる際、この小魚に、更に大魚が食い付く様。
おいぐい 追い食い。仕掛けを手繰り揚げで誘って、追い揚げるブリなどが食い付く状態。
おいたものをとってくる奴 置いた魚を取って来るように連日大漁する漁師。名人漁師。抜きん出た漁師。
おいなみ 追い波。船の後方より来る大波。
おいにがす 追い逃がす。追い散らす。
おいやられる ポイント外に追い散らされる様。
おおいおまわし 大魚回し。大魚やイルカに追われた小魚群れが脅えて逃げ回り、他のポイントや内海などに大群となって避難して来ること。大魚食い。釣れていた魚に更に食い付く魚。使用例=大魚に捕られて釣れん。
おおかぜ 大風、突風。大波の意味が強い。使用例=今日は大風(大波)になるぞ。
おおぐい 大食い。入れ食い。大漁。
おおけなやつ 大きな奴。大きなサメ。大ぶか。
おおむれ 大群。
おおもん 大物。大魚。
おおやびき 大矢引き。仕掛の長さ単位、約90cm。矢を曳く動作の最大の長さ。本矢引きとも言う。
おか  陸。浅場。陸の方。
おかず おかず程度の漁。不漁。雑魚。 使用例=漁がねぇー おかずじゃー。
おかずつり  おかず釣り。一寸の釣り。遊び心の釣り。
おがう 洗う。船の甲板を清掃する様。
おき 沖。海。沖合い。深い方。
おきうり 沖売り。漁獲物を海上で売り渡す様。
おきがいぶね 沖買い船。漁獲物を海上で買い取る船。
おきかぜ 沖風。北よりの風(※地形的に北向きの集落が多い)。
おきがいれる 沖が入れる。北風が吹き始める。沖風(北よりの風)が吹き始める。
おきしお  起き潮。小潮から大潮に推移すること。(枯れ潮の反対語)
おきにでる  沖に出る。漁に出る。海に出る。反対語=沖から帰る。
おきまわす  置き回す。網で魚群を囲む様。
おきよう 若干沖合い。
おく 置く。網をおく。網で魚群を囲む作業中の様。
おさえ 艪船の右旋回。艪を押す動作で右へ舵を切る様。「ひかえ」は左へ舵を切る様。
おざな 磯辺。藻場際。沿岸。
おしあげ 押し上げ。吹き上げ。潮流に砂が押し上げられて浅くなっている場所。
おしまわす 押し回す。艪舟を漕いで右旋回する様。
おす 押す。竿などで船などを動かす様。
おす 押す。櫓を漕ぐ。艪舟を漕ぐ。
おそしお  遅い潮時。釣れる時間帯が遅い様。  使用例=今日は遅潮じゃ
おち 落ち。瀬落ち。急に深くなる位置。
おち 落ち。下り。瀬戸内海より日向灘に出る魚群。落ち鯛。
おちこぐち  落ち小口。急に深くなり始める位置。
おちこみ 落ち込み。島礁際の潮流に削られた海溝。「深り」とも表現する。
おちる 落ちる。魚が南下する様。魚が浅場⇒⇒⇒深場や沖合いに移動する様。
おちる 落ちる。逃がす。釣り上げる途中に鈎が外れる様。
おつる 落つる。逃げる。集魚灯に附いた魚が居なくなる様。
おとしもん 落し物。大型船が落とした沈下物。海底の砂地に残る切れた錨や器物。
おとしかぜ 落とし風。雷雲の脇を降下する強風。ダウンバースト。
おどる 踊る。動く。活餌が動く様。使用例=餌が「おどらんと」釣れんぞ。
おどらする  踊らせる。疑似餌などで魚を誘う様。
おね 峰。沈み瀬の頂上。
おばね 頂上。尾根。
おもて 船の前部。船首。「にょうし」とも言う。
おやがたんねてくる 親魚が尋ねて来るような小魚。商品価値の無い小魚。
およぎ 泳ぎ。動き。餌とする小魚やイカなどの付け餌の動き。
おらぶ 叫ぶ。
おらん 居ない。魚探に映像が無い様。
おる 居る。魚群が診える。魚探に映像がある様。
おれどう 俺共。俺達。
おん 雄。使用例=おんだい(オス鯛)。
おんだもの 残り物。時季遅れの魚。
おんばれー潮 御払い潮。盆過ぎにある最高潮位日。この日に海水浴すると御祓いの幸あり。
かえ 替え。予備。予備の仕掛け。
かえし 返し。戻し。ががり。釣り針の掛かった魚が外れないように逆向きに尖った部分。釣り鈎に付いている逆向きの剣先。
かえり シラスが少し成長したカタクチイワシ。小さなイリコ。
かかり  最初。釣り始め。
かかりづり 掛かり釣り。投錨しての釣り。
かかる  掛る。鈎掛かりする。
かかる 掛る。刺す。刺し網に魚が掛る様。
ががり  かえし。返し。戻し。掛かった魚が外れないように逆向きに尖った部分。
かき 牡蠣。磯辺の天然カキ。
かく  錨が海底にしっかりと固定される様。
かくしばしょ 隠し場所。隠しポイント。誰にも教えないポイント。
かくれ 隠れ。隠れ瀬。沈み瀬。暗礁。
かけあがり  掛け上がり。深い海底が急に浅くなる位置。段小口と表現する場合もある。
かけのいお 計けの魚。大きさ色合いが同じ魚。同種同位の魚。一対の魚。天秤量が水平になるような2匹の魚。
かけめ  計匁。計量。
かけめがある 計匁がある。太っている魚。想像以上に重量がある様。
かご 籠。ハゲ籠。アナゴ籠。
かじかけ 舵掛け。暗礁。舵や船底を損傷する沈み瀬。
かじける  凍える。寒くて手先の自由が利かない様。
かじをきる 舵を切る。方向を変える様。
かじぼう 舵棒。舵を操る棒。
かしむ 傾く。下がる。傾斜する。使用例=片方に「かしむ」
かさ 傘。目的魚の頭上に居る小魚群。
かせ カセ。釣り糸を巻く木製の枠。
かたを巻く  根掛かりしないように錨をさかさにする様。
かたしお 片潮。小潮〜大潮〜小潮が一潮15日、この半分7日程。
かたてんづり  片天秤釣り。片天秤を使用しての釣り。
かたわれ 片割れ。二匹の内の一匹。大群を外れた群。
かち 陸路。
かつれる  黄沙などで、日和がいいのに視界が悪い状態。 ※ 霧や降雨で視界が悪くてもこの表現は無い。
かどる  感じとる。大魚が釣具や餌を警戒して釣れなくなる様。手食いの魚。使用例=真鯛は多いが、「かどって」多く食わんのじゃー。
かなつき 金突き。ヤス。魚を刺して捕獲する漁具。
かぶせ 撒き餌。
かぶせづり  撒き餌釣り。
かぶり」を振る 頭を振る様。使用例=「かぶり」をふるけー鯛じゃあ。
かま 海中のワカメやクロメを刈る鎌のような形をした漁具。
がま 沈み瀬の険しい位置。沈み瀬や島礁際の険しいポイント。瀬頭付近。洞穴状の沈み瀬。使用例=クエは「がま」に居るぞ。
かみ 上。潮上。上流。下の反対語。
かみきり 咬み切り。魚が鈎を避けて餌の小魚などを噛み切る様。
かみて 上手。潮上側。北側。瀬戸内海側。
かみつぶし  噛み潰し。割り鉛。歯で噛んでハリスに付ける割り鉛。
かむ  咬む。噛む。魚が鈎を避けて餌に食い付く様。
かむげあげ  持ち揚げ。食った魚が浮上して仕掛けが緩む様。
かむげぐい 上げ食い。持ち上げ食い。仕掛けが緩む魚の当たり。
かもめ カモメ。ウミネコ。ミヤコドリ。カモメ類の総称。
からっぽ  空っぽ。全く魚が居ない様。
がぼる、ごぼる ブリなどが水面で食む様。 使用例=ブリが小魚に附けて「がぼり」よる。
からばり  空鈎。餌を盗られて鈎だけになった様。
からばり  空鈎。鈎だけのサビキ仕掛け。
がらあじ 大きなマアジ。関アジ。急流域の大アジ。※ マアジの亜種だと言う漁師もいる。
かれしお  枯れ潮。大潮から小潮に推移すること。(起き潮の反対語)
かれる 枯れる。長期間居た魚が全く居なくなる様。
かわうそ 潜水漁の上手な様。使用例=あいつは「かわうそ」じゃー。
かわし 潮流や風の向きが変わる様。
かわしがふく 変しが吹く。風向きが変わって風波が強くなる様。
かわす ポイントを移動する。
かわす 雑魚を避けて目的漁を釣る様。
かわす 衝突しそうになった船や暗礁を避ける様。
かんぎらい 寒嫌い。寒波襲来で海水温度が下がって魚が釣れない様。
かんこ 寒子。寒コイワシ。冬に漁獲されるカタクチイワシ。
かんごいわし 寒小イワシ。寒の内に来流するカタクチイワシの大群。
かんじょう  ぬた。せごし。
かんじょう  勘定。安価な魚を大量に釣るか?高価な多く釣れない魚を釣るか?を見極める様。
かんびより 寒日和。寒波来襲。
がんがんでり  ガンガンと太陽が照る様。真夏の強力な日射。猛暑日。
きえる  消える。居なくなる。魚探に魚の映像が無くなる様。
きしょくがいい 気色がいい。気分がいい。気晴らし完了。
きた 来た。来流した。魚の群がやって来た。魚が来流して釣れるようになる様。 使用例=○○ポイントに{真鯛}が来た。
きた 北風。冬の季節風。使用例=北が出したけぇー、あしたぁー風じゃー(北風が吹き始めたから明日は大しけだ。)
きた 来た。掛かった。食い付いた。鈎掛かりした。
きたごち 北東風。
きび キビナゴ。
きも 肝。肝臓。
きらせー 切ってみろ。使用例=底に掛けて「きらせー」強さが解るぞ。(ハリスの強度を手の感覚で覚える為に一度だけ最初にする動作。)
ぎらなぎ 無風状態の海
きれもねえ 切れ端もない。逸れ魚も居ない様。魚が全く居ない様。
ぎゃくしお 逆潮。さかま潮。潮流が逆。
ぎゃくしゅん 逆旬。旬でないのに旨い魚。
きゅうりょうび 休漁日、一斉に漁を休む日。
きんぐすとん キングストン。船のエンジンの冷却水を取り入れる船具。
きんこう キンコウイカ。紋甲イカ。背中に小判模様がある。
きんりょうのめ マアナゴ(両側に竿計り様の斤量模様がある)。
きんばり 金鈎。金メッキをした釣り鈎。
くい  食い。当たり
くいあげる 食い揚げる。追い食いする。手繰り上げる仕掛けを追って来る様。
くいおとす 食い落とす。アジやイサキ・ハマチ等を釣り上げる途中に大魚が食い付く様。使用例=釣り上げる途中に、歯ブカ(サメ)に「食い落とされて」漁にならん。
くいきる 食い切る。手答えなく仕掛けを喰い切る様。
くいごく する 競い合って食い漁る様。
くいざかり  食い盛り。爆釣の時間帯。
くいしゃぐ 食い潰す。
くいしぶる  食い渋る。喰い付きが今一歩。魚が居るのに釣れない様。
くいがたつ  食いが立つ。釣れ始める。魚の食事時。
くいちぎり 食い千切り。餌の小魚やエビを鈎近くで喰い盗る様。
くいとむる 食い止める。投入途中に魚が掛かって仕掛けの沈下が止まる様。
くいにげ 食い逃げ。餌を盗っても鈎掛かりしない様。
くいのみ  食い飲み。喉に鈎掛かりする様。
くいのみ  食い込み。口に入れる様。使用例=ヒラメは「くいのみ」が悪い。
くいもどす 食い戻す。再度の食い。
くう 食う。魚が喰う。魚が釣れる。漁獲がある。
くじ 九時。270度。時計を羅針盤に見立てた時の短針の位置。
くだり 下り。瀬戸内海より日向灘に出る魚群。落ち。使用例=落ち鯛。
くちあけ 口開け。解禁日。初漁日。
口が切れる 口唇の弱いアジやシマアジなどが鈎から外れる様。使用例=大アジが食い付くが「口が切れて」半分も捕れん。
口がねえ 口が無い。餌を食わない魚。居るのに食い付かない魚。どうしても食い付かない魚。手に負えない魚。
くちこ ナマコの卵巣を乾燥加工したもの。高級な食材であり、炙って食する。
くぼ  窪。小さな入り江。
くぼたまり 窪溜まり。小さな入り江や小さな窪地。
くらいつく  食らい付く。嫌な外道が喰い付く様。使用例=釣り上げるブリにサメが「食らい付く」
くりくり  クリクリ。繰り繰り。ブリを釣る仕掛けの一種。ルアーでの手繰り釣り。
くる 来る。来た。魚が多くなる様。来流する。使用例=桜鯛が来たぞ。今日も大漁だ。
くる 繰る。手繰る。手繰り揚げる。
くるぞ 来るぞ。食い付くぞ。
くるぞ やがて魚群がやって来るぞ。近日来流する魚を予測する様。
くるる 暮れる。日が暮れる。
くろ クロ。メジナ。黒メバル。クロアナゴ。
くろがい 黒貝。ムール貝。岸壁やロープなどで密生して成長する黒い貝。
くろくち 黒口カタクチイワシ。セグロ。
くろばり 黒鈎。黒い色合いの釣鈎。
くろび  黒日。曇天日。
くろみ 黒見。黒く目視される海藻の範囲。砂地までの海藻。浅場。
くわせー 食わせー。良く食わせろ。向こう合わせにしろ。
くわせづり 食わせ釣り。イワシ鯛釣り。サビキに小魚を食わせて、更にこの小魚に大魚を食わせる釣り方。
くわん 食わない。釣れない。食い付かない。
「ぐ」がねえ 具が無い。多く釣れない。まとまった量の魚が居ない様。漁群が小さく漁が無い。売るだけの量がない様。汁鍋の中に「具が少ない」からきた言葉。
くんな 繰るな。無理に手繰るな。
「け」がねえ 気が無い。魚の気配が無い。全く居ない。釣れない。目的の魚が釣れない様。
けこむ 蹴り込む。商品価値のない魚を海に捨てる様。
けちゅうら あわて者。そそっかしい人。掴み所のない動きをする魚。
けん 網を丸く袋状に縫い合わせる際、三角形になる位置。
けん 棘。毒刺。背鰭などの棘。
こいい 濃い。多い。魚群の集合密度が濃い場合の表現。使用例=「こいい」アジの大群じゃあ。
こいお 小魚。カタクチイワシ。イワシ類。ブリや真鯛などの餌となる小魚。
こいおづけ 小魚附け。イワシ附け。イワシやアジなど小魚群の回りを回遊する鯛やブリなどの大魚。
こいわし カタクチイワシ。小さなイワシには使用しない。※小さなイワシ=小羽。
こうねつを言う 理屈を言う。イチャモンを付ける。
ごかいかけ ゴカイ掛け。ゴカイを掛けての釣り。
こぎ 漕ぎ釣り。曳き釣り。トローリング。
こぎづり 漕ぎ釣り。曳き釣り。トローリング。
こぐ 曳く。曳き釣り。トローリング。釣具を船で曳く様。
こぐ 漕ぐ。艪船を漕ぐ。
こげる  風波で船が錨を引き摺る様。
こさえる 造る。仕掛けを造る。
こさぐ かすめる。 使用例=漁礁を「こさぐ」ように釣らんと釣れんぞ。
こし 腰。釣り鈎の曲がり部分。
ごし サワラの当歳物。サワラ=サゴシ(サゴシに成長してないからサゴシのサを抜いて=ゴシ)
こしお 小潮。干満の差が最も少ない頃。旧暦の7〜9日頃と旧暦22〜24日頃。
こしらえる 造る。仕掛けなどを造る様。使用例=疑似餌を「こしらえる」。
こそばいい くすぐったい。
こち 東風。
こちまじ 南東風。
こだい 小鯛。小さな真鯛。1sを超さない程の小さな真鯛。※チダイではない。
こつく 小さな当たり。コツコツとした当たり。
こつきまわす コツコツとした当たりで鈎掛かりしない様。
こっ ともせん 全く食い付かない。不漁。坊主。
ごっそり ねこそぎ。使用例=巻き網が幼魚も「ごっそり」獲ってしまう。
このわた ナマコの腸を乾燥加工したもの。
こびりい 小昼。おやつ。
こみ。こみしお 込み。込み潮。満ち潮。 太平洋、日向灘より瀬戸内海に入り込む満ち潮。
ごみ 流れ藻などの漂流物。
ごみ 経済価値のない雑魚。
ごむ クッションゴム。魚の曳きを緩和する緩衝材。
こめえ。こんめえ 小さい。小物。
こば 小羽。小さなイワシ類。もう少し大きくなると「中羽」となる。
こばり 子鈎。孫鈎。活餌に二本鈎を掛ける時の後方の鈎。
こべり 船側り。左右の船縁。
こもる 住処にする。使用例=イセエビは 岩の裂け目に「こもる」。
こぶ コブイカ。
こぶ 海中の極く小さな沈み瀬。
こぶる 少量づつ食する様。使用例=飴玉をこぶる。
ごぼうぬき ごぼうを抜くように大魚を船に取り込む様。有無を言わさず大魚を取り込む様。
ごぼる ブリなどが水面で食む様。 使用例=ブリが小魚に附けて「ごぼり」よる。
ごま ゴマサバ。
こみしお 込み潮。満ち潮。沖から入り込む潮流。
ごみ ゴミ。流れ藻などの浮遊物。大きなゴミ=流れ物。
こもん 小物。雑魚。 使用例=今日は「こもん」ばっかりじゃー。
こやず 小ヤズ。ブリの当歳魚の小さなやつ。
ころ コロ。船を陸揚げする際に船底に敷いて転がす丸太。
殺しをいれる 魚を殺す様。〆る。鮮度を保つ為に魚を{活き〆}する様。
これ(親指と人差し指でX) イワシ類。使用例=「これが」居らんから真鯛が釣れん。
ごろた ゴロタ。ゴロゴロとした小石。小石のあるポイント。
こん 来ない。潮流が来ない様。潮流の向きが変わる時間帯なのに未だその兆候が無い様。
「さい」のいお 菜の魚。おかず。自家用の惣菜に使用する程度の不漁。雑魚。
さいつり おかず釣り。遊び心の釣り。
さいだす さしだす。魚などを戴く際に差し出す手や手網。
さおひとつ  竿一つ。朝の太陽が少し昇った様。温かさを感じるほど太陽が昇った様。
さおたてびき 竿立てトローリング。
さえ 冴え。湧昇域。潮目。潮目の段差。使用例=「さえ」が立つ。
さゆる 冴える。澄む。透明度が増す。見通しがいい様。
さかさばり 逆さ鈎。鈎が鈎元のハリスに掛かる様。
さかしお 逆潮。逆に流れる潮。
さかしお 逆の潮時。潮流が逆に流れて釣れないポイント。干満の潮時を間違って釣行する様。
さかとんぼり さかさま。頭を下にする様。
さかま 急流域の島礁際で見られる逆流状態の潮流。使用例=あのポイントは「さかま」が行くと良く釣れるんじゃー。
さぐる 探る。捜す。釣って診る。釣れる位置や水深で試し釣りをする様。
「さし」がくる 満ち潮の流れ初め。満ち潮が豊後水道に入り始める様。満ち始め。
さしみざかな 刺身魚。刺身に適した魚。
さじい 俊敏。
さす 注す。潮流が押す。流れ来る。潮流が来る。
さげしお 下げ潮。下げ。干き潮。瀬戸内海より日向灘に太平洋に流れ出る引き潮。使用例=この瀬は「下げ潮」でなきゃー釣れん。
さであみ 生け簀内で活魚を泳ぎ通させて大小を選り分ける網。
さでー 素早い。「さじー」とも言う。
さばかわ サバ皮。疑似餌に使用する加工したサバの皮。
さばく 捌く。魚を料理する様。
ざぶり 台風の襲来前などに降る強いにわか雨。
さめちょう サメ腸。疑似餌に使用するサメの腸。
さらす 晒す。干す。
さわる 触る。小さな当たり。イカやタコが触手を伸ばす様。
さんじ 3時。90度。時計を羅針盤に見立てた時の短針の位置。
三角帆 テンテン帆。スパンカー。船尾に立てる三角形の帆。船首を風見鶏のように風上に向ける役目をする。主に「流し釣り」する際に使用する。
三角波 急潮流の場所に潮流と逆の風が吹くと立つ大波。 これは危険だぞ。
さんぼんいかり 三本錨。狭いポイントを特定する際に三本の錨で船を固定する様。
しいぜ 手玉。たも。魚をすくう際に使用する柄の付いた網。
しお 潮。海水。
しお 潮流。
しおいき 潮行き。潮流の動き。
しおかくれ 潮隠れ。潮流の無い逆流ポイント。さかま。
しおがみ 潮上。潮流の流れ来る方向。
しおぎり 潮霧。海面を漂う濃霧。冷たい海面と、気温の高い気流との温度差により好天時に発生する低い霧。初夏の頃から真夏にかけて凪の時に発生するようだ。突然、視界がゼロになり、レーダー無しでは身動きできなくなる。数時間で霧散することが多いので、航路を避けて停泊するのが無難。
しおごおり 潮氷。活き〆氷。少量の海水に多くのかち割り氷を入れたもの。
しおじり 潮尻。下流。
しおどき 潮時。釣果のあがる時間帯。ポイントによって時間帯は違う。
しおどり 潮取り。潮流による釣れるポイントを順次追う様。
しおどまり 潮止まり。干満の交代時。潮流が留まる様。
しおまち 潮待ち。釣果のある潮流を待つ様。
しおむき 潮流の向き。
しおぼ 潮帆。パラシュートアンカー。船が風波に流されぬように海中に入れるパラシュート。これが船を潮流に乗せる役目をする。
しおめ 潮目。干満境の潮流。海水温や塩分濃度の違う二種類の海水がぶつかる境目。
しおめ 緩やかな時の潮の流れ目。海面に帯状にたなびく光る筋。内海の潮の流れる方向が判る。
しおま 潮間。引き潮と満ち潮の間。潮流の無い時間帯の約30分。
潮待ち 釣れる潮時を待つ様。船の航行に好都合な潮流を待つ様。
潮止まり 満潮や干潮時に、潮流の動きが止まる現象。使用例   「潮止まり」になったら、食いが止まったぞ。
潮が行く  潮流が速い。大潮時。使用例=今度の日曜日は「潮が行く」から釣れるぞ。
潮が行かん 潮流が遅い。潮流が無い。小潮時。
潮が「わりぃ」 潮が悪い。潮具合が悪い。水温や潮流が適当でなく魚の食いが悪い様。使用例=「潮が悪いヶー」釣れんじゃった。(船頭の釣れない時の口実だ?)
しがみつく  強く抱き付く。イカやタコが餌を抱く様。
しきこむ 敷き込む。船底に仕掛けが入り込む様。
しく  敷く。漁群に下方に居る他種の魚。使用例 マルアジ群の下にマアジを「しいて」居る。
しけ 時化。強い季節風。台風。暴風。
しけがこい  時化囲い。台風来襲前の漁船や家屋の防御状態。
しけぬけ  時化抜け。台風通過。
しずみ 沈み。沈み瀬。暗礁。
したば 魚群などの「下側の際」。使用例 イワシ群の「したば」に真鯛が居る。
しっこむ 敷き込む。風波で船底に仕掛けや網が入り込む様。
しなおす し直す。造り直す。
しなぎ 低層に居る濃密な魚群が、口から出す小さな気泡。魚探の無かった頃、この泡の多さと太さで魚種と、その魚群の規模を推測して漁をしていた。正に神業であった。今でも、ベテラン漁師はこの「しなぎ」を見て魚種の選定をする。
しに 死魚。釣り上げた後に死んだ魚。
しばり 縛り。縛り網。巾着網。
じびき 地引網。
しまつつかん 始末がつかない程の入れ食い。どうしょうもない程の大漁。
しまり具合 鮮魚の具合を見る尺度。硬直具合。
しまいりょう 終い漁。終漁日。対象魚の時季終わりの漁。
しめ 〆。活き〆した魚。
しめる 締める。大魚が掛かったさて、「やりとり」する際、ハリスが切れない程度に強く手加減する様。
しめる 〆る。殺す。殺しをいれる。鮮度を保つように、魚を{活き〆}する様。
しも 下。下流。流れ行く方向。
しも 下。南側。
しもて 下手。島礁やポイントの下流側。
しもる 沈む。沈下する。上層に居た魚が低層に移動する様。
しもらせん 沈らせない。沈下途中に魚が掛かる様。
地。浅場。陸地に近い方。
じやま 地山。沖のポイントより陸地に近いポイント。島礁より続く浅いポイント。浅場。
じゃみ アミ。沖アミ。
じゅうにじ 12時。360度。時計を羅針盤に見立てた時の短針の位置。
しゅんとく シュントク。ブリの2歳魚。ハマチ。
じよう 若干陸側。
じよる 地寄る。魚が礒際に寄る様。
しらしんけん 自ら真剣。一生堅命。
しらこ、しろこ 白子。オスの卵。腹中の魚の精子。
しらあみ  夜間に魚群の影響を受けて夜光虫が光る様。魚群で夜の海中が色変わししている様。ハマチやボラ群等が闇夜に目視で探索できる。
しらた 海底の砂地。目視できる海中の砂地。
しらた 磯焼け。浅い磯辺の岩場に海藻の無い様。
しらむ 白む。夜明けの始まり。日の出前に東の空が少しばかり明るくなる様。
しり 尻。下手。南側。○○ポイントの南側のポイント。 使用例=○○の尻。
しりお 尻尾。しっぽ。尾鰭。
しりがけ 尻掛け。ブリ等を釣る際、活餌のアジやイカの尻に鈎掛けする様。
じりい 足元の地面や草が濡れている様。雨上がりの小道など。
しろ シロアマダイ。白口カタクチイワシ。
しろいそ 白磯。藻場のない浅場。磯焼け。
しろくち 白口カタクチイワシ。
しろうしい 足元の草や樹木が濡れてビショビショになる様。
しろばり 白鈎。白くメッキをかけた鈎。
しろばり 白鈎。素鈎。鈎だけのサビキ仕掛け。
しろみざかな 白身魚。鯛類やメバルなど身が白い魚。
しょうがつざかな 正月の刺身魚。正月を迎える「おせち料理」に使用する魚。
じょういかり 定錨。船を係留する固定された錨とロープ。
15日潮 大潮。闇夜の大潮は「一日潮(ついたちじお)」と言う。
じゅんかんすい 循環水。冷却水。
しんしんする 冷え込む様。
巣。○○の巣。特定の魚種が多い位置。 使用例=ここは{真鯛}の巣だ。
すーら、すーら ミズスマシの如く動く様。釣れないポイントを頻繁に移動する様。
すか 海中にある砂の丘。干満潮流の死角に当る所にできる海中の砂の台地。
すか スカ。坊主。てぶら。漁獲ゼロ。全く釣れない様。
すかん 空かん。空かない。海底から離れない。使用例=大物が掛かって底から「すかん」。
すく  空く。低層で抵抗していた魚が揚がり始める様。
すく  空く。魚群に隙間がみえる様。
すごく  握った手の中で滑らせる様。
すていお 捨魚。商品価値が無く捨てる魚。
すていか 捨イカ。捨てるイカ。かって、マツイカ・シリヤケイカは捨てていた。
すておもり 捨て錘。根掛りした際ハリスを細くして錘のみ切らす様。
すてね 捨て値。異常な安値。捨てるほどの安値。
すなじ 砂地。砂泥地。砂床。海底が砂。
すなずり 砂擦り。魚の前腹の位置。マグロのとろ肉の位置。
すなどこ 砂床。海底が砂。
すなぼう 砂坊。フナムシ。
すばり 素鈎。錘を使用しない仕掛け。ハリスに鈎のみの仕掛け。
すびき 素曳き。錘を使用しないトローリング。
すぼ 全く漁の無い様。坊主。 使用例=今日は「すぼ」じゃー おかずの魚もねー。
すぼ 極端に痩せた様。使用例=この時季の鯛は「痩せてすぼ」じゃー。
すぱんかー スパンパー。三角帆。船首を風上に向ける艫帆。
すまる スマル。スバル。切れたロープ等を引っ掛ける錨形の道具。
すもしれん なんともしれない。つまらない。
すら 不漁。てぶら。空を切る様。
すらせ 左右の船縁(こべり)に漁具が痛まぬように付ける防具。竹など。
すりいお 摺り魚。練り身。
すりみざかな 摺り身魚。摺り身に適した魚。エソやカマガリなど。
すりぬける  すり抜ける。魚が網の隙間や破れ目から逃げる様。
すりぬける  摺り抜ける。ウナギやアナゴ・タコなどが狭い網の隙間や破れ目から逃げる様。
する 摺る。魚を摺り身にする様。
する  擦る。産卵行為。多くの同一魚が集って産卵と放精をする様。
するめ  ケンサキイカ、ヤリイカ。※スルメイカではなく、{スルメイカ}はマツイカと称する。
するめつり  スルメ釣り道具。ケンサキイカやヤリイカを釣る道具。
するめつり  スルメ釣り。ケンサキイカやヤリイカを釣りに行くこと。
するめとり  スルメ獲り。ケンサキイカやヤリイカを釣りに行くこと。
ずる 滑る。一寸進む。亀の如く進む様。
すれる  擦れる。ハリスに擦り傷が附く様。
すれる 簀れる。魚が生け簀で犇めいて鰭や鼻ずらに擦り傷を負う様。
すれる 擦れる。活魚船倉や生け簀内で酸欠となった魚の尾ヒレや鱗、目玉などが爛れる現象。
せあたま 瀬頭。沈み瀬の中心の浅い場所。
せいお 瀬魚。岩礁地帯や漁礁に住み着く魚。アラやカサゴ等。
せおち 瀬落ち。岩場が急に深くなる位置。落ち小口=急に深くなり始める位置。
せがかり 瀬掛かり。沈み瀬に錨を入れて釣りをする様。
せがけ 背掛け。ブリ等を釣る際、活餌のアジやイカの背中に鈎掛けする様。
せがましい 瀬がましい。根が荒い様。根掛りし易いポイント。使用例=「瀬がましい」釣り場じゃー。
せかる 詰まる。前がない様。
せぎり なぶら。小魚の群れが海面のプランクトンを食べる際に、海面一面に立てる小さな波紋。使用例=カタクチイワシの「せぎり」が海いっぱいじゃー。
せぎわ 瀬際。沈み瀬や漁礁の近く。
せぐろ セグロ。背黒。黒口カタクチイワシ。
せせる つっつく。
せせろしい うるさい。
せつき 瀬附き。沈み瀬や漁礁に居付いた魚。何時も沈み瀬や漁礁に居る魚。
せにいく 瀬に行く。鈎掛かりした大魚が沈み瀬や漁礁などに曳き込む様。
せり潮 押し潮。満ち潮。豊後水道に入り込む満ち潮。
せる 押す。押して来る潮流。
せる 大量の魚群が潮流のように押して来る様。
せわしい 忙しい。
せわしい うるさい。不必要な口出しをする様。
せわり 瀬割り。アジなどを背中より包丁を入れて干物にする様。
せん 栓。スカッパー。活魚船倉の海水が出入りする穴の栓。
せんこう 潜甲。甲イカの甲羅。
せんだい 船台。船を陸揚げする台車。
せんこうばん 潜行板。潜水板。トローリング用品の一種。
せんすいばんひき 潜水板曳き。潜水板トローリング。
せんていとりょう 船底塗料。フジツボなどが船底に付着しない為の塗料。
ぜんもん米 禅門米。巻き網漁で漁獲される主種雑多な魚。僧が托鉢した穀物の様だから。使用例=ウルメイワシやカタクチイワシ・キビナゴが混じって禅門米で金にならん。
そうつく うろうろする様。
そいしお 添い潮。主流に向かう逆の潮流。
そこ 海底。
そこいお 底魚。海底に居る魚。瀬魚。
そこをはう 底を這う。海底に張り付いた魚群が移動する様。
そこざお 底竿。低層。竿1本ほどの低い位置。
そこじお 底潮。低層を流れる速さや方向の違う潮流。二枚潮の場合は下を流れる潮流。
そこづり 底釣り。低層での釣り。胴付き仕掛けでの釣り。
そことり 底取り。海底の確認。
そこにいく  底に着く。仕掛けが海底に着く様。
そこにしく 底に敷く。別種の魚群がイワシ類などの下層に群れる様。
そこにつく 底に附く。大魚に追われたイワシ群が海底で濃密群となる様。
そこにつく 底に着く。仕掛けが海底に着く様。
そこびき 底引き網。
そこぬり 底塗り。船底に塗料を塗る様。
そこをきる 底を切る。仕掛けを海底より持ち上げる様。
そこをみる 底を確認する。使用例=底を診ながら流し釣りをする。
そこをすかん 底を空かん。鈎掛かりした魚が海底を離れない様。
そたけねえ 手に負えない。やんちゃな様。
そばえる 一時的な雨。にわか雨。
そびく  素引く。合わせる様。使用例=そびかんと掛からんぞ。
ぞびきあげる 素引き揚げる。素早く手繰り揚げる様。ごぼう抜き。使用例=そびき揚げて直ぐに仕掛けを入れろ。
ぞびっこむ 素曳っ込む。大魚が強烈に引き込む様。
ぞびっかえす 素曳っ返す。大魚が強烈な引き込みを繰り返す様。
そで 袖。釣り鈎の耳から曲がりまでの部分。
そで 袖。袖網。底引き網などの左右の網。
そばえ にわか雨。寒冷前線の通過に伴なう小雨。
そら 空。上。上層。
それる 外れる。ポイントを外れる。
だいりょう 大漁。
たおす 倒す。イルカ等の群が漁場を荒らす様。イルカがジャンプする様。使用例=イルカが倒したけぇー 魚は釣れんぞ。
たかい 高い。沖合いポイント。深いポイント。
たかい 高い。沈み瀬が高い=浅い。海底より立ち上がった沈み瀬。
たかい 高い。魚の居る棚が浅い様。使用例=今日は真鯛が「高く」居る。
たかいおたて メジナを専用に獲る刺し網。
 
たかぜ 高瀬。高い沈み瀬。沖合いの沈み瀬。
たかる 餌に群がる様。集中して混雑する様。
たぎる 沸騰する。海面で魚群が「なぶら」を打つ様。
たぎりかえす 海面で魚群が豪快に「なぶら」を打つ様。
たくしあげ 捲くりあげる。仕掛けを素早く手繰る。
たぐり釣り  てんや釣り。ブリの「かったぐり釣り」。
たぐる  仕掛けを手繰る。錨ロープを手繰る。
たぐりあげる 引き揚げる。手釣りの仕掛けを手繰り揚げる様。
たぎりかえす 沸り返す。海面が沸騰する程魚が多い様。
だく 抱く。イカやタコが仕掛けを抱く様。使用例=このスッテはイカの「だき」がいい。
だす 出す。風が出る。吹き始める。吹き出す。
だす 出す。船を出す。出漁する。
だし 出し。干き潮。瀬戸内海より流れ出る潮流。 使用例=「出し」が来たなら釣れるぞ。
だし。だす。 出し。吹き始め。吹きだす。 使用例= 北が「出し」たけー荒れるぞ。
だし  出す。○○出し。ポイントを定める際の○○より○○を出す。
たちをとる 立ちを取る。着底させて水深を確認する。
たち  タチ。タチウオ。
たちあがり   立ち上がり。沈み瀬の崖。海中の急な段差。
たつ 立つ。魚船にロープを結ぶ為に立てた数十cmの柱船具。
たつ 立つ。イワシ群などが海中で立体的になる様。
だっくり ひょっくり 起伏に富んだ様。
たてあみ 建網。刺し網。
たてあみもの 建て網物。刺し網で獲れた魚。
たてづり 立て釣り。モイカを船の直下で釣る様。
たてる 建てる。 刺し網を仕掛ける様。
たてる 立てる。仕掛けを垂直に降ろす様。
たてる 立てる。船の舳先を風上に向ける様。
たてる 燻す。木造船の船底を松葉などで燻して木質部を食う虫を殺す様。
たとい  満潮。「干立ち」の反対語。 使用例=「たとい」になったら食いが止まった。たとい前には鯛がよう釣れた。
たといがくる  満ち潮が流れる時間帯となる。満潮となる。
たといじお  満ち潮。
だまくりかす 騙しまくる。大きな詐欺行為。
だまし いきなり。使用例=油断していると「だまし」に曳き込まれた。
だまし 疑似鈎。疑似餌。欺し鈎。ルアー。エバ仕掛け。
だましづり 疑似餌釣り。欺し釣り。ルアー。エバ仕掛けでの釣り。
たまる 魚が徐々に一定のポイントに増える様。使用例=溜ったから多く釣れる。
たも 手玉。手持ちして釣った魚をすくう網。
たるめる 弛める。仕掛けを着底後に伸ばし込む様。
たわいない 容易。簡単。
たらいのみず 盥の水。潮流の動きが無い様。池の水とも言う。
だんこぐち 段小口。浅い海底が深く落ち込む位置。深い海底が急に浅くなる位置。掛け上がりと表現する場合もある。
ちかば 近場。近いポイント。
ちからあし 力足。イカの長足の隣にある幅の広い短い足。
ちぢれ 縮れ。ハリスの皺。ハリスがパーマ状態になる様。
ちだい チダイ。 ※ 真鯛とは別種なので稚鯛ではない。
ちる 散る。魚が居なくなる様。魚の映像が無くなる様。
ちゃらんぽらん いい加減。集中できない様。
ちゅうだい 中鯛。1s〜3s程度の真鯛。
ちゅうば 中羽。中位のイワシ類。イリコの原料となるカタクチイワシ。
ちようちん チョウチン。大魚に追われたイワシ群が中層で丸く濃密群になる様。魚探の映像では「赤い巨大チョウチン」に見えるものだ。
ちょうはん 水くらげ。濃密な大群をなす、透明くらげ。
ちょんがけ 鈎を餌の端に軽く掛ける様。
ついのいお 一対の魚。同じ大きさの魚。雄雌の鯛。
つかえる 詰まる。一杯になる様。渋滞状態。
つきがいい    附きがいい。イカの食い付きがいい様。使用例=このスッテには「つきがいい」。
つく 附く。小魚群に大魚が附ける様。 使用例=集魚灯に魚が附く。
つく 附く。イカが食い付く。イカがスッテに抱き付く様。
つく 突く。魚をヤスで射す様。
づくてん 頭天。頂上。
つき 月夜。 やみ=闇夜の反対語。
つきあかり 月明かり。月夜。使用例=「月明かり」でモイカ釣り。
つきばしょ 附き場所。魚が寄るポイント。好ポイント。
つける 附ける。小魚群に大魚が寄る様。 使用例=集魚灯に魚が附ける。
つつ  筒。アナゴやウナギを捕獲する筒状の罠。アナゴ籠。
つつきもせん 突つかない。全く食い付かない。不漁。坊主。
づづぶくれる 異様な肥満。水膨れ。
つな 綱。ロープ。
つなぐ 繋ぐ。係留。使用例=船を繋ぐ。
つなぎどぶ 繋ぎどぶ。連凧のように連結して泳ぐ小さな水くらげ。
つの  角。ホロ。トローリング用のルアーの一種。
つぶのり 晩春の頃発生するゴルフボール大の薄茶緑の海藻。
つみひらき 強指先で、イワシなどの小魚を三枚に調理する様。
つよい 強い。強含み。高値。使用例=○○市場は真鯛が「強い」。
つらがい 面買い。魚の鮮度を保つ為に魚を計量せず「一匹いくら」で売買する様。
つり  釣り鈎。= 保戸島地区のみ使用する。
つりあじ 釣りアジ。関アジ。一本釣りで獲れたアジ。
つりサバ 釣りサバ。関サバ。一本釣りで獲れたマサバ。
つりすて 釣り具捨て。仕掛けを捨てるばかり。使用例=この漁礁でやっても「釣り捨て」だ。※ 釣り=仕掛け。
つりすて 釣り揚げてもその場でリリースする魚。商品価値のない魚。
つりまわし 釣り回し。潮流の動きに合わせて釣れる順序にポイントを変える様。
つりもの 釣り物。一本釣りで釣れた魚。
つぼ 壺。タコ壺。
つぼ ツボ。特定の魚の狭いポイント。特定の魚を釣るコツ。
つらがい 面買い。魚の鮮度を保つ為に「1匹いくら」で取引きする様。
ていち 定置網。
ていちもの 定置物。定置網で獲れた魚。
てかぎ 手鉤。魚を選別する際に使用する道具。
てがかたい 手が硬い。柔軟性が無い様。使用例=手が硬いから大鯛が掛かったがハリスが切れた。
てくい 手食い。手負い。釣り損ねて賢くなった魚。かどった魚。
てぐり 手繰り網。
てさぐり 手探り。初めてのポイントでの釣り。情報が無い様。
てさばき 手裁き。仕掛けを要領良く操る様。
てづり  手釣り。ヤマ釣り。釣り竿を使わない釣り。ビシテグスでの釣り。
でてみる 出て診る。出漁して釣果を探る様。やってみる。
てもち 手持ちの仕掛け。在庫。
てぶら  手がぶらぶらの様。全く釣れない様。坊主。
てりあがる 照り上がり。連日の日照り。長期間にわたる晴天日。
てりこわる 連日の日照りと猛暑。
てりごち  照りコチ。夏に浅場に寄る大きなマゴチ。
てりび 照り日。晴天日。
でる 出る。行く。出港する。漁に出る様。
でこぼこ 凸凹。海底の起伏が激しい様。大小。不揃いな魚。
てんびんづり  天秤釣り。天秤を使用する釣り。
でんち  電池。蓄電池。バッテリー。
テンテン帆   スパンカー。船尾に立てる三角形の帆。船首を風見鶏のように風上に向ける役目をする。主に「流し釣り」する際に使用する。
といとい   満潮近く。
とおす 通す。ポイントなど仕掛けを通過させる様。
とおす 通す。流す。流れる。潮流の動きがいい様。
とおし 通し。全て同じサイズの釣り糸。上から鈎元まで同じハリス。
とおしづき 通し月。夕方より夜明けまでの月夜。
とおる 通る。通過する。やってくる。
とおしじめ 通し〆。延髄通し。魚の鮮度を保つ為に、魚の脊髄内にピアノ線を刺し通して延髄を破壊する様。
とうちぇき 瞬く間。
どうまくる 慌てて仕事が手につかない様。同時に複数のことをする様。パニック。
どうもん 沖合海域の底魚。胴付き物。
とおり 通り。通過する魚群。時季で一時的に来流する魚群。
通りボラ 成魚となって沖合いを南方に向うボラの大群。晩秋と春から初夏に多い。
とぎ  友。仲間。同種の魚。使用例=大鯛は1匹だけじゃーねー「とぎ」が居るぞ。
とぎるる 途切れる。長期間居た魚群が居なくなる様。
とく 解く。仕掛けの縺れを解く。
とく トク。ブリの2歳魚。
とぐ  研ぐ。鈎先やヤスの先を鋭くする様。
どく 途く。避く。回避する様。
とこ   床。{アマダイ}{イトヨリ}などの居附くポイント。
とこいお 床魚。{アマダイ}{イトヨリ}などの魚。「とこもん」とも表現する。
とこもんなわ  床物縄。アマダイやイトヨリ狙いのはえ縄。
としとりざかな 歳取り魚。正月魚。正月を迎える「おせち料理」に使用する魚。
どすぐもり 濃い曇り。今にも雨が降りそうな曇天。
どっく ドック。船の整備場。
どて 土手。潮流の死角となり浅くなっている所。海溝と海溝に挟まれた海底山脈。
とまる 留まる。移動する魚群が漁礁付近などに留まる様。
とまり 止まり。潮止まり。干満堺で潮流が止まった様。
とめいち 正月前など魚市場の最終日。
とも 艫(とも)。船尾。
ともまわり 艫周り。舵やシャフト、推進機など。
ともぐい 共喰い。同種の魚を喰う様。
ともづな 艫綱。船を繋ぐ船尾よりの取り綱。
とばす 飛ばす。逃がす。切らす。 使用例=アジを釣りよったら、いきなりブリが食い付いて「とばした」。
とぶ  跳ぶ。魚やイルカが跳ねる様。
どぶ  小さな水くらげ。つなぎどぶ。クラゲ。
どぶかん 大きなクラゲ。備前クラゲ。肥前クラゲ。
どぶ ドブ。泥。ヘドロ。大型船の錨跡に溜まったヘドロ状の泥。
とり  水鳥。カモメ類。
とりそこなう 捕り損う。捕り逃がす。ばらす。逃がす。
とりづけ 鳥附け。 大魚に襲われた小魚を狙ったカモメ等の水鳥群。鳥山。
とりまち 鳥待ち。見失った漁群を一早く見付けるカモメ類の動きを見る様。
とりやま 鳥山(とりやま)。 大魚に襲われた小魚に付けたカモメ等の水鳥群。
とりようせん 取る暇がない。獲っても獲り尽くせない。
とれん 獲れん。捕れない。漁がない。使用例=ブリが食い付いたけど、ハリスが切れて「捕れん」。
とる 獲る。捕る。漁獲する。釣り揚げる様。
とる 取る。釣り糸を手繰る様。
とる 取る。係船する。ロープを結ぶ様。
とろ トロ。トロ箱。魚を入れる容器。
どろどこ 泥床。海底が泥。
どんぶり 錘。鉄球。鉛玉。釣りをする時のオモリ。 ※ 形状がどんぶり状なので?
どんぶりかご ドンブリ籠。筒状の錘籠。
どんがらびき ドンガラ曳き。サワラを釣る特殊な疑似餌を付けたトローリング用品。
どんかん 備前クラゲ。※ドブカンとも言う。
とんぼ 海面曳きトローリングする際、疑似餌の前で海水の飛沫を飛ばす道具。ヒコーキとも言う。
なえる 萎える。魚が疲れる様。
なおす 直す。造り直す。元通りにする様。
なおす 収納する。入れる。
なかしお 中潮。旧暦の3〜6、12〜13日頃と旧暦18〜21、27〜28日頃。
ながしお  長潮。干満の差が最も少ない日。旧暦の10日と旧暦25日。
なかほど 中程。中層。海半ば。
ながて 長手。イカの長い二本の足。
ながれ  流れ。潮流。
ながれおち 流れ落ち。沈み瀬を下流側に超した場所。
ながれぎ 流れ木。流木。
ながれも  流れ藻。海面を漂う藻の塊。
ながれもん 流れ物。海面を漂う船の航行に支障のある漂流物。流木など。
なぎまち 凪待ち。出漁できる凪日を待つ様。
なぎいる 凪入る。連日の凪。
なく  泣く。雨が降る。空が泣く。
なた ナタボウ。アカアマダイ。
なだごいわし 灘ゴイワシ。沿岸に寄るカタクチイワシの小群。
なで 竿などで糸の長さを固定して使用する疑似鈎仕掛け。軽いルアーでの釣り。
なでづり なで釣り。入れ食い。大漁。次々に釣り上げる様。
なまり 鉛。錘。一本釣りをする時の錘。
なまりがた 鉛型。イカ釣り用の鉛スッテ。
なまりだま 鉛玉。一本釣りをする時の丸い錘。
なまりもと 鉛元。錘近くのハリス。捨て鉛用のハリス。
なりさがる 成り下がる。入れ食い。鯉のぼり状態に釣れる様。
なるい 暖い。緩やかな傾斜。
なるい 緩やかな潮流。
なわ はえなわ。延縄。
なわ ロープ。
なわはえ はえなわ。延縄。
なわをとれ ロープで係留せよ。ロープをたぐれ。
なわもの はえ縄で獲れた魚。
なんこむ 錨を投げ込む。仕掛けを投げ込む。
なんこむ 投げ込む。魚を投げ込む。魚を捨てる。リリースする様。
なんにもくわん 何も喰わない。何も釣れない。釣果なし。坊主。
「なんぼか」釣れた いくらか釣れた。※実は [釣果があった] の意味合いが強い。
にがしお 秋の彼岸の頃に発生する毒の無い濃いプランクトン。醤油色をしている。
にぎり 握り。艪の握り部分。
にげもん 養殖場より逃げた魚。
にこんぼら 二匹のボラ。瓜二つ。双子のようににている様。何時もつるんでいる二人。使用例=二人は「にこんぼら」じゃー。
にし  西風。
にしんかわし  西の変わし。台風後半に急に西寄りのに風なる様。前線などで風向きが西寄りに変わる様。
にっちゅう ぼんやりとした奴。鈍感な奴。
になう 荷負う。同時に2匹の魚やイカが鈎掛かりする様。W。
にびい 鈍い。鈍感。スピードが遅い。
にまいじお 二枚潮。 上層と流れる向きや速さの違う潮流。
にょうし 船首。
ぬし 主。同種で抜きんでた大きな魚。使用例=こいつは近海の主だ。
ぬきあげる ごぼう抜き。海中より魚を引き揚げる様。素早く釣り上げる様。
ぬく 抜く。魚の腹から空気を抜く様。
ぬけりょう 抜け漁。漁仲間に知られずに大漁する様。
根。沈み瀬。荒い海底。
ねき 近く。
ねこ  猫のように魚が好きな人。異常に魚の好きな人。使用例=あいつは猫じゃー。
ねこまたぎ 猫跨ぎ。猫も食わない まずい魚。商品価値のない魚の総称。
ねずのばん 徹夜の見張り番。使用例=密漁船が来るから「ねずのばん」
ねそ 鈎元を補強する糸。
ねつき 根付き。沈み瀬に居着いた魚。
ねどこ 寝床。特定の魚が多いポイント。○○の寝床。
ねのひ 寝の日。自由な一日。休日。荒天などで出漁できない日。
のー 伸ばす。「ノー」をやれ。緩めろ。使用例=ブリだ「ノー」をやらんと切れるぞ。錨が「こげる」ぞ「ノー」をやれ。
のされる 伸される。逃がす。魚との引き合いに負ける様。
のさらん 縁がない。
のさる 縁がある。使用例=昨日見失ったタコが獲れた「のさった」タコだ。
のす 伸ばす。
のそっと 悠長な様。「ゆったり」してる様。
のた うねり。うねりのような波。波長の長い大波。    使用例=凪いだけど、昨日の「のた」が残っちょるぞ。
のっこみ 乗っ込み。沖合いよりやって来る魚。使用例=「乗っ込み鯛」がきたぞ。
のったり ゆっくりした様。
のどがかり 喉掛かり。釣り鈎が喉に掛かる様。喰い飲み。飲み込み。
のぶ 伸ぶ。漁礁や沈み瀬に居る魚が上流側に移動している様。
のぼり 登り。乗っ込み。豊後水道に入り込む魚群。使用例=のぼり鯛。のぼりアジ。
のぼる 上がる。潮流の流来る方向に進む様。ポイントの潮上側に船を進める様。
のむ 飲む。鈎を飲み込む。
のる 伸る。伸びる。魚が釣れた際に鈎が伸びる様。
釣れる場所。ポイント。
はいお 歯魚。エソ・太刀魚・ムツ・サワラなど。※例外 カジキ==はいお。
はいこむ  這い込む。タコやアワビ・ナマコなどが岩陰などに入る様。
はいでる  這い出る。タコやアワビ・ナマコなどが岩陰などから出る様。
はいる   入る。漁礁などに魚が逃げ込む様。使用例=タコ壺にタコが「はいる」
はいまわる 這い回る。タコが浅場で餌のカニなどを探し回る様。
はう 這う。魚群が低層を移動する様。使用例=このアジ群は底を「這う」。
はえ  岩礁。使用例=白はえ。  
はええ 速い。スピードが速い。来流時季が早い。
はえこむ(延込む) 延縄や、たこつぼ等、漁具を連ねたロープを海中に入れること。
ばかいお  馬鹿魚。大魚に襲われ傷付いたり、水圧の変化に耐え切れず、水面で苦しむ小魚。
はかがいく 効率がいい様。
はかどる 効率良く作業が進む様。
ばかね 馬鹿値。異常にな高値。
はきず 歯傷。歯魚によって餌や魚に付いた傷。※ベテラン漁師は歯傷で魚の種類を特定する。
はげかご ハゲカゴ。マルハゲやウマズラハギを捕る籠罠。
はげかわ ハゲ皮。疑似餌に使用するウマズラハギの皮。
はこめがね 箱メガネ。覗きメガネ。海中を見るガラスを入れた箱。
ばされえ もの凄い。莫大。
はしかいい ひどくむずかゆい様。
はしかいい すばしっこい。ずるかしこい。
はしる 走る。航行する。スピードがある。
はしる 走る(魚が)。鈎掛かりした魚が猛烈に曳く様。
はじき 弾き。竹の釣り竿。弾力のある竿。
はしり 出始め。最初の来流魚。
ばされえ ものすごい。使用例=「ばされえ」大波だった。「ばされえ」大きな鯨を見た。
はずるる  外れる。食い付くが釣れない様。魚が鈎を外して逃げる様。 使用例=食い付くんじゃーが「外るる」。
ばたぐるう  バタバタと、もがき苦しむ様。  使用例=釣り上げた魚が「ばたぐるう」。
はついち 正月後の魚市場の始まる日。
ばったり 網の一種。モイカなどを藻際で獲る網。
はな 鼻。岬の先端。
はながけ  鼻掛け。活き餌とするアジなどの鼻に鈎を掛ける様。
はねこむ 跳ね込む。ハリスを持って釣れた魚を船に取り込む様。ごぼう抜き。
はばしい 激しい。強力。粗暴。
はまうり 浜売り。帰港した漁師が売る魚。
はまがい 浜買。漁師から買う魚。
はまち  ハマチ。ブリの2歳〜3歳魚。
はまね 浜値。漁師が売り渡す魚の価格。市場価格。原価。
ばやぁくる  邪魔をする。 使用例=漁船群の中に遊漁船が入り込んで「ばやぁくる」
はやて  突風。
はむ(はみ) 食む。喰む。ブリやカツオ等の大魚が小魚の群れを海面に追い上げて食する状態。使用例  ハマチがようけ“ゴボ ゴボ”「はみ」よる。
はらいじお 払い潮。上下で流の違う潮流。足を払うごとき強力な二枚潮。
はらがけ 腹掛け。小魚などの腹に鈎掛けする様。
はらがきれる。 腹が切れる。小魚の鮮度が落ちて腹ワタが露出する様。
はらむ  孕む。抱卵。
はりぬけ
鈎抜け。鈎に結びがまずく、魚が掛かった際に鈎が抜ける様。
はる  張る。仕掛けが一直線になる様。
はわせー 這わせろ。 使用例=魚が低層に居る、仕掛けを海底に這わせえー。
ばわきかぜ 強い風が間隔をおいて吹く様。
ばわく   突風が吹く様。一瞬の騒動。使用例=イルカが「ばわいた」けー、釣れん。
ばわっきる ばわっき切る。大魚が瞬時に仕掛けを曳き切る様。
はんやびき 半矢曳き。仕掛の長さの単位。矢を曳く動作の片手の長さ、約60cm。
灯。集魚灯。航海灯。街の灯。灯台。
干き潮。
ひいた 避いた。魚が居なくなった。使用例=イルカが通ったらブリが「引いた」。
ひかえ 艪船の左旋回。艪を引く動作で左へ舵を切る様。
ひかせー 曳かせろ。使用例=無理をしたら切れるぞ、魚が弱るまで「曳かせー」。
ひからぶ 干乾ぶ。乾燥してはならぬ物が乾燥する様。
ひき 刺激を受けた夜光虫が光る様。
ひきおとし イカやタコを釣る漁具。イカテンヤ。
ひきしお 干き潮。下げ潮。
ひきころし 曳き殺し。網で漁獲して死んだ魚。
ひきづり 曳き釣り。漕ぎ釣り。トローリング。
ひきなみ 曳き波。船が造る波。船が通過する際の波。
ひきまわす 曳き回す。サバやブリなどが鈎掛かりして旋回する様。
ひきむし ヒキ虫。夜光虫。光を放すプランクトン。
ひく 曳く。トローリングする様。
ひく 引く。イカがスッテに手を出して引く様。
ひく 退く。磯辺に居た魚群が沖合いに逃げる様。
ひくざお   低竿。山などの遠景で最も低い位置。
ひこーき 海面曳きトローリングする際、疑似餌の前で海水の飛沫を飛ばす道具。トンボとも言う。※ 形状が飛行機やトンボに似ている。
ひこーきびき  ヒコーキトローリング。
ひこじる 引き摺る。風波で船が流されて仕掛けが傾斜する様。
びしゃご ミサゴ。魚を主食とする鷹の一種であり、岬や絶壁から急降下して海面の魚をつかみ取る。※「びしゃご」と銘銘された島礁や岬のスポットが多いが、近年はミサゴの姿は少ない。
びし 小さな鉛玉。
びしがえし ビシテグスを作成する際、鉛玉の間隔を一つ分づつ広げる様。
びしづり  ビシ釣り。ビシテグスでの釣り。一本釣り。
びしてぐす ビシテグス。テグスに一定間隔で小さな鉛玉を付けた一本釣り用漁具部材。
びしびき ビシ曳き。ビシテグスでのトローリング。
びしやま ビシヤマ。テグスでない糸に一定間隔で小さな鉛玉を付けた一本釣り用漁具部材。
ひそう 久しく。使用例=ひそう釣れなかったが、やっと1匹釣れた。
ひき 夜光虫の光。
ひきむし 光虫。夜光を出すプランクトン。
ひたき  灯焚き。灯火で集魚する様。
ひたきづり   灯焚き釣り。集魚灯での釣り。
ひたきぶね   灯焚き船。集魚船。
ひだち 干立ち。干潮。最も潮が干いた時。  反対語 たとい=満潮。
ひだちぶり 干立ち降り。最も潮が干いた時(干潮)に降雨が始まることが多いから、この言葉ができた。
ひっかけ 引っ掛け。タコやアワビを獲る漁具。ギャフ。
ひっかかり 引っ掛かる。魚の口以外の位置に鈎掛かりする様。
ひっかかる 引っ掛かる。根掛かり。障害物に鈎掛かりする様。
ひったくる 予想外の力で曳き込む様。 使用例=大鯛に仕掛けをひったくられた。
ひっつく 鈎掛かりした魚が漁礁や岩礁などに身を寄せる様。
ひとしお 一潮。小潮〜中潮〜大潮〜中潮〜小潮の1サイクル、約15日。
ひとつもつれん 一つも釣れん。全く釣れない。坊主。
ひとそろい 一揃い。同種同一サイズの魚。
ひとひろ 一尋。 両手を広げた長さ、約1.5m。※ 人により、その長さは違う。又、漁師によって握って計る人や、指先持ち計りする人も居るから、その長さは微妙に違うことを理解しておこう。
ひともち 一塊の餅のように仕掛けが絡んでどうしょうもない様。 使用例=カツオが食い付いて「ひともち」じゃー。
ひながえる  光返る。海中で大魚が腹部を光らせる様。
ひのく    干退く。干き潮で普段は見えない所まで海水が干く様。
ひので  日の出。夜明け。
ひもち 日持ち。魚が傷まずに賞味価値のある間。使用例=鯛は日持ちするよ。
ひぶね  灯船。集魚船。
ひより  日和。晴天。凪ぎの晴天日。
ひよりまじ 日和南風。天気のいい日の午後に地形的に発生する南風。
ひぼかし 火化かす。焼き魚。保存する為に焼き魚にする様。
ひぼね 疲骨。極端に痩せた姿。
ひら 平。ヒラアジ。マアジ。ヒラスズキ。
びりも びり藻。酷寒から早春にかけて、海底より10m近く伸び、海面に達する藻の一種。磯釣りの邪魔になる藻だ。
ひるあわび 昼アワビ。夜が明けても岩陰に隠れないアワビ。※背中にフジツボなどが付着している。
ひるいか 昼イカ。日中のイカ釣り。
ひれ 鰭。魚やイカが泳ぐ為の部材。
ひんのむ 素早く飲み込む様。魚が鈎を飲み込む。
ぶいびき ブイ曳き。ブイ曳きトローリング。
ぶえん 無塩。捕ったばかりの新鮮な魚。ぶえん汁にすると旨い。
ぶえんじる 無塩汁。捕ったばかりの新鮮な魚でつくった「味噌汁」や「うしお汁」。
ふか 鮫。大きなサメ。人喰いザメ。
ふかせる  吹かせる。仕掛けを漂わせる。釣り船を潮流に任せる様。
ふかせづり 吹かせ釣り。撒き餌をして、仕掛けを漂わせ{真鯛}を釣る漁法。
ふかり 深り。島礁際の海溝。急に深くなっている位置。
ふきあげ 噴き上げ。海溝状態の外れの浅場に、潮流が当ると潮流の速さが加速され、海水が噴き上がる状態となる。この位置は最良のポイントだ。
ふきだす 吹きだす。強風が吹き始める様。
ふきつけ 吹き付け。急潮流が当るポイント。この位置はいいポイントだ。
ふきなぎ 吹き凪。強い風波が収まった直後の凪。
ふきたかいお 吹きたかいお。たかいお=メジナ。吹きメジナ。晩秋、風波の強い時にメジナ群が移動する様。
ふきまわす 吹き回す。乱雑な風で船が安定しない様。
ふく 吹く。強風が吹く。荒れる。
ぶく フク。トラフグなど。
ぶく ブクブク。泡。
ふくがあがる 急に釣り上げられて潜水病となった魚。水圧の差で浮き袋が膨らむ様。
ふくをとる 急に釣り上げられて「潜水病となった魚」の腹部に針を刺して空気を抜く様。
ふすべる 燻す。木造船の船底を松葉などで燻して木質部を食う虫を殺す様。「たでる」とも言う。
ぶっちゃー ブチあり。養殖ヒラメや放流ヒラメに見られる白い下腹に出現する「ブチ」や柄。放流ヒラメ。養殖ヒラメ。
ふなおろし 船下ろし。進水式。新船購入。
ふなあし 船足。船の速度。
ふなあげば 船揚げ場。船の整備場。
ふないた 船板。木造船の部材。廃船した木造船の板を壁板に使用すると難燃性があって腐食しない。
ふなぞこ  船底。船の海水に浸かる部分。
ふなだんさま 船段様。船の守り神。
ふなぜ 船瀬。沈船。漁礁にした船。
ふなべり  船側。左右の船縁。
ふねたぜ 船焚ぜ。木造船の船底で焚き火をして木質を喰う船虫などを殺す様。
ふねまわし 船回し。潮流に流された船を元のポイントに戻すこと。
ふねもどし 船戻し。潮流に流された船を元のポイントに戻すこと。
ぶやま ビシヤマ。ビシテグス。
ふらせる 振らせる。船を風波に任せる様。
ふらせばり ふらせてんや鈎。子鈎。孫鈎。真鯛を釣る専用鈎に付ける子鈎。
ぶらさがる ぶぶら下がる。釣れた小魚に大きな魚が喰い付く様。
ぶり ブリ。ハマチの大きくなったもの。4歳魚以上のもの。数s以上物。
へへ  フジツボ。
べたなぎ 鏡のような凪。油を流したような凪。
へもどる 引き返す。元に戻る。
へり  縁。側り。瀬際。
ぺんどる  ぺんどる 防舷具。
帆。テンテン帆。三角帆。漁船の舳先を風上に向ける役目をする船尾に立てる三角形の帆。
穂。艪の水を切る部分の部材。
ぼうず 坊主。釣果ゼロ。不漁。
ぼうつきまわる うろうろする。俳諧する。
ぼうばい」 胞輩。特に仲のいい友達。
ほうらを吹く  イワシやボラ等が口を開けたまま集団で泳ぎ、プランクトンを採取する様。
ぼうれんながし 仕掛けを手放して浮子に棒を立てて潮流に流す様。大アジや大サバを釣る漁法。
ほげほっぽう いい加減なホラを吹く輩。
ぼさえつける 鈎掛かりした魚が身動きしない様。海底近くから持ち上がらない様。
ぼそ 鈍感なやつ。
ぼそっと 鈍重な。使用例=「ぼそっと」くる奴は大物。
ほたえる ふざける。
ほたる ほうる。投げる。
ほたりうく 放り浮く。鯛やアマダイ・イトヨリなどの魚が、釣り上げ途中に水圧の変化に対応できず、空気袋が膨らんで浮上する様。
ほたりういちょる 放り浮いている。魚が通常の棚よりも異常な程に浮上している様。
ほねがましい 小骨の多い様。
ほねやすめ 骨休め。休養する様。
ほらをふく ほら貝を吹くように、小さな出来事を大きく言う人。
ほらふき ほら貝を吹く。小さな出来事を大きく言うやから。
ぼらやま  ボラ山。魚見台。ボラやカツオなどの群を見張る岬の高台。
ほんやびき 本矢引き。矢引き。仕掛の単位長さ。矢を曳く動作の最大の長さ(約90cm)。大矢引きとも言う。
ぼんざかな 盆魚。盆の休漁時に自家消費する魚。
間。間隔。枝間。
間。海峡。
まいあがる 舞い揚がる。鈎掛かりした魚が自力で泳ぎ揚がる様。
まう 回る。付け餌が回転する様。
「ま」がねえ 間が無い。暇がない。使用例=釣れて釣れて飯を食う「間」がねえんじゃー。
まがり 曲り。脊髄が傷んで変形した魚。
まがる  掛る。根掛りする。
まきしずむる 巻き沈める。強力な推進機によって船の艫が下がる様。
まきつく 巻き付く。仕掛けや漂流物が推進機などに絡む様。
まく 巻く。仕掛けが絡む様。
まく 逆流やうず潮で仕掛けが振り回される様。
まくる まくりあげる   急いで仕掛けを揚げる様。
まじ 南風。
まじにし 南西風。
まごばり 孫鈎。子鈎。ブリや真鯛を釣る際のW鈎の子鈎。
またどうぐ 又道具。 胴付き仕掛け。
まつ 待つ。当たりがあっても手繰らない様。
まっぽし 真直ぐにやって来る様。  使用例=この台風は「まっぽし」に来るぞ。
まつりざかな 祭魚。祭りや祝い事に自家消費する魚。
まるのみ 丸飲み。餌を一瞬のうちに口に入れる様。
まわす 回す。船を元の位置に戻す。
まる  丸アジ。丸スズキ。
まる 調理してない一匹の魚。
まるのまま まるごと一匹。
○○いち 市場に特定の魚が多い様。使用例=鯛市じゃー。
まんがいい 縁起がいい。
まんなおし 縁起直し。
みみ 耳。結んだハリスが抜けない為に膨らんだ部分。
みえあみ 三重網。三重になった刺し網。
みえさ 身餌。魚を釣る魚肉の餌。
みえん 見えない。魚群が居ない。
みがねえ 身がねえ。身が無い。痩せた魚。
みきる 見切る。断念する。
みざお 御竿。舟竿。漁船で使用する先端に金具の付いた木製の竿。着岸する際や落下物等を取る用具として使用する。
みせる 見せる。海面に魚の兆候がある様。使用例=ぶりの群が姿を見せた。
みずしお 水潮。豪雨後の塩分濃度の低い海水。※ イカ類や{イサキ}は嫌う。
みずいか 水イカ、甲羅の無いイカ。{ケンサキイカ}{ヤリイカ}{モイカ}など。
みち   満ち潮。
みちかかり 満ち始め。
みちこみ 満ち込み。満ち潮の始まり。使用例=明日の満ち込みには釣れるぞ。
みちなおし 満ち直す。潮流の替わる時間帯。
みつまた  三つ又。サザエを突いて挟み取る漁具。
みっかじお 三日潮。旧暦の三日の潮流(10日潮、七日潮の表現もある。)使用例=あのポイントは、「三日潮なら」朝の込み潮が二時間程あるぞ。
みなどり 皆獲り。独り占め。単独で大漁する様。
みやけ 身焼け。活き〆などでの「魚の鮮度管理」が不十分な為に肉質が悪い様。
みゆる 見える。魚が居る。魚の映像がみえる。診える。
むこうあわせ 向う合わせ。向う掛かり。魚が自然に鈎掛かりする様。
むし 虫=ゴカイ。
むしだい 虫鯛。 ゴカイ餌での真鯛一本釣り漁。
むしばんさこ ゴカイで釣るイサキ漁。 ゴカイ餌でのイサキ一本釣り漁。 ※ ハンサコ=イサキ
むっからだい 麦殻鯛。麦秋頃の真鯛。産卵直後の真鯛。痩せて美味くない真鯛。
匁。もんめ。 60匁=約60号。主に錘の大きさの単位。
めいめい 名名。それぞれ。自分自分。
めがね メガネ。箱メガネ。海中を覘く漁具。
めくらづり 目暗釣り。GPSや魚群探知機を使用せずに沖合いで釣りをする様。
メバルガニ  メバルが大好物な蟹?の幼生。4月頃に大発生すると{メバル}が附ける。
めみえがせん 目見えがしない。出会わない。全く居ない。
めやす 目安。目分量。
めんだい  雌鯛。雌の真鯛。
もうもうどき 日暮れ時。
もいかがた {モイカ}を釣る餌木。
もいかつり 餌木でのモイカの引き釣り。
もいかつり モイカを釣るスッテ。
もいかざお モイカの曳き釣り竿。
もいかひき モイカ曳き。餌木でのモイカ釣り。
もきりかぜ 藻切り風。春先に吹く冬の終わりを告げる季節風。成長した藻が大波で切れて浮遊する。
もぐり 潜水漁。潜水夫。
もくれる 群れる。たむろする。
もじあみ 細い網。
もだしかぜ 藻出し風。春先に吹く南風。当地は北向きに開けた地形なので、北よりの風波で吹き寄せられた藻類が浮遊しているが、この風により、沖合いに流れ出る。
もたっとする 動きが悪い様。
もたれる 鈍重な様。魚が食い付いて停止している様。
もたれ食い 静かな食い。鈍重な当たり。真鯛やメバルが食い付いて静止している様。
もたん 持たない。日持ちしない。使用例=この鯛は明日まで「もたん」ぞ(死ぬぞ)。
もたん 持たない。耐えない。使用例=ブリが掛かると3号では「もたん」。
もちあげ 持ち上げ。食い付いた魚がその位置より浮上して仕掛けが弛む様。
もちぇぐる ふざける。絡み合う。
もちこむ 持ち込む。猛烈に曳き込む様。
もつ 持つ。長持ちする。魚が死なない。使用例=この魚は明日まで「もつ」
もつ 持つ。切れない。
もつ 持つ。待つ。仕掛けを持ったまま待つ様。
もっていく 持って行く。曳いて行く。沈み瀬や漁礁などに猛烈に曳き込む様。
もとやま 元山。元のポイント。
もどし 戻し。波の打ち返し。潮流の変化。
もどしじお  戻し潮。逆の潮流が流れ来る状態。満ちの戻し、干の戻しと表現する。
もぬけのから  蛻の空。居た魚が全く居なくなる様。
もの 物。魚種。使用例=小魚を追う「もの」は何か。
もや 霧。潮霧。
もり モリ。銛。巨大な魚を射して捕獲する漁具。
やける 焼ける。活き〆などでの「魚の鮮度管理」が不十分な為に肉質が悪い様。
やず ヤズ。ブリの当歳魚。
やった 釣れた。釣り揚げた。
やった 大漁した。
やっていく 魚が強力に曳き込む様。
やってみる 出漁して釣果を探る様。
やま 最盛期。    使用例=今頃が桜鯛の来る「やま」じゃー。
やま ヤマ。よま。元糸。手釣りの糸。
やま 山。ポイント。
やまたて 山立て。 広い海原の海底にあるポイントを特定する為に、二方向の目標を支点で合わせる方法。※魚探が普及した現在でも、その地位と方法は揺るぎない。
やまたち 山立ち。岬の山肌で魚群の動きを見張る人。
やまきりぶく  ヤマ切りフグ。中層で仕掛けのビシテグスを噛み切るフグ。サバフグ・トラフグなどのフグ類。
やみ 闇夜。月の無い夜。
やみづり 闇釣り。闇夜の釣り。灯火を使用せずに釣りをする様。
やびき うねり。遠い台風などから伝播して来る波長の長い大波。沖合いの台風よりやって来る大波。台風が沖縄東方沖まで近付くと豊後水道にも打ち寄せる。天気予報が不備であった数十年前までは、うねりの状態を観察して台風の接近を予測し、漁船の係留や浜揚げをした。概、台風来襲の数日前にはうねり等の前兆が現れる。漁師は、コチマジ(南東風)が強く雲が低くなり、うねりが打ち寄せて海面が膨れる兆候が現れると台風の前触れとして警戒する。
やりとり やったり、とったり。大魚を釣り上げる際ハリスが切れぬように手加減する様。
やる 譲渡する。渡す。
やる 行動をおこす。漁を始める。  使用例=ポイントに着いた、「やる」ぞ。
やる 弛める。大魚を釣り上げる際、仕掛けが切れないように手加減する様。
ゆうなぎ   夕凪。
やれん やれない。荒天で出漁できない様。潮流や風波が強すぎて釣りができない様。
よいかつり 夜イカ釣り。集魚灯でのイカ釣り。夜のケンサキイカ釣り。
よいじお 宵潮。釣れる宵の潮流。
よいづき 宵月。宵の月夜。
よいやみ 宵闇。月が出るまでの闇。
よいそ 夜磯。夜間の潮干狩り。
ようかじお 八日潮。 旧暦8日の小潮。小潮。
ようたれじお 旧暦8日頃の潮の流れが緩やかな様。
ようだい 養殖した真鯛。
ようともねえ 用途もねえ?。なんとも知れぬ。とんでもない。
ようなぎ 夕凪。夕まずめ。
ようにげもの 養殖場から逃げ出した魚。
ようよう ようやく。やっと。  使用例=ハリスが細いので「ようよう」捕った。
ようぶり 養殖したブリ。
よこなみ 横波。船の右舷や左舷から襲う波。
よこびき 横曳き。鈎掛かりした魚が水平方向に曳く様。
よごれもん 汚れ物。商品価値のない魚。
よたき 夜炊き漁。集魚灯を点けての一本釣り漁。
よだきい おっくう。嫌で気が向かない。
よづり 夜釣り。夜の釣り。
よどうし 夜通し。徹夜釣り。夜の開けるまで。
よどむ  澱む。留まる。魚群が長期間滞留する様。
よなかのつき 夜中に月の出る日。
よばんさこ 夜ばんさこ(イサキ)。夜のイサキ一本釣り漁。
よま ヤマ。元糸。
よむ 読む。予想する。
よわり 弱り。魚の鮮度が落ちた様。
より 寄り。集る様。産卵行動の為に同一の魚が寄り集まる様。使用例=寄りホゴ。
より 寄り。磯辺に寄る魚群。
より 寄り。磯辺に寄る魚群。
より 縒り。絡む。
よりこぶ 寄りコブ。コブイカが特定のポイントに寄り集まる様。
よりいお 選り魚。小魚の中より選り出した大きな魚。
よりいお 寄り魚。魚がポイントに大集合する様。
よりがいく 捩れて縺れる様。枝ハリスが絡む様。縒りで仕掛けが縺れる様。
よりたかる 寄り集まる。食い漁る。
よりとり サルカン。釣り糸の縒りを取る釣具の部材。
よりぶね 寄り船。優良ポイントに漁船が集中した様。
よる 寄る。集まる。
よれる 縒れる。絡む。
らくだ 二こぶラクダの背のような山の谷にあたる位置。 ※ 山立て時の目標となる。
りょういかり 両錨。前後に錨を入れて船を固定する様。
りょううん 漁運。漁をする時の運。
りょうがしら 漁頭。最も多く釣った人、船。漁港一の名人漁師。
りょうてんびん 両天秤。ヤジロべエ的に2本のハリスを出す釣り具。
りょうまん 漁慢。漁運。漁をする時の運。
れっこ れっこ=捨てる。逃がす。リリースする。
ろぎい 船の艫に固定した艪を漕ぐ際の支点金具。
ろくじ 6時。180度。時計を羅針盤に見立てた時の短針の位置。
ろずな 櫓綱。艪を漕ぐ際に掛ける綱。
ろづか 櫓塚。ろぎいと接触する部分部材。
わあどう お前達。(保戸島のみ)
わいたじけ 湧北時化。台風の中心が東側を通過することによる急に吹く北又は北東の風。
わかしお 若潮。干満の差が最も少ない日。旧暦日旧暦11日と旧暦26日頃。
わかん 湧かない。湧昇流がない。
わき 湧き。湧昇流。いいポイントの場合が多い。
わき 脇。側。ちかく。使用例=漁礁の「わき」が釣れるぞ。
わく 湧く。小魚を追う魚のなむらが多く、海面で小魚を食む状態。
わく 枠。養殖筏。養殖網の枠。
わけてもらう 分けて頂く。無償や安値で少しだけ頂く様。
わざ アワビなどが隠れる極く狭い岩の割れ目。
わたる 渡る。魚群や漁船が遠いポイント間を移動する様。
わやく いたずら。
わる 割る。通す。通過する。使用例=底引き網がアマダイポイントを割る。
わる 割る。魚を開く。アジの開きなどを造る様。
われどう お前達。貴様達。※我達ではない。「わあどう」とも言う。
わんうち 湾内。

トップページ