釣りの便利グッズ 
豊後水道にて資料収集





元糸の取り込み籠  元糸やビシテグスは「巻き枠」には巻かず、プラスチック製の丸い籠に取り込んでおくといい。仕掛けを投入する際は解く手間が要らず、大魚が強力な曳きを見せた際には、糸を両手で手加減するだけで自由に出ていく。又、終漁の時は手繰り込むだけで完了する。尚、同型同サイズの籠であれば数個は重ねられるから、スペースは籠一つなので意外に少なくていい。又、上の籠が蓋の役目もする。




佳丸Qパイプ  時には100mを超すポイントを狙うビシテグスなどの手釣り用の釣り糸は、仕掛けを投入する際に非常に絡み易い。垂直に持ち上げながら投入するといいが、その手助けは容易ではない。 
13oの塩ビパイプを炙ってQ型に加工して手の届く位置で使用するといい。尚、Q部分には釣り糸を出し入れできる若干の隙間を空けておく。又、パイプは前後にスライド出来るようにセットしておくと邪魔にならない。尚、元糸やビシテグスを取り込む際には、Q部分に糸を掛けると、籠に曳き落とす感覚で入れることができる。
塩ビパイプなので柔軟性があり、固定してないから怪我の恐れもない。




日代式鈎外し  釣った魚は手で握らず素早く活魚水槽に入れることだ。触ると鮮度が落ちるだけでなく、鋭い刺や歯で怪我をすることも多い。日代式鈎外しのU部分にハリスを掛けて、魚に掛かった鈎元に移動させ、持ったハリスを魚より下に下げると簡単に魚が外れる。尚、アジなどに口中深く掛かった鈎でも、若干振るだけて容易に外れるから重宝この上ない釣り具。

 真鯛やブリなどの大きい魚は、獲り込んだ魚の口に掛かった鈎までU部分を移動させて、鈎外しとハリスを同時に口の前方に向けて鈎を押すと簡単に外れる。尚、釣り揚げた大魚はスポンジマットに乗せると微動だもしないから不思議だ・・・
写真の鈎外しは、柄の部分はナンテンの木を皮を剥がずに乾燥させて使用し、針金の材質はステンレス。針金を固定するには、木部中央に深さ10cm近くの小さな穴を開け、接着剤を塗って挿し込むが、挿し込む部分の針金に糸を巻き付けて、若干湾曲させてから挿すと弛まず強力に固定できる。
※ 
u型部位は鈎の大きさで隙間の間隔が異なる・・・鈎の耳部分が容易に通る隙間が必要。




魚の鱗外し  磯魚や白身の魚には鱗があり、魚料理をするには全ての鱗を除外しないと始まらない。しかし、魚の鱗を外すのは大変だ。鱗は剥がれにくい上に広範囲に飛び散る。鱗を外す用具は、各種の市販品はあるが機能のいい品は見当たらない。市販品に代る鱗外しとして当地で愛用されているのが、この鱗外しです。一度お試しあれ・・・

 先ず、一握りの木切れを20cm程に切って、片方を45度の傾斜で切り落とし、この傾斜した切り口に「一升瓶の栓」を、回転しないように2本のステンレスビスで取り付ける。これで完了・・・ノコギリ様の歯が円形にあり鱗剥がれが良く、中央部に空間があるから鱗の飛び散りが少ない。




段ボール・仕掛け巻き  厚めの段ボール紙を縦25cm・幅10cmにカッターで切り取り、縦側の縁三分の一の位置に斜めに3cmほどの切り込みを入れる・・・この切り込みに仕掛けハリスの上側(クッションゴムに結ぶハリス端)をしっかりと掛けておく・・・ここが仕掛けの巻き始め位置となる・・・
右巻き(時計回り)に仕掛けを巻き、枝ハリスの疑似鈎は左側から順序良く段ボールに掛けながら巻いていく・・・巻き尻のハリスは、段ボール端に入れた3cmの切り込みに挟み込んで終了・・・この位置が錘位置となる。
 仕掛け・投入時
 先ず、斜めの切り込みに掛けたハリス先をクッションゴムのサルカンにしっかりと結び付ける・・・
次に、縦側の切り込みに掛けたハリス先に錘を結ぶ・・・左回し(反時計回し)に解きながら投入するが、枝ハリスの鈎は右側から外していく・・・
 ※ 乾いた疑似餌のエバは乾燥しているので乱雑に扱うと破れるから要注意。
 




予備仕掛けの保管容器  ホームセンターなどで半透明のアクリル製のシューズケースを数個入手・・・
サイズが30cm×15cm程なので、前記の「段ボール・仕掛け巻き」を入れるには好都合・・・
半透明だから中に入れた物品が見える上に、蓋にはフックが付いており、開閉も容易・・・水滴の影響もなく、落下しても割れることもない・・・
見易い位置に、内容物である「仕掛け名」を太字で書いておく・・・
写真未挿入


釣り場での鈎入れ  鈎は錆び易い・・・釣り場へは必要最小限の持ち込みが基本・・・佳丸はフィルムケースを利用する・・・片手で開け閉めできる上に、水に落ちても浸水しない・・・その上・半透明なので内容確認も容易であり、割れることもない・・・尚、内容名の書き込みや蓋の色で種類分けもできる。




活き〆グッズ  魚は活き〆時に延髄に針金を通して延髄内を破壊して潮氷に浸すと、驚く程の長時間鮮度が落ちず、その味は「別の高級魚」と思う程に格段と旨いものになる。
下記の写真は津久見魚市場で見かけた「活き〆用具」ですが、手鉤は小さくてL型に近い。これは魚を挿すだけではなく、延髄通しをする小穴を空ける役目もする。又、真鯛など頭部が堅い魚を刺す包丁は、簸刀先に力の入るように握り加工し、魚の刺で握った拳を痛めない為に刀先の上に防御板を付けている。尚、包丁を使用する場合は、小さくて丈夫なもの。
延髄通しに使用するステンレスの細い針金は特殊品であり、主針金の回りに更に細い針金を螺旋状に固定し、先端部は溶接結合されており、先は鋭角に加工されている。尚、真鯛などで使用するのは50cm、ブリ等は80cmの長さが必要。
延髄通しは、〆た直後にするのが基本・・・数分以内であれば、延髄通しした際に一瞬痙攣する・・・これでOK。
※ 延髄通しをマスターするには多少の経験が必要・・・持ち帰る魚であれば、尻尾近くに包丁を入れ、切った位置から延髄通しして、クーラーBXの潮氷に浸すがいい。
※ 津久見魚市場の用具です。



塩ビパイプのスラセ  市販品のステンレスや竹を利用するのもいいが、大きな重量感がない手釣り仕掛けであれば75o〜100oの塩ビパイプを2mほどにカットして船の側舷に取り付けるといい。竹のように節もなく、乾燥割れして糸を痛める心配は皆無。又、錆びることもなく緩衝材の役目もする。


釣行中の錘置き  揺れる船釣りでは、丸い錘が転がって釣り糸を絡ませるなど始末が悪い。又、足元でコロコロしたのでは危険この上ない・・・
 厚さ2cm程度で30cm角程のスポンジを海水で濡らして手元に置く・・・これだけでいい・・・重くて丸い鉛玉でも転がらず、ポンと置いても音も発しない上に、風にも飛ばされない。




竿の穂先で フクとり  真鯛やチダイなどは釣り揚げた際、水圧の変化に弱く腹膜が気体で膨らんでいる。そのまま放置すれば完全に死んでしまう。漁師は、空気袋を潰す動作を「フクを抜く」と言う。
「ふくとり」道具には市販品もあるが、佳丸が自作して使用しているフクトリ用具を紹介します。
先ず、延竿の穂先(中空物)を25cm程にカットして、大きさの違う両先端を槍状にする・・・これだけで完了・・・実に使用し易い「フクトリ用具」となる。尚、太い「フクヌキ用具」を使用すると魚を死なすから、パイの違うフクヌキを数本を造っておき、真鯛のサイズに合わせて、できるだけ細いサイズを選んで使用すること。
※ 「フクヌキ用具」は、口径が太いと真鯛に負担が大きい・・・大真鯛でも細い「フクヌキ用具」でも機能する。
 「フクヌキ用具」は種類を問わず、魚の脂肪で目詰まりするので中空の清掃を怠らないこと・・・
肛門後ろ脇から「斜め前側方に浅く」刺す。



大魚用のスポンジマット  ブリや真鯛・ヒラメなどの大魚は、釣り揚げるとバタバタと動き狂う・・・この激しい動きで鱗が落ちたり鰭が割れて商品価値が著しく低下する・・・特にヒラメのバタ足は強く、白い下腹が内出血をおこす・・・
座布団やマットに入っている「厚いスポンジ」を抜いて船上に置き、釣り揚げた大魚を、この上に置くと微動だにしない・・・鈎を外すには、「日代式鈎外し」を使用し、口に掛かった鈎までU部分を移動させて、鈎外しとハリスを同時に口の前方に向けて鈎を強く押すと簡単に外れる。指先を咬まれることもなく、鋭い刺で怪我の心配は皆無・・・

 魚は30度以上の温度を経験してない・・・釣った魚を掴むと、釣り人の体温で「魚が火傷する」と漁師は言う・・・又、触ると、細菌から魚体を守るヌルヌルが失われ、長期間の活かし込みが不能となる・・・




ブリ用のゴムハンマー  ブリやカンパチは水揚げすると跳ね飛ぶから〆動作は容易でない・・・これらの魚を〆るには、頭を叩いて気絶させてから〆ることになる・・・ゴムハンマーであれば、魚を傷めず、柄の部分が木製であれば海水の塩分で錆びることもない・・・



トップページへ