一本釣り漁師の釣り
チダイの 釣り方
(豊後水道大分県側で資料収集)


概要
 チダイは成熟してくると「おでこ」が出っ張り、一見、鼻面が曲がったような体型になるので、漁師はハナオレ又はハナダイ・ハナオレダイと呼ぶ。
学術書などの資料によると、チダイの最大値は45cm、1.5sにも達するとされるが、当地で釣れるチダイは500gから800g程度のものが主体であり、大型の個体でも1sを越すのは稀である。
 真鯛が個々散在した群であるのと対照的に、チダイは時には数千を超す濃密な大群となる。このようなチダイ群は、餌となるアミなどの甲殻類やシラスが寄る湧昇流のある沈み瀬や沈船、漁礁際に多く、付近を魚群探知機で探索すると容易に把握できる。

 大集合したチダイ群に出会うと、胴付き仕掛けが着底した瞬間に、二匹三匹とWで鈎掛かりし、入れ食い常態が長時間続くので素晴らしい大漁となる。又、餌の活きエビが手に入らない場合には魚皮疑似餌での[エバ鯛釣り]でやるといい釣果を出す。
※ 別項の[エバ鯛釣り]を参考にされたい。
チダイは真鯛と同様に水圧の変化に弱い。釣れるポイントが数十mと深いので、釣り上げ直後に空気袋を潰さなければ活かすことがむずかしい。又、真鯛やイサキ・アジなどに比較すると価格が廉いので、一本釣り漁師は他の高級魚が釣れる時にはチダイを狙うことはない。


チダイと真鯛の違い
 小型の真鯛をチダイと混同して稚鯛(ちだい)と呼ぶ釣り人も多い。しかし、チダイと真鯛は姿や形は類似しているが、真鯛とは全く別種であり、その習性や味覚の旬も大きく違う。食性や生息域などの類似点も多いが産卵期や群泳性などの相違点も多い。
チダイの食性は、真鯛と、さして変わらないが真鯛よりも小さな餌を好み、アミ等のプランクトン類や小エビ・シラス群が来流すると、これらに附ける。真鯛はカタクチイワシ・ウルメイワシなどのイワシ類を追うが、チダイはこれらの幼稚魚のみを追うようだ。

 チダイと真鯛の相違点を列記してみよう。
 チダイは、一見して女性的な姿をしており、成魚になってもせいぜい40cm、1s物程度であり、重量は800gもあれば老成魚といえる。尚、成魚になると、おでこが出っ張り「ハナオレ」又は「ハナオレダイ」と呼ばれる。
真鯛の姿は男性的であり、真鯛の老成魚は100cm以上に成長し、重量は10sを越す大魚となる。

 最も見分けの効く違いは、尾ビレの後縁の色が違う点である。チダイは尾ビレ全体が同色のピンク色であるのと対照的に、真鯛はこの尾ビレ尻の縁取りが黒い。又、エラの縁が赤く縁取られているのが{チダイ}である。
真鯛が、個々色合いや姿、形が違うのとは対照的に、チダイは大きさが異なっても色合い、姿が同じである点。
 チダイの産卵期は秋であり、味覚の旬も夏から産卵終了の秋までとなる。海底近くの低層から中層にかけて何百匹・何千匹もの濃密な大群を形成する。早熟と見えて、20p程度の個体が抱卵していることがあるから産卵母鯛になるのは早いのであろう。
真鯛の産卵期は晩春から初夏にかけてであり、旬も産卵前の桜咲く頃からとなる。低層から中層付近にかけて個々散在した状態で群れる。

真鯛  
チダイ  
   
チダイの習性
 沈み瀬、漁礁などの真鯛の付く優良ポイントには、例年、秋の彼岸を中心に、500gを越すチダイが数百、数千もの大群をなして来流する。これらのチダイは産卵群であるが、その大集合を始める場所や産卵場は、漁師でも知った人はいない。尚、チダイの大集合は秋の産卵期だけではない。正月前後の冬季や初夏の麦秋頃にも必ず見られるから、群泳性があるのであろう。
 水深が30m以上あり、海底に沈み瀬や漁礁や沈船などがあって潮通しが良ければ、チダイの居附く第一条件となる。次に、餌となるアミやエビ等の甲殻類の他、シラス等の小魚の幼稚魚群が多く居ることが追加条件となる。又、通常のチダイの付き場以外でも、好条件が揃った場所に、沈船や一寸した落沈物があれば、大群で居付くことが多い。

 電探の映像を見る限り、普段、チダイ群は真鯛と同様に、海底より数m以上離れて浮上していることが多い。真鯛に比較すると小さな餌を好む傾向にあり、小羽カタクチイワシやシラス、アミ等を好むようだ。このような餌の群塊に附けると中層以上に浮上することが多い。尚、強い湧昇流の発生するポイントでは、中層以上に浮上した中真鯛や小真鯛の群と隣接した位置に居ることもあり、時には混漁されることも多い。これは、潮上より流れて来る餌となる甲殻類や小魚群を待つように採餌しているものと思われる。しかし、干満で潮流の向きが変わったり、小潮で湧昇流が無くなると{チダイ}や{真鯛}の群は一時的に姿を消してしまい、魚探では確認できないのが常である。
 チダイは、餌のない瀬や漁礁に長居はしない。餌を求めて各ポイント間を大群で移動するようだ。チダイの大群をキャッチしたならば、日々変わるチダイ群の動きを常に注視しておく必要がある。
注意事項であるが、チダイ群を探索して追尾する巻網漁船や刺し網船が投網したり、灯火で誘引行動することがある。このような外的要因があれば、チダイ群は即時、何処かへ逃避してしまう。尚、好む餌が小型真鯛やマアジと同じなのでこれらの魚が混漁されることが多い。


基本的な釣り方
 チダイを釣るには、四種類の仕掛けと釣り方がある。
(一) 活きエビやゴカイを鈎掛けしての「胴付き仕掛け」。
(二) 活きエビやゴカイを鈎掛けしての「二本鈎ふらせテンヤ釣り」。※ 大型チダイと真鯛釣り兼用。
(三) 撒き餌なしで船を流しながらの[エバ鯛釣り]。 ※ サバ皮などの魚皮の疑似鈎を使用。
(四) 魚類養殖場や漁礁上などに船を固定して、アミ籠に撒き餌を入れての[アミ籠サビキ釣り]。





(一) 胴付き仕掛け
船を潮流に乗せてチダイポイントを狙う釣り方。
ビシテグスは12号程度のものを使用する。
ハリスには4号を使うが、サルカンより最上部の枝鈎迄は二尋(3m)程度でいい。
枝鈎は三本から5本が一般的であり、枝ハリスも同じ号数で25センチから40センチ、枝間は60cmから100cmとする。
 この枝間や枝の長さは、ポイントの水深や枝ハリスの「からみ具合」で適宜長さや枝間を変えるが、チダイ群が濃密な場合は、枝間や枝長は短い方が{当たりが判り易くて}合わせ動作が効くので釣果があがる。
大型の真鯛が頻繁に釣れる場合や、アラや石鯛が居るポイントでは、ハリス5号の仕掛けを使うがいい。
ハリスに縺れが出るようであれば、エビの鈎附けの方法を見直したり、枝ハリスを短くして対処する。
チダイはサルカンを嫌うから、絡みがひどい場合以外は、枝出しには親子サルカンは使用せず、同じ号数のハリスで直接枝を出すこと。

ビシ下の元テグス
ビシ下に付ける元テグスは、ハリスの強度を確保する役目をするので非常に重要である。
この、ビシ下の元テグスは、ビシテグスとハリスの間に付けるテグスであるが、ビシテグスとハリスの中間号数である6号から8号テグスを5m程度付けるといい。
ビシ下に付けるテグスとハリスの品質に差異があってはならないので、基本的には良質なハリスと同じ品質のテグスを使用する。尚、ビシテグスとハリス号数に大きな差がなければ、中間テグスは入れずに、ハリスを長くしても差し支えない。

サルカンとクッションゴム
仕掛けの「ねじれや撚りを取る」為に、ビシテグス下の元テグスとの間にサルカンを付けるが、この元テグスとハリスの継ぎ目にはサルカン付きのクッションゴムの2mm物を1m付けておく。
これは、大魚が鈎掛かりした際に伸縮して、張力を緩和する重要な役目をする。
しかし、クッションゴムを付けると、合わせ動作をした際には、その分、効きが悪くなるのは覚悟しておこう。
サルカンは一箇所のみとし、その下方や枝出しには一切取り付けない。これは、異物に敏感なチダイや真鯛に警戒心を与えない為でもある。サルカンは、大真鯛ブリが掛かっても対応できる、大きめで性能のいい、錆びや変形の無いものを使う。


ハリス
 上質ハリスの4号を使うが、最上部の枝鈎迄二尋(3m)程度でいい。枝鈎は三本が一般的であり、枝ハリスも同じ号数で25cmから40cm、枝間は60cmから90cmとするが、当地方の漁師は枝間90cm、枝長40cm程度の胴付き仕掛けを使用する。
錘間は、10cmから15cmと短くする。これは下鈎程食いのいいチダイをゲットする以外にも目的がある。それは、手繰り揚げる際に中層に居る真鯛の{追い食い}を誘う為である。下鈎にエビが残っていれば、錘より下方をエビが逃げる格好になるから真鯛やハマチが追うことになる。
ハリスに縺れが出るようであれば、エビの鈎附けの方法を見直したり、枝ハリスを太く短くして対処するが、駄目な時は小さな親子サルカンを使用する以外に方法はない。

 真鯛が頻繁に釣れる場合や、アラや石鯛等が居るポイントでは、ハリス5号の仕掛けを使うがいい。5号ハリスであれば、5sを越す大真鯛が鈎掛かりしても、当初の数回の曳き込みに注意して、慎重に「やりとり」すれば切れることはない。この場合に「やりとり」する糸は、絶対に船の「こべり」や「スラセ」に当てないよう注意し、腕の弾力とビシテグスの握り加減を最大限利用して「やり取り」をする。
仕掛けを海中に投入する前には、枝や枝間のハリス部分を両手でハリス能力一杯に引き伸ばし、巻き癖やパーマ常態を完全に取っておく。尚、釣りを行っている最中にも、ハリスに少しでも変化があったならば、その都度、引き伸ばし動作をすることが釣果を増すことになる。癖の取れないハリスは、惜しまず新しいハリスに取り替えること。”これは重要だ。”
※ 中層に浮上した{チダイ}や{真鯛}を[エビ掛け胴付き仕掛け]で狙う場合には[エバ鯛釣り仕掛け]の鈎を、小鯛鈎10号〜12号に替え、活きた小エビを掛けて使用するがいい。釣り方も[エバ鯛釣り]と同じでいい。


チダイ釣りの鈎
いい鈎の条件
口が頑丈なチダイや真鯛を釣るのであるから「釣り鈎の選定」が非常に重要になる。釣行前に釣り鈎を点検せずに、鯛釣りを始めるのは無謀であり、冒険でしかない。
粗悪品の釣り鈎を使用したのでは、掛けたエビが不自然な動きをするだけでなく鈎掛かりも悪い。特に、釣り鈎を購入した時や仕掛けを作成する場合は、必ず、欠陥がないか調べておく必要がある。
「チダイ釣り」に使用する鈎は、鋼仕上げの鈎でなければ次の三つの条件をクリアできない。

(一)  大鯛が真正面より噛んでも折れてはならない。
(二)  大鯛やハマチが針掛かりしても伸びてはならない。
 強度の足りない不完全な釣り鈎を見分けるには、鈎をペンチで挟み、丈夫な木材に掛けて、思い切り力を入れて「ぐい、ぐいと」曳いてみる方法が最もいい。簡単に折れてしまったり、伸びてしまう鈎が以外に多いのには驚く。これは製造過程での、素材不良や焼入れの温度管理失敗によるものであろう。
鈎の焼き入れ温度は800度が適温であり、焼き入れには菜種油に投入するのが最適とのこと。
漁師が使用する鈎は、その漁師が長年の経験で選定した「いい鈎」であることは間違いない。我々遊漁者も同じメーカー、種類の鈎を使うことが多いが、このような釣り鈎であっても製造過程の要因なのであろう、以外と粗悪なものが多いので、事前に強度試験をしておくことが必要だ。
理想的な釣り鈎は、強いバネのような弾力を持ち、折れずに伸びない材質で仕上がっているものである。
完璧な釣り鈎は滅多にないから、いい釣り鈎に出逢ったならば十分に確保しておくがいい。
(三) 鈎先が鋭いこと。(メッキかぶり,先折れ,先めくれがないもの)

 餌のエビを鈎掛けする際には、毎回必ず、鈎先を指で触って小さな「めくれ」や「鈎先の折れ」がないかを確認し、一寸でも鋭さが鈍ったならば直ちに釣り鈎を取り替えること。
鯛釣りに使用する鈎先に、これ程神経を使うのには、それなりの理由がある。チダイや真鯛の口の中は臼歯状態の歯が多く、鈎先は常に鋭敏でなければ「鈎掛かり」しないからであり、これを怠ると釣果に多大な影響がでてくる。尚、チダイや真鯛の唇は、口の中とは違って鈎掛かりがいい上に丈夫なので、掛かった鈎が外れることはない。
漁師の多くは一本釣り鯛鈎の8号から10号、あるいはチヌ鈎の4号から6号の他、土佐鈎などを使用するが、特定のメーカーの同一物だけを使う人もいる。
 釣れるチダイや真鯛のサイズは、ポイントやチダイ群の移動などにより、日々変わるものである。この為、釣り鈎のサイズは、何時も同じ釣り鈎を使用してはならない。釣行中の現場の状況に合わせ、対象となるチダイの大きさや、使用する餌やエビのサイズを考慮して迅速に対処することである。釣り鈎一本の選定が、釣果に多大の影響を与えることになる。
金色メッキの鯛鈎は総じて弱いから使用しないのが無難だ。
釣行には必要以上の鈎の携行は避けること、海水の塩分や水分で錆びてしまう。


錘(鉛、鉄玉)
 チダイを「胴付き仕掛け」で釣るには錘が重すぎてはならない。錘が重すぎると仕掛けの沈下速度が速くなり、餌のエビが回転動作をして主テグスに絡むことになる。この障害を防ぐ為に、ビシテグスの機能を最大限利用し、沈下力をカバーさせて釣りをする。
ビシテグスを使用しているので、水深50m程度であっても、錘のサイズは25号から30号で良く、70m水深でも40号あれば十分だ。しかし、風波のある時や二枚潮のポイントでの釣行時は、状況によっては、もっと重い錘を使うことになる。

 漁師は、安価で使い慣れた鉄玉錘を使用するが、我々遊漁者は使わない方が無難である。その理由であるが、鉄玉は比重が軽いだけでなく、形状が砲弾型なので船上で転がり回って釣り具の縺れを誘うことになる。又、我々遊漁者は出漁間隔が長期間に及ぶから、使用後に放置しておくことになり、直ぐに赤錆びが出てしまう。この赤錆びはテグスに触れると浸透して透明度が鈍るだけでなく、これを弱体化させてしまう。
錘の形状であるが、六角鉛が船上で転がることが無くて使い易い。又、舵付き鉛も安定性があるので使用に値する。
貴重な経験であるが、手持ちの錘を使い切り、偶然持ち合わせていた「銀メッキの笹型のブリ用たぐり鉛」を代用したことがある。ところが、チダイだけでなく真鯛の食い付きも明らかに良かったのである。
後日、金メッキのたぐり鉛を試用してみたところ、これも非常にいい結果を出した。これは、落沈物に敏感に反応するチダイや真鯛が、餌となる「小魚が来た」と読んで近付いたのであろうことは疑いない。
以後、チダイ釣りやアマダイ釣り等、「胴付き仕掛け」を使う釣りには「笹型たぐり鉛」を錘に使っている。少々高価ではあるが使用に値する。
フグやタチウオ・エソ等が多い時には、これらを誘うので使えない。
鯛類やイシダイなどの大魚は、海底への落沈物に敏感に反応する習性がある。


    チダイ「胴付き仕掛け」 (大分県津久見市 A 漁港 H名人)
 一本釣り漁師は、チダイは安価なので狙わないが、この方は老齢時にチダイ釣りをするようになり「チダイ名人」と称された。

 元糸には14号ヤマを100m。ビシテグスは14号物で鉛間20cmを50m程度。又はビシテグスのみ100m。
 ハリス4号又は5号。枝3本。枝間60cm。枝長40cm(肘長さ又は肘長さ+2寸)。鉛元テグスには3号を10cm。
 ビシテグスから上枝までのハリスは4.5m。
 鈎はアジ鈎10号。
 錘間3号10cm。錘は6角鉛25号〜30号。錘は小さい程いいぞ。錘が太いと大真鯛が食った際にハリスが振り切れるぞ。
 付底時の惰性で数mの伸ばし込みをして、引き立てをする際に食ってくる。
 当りは小さくても、2〜3手程素早く合わせること。ボソーとしていたら釣れない。
 活きた赤エビは中位のサイズとし、シッポを切って尻に掛ける。
 鉛間を短くしているのは、低層に居るチダイを狙うのと、引き揚げる際、下鈎に餌が残っておれば、{真鯛}が追い食いして釣れるからである。




餌(えさ)
赤エビ(エビ類)
 エビで鯛を釣る」と言われるように、エビ類は真鯛やチダイが最も好む餌である。しかし、活きていることが絶対条件であり、死んだエビは頭部が黒く変色して抜け易くなり、鯛類の釣果は望めない。
エビ類は、年間を通して入手が容易であり、長期間の蓄養もできるだけでなく、活きたままでの携行も可能である。

赤エビの入手
 餌にする赤エビは、釣具店で高価なものを買わず、小型底引き網の漁師に予約して購入するといい。数種の赤エビが好みの大きさで入手できるだけでなく、大真鯛を「テンヤ鈎」で狙うには最適な、赤足エビや大正エビなどの小型車エビ類も合わせて入手できる。
もう一つの方法は、早朝の魚市場や魚屋を覗き、多くの赤エビの中に一匹でも足が動いているものがあれば、これを買い求めて直ぐに海水に入れると、やがて、大半のエビは生気を取り戻して元気に泳ぐようになる。

胴付き仕掛け 赤エビの鈎掛け
 チダイ釣りに鈎付けするエビは、真鯛釣りに使うような大エビでは鈎掛かりが悪いから、ヒゲが切れてない健常で動きのいい中エビ、又は、小エビを選んで鈎掛けする。
その鈎掛けの方法であるが、真鯛の「ふかせ釣り」時のように頭掛けしてもチダイの食いはいい。しかし、胴付き釣りの場合は、チダイや真鯛だけでなく、ヒラメ、ホゴ、イシダイ、アマダイ、イトヨリなど高級魚の五目釣り状態となるので、エビの頭掛けはいけない。それは、鯛類以外の魚は噛み動作がないので、頭掛けでは鈎先がエビから出ずに鈎掛かりが悪いからである。
尻掛けする場合には、しっぽ下より鈎先を入れて腰鰭の内側に鈎先全体を出しておく。
尻掛けしたエビは、潮の抵抗を受けて回転運動をすることがある。これではチダイや真鯛は追わない。これを防止するには、事前にエビのしっぽを切って鈎掛けすることで解決する。

 大きなエビは、チダイ釣りの餌に使用しない方がいい。チダイは鈎を上手に避けてエビを噛むので鈎掛かりが悪いからである。やむを得ず、大きなエビを餌として鈎掛けする場合には、しっぽと共に一節、二節余分に切ってから鈎掛けすると、ある程度は対応することができる。
ハリスや鈎とバランスが取れないような、極く小さなエビにも食いが悪いから、中エビや小エビがある場合には極小エビは使用しない。しかし、真鯛やチダイが最も多くなる秋には、「八月のエビ絶え」と漁師が表現する程に、餌に最適な中エビが非常に少なくなる。
この頃には当年物の幼小エビは居るから、鈎を小さくして、幼小エビを二匹抱き合わせ掛けするがいい。
しっぽ下から入れた鈎を腹鰭の間に出し、その鈎先に、もう一匹の極小エビを、隙間なく腹を合わせた状態にして、引き落とす要領で腹鰭の中に鈎を掛けるがいい。
 如何なる場合でも、鈎先はエビの腹鰭のセンター線に添って出さないと、仕掛けを投入する時に不自然にエビが回転してハリスが絡む原因となる。尚、高級魚のイサキやメバル、大アジ等が混漁されるようであれば、チダイ釣りを止めて、これらの魚を狙うのが得策だ。  
ハリスを細く、釣り鈎も小さくした胴付き仕掛けに取り替えるだけでいい。幼小エビはイサキやメバル、大アジの大好物であるから、極く小さなエビを選んで鈎掛けするがいい。大アジやイサキは大群をなしており、ポイントが特定できたならば、とてつもない大漁も期待できる。

ゴカイ
 晩春から梅雨明け頃にかけては、各種のゴカイ類が産卵成虫となって一斉に海中に泳ぎ出す。チダイや小型真鯛はゴカイが大好物とみえて盛んな食いを見せる。この時季には、小エビに負けない程にチダイや小型真鯛の食い込みのいい餌となる。
胴付き仕掛けのゴカイの掛け方は、ゴカイが太ければ一鈎に一匹を{頭にチョンガケ}すればいいが、細いゴカイは一鈎に二三本掛けることになる。
ゴカイを鈎附けした際、「くねり」や「伸縮」動作を頻繁に繰り返すほど餌の常態がいいので、チダイや真鯛の追いがいい。弱ってソーメン常態に白く伸び切ったものには、チダイや真鯛の食いは大幅に落ちる。このようなゴカイは、直ちに付け替えること。又、丸く結ばったゴカイにも賢い魚は食ってこないので対処が必要だ。
ゴカイ餌には、チダイの他に、中真鯛小真鯛やホゴ、アマダイ、イトヨリ等の外道の食いもいい。

イワムシ、青ケブ
 イワムシは鯛類が非常に好む餌であり、エビにも負けない程に食込みがいい。しかし、大潮の干潮時でないと捕れない餌であり、切れ易くて保管もむずかしい。入手出来たならば是非使いたい。
胴付き仕掛けの鈎掛けには、小型のものがいいが、太いものは5センチ程度に切ってチョンガケするがいい。
青ケブ(朝鮮ゴカイ)は、大きくて動きが良く、{チダイ}や{真鯛}の食い付きがいい。

小さなシャコ類
 シャコ類も、エビや岩虫に負けない程にチダイや真鯛が好む。胴付き仕掛けへの鈎掛けは、赤エビに準じた鈎掛け方法でいい。
「テンヤ釣り」する場合、中型以上のシャコは「テンヤ鈎」に鈎掛けできるが、ボケなどの小型のものは「二本鈎ふらせテンヤ」に各一匹から2匹を鈎掛けしてチダイや真鯛を釣るがいい。尚、枝鈎の付け餌として利用するもいい。



胴付き仕掛けでの[チダイ]の釣り方
釣れる時間帯は
 チダイの最も釣れる時間帯であるが、朝夕のまじめ時は勿論食いがいい。しかし、チダイが他の魚と違う点は、日中でも潮がいいと入れ食いすることが多い。一般的には午前中よりも午後の太陽が西に傾くPM2時頃からが本番となり、夕方にかけて食いがいい傾向にある。
大潮で潮流が速い程、食いが立つのは、大群をなす魚に見られる共通点である。

ポイント
 チダイのポイントは、漁礁や沈み瀬、沈船、島礁まわりなど、小真鯛ポイントの若干沖合いに当る位置の、常に、潮上側(上流)であることを忘れない。ポイントの若干潮上側に船を止めて仕掛けを投入するが、船が潮流に乗って、沈み瀬などのポイント上を通過したならば、再度、元に戻り仕掛けを再投入する。 ※ 漁師はこれを船回しと表現する。
船が潮流や風波に乗って移動するスピードは想像以上に速いから、漁礁や沈み瀬の上を通過する際は、その立ち上がりを計算して、頂上すれすれ迄仕掛けを持上げて通過させることが理想的。
チダイは、いつでも大群で居るわけでなく、真鯛の優良ポイントや養殖場筏下などでは年間を通して手の平サイズから500gクラスのものが必ず少数は釣れる。

 チダイの特徴は、湧昇流のあるポイントでは、{チダイ}や{小真鯛}は食性がほぼ同じなので、餌を求めて中層に浮上しているが。漁礁付近などでは、低層で「平面的に帯状」の濃密な大群となることが多い点であろう。このようなチダイ群は、電波探知機でこまめに探索すれば、容易に捕捉できるので、チダイ群を確認次第、胴付仕掛けで攻めると素晴らしい大漁になること請け合いである。
中層に浮上した{チダイ}や{真鯛}を[エビ掛け胴付き仕掛け]で狙う場合には[エバ鯛釣り仕掛け]と同じ号数と枝間、枝数でいいが、鈎は小鯛鈎10号〜12号がいい。釣り方も[エバ鯛釣り]と同じでいい。
普段でも、チダイポイントを探索することは勿論のこと、アジやイサキ漁を狙う一本釣り漁師の、チダイの混獲状態や底引き網漁で漁獲されるチダイの数量と魚寸、漁場等の情報を常時探っておく必要がある。

 当地方で魚探やソナーで、アジやチダイを探索して操業する小型巻き網漁での漁獲状況をみると、沿岸域でも、一操業で数トンもの成熟したチダイが漁獲されることも珍しくはない。
このような数千匹にも及ぶ大群の来る時期は、秋の彼岸を過ぎる頃から姿を見せる産卵群と、入梅前後の、年に2回の大きなピークがあるようだ。しかし、他の時季でも、特定の優良ポイントには濃いチダイ群が現れることも珍しくはなく、又、小群れで姿を見せることも多いので油断はできない。
 正月前から2月にかけての厳寒期にも、沿岸30m程度の沈み瀬や漁礁に、20〜25cm魚寸の100〜200g程度のチダイ群が居付く。尚、沖合いの50mを越す水深に設置された漁礁や沈み瀬、沈船等に付くチダイ群は500g前後の大型魚が多い。水深の深い沖合いのポイント程、型のいいチダイが群泳していることは疑いない。

 潮通しのいい、30mを越す水深域に設置された真珠養殖場やブリなど魚類の養殖筏、蓄養筏付近は真鯛やチダイの絶好の餌場となっており、ポイントを探す必要もなく投錨する手間も要らない。しかし、餌取り上手なウマズラハギやサンバソウ等の雑魚が多くて釣りづらいのは覚悟しておこう。尚、アミや養殖場の投げ餌に附いた{チダイ群}は、エビ餌には食い渋る場合が多い。
養殖場近くの海底に沈み瀬や沈下物があれば、それに近い生け簀の潮上側(上流側)が最もいいポイントであるのでここに船をつなぐがいい。しかし、鈎掛かりした魚の稼動範囲内にロープなどの障害物が無いことが絶対条件となる。
筏付近に釣行するには、事前に養殖場持ち主や管理者の了解を得ておく必要がある。



船の操り方
 この釣りは、船を潮流に流しながら、ビシテグスを使用しての釣り方であるから、一船一仕掛けが原則であるが、縺れなければ複数の人が仕掛けを投入しても差し支えない。
ポイントの潮上側に船を止めて、仕掛けを投入するが、チダイポイントの上を船が通過しないと釣果は無い。船を流しながらの釣りなので、潮流や風波の影響を受けて流路が変わるので非常に釣りづらいものだ。
白波が立つ程の風波がある時には「てんてん帆(スパンカー)」を立てる。この帆は、船首を風見鶏のように風上に向ける役目をする。エンジンクラッチを、入り、切りして、船を風波に負けないように潮流と同じ速度で流し、常に、仕掛けが船の真下にある常態に操船しながらチダイ釣りをする。



テクニック
 チダイのポイントは、漁礁や沈み瀬,沈船,島礁まわりなど、真鯛ポイントの若干沖合い深場の、常に潮上側(上流)であることを忘れない。魚探での探索が可能なので、仕掛けを入れる前に探索を怠らないことだ。
チダイは、常時低層から中層にかけて群れて居るが、非常に賢い魚であり、餌取りも実に上手である。エビを掛けた釣り鈎を上手に避けて、エビだけを噛み取るなど、当りも小さく、ボソーとしていたら餌だけ綺麗に取られてしまう。
 チダイを「胴付き仕掛け」で狙うには、中錘の役目をするビシテグスを使い、ポイントの若干潮上側で停船し、餌にする小エビやゴカイを鈎掛けした胴付き仕掛けを一気に海底まで投入するが、この際、絶対にビシテグスは張らずに着低させ、そのままの惰性で三尋(4.5m)程伸ばし込む。これは、沈下する仕掛けのエビを追ったチダイにエビを食わせるタイミングを与える為であり、又、縦糸を嫌うチダイに警戒されない為でもある。
船が潮流に乗って沈み瀬などのチダイポイント上を通過したならば、再度、元に戻り仕掛けを再投入する。

 チダイを釣り揚げる際には、取り込む手は休めずに周囲を見回して、しっかりと緻密な「山立て」をして、チダイの食い付いた位置の特定をしておき、再度の仕掛けの投入に備えること。
チダイを胴付き仕掛けで釣る場合、最も重要なことは、「常時、仕掛けを張って直立させてはならない」点である。
 湧昇流のあるポイントのチダイは、大潮時で潮が湧く時に食いが立ち、小潮の時には食いが落ちるものである。尚、同じ大潮時でも、潮変し時になるとチダイの食いが鈍くなる。逆に、漁礁など平面的なポイントでは、この頃から潮の向きが変わって潮流が起こるまでは、真鯛の食いは上向くものである。数十分の短時間ではあるが、「テンヤ釣り仕掛け」に替えて真鯛を攻めるのも一つの選択。
釣り揚げる途中のチダイは、波状的に「グルッ、グルッ」と強い曳きをするが、大チダイでも、真鯛のような数手を超す曳き込みは少ない。取り込みは、大チダイはタモで取り込むのが無難だが、大中チダイは、ガッチリと鈎掛かりしているから、船に「跳ね込む」がいい。

 風波の強い時には 投錨釣りするがいい
白波が立つ程に風波が出ると、風に吹かれた船が仕掛けを引き摺る状態となり、着底しないから流し釣りは出来ない。このような悪条件下でチダイが多く確認できた場合には、ポイント付近に船を固定できる位置に投錨して釣るがいい。
錨は、潮上側に一本だけ投錨し、ロープを長短にしたり、舵で船を左右に振って目的のポイントに船がセットされるように調節する。船は安定しないが、これでいい。
この際のロープは、水切りのいい細い材質の物を使用するが、錨が「こげる」ことを防止する為、水深の三倍以上の長さが必要となる。
凪であってもチダイが濃い場合には、この要領で投錨して釣るがいい。船を固定して釣れば、操船の手間が省ける分だけ、手返しが早くやれるから効率が非常にいいことになる。
投錨釣りの場合、潮流の影響を諸に受けるから、仕掛けは一定の角度で出て行くことになる。着低する迄は絶対に張らず、余分に伸ばし込む要領でやるのがコツだ。

 チダイを「ふかせ釣り」で専門に狙うのは効率的でなく得策ではない。チダイは深場を好む上に、多くの撒き餌をしても中層までに浮上することは珍しく、どうしても雑魚の多い低層での釣りとなってしまう。このような習性のチダイなので、小エビを掛けた枝三本の(胴付き仕掛け)を使用した方が、釣具の上げ下げの回転サイクルが速く、同時に2〜3匹食い付くことも多いから、はるかに効率がいい。


   外道魚
 低層を狙う仕掛けなので、カサゴやカワハギ類・が多く釣れてくる。尚、アマダイやイトヨリポイントが近い場合には、これらの魚も混漁される。
 真鯛は小型のものが多いが稀には中真鯛が釣れる。餌がゴカイであればマアジも喰ってくる。



(二) [アミ籠サビキ]でのチダイ釣り


 海底に沈み瀬や漁礁や沈船などがあって潮通しのいい場所や魚類の養殖場、真珠養殖場等の筏下は、チダイの優良ポイントである場合が多い。このような位置に投錨して[アミ籠サビキ釣り]すると想像以上の釣果が得られるものだ。
特に、魚類の養殖場や真珠養殖場等の筏下は、吊るした網や生け簀の他に、筏を固定するアンカーブロックの他、縦横に張られたロープなどがあり、養殖枠や生け簀等が日差しを遮るので、海面から海底にかけての立体的な漁礁といえる。その上、縦横無尽に張られたロープや生け簀等が邪魔をして刺し網漁の操業もままならない。
 このような筏下には魚が警戒せずに居付くので、年間を通して真鯛やぶり、チダイ等の魚影が常に濃く、これら大魚の好ポイントとなっている。又、養殖魚へ定時的に投餌するので、この投げ餌の「こぼれ餌」が流れ落ちるのであるから、食事も付いていることになる。このように好条件が揃った上に、大魚の餌となるカタクチイワシ等の小魚や甲殻類が無数に寄るのであるから、チダイ、真鯛やぶり、イシダイ、ヒラメ等が定住する諸条件が完全に揃っている。
 特に秋季には大型チダイの群れが居付くことが多い。この筏下のチダイは、アミの撒き餌籠によるサビキ釣りには鈎掛かりしても、赤エビには餌附きにくくて食い渋ることが常である。これは、ぶりなど全ての魚に共通にみられる現象であるが、小さな餌や柔らかな餌に餌付くと、これより「大きくて硬い」餌には食い附きにくい習性によるものと思われる。
しかし、これらのチダイや真鯛はエビが嫌いな訳でなく、潮の具合や水温の変化など、なんらかのきっかけでエビ餌に集中的に餌付くので、チダイや真鯛の食性の変化には常時油断せずに注意しておく必要がある。

 [アミ籠サビキ釣り]は1.8mから2.7mの船釣り用のリール竿を使用する。水深50m付近に居るチダイ群を狙うのであるから、撒き餌を入れる餌は30号から50号もの太いものでないと機能しない。又、餌を振り出すには竿に巨大な力がかかることになる。即ち、50号持ち以上の竿が必要となる。
使用するリールはスピニングリールや胴付きリールを使用するが、リールには上質な6号から8号テグスを150m以上巻いておく。
サビキは、数本の鈎の付いた既製品のスキンや魚皮サビキでいいが、対応能力限界のできるだけ細くて小さいサビキを使用する。尚、大型のチダイの居るポイントでは枝ハリスは2号、主ハリス3号程度の強さは必要だ。
撒き餌籠は、底に円錐状の鉛を鋳込んだ直径3cmから4cm、深さ6cmから7cmの金網籠を付けるが、籠の重さは水深や潮流の強さによって30号から50号物を使用する。この籠は最下部に錘兼用に取り付けるのがベターだ。
籠には、アミを詰めて一気に海底まで沈下させ、テグスを張って竿を振る。・・・ひと時待っても食いが無ければ再度竿をあおって撒き餌を振り出して・・・食いを待つ。
竿をあおって籠が沈下する際に、籠に入ったアミが煙幕となってサビキの中に散る。これが重要だ。概、2〜3回の竿振りで全てのアミが放出されることが望ましい。


   外道魚
撒き餌釣りなので、アジやヘダイ・カワハギ類・小さなイシダイの他に、小サバ・ヒラアジ、小型の真鯛も混漁される。


 (三) チダイのテンヤ釣り ※ 詳しくは[てんや釣り]の項を


 「二本鈎ふらせテンヤ」は通常、中小の真鯛を釣る時の仕掛けであるが大型チダイも良く釣れる。イシダイやマハタ、ホゴ、アマダイなど高級な雑魚が混漁される場合にも使用する。又、チダイポイントは真鯛も居り、大中真鯛も当るから「高級魚の五目釣り目当て」での使用価値がある。しかし、中小型のチダイを釣るには適さない釣り方だ。
鉛に鈎を鋳込んだ「関東テンヤ」や「丸鉛の鋳込みテンヤ鈎」は大真鯛向けの仕掛けであり、口の小さなチダイや小型真鯛を釣るには適さない。又、石鯛等の雑魚が食い付いても固定された鈎が大きいので鈎掛かりが悪い。
チダイを狙って「テンヤ釣り」するには、「二本鈎ふらせテンヤ」に限定される。


二本鈎ふらせテンヤ  エビの鈎掛け
 「二本鈎ふらせテンヤ」でチダイを釣る場合は、中程度の赤エビを使用するがいい。エビの鈎掛けの方法であるが、前鈎、後鈎共に各一匹を尻掛けする。
 チダイや真鯛だけでなく、アマダイ・イトヨリ・ヒラメ・ホゴ・イシダイなどの五目釣りをするには、エビの頭掛けはいけない。鯛類以外の魚は、噛み動作がないので鈎先がエビから出ずに鈎掛かりが悪いからである。
エビの尻に釣り鈎を掛けると、チダイや雑魚の鈎掛かりがいいが、尻掛けしたエビは潮の抵抗を受けて回転運動をすることがある。これではチダイや真鯛は追わない。これを防止するには、事前にエビのしっぽを切って鈎掛けすることで解決する。
鈎付けする手持ちのエビが小エビだけの場合もある。チダイの食込みは少々落ちるが致し方ない。この場合の小エビの鈎掛けは、しっぽを切った個所から鈎先を入れて、小エビの1から2関節まで挿し通し、次々とネソ糸迄引き上げてネソ糸を埋めて最後の小エビだけを通常の鈎付け状態とする。この為、一本のネソ糸に数匹の小エビが付くことになる。
 鈎掛けの際、小エビの尻が割れることがある。これに対応するには、事前に耳の無い"カムロ鈎"で「テンヤ鈎」を作成して準備しておくがいい。
もう一つの小エビの掛け方は、しっぽは切らずにエビの第一関節(長い節の部分)に横から鈎掛けして数匹のエビを鈎に並べることである。丁度、雀が電線に並んだ常態を想像するがいい。この方法だと、エビが元気に跳ねるから鯛の追いがいい。
尚、中層には真鯛以外の雑魚は少ないから、真鯛専門に中層を狙う時には、前鈎には尻掛けし、後鈎には前掛けするとエビの動きがいいので真鯛類の追いがいい。前掛けしたエビは,海水の抵抗を受けて重く感じるから、手元でエビ餌の把握も容易にできる。


ゴカイの鈎掛け
 ゴカイ餌を使用するには、構造上、打ち込みテンヤ鈎は使用できないから、「二本鈎ふらせテンヤ」に限定される。
初夏には、スルメイカやケンサキイカの子供が育つので、これにもチダイや真鯛が附けて餌にしている。ごかいを「二本鈎ふらせテンヤ」に鈎付けして攻めるといい釣果を出す。これは、ゴカイを鈎掛けした常態が、小イカに似た「疑似餌効果」があるとの説もある。
ゴカイは、大きめで活きのいいものを選び、鈎一本に付き2〜3匹を房掛けするが、その鈎掛け方法は、ゴカイの口元を強くつまみ、開けた口より、3mm程度鈎先を入れて鈎先を出す。同じように次々と鈎を通して房掛けとするが、最後のゴカイだけは、その逆に挿し、口元より3o程の背中から入れた鈎を、口の中に少しばかり鈎先を出しておく。
ゴカイ餌を使用する際には、ネソ糸の鈎元にオレンジ、ピンク系に染めた魚皮を付けるとチダイや真鯛の食いが非常にいい。
 秋の「エバ鯛釣り」にも応用できるが、秋は、ゴカイが少なくて小さい時季に当る。この代用として、イカやタコの足を適当な長さに切って掛けるがいい。尚、最近では輸入された朝鮮ゴカイ等も入手できるので、これらを使用するのも一手。

 夜間に集魚灯を点けてイカやアジを釣る際、灯火に寄ったカタクチイワシなどの小魚にチダイや真鯛が附けることがある。このチダイや真鯛を狙うには、「二本鈎ふらせテンヤ」に、ゴカイや手玉ですくい捕った小魚を掛けてやるといい。
海底近くから誘い乍ら中層までを探るのがコツ。チダイは低層、真鯛は低層から中層で食い付いてくる。尚、上層ではタチウオやフグの食いもみられる。

イワムシの鈎掛け
 「二本鈎ふらせテンヤ」を使用する場合、真鯛兼用の釣りとなるので、大きな岩虫の場合は10cm程に切って各一本ずつ鈎掛けするが、小さな岩虫は、そのまま一匹ずつ鈎掛けする。
頭部は硬くてしっかり鈎付けできるが、鯛の好むのは下の部分なので、頭部を前鈎に掛けし、後鈎には柔らかな中部や下部を付けるがいい。


操船
 テンヤ釣りは、ビシテグスを使用して船を潮流に流しながらの釣り方であるから、一船一仕掛けが原則であるが、絡みがなければ複数の人が仕掛けを投入しても食いは変わらない。
チダイのポイントは、漁礁や沈み瀬、沈船、島礁まわりなどの真鯛ポイントを、少しばかり沖合いに外れた、常に、潮上側(上流)であることを忘れない。
 ポイントの潮上側より釣り始めるが、いくら潮流が速くても、風が無ければ船は大海原の一部となって、海水と共に移動するから仕掛けが走ることは無い。しかし、船の真下に立った仕掛けも、海底に対しては想像以上のスピードで移動していることを忘れない。
 白波が立つ程の風波があると、仕掛け全体が軽いので非常に釣りづらい。このような時には「てんてん帆(スパンカー)」を立てる。この帆は、船首を風見鶏のように風上に向ける役目をする。エンジンクラッチを、入り切りして、船を風波に負けないように潮流と同じ速度で流し、釣り具を常に船の真下に立てた常態で「たぐり釣り」をする。
ポイントの数十m潮上に船を止め、仕掛けを投入するが、船が潮流に乗ってポイント上を通過したならば、再度、元に戻り仕掛けを再投入する。


テクニック
 仕掛けを作成する時には、数箇所のポイントの水深に合わせた位置に、ビシテグスに色違いのテープなどでマーキングをしておく。これだけで、各ポイントでの棚取りの目安となるから手間が省ける。
 初めてテンヤ釣りを経験する場合には、ビシテグスは標準的な8号から10号を使い「二本鈎ふらせテンヤ」を使用するがいい。
鯛玉鉛は、いきなり小さな号数を使用したのでは底取りができないから、大きな号数の鉛玉を使うことから始める。先ず、20号程度の重い鉛玉から初めて15号―12号―10号―8号と慣れるに従って順次小さくしていく。
大きな20号でもチダイの多い時には入れ食いする。又、沈み瀬や漁礁近くを通過すると外道のホゴ・イラ・アラなども良く食い付く。

 たぐり揚げる要領であるが、右利きの方は船首に向かって右側面に位置し、「こべり」を利用してたぐり揚げ、落とし込みを繰り返す。ビシテグスをたぐり揚げる操作には「こべり」の高さに座位すると最も手捌きがいい。
「たぐり揚げ」操作は、車のハンドルを左に切る要領でビシテグスをたぐるがいい。先ず、右手でビシテグスを下から持ち、この、ビシテグスを持った右手を、左脇腹下に持ち込む。同時に、左手を右腕の上部の外に出して、上からビシテグスを掴む。この手を左側一杯に手刀を切るようにしてビシテグスをたぐる。この動作を繰り返せばいいのである。
 たぐり揚げるスピードであるが、片手の「たぐり揚げ」の状態が「エビが跳ねて逃げる状態」になるように連想してやるとうまくいく。概、一秒片手の感覚でたぐり揚げるといい。
餌を付けた「テンヤ鈎」は、縺れないように投入するが、事前に付けた目印を参考にして、ビシテグスの沈下を手助けして海底近くまで届かせる。
目印まで沈下し、ビシテグスが張っても「テンヤ鈎」は未だ沈下中であるから、全神経を指先に集中させて、一呼吸後にくる"つー"とした「テンヤ鈎」の微妙な重さを確認する。これが確認できたならば、手元と「テンヤ鈎」が一体化したことになる。
それでも、「テンヤ鈎」の重さや着低が確認できない場合は、数m程ゆっくりと、たぐり揚げ乍ら「テンヤ鈎」の加重される位置を確認する。
もう一つの方法は、20cmから30cm程度、人差し指で小さくしゃくり上げ、ビシテグスの重さを"じわーと"感じ取った直後に、一呼吸おいて"ツー"とくる「テンヤ鈎」の重さを感じ取ることである。この時、"ツー"とした感じが無いときは、既に「テンヤ鈎」は着底しているから、そのまま慎重に「たぐり上げて」いると、はっきりと「テンヤ鈎とエビ」の抵抗が感じ取れるものである。

着低した「テンヤ鈎」は、直ちにたぐり動作を開始すること
 着低した「テンヤ鈎」は、直ぐに「たぐり揚げ」動作を始めないと「テンヤ鈎」が海底を引き摺る常態となり、たちまちのうちに、海底付近にたむろするマルハゲなどの雑魚に餌を取られてしまう。又、海底が粗いポイントであれば、海底の岩礁や珊瑚、海松などの障害物に根掛りする。
船が潮流や風波に乗って移動するスピードは想像以上に速いことを常に忘れない。
荒く立ち上がった、漁礁や沈み瀬の上流に仕掛けを投入する際は、その立ち上がりを計算して、頂上の水深以上には仕掛けを入れず、頂上から数メートル以内で、たぐり操作を繰り返すのが理想的。
沈み瀬や漁礁付近では「二本鈎ふらせテンヤ」が、この頂上近くの低層を通過すれば、チダイや真鯛の他にイシダイ・大ホゴ・マハタ・イラ・ウマズラハゲ・ヒラメなどが良く食い付く。
 チダイのポイントを外れた周辺海域では、アマダイやコロダイ・イトヨリ・シロアマダイ・マルハゲ等が食ってくる。
テンヤ釣りで釣れる外道は、そのほとんどの魚種がチダイや真鯛よりも高級魚である。この「二本鈎ふらせテンヤ」釣りの魅力であり、嬉しい外道と言えよう。


   [てんや釣り]の外道魚
 本来が真鯛狙いの仕掛けなので、中小の真鯛は勿論、大きな真鯛も喰ってくる・・・カサゴやカワハギ類の他、イシダイやアラも喰ってくるが、嫌われるエソの喰いも多い。
尚、アマダイやイトヨリポイントが近い場合には、これらの魚も混漁されるが、アジ類やサバ、イサキ、ヤズの釣果は期待できない。



(四) エバ鯛釣り(チダイ・小中真鯛・大アジ・サバ) ※ 詳しくは「エバ鯛釣り」の項を


 漁師は魚皮のサビキを"エバ"と称する。疑似餌なので餌を確保する手間が要らず、想像以上の釣果もあがる。尚、本来が小型中型の真鯛狙いの仕掛けなので、同じポイントに居る真鯛やヤズ・イサキ・アジの他にサバなども多く混獲される。
 一本釣り漁師が「中小の真鯛やチダイ釣り」に使用する「エバ鯛釣り」専用のサビキ仕掛けは、数年間にわたり「手間暇かけて手入れした」サバ皮等の魚皮を使用する。
経年物の魚皮は海水に入れると「シラス」や甲殻類のように動くから真鯛やチダイ・アジ・イサキ・メバル等の食いが抜群にいい。
チダイ釣りに使用する魚皮サビキは、マアジ釣り用のサビキより若干魚皮を長くするのがコツ。
釣れるチダイや真鯛のサイズによって6cmから7cmサイズで作成するのが一般的。
使用する魚皮は、主にサバの皮を使用するが、鯰皮・ウマズラハギ皮・ハモ皮・サメ腸などを薄く加工して使う漁師も多い。又、疑似餌用のブルーやピンクのビニールシートに食いが立つ時季もある。
 鯛類の好む色合いは、淡いオレンジ又はピンク系や黄色・茶系であるから、お茶やコーヒー、ぶどう酒、タマネギ皮などで草木染めをしたり、科学染料でサバ皮を着色して使用する。尚、サバ皮の腹部は質が良く、疑似餌に敏感なアジやイサキ釣りに使う貴重品なので、「エバ鯛釣り」には背中の部分を使うがいい。
 魚類は色盲と聞くが、鯛類が何故ピンク系やオレンジ色を好むのかは判らない。餌にするエビやカニ等の甲殻類がチダイや真鯛の生息域に多く居り、同系色であるから、特別な識別感覚があるのかも知れない。

 「エバ鯛釣り」に使うハリスには、絡みにくい上質なものを使用するが、そのサイズは鯛の大きさに比例させるがいい。
一般的には、主ハリス、枝ハリス共上質テグスの3号や4号を使用するが、主ハリスを太くしても1号アップに留めたい。
わずか1号アップではあるが40%も張力が増す。
中小チダイを狙う場合3号ハリスでいい。3号ハリスであれば、高級魚の大型マアジやイサキ・メバルも食ってくる。尚、大真鯛やハマチが居るようだと4号ハリスを使うがいい。

 この「えば鯛釣り仕掛け」の枝鈎の本数はチダイ群の浮上した棚に合わせて、6本から10本程度だが、本数が多いと船上に揚げた際に絡み易い。枝ハリスの長さは、縺れがなければ長い程チダイや真鯛の食いがいいから80cm程度とする。尚、枝間は一尋矢引き(2.1m)が普通の枝間サイズであるが、上下の「からみ」が無ければ多少間隔が近くても差し支えない。
使用する釣り鈎は、小さく軽くて丈夫であることが絶対条件となるので、「食わせ鯛釣り」に使う釣り鈎と同じ、金龍社製アジ用中太鈎の3号とする。
錘はビシテグスを使用するから50m水深の場合でも30号で良く、70mでも40号以上を使う必要はない。


スラセについて
 すらせとは、擦らせるの意味であり、仕掛けをたぐり揚げる際、摩擦で仕掛けのヤマやビシテグス・ハリス等が傷むことの無いようにした当て具である。釣り船の側辺の「こべり」に取り付けるが、既製品の他に、ステンレスや塩ビパイプ・孟宗竹などを利用する。
胴付き仕掛けでのチダイ釣りには、仕掛けの上げ下ろしに利用する。
ハリスが3号又は4号なので、真鯛やハマチなど大物の取り込み時には、仕掛けを「こべり」に当てたままで、「やりとり」してはならない。腕の弾力を最大限利用しながら、ハリス能力一杯に、手の中で仕掛けを滑らして調整する。
 チダイは水圧の変化に弱く、釣り揚げると浮き袋が膨み、全てのチダイを生け簀で活かすことは難しい。その上、チダイの魚価は真鯛やアジ、イサキ等に比較すると格段と廉いから、一本釣り漁師は他の魚類が釣れない時以外はこれを狙わない。
チダイの他、ホゴ、イトヨリ等が混獲される釣行には、氷を入れたクーラーの持参を忘れない。必ず、絶命前に絞めて(血抜き)から潮氷に格納する(専門用語=氷で〆る)これは常識。


   外道魚
 本来が中小の真鯛狙いの仕掛けなので、チダイ以上に真鯛が釣れることもあり、4s物の大真鯛が釣れることも珍しくはない。その他、同じポイントに居る大アジやヤズなどが多く釣れる。又、サバ群の回遊があればサバの喰いもいい。




チダイ釣りの外道
真鯛
 [エバ鯛釣り仕掛け]でチダイ釣りをする時には、食性や習性、ポイントが類似しているので小型や中型の真鯛・ヤズ・アジが釣れることが多い。
 [アミ籠サビキ釣り]では、大きな真鯛が釣れることは希であるが、チダイクラスの真鯛やアジ等は多く混漁される。
 [胴付き仕掛け]や「エバ鯛仕掛け」には、警戒心の強い大真鯛の食い付くことは稀であるが1sクラスまでの中真鯛は良く釣れる。
 「二本鈎ふらせテンヤ」でチダイを釣る際には、本来が真鯛専用仕掛けなので、大きな真鯛や中真鯛が釣れることが多い。
マアジ
 アジはチダイと同じポイントに居るから[エバ鯛釣り]や[アミ籠サビキ釣り]で爆釣されることが多い。尚、[てんや釣り]や[胴付き仕掛け]ではアジ類の釣果は期待できない。


ハマチ・ブリ
 潮代わりのいいポイントには年間を通してその姿を見る。小さなハマチは秋に最も多いが、時には数千匹・数万匹に達する大群となり海面で魚しぶきをあげる。
[エバ鯛釣り]には、当年物のヤズや2〜3s物のハマチが食い付き、次々と追い喰いして猛烈な曳き込みを見せる。ハマチが多くて船際まで仕掛けを追う時には、専用仕掛けに取り替えるがいい。尚、「胴付き仕掛け」や「テンヤ釣り」には、仕掛けを手繰り揚げる際に喰い付くが多くの釣果は期待できない。
 カンパチは潮通しのいい、岩礁付近で鯛釣りをしていると食ってくるが大型の個体は少ない。秋には1sクラスが釣れるが、その出会う度合いは少ない。
ヒラメ
 水温が低下する冬季から春にかけて多いが、梅雨頃にも多く来流する年もある。無垢島沖の漁礁付近や沖合いの沈み瀬には年間を通して多く、太い個体は5sを越すのもある。イカ類やイワシ類等の魚類やエビを追うが、死んだ餌魚やエビには見向きもしない。
 チダイ釣りの「胴付き仕掛け」や「二本鈎振らせテンヤ鈎」には海底近くでエビ餌に食い付く。大物が鈎掛かりした時には根掛りした感じであるが、当初海底に向かって数回の曳き込みするだけで、中層では他の魚のような引き込みは無い。しかし、機敏な魚であるから取り込みには慎重を要する。
"この魚も高級魚"
ホゴ
 時季や水深に関係なく、「胴付き仕掛け」や「二本鈎振らせテンヤ鈎」での釣行には、沈み瀬や「ごろた石」状態のポイント付近で必ず釣れてくる。餌となる小魚や甲殻類の多い沖合いの漁礁や沈み瀬には1sを越す個体も珍しくない。特に、産卵期に当る冬季から春には集合するので多く釣れる。
 水圧の変化には弱く、30m程度のポイントから釣り揚げた場合でも、目玉がムツゴロウのように飛び出して息絶えてしまう。クーラーの持参は欠かせない。"この魚も高級魚だ"
 [エバ鯛釣り仕掛け]では、疑似鈎の位置が海底近くでないからホゴは釣れない。
フグ(トラフグ・サバフク)
 サバフクは9月から11月にかけて多く、サルカンや鉛、ハリスなどあらゆる仕掛けを咬み切ってしまう。最も厄介物の外道である。漁師は元糸のビシテグスやヤマ糸を咬み切るから、(ヤマ切ぶく)と呼んで嫌う。唯一、無毒のフグだと聞く。
 トラフグは、年間を通して居るがその数は少ない。沖合いの無垢島付近では、テンヤ釣りしていると、たまに中層で鈎掛かりする。小型の500gから800g程度の個体は夏から秋にかけて沿岸部にも姿を見せるが、沿岸のチダイ釣りでは滅多に釣れない魚である。


トップページ
エバ鯛釣り仕掛けへ   テンヤ釣り仕掛けへ