一本釣り名人漁師の仕掛け
その他の魚 仕掛けと釣技
豊後水道西部にて資料収集



アナゴ・はえ縄漁 (豊後水道・津久見市A漁港G名人漁師)
 親糸50号テグスを使用。枝ハリスは8号であれば、エイや湯引き用のフカ等、殆どの大魚が切れずに揚がる。
 餌は、サバの切り身を使用すると食いがいい。
 一番星が出る頃の{はえ込み}が最も食いがいい。1時間程で揚げるがいい。それ以上置いても、餌は既に夜光虫やヒトデなどの掃除屋に盗られているのでアナゴの食いは無い。
 アナゴは、沖合いの深場よりも内湾に多い。
 枝鈎の鈎元には{ねそ糸}を付けるがいい。


アナゴ・はえ縄漁 (豊後水道・津久見市A漁港K漁師)
 5号ハリスであればアナゴは揚がるが、ローラー巻きでは6号ハリスが無難だ。
 枝ハリスは「より糸」1尋(1.5m)に、鈎元50cmだけテグスにするがいい。
 枝間は3尋(4.5m)もあれば十分だ。但し、投げ入れ時に餌付けが出来るならばの話だ。
 鈎はアナゴ鈎の中サイズでいいが、鈎先の鋭い鈎でなければ駄目だ。
 一番星が出る頃の{はえ込み}が最も食いがいい。
 低速で船を走らせ、鈎に餌を付けながら投入する。
 餌には油脂の多いサバの切り身がいい。カタクチイワシやウルメイワシもいいぞ。
 餌がカタクチイワシやウルメイワシであれば、コチ・アマダイなども食い付く。
 カタクチイワシ等はシッポ近くに鈎付けするが、鈎先は必ず出しておく。大きなカタクチイワシは二つ切りにして鈎掛けする。
 錘は軽いものを使用し、その数も少なくする。延縄が潮流に流されなければいい。
 投げ縄してから1時間程度で手繰り揚げていい。
 掛かったアナゴは、水槽口で口元のハリスにナイフを当て、ハリスを切り水槽に落とす。



ウマズラハギ狙いの五目釣り (餌掛け釣り)(大分県豊後水道・TG漁港T仕掛け)
 晩秋から正月過ぎに[M島沖合い]の沈み瀬や漁礁、土手でウマズラハギをエビの活餌で狙うと{真鯛}{チダイ}「トラフグ」「ブリ」などが釣れる。
魚影を確認して仕掛けを入れる。ウマズラハギは中層に居ることが多い。
[エバ鯛釣り]と枝間と枝長さは全く同じでいい。ハリスだけは太くする。
元ヤマの下には、10号程度のビシヤマを50m程使用する。尚、ビシテグスの100m物を使用する場合は元ヤマを巻く必要はない。
 ビシヤマには10m単位で深度の判る目印を付けておき、「ウマズラハギ」の棚に仕掛け を逢わせる目安とする。
主ハリス6又は7号、枝ハリス5号を使用。上枝までは3尋(4.5m)程度でいい。
枝間は、1尋半矢引き(210cm)。枝の長さは、半矢引き(65cm)〜大矢引き。
鈎数は7本〜10本程度がいい。餌を付けるから、枝数が多いと手間がかかる。
鈎元は「トラフグ」や{タチウオ}が食っても捕れるように、鈎元に数cmだけワイヤーを付けておく。この 為には、丈夫な環付き鈎を使用するが、エビを頭掛けにするから、袖長鈎でエビの剣先に「鈎の袖を当てて 鈎掛け」しないとエビが外れてしまう。尚、ワイヤー部分は魚が警戒するから「夜光チューブ」を刺して隠 すといい。チューブを使用すると疑似効果が出て釣果が増す。
「大ウマズラハギ」{マルハゲ}はエビを頭から食うから、活きたエビを頭掛けすることだ。(S漁師)
 



 エソ・「胴付き仕掛け (豊後水道・津久見市F港M漁師仕掛け
 ハリスは若干食い渋るが主、枝共に10号とする。錘が太いとエソの歯の抵抗が大きくて摺り切れるから40号錘程度がいい。
 8号だと食いはいいが、大エソが掛かると切れることがある。尚、8号ハリスには35号以下の錘を使用するがいい。
 ハリスの傷み具合で鈎の結び替え、ハリスの取り換えをすること。
 鈎は「金龍白金鯛一本釣り鈎15号」※エソや餌アジの太さで鈎の号数を変えるがいい。
 ビシテグスは軽くて使用感のいい12〜14号を使用するといい。細くても大エソを釣り上げるのに支障はない。
 ビシテグス下には 2.5oクッションゴム1mを付け、その下の上枝までの10号ハリスは4m程度でいい。
 [胴付き仕掛け]の枝数は2本を基本とするが、1本増やして3本でも差し支えない。
 枝間は1,5mとし、枝長60cm。錘間は70cm。
 餌は小アジがいい。尚、20cm以内の「泳ぎのいい生きている」もの。アジは大きくても食いはいいが、エソの鈎掛かりは悪い。
 極小ゼンゴには食いが劣る。
 着底時に食い付く確率が高い。着底次第、仕掛けをゆっくりと張り、食いがなければ数手ほど手繰るがいい。
 釣る場所は小魚群の多い瀬際や魚類養殖場付近がいい。アジやゼンゴなどの魚群があれば、その潮上側がポイントとなる。
 ※ マトウダイを釣るには小魚群の中を狙うがいい。
 外道はヒラメ・マトウダイ・ハマチ・カンパチなど。


エソ・「胴付き仕掛け (豊後水道・津久見市A港漁師仕掛け
 ハリスは8号とする。
 8号だと食いはいいが、大エソで切れることがある。その場合は10号ハリスにする。 8号〜10号ハリス使用時には35号以下の錘を使用。
 鈎はエソ鈎、エソの太さで鈎の号数を変えるがいい。
 ビシテグス下にサルカンを付けて、元テグスは上枝まで4m程度でいい。
 枝数は4本程度でいいが、増やしても差し支えない。
 枝間は50cmとし、枝長15cm。錘間は30cm。
 餌はイカの短冊切り。煙草程度か、もう少し太めとする。鈎付けは端にチョン掛けするが、短冊が短いと回って巻き付くぞ。
 キビナゴやカタクチイワシ等の小魚餌の場合は、口が開かないように頭にしっかりと掛ける。
 着底次第手繰るが、手繰るスピードは速い方が良く食い付く。
 釣る場所は小魚群の多い瀬際や魚類養殖場付近がいい。


エソ・「ルアー仕掛け(ジギング)」 (豊後水道・津久見市F港M・N仕掛け
 12〜14号程度の普通のビシテグスを使用する。軽くて楽。
 ビシテグス下に2.5oサイズ2mのクッションゴムを付ける。
 上枝までのハリスは14号を3.5尋程度でいい。エソだけ狙うのであれば2尋でもいい。
 ジグには裾に錨鈎を付けて、一尋上に枝ハリス20cmでケンケン鈎を1本だけ付ける。
 50m水深では、ブリ手繰りジグ110g〜120gサイズのジグが、沈下速度が合うのであろうか食いがいい。
 浅場では、100g物のルアーを使用し、鈎はイカリ鈎でも食いがいい。1尋上に20cmの枝鈎1本。
 着底次第手繰るが、手繰るスピードは速い方が良く食い付く。
 海底から数手〜10数手の位置で食い付くことが多い。
 釣り上げたエソは鈎外しを使用して外すが手袋の使用は欠かせない。
 それでも外れないエソは、生け間の角に長靴で踏み挟んでプライヤーを使用して鈎を外すがいい。
 ゼンゴ群の潮上側にエソは多い。※ マトウダイを釣るには群の中を狙うがいい。
 釣る場所は小魚群の多い瀬際や魚類養殖場付近がいい。水深18m以上30m付近までがいいようだ。
 50m以上深いと、釣り上げ・沈下の手返しが遅く効率が悪い。しかし小アジ群が居れば深場もいいポイントとなる。


エソ・[はえ縄漁] (豊後水道・津久見市A港漁師仕掛け)
[太刀魚はえ縄漁]でも可。
 11月から12月にはエソの相場が出るので、専門にやってもいい。
 エソや太刀魚は歯が鋭いから主縄ハリスを太くし、鈎元にはワイヤーを付ける。
 朝夕のまずめ時が、太刀魚・エソ兼用のはえ縄を入れる時間帯だが、日中でも釣果はいい。
 餌には活きた小アジが最もいい餌となるが、イカの切り身や他の小魚を餌にしてもいい。
 活き餌であれば、外道としてハモやアナゴ・エイなども釣れてくる。


エソ・「手繰り鉛仕掛け」 (豊後水道・津久見市F港M・N仕掛け)
 28号程度のブリ手繰り用のビシテグスを使用するが、細くても切れることはない。
 ビシテグス下にサルカンを付けて、ハリスは14号を4尋程度とする。
 エソだけを狙うのであればハリスの長さは2尋でいい。
 ブリ手繰り鉛、船形Sサイズのメッキ物が、沈下速度が合うのであろうか食いがいい。
 Mサイズでは太過ぎるのか、沈下速度が速いのかは判らないが食いは半減する。
 14号テグス又は40番ワイヤーに前後2本鈎方式。
 鈎は小鯛鈎15号がいい。いかなご3.5号、又は、タコbeito3.5号の半割りを前鈎に掛ける。
 100g物の白いルアー、イカリ鈎にも食いがいい。2m上に20cmの枝鈎1本。
 着底次第手繰るが、手繰るスピードは速い方が良く食い付く。海底から数手〜10数手の位置で食い付く。
 生け間の角に長靴で踏み挟んでプライヤーを使用して鈎を外すがいい。
 釣る場所は小魚群の多い瀬際や魚類養殖場付近がいい。
 18m以上30mの水深がいいようだ。それ以上深いと手返しが遅い。



かます・{潜水板トローリング} (豊後水道・津久見市AR港M漁師の仕掛け)
 9月にはカマスが浅い藻場付近に寄るようになる。
 潜水板は5.5号〜7号使用するから、道糸は20号程度のビシテグスを使用するがいい。
 道糸は、ビシテグスを使用せずに素ヤマでもいいが、手繰り揚げる際に道糸が滑る。
 潜水板よりの主テグスは7号〜8号。枝は7〜10本。枝ハリスは5号だが、歯傷で切れるようだと、ハリスをもっと太くしてもいい。
 枝間は半矢引き? 枝の長さは30〜50cm。
 タコは赤、茶系の3号物を使用する。魚皮でもいいが、痛み易いので丈夫なもの。
 鈎はエソ鈎がいい。二股鈎は掛かりが悪いから使用しない。
 朝は太陽が昇るまでが食いがいい。
 夕方は日暮れまで・・・カマスが多い時には、雨天や曇天であれば日中でも食い付く。
 時にはメバルやエソ、アジも釣れる。
 根掛かりしない程度に、うんと浅場の藻際を曳き釣りするのがコツ。

ヘダイ・「黒貝餌での釣り」 魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け。(豊後水道・津久見市T漁港T漁師)
 元糸は小さな重りを使用するから7号の素ヤマ100mを籠に取り込んでおく。
 ハリスは4号を使うが、イシダイが混漁される時には5号。
 ヤマとハリスはサルカンを介して繋ぐが、釣れる魚に対応できるサルカンが使用されていること。尚、合わせ動作が必要な釣りなのでクッションゴムは使用しない。
 枝鈎までの上ハリスは5mでいい。
 丸重り下60cmにチヌ黒鈎5号を付けるのが基本。
 鉛玉の上1mに枝鈎を出す。
 枝鈎は1本だけとし、長さは50cm。
 重りは、小さい2号から5号の丸鉛を潮流に合うように使用する。※ 着底が判る最低重量の鉛玉とする。
 撒き餌には黒貝などの貝類を撒くが、太いのは潰して少量ずつ間断なく撒くのがコツ。小さな黒貝は解しながら撒くがいい。
 指先ほどの黒貝の髭根付近を「こじあけて」鈎を貝に入れて完全に隠す。
 餌盗りのフグやカワハギなどが居ない時には「むき身」を鈎掛けするがいい。この場合も鈎は隠す。
 着底次第、底を切って手で持って喰いを待つが、小さな「あたり」を確認次第、瞬時に合わせ動作をする。


ヘダイ・「黒貝でのふかせ釣り」

   真珠養殖場や魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け。(豊後水道・津久見市H港Y名人)
 ハリスは3号を使用するが、イシダイや真鯛が混漁されるようであれば4号とする。
 [小鯛ふかせ釣り]仕掛け風で良く、主ハリスは5m〜8m、枝ハリスは同サイズのハリスで2本出す。
 枝間は1.5mとし、70cm程度の長さとする。
 丸貝使用なので、鈎は貝に隠れる大きさとする。丈夫で鈎掛かりのいいものを使用する。
 鈎は小さい程食いはいいが、大きくても貝の中に隠れれば食うから鯛一本釣り鈎の10号程度を使用する。
 錘は、水深や潮流、外道魚の有無により、3号〜8号〜12号の通し鉛を使用する。
 剥き身貝使用の場合は、元の黒貝に収めて投入しないと食い付かない。
 海底近くで食い付くが、ヘダイが浮上した時には30尋水深の10尋付近でも釣れる。※ 魚探の映像で深さを決めるがいい。
 餌の黒貝は、日陰のフロート下で調達したものが、殻が柔らかくて食いがいい。
 [K養殖場]には何処にでも居る。
 最初は魚探でヘダイを探すが海底近くのブツブツの映像が頼りになる。
 [アミ籠サビキ釣り]している付近には必ず寄っているから、その近くで[黒貝ふかせ釣り]をするがいい。
 小型は[アミ籠サビキ釣り]にも釣れてくる。
 10月には、500g物〜1.3s物を好漁。晩秋には太くなるが数は減るようだ。


ヘダイ・「黒貝餌での釣り」 魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け。(豊後水道・津久見市T漁港T漁師)
 元糸は小さな重りを使用するから7号の素ヤマ70mを籠に取り込んでおく。 
 ハリスは、大きなイシダイや真鯛が混漁されるから5号。
 小さい片天秤使用するが、釣れる魚に対応できるサルカンが使用されていること。
 片天下のハリスは60cm程度。


ヘダイ・「朝鮮ゴカイでのふかせ釣り」
真珠養殖場・魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け。(豊後水道・津久見市A港K漁師)
 餌には朝鮮ゴカイ(青ケブ)の一匹掛け。普通ゴカイは小さいから食いが今一歩。
 イシダイや真鯛が混漁されるので、ハリスは4号を使用する。
 最終鉛下のハリスの長さは2尋(3m)でいい。
 特大鉛3個を使用するがいい。
 鈎は小さい程いいが、12号を使用する。丈夫で鈎掛かりのいいものを使用する。
 海底まで40m水深で、18尋(27m)近くで最も良く食い付く。この位置にマーキングしておくがいい。
 浮上した時には浅くても釣れるから、映像で深さを決めるがいい。
 養殖場の何処にでも居るから、筏に船を着けて、黒貝を撒き餌にして魚を寄せる。
 撒き餌の黒貝は持参してもいいが、フロート下等に付いているものを30分程突付き落とすが簡単で虫等が混じっているから塩梅がいい。
 筏に乗って黒貝を少量ずつ撒きながら仕掛けを流し込む。
 マルハゲやフグ等の餌盗り魚が多い時には、丸貝利用等一考を要す。
参考資料
 最初は魚探で探すが海底近くのブツブツの映像が頼りになる。
 [アミ籠サビキ釣り]している付近には必ず寄っているから、その近くで[黒貝ふかせ釣り]をするがいい。
 小型は[アミ籠サビキ釣り]にも釣れてくる。
 9月からは、500g物以上のヘダイ・チダイ・イシダイ・真鯛・チヌを好漁。晩秋には太くなるが数は減るようだ。



メジナ・梅雨グロ30〜40mでの釣り (豊後水道・津久見港M.N)
 5月末には{真鯛ポイント}に800g〜1s〜2s越え物の産卵母メジナが大群で附く。
 餌はゴカイの1匹掛け、大小に関係なく釣れる。 ※ 2匹掛けでは食いがよくないようだ。
 ハリスは2号〜2.5号。2号では1.5s越え物が、複数掛かると枝切れすることがあるが、2.5号では食いが若干落ちる。
 枝間1尋矢引き(210cm)、枝長(半矢引き)60cm〜80cm、枝上3尋(4.5m)枝数7本、枝下1尋(1.5m)。
 枝上の上にはクッションゴム2o100cm物を付ける。
 鈎は、ガマカツ金アジ4号、又は金龍極太3号。1s物が同時に3匹食っても捕れた。
 錘は25号〜30号。
 映像は真鯛の立ち上がりに酷似しているが、海底から立ち上がっているのが特徴だ。
 早朝に食いが良く、太陽が照ると食いは鈍る。
 着底させて、伸ばし込んで手繰りにかかるが、そのスピードは[エバ鯛釣り]より遅い方がいい。
 食いは、もたれ食いしたり、「ぷっ、ぷっ」と鈎を避けてゴカイを食い盗る。
 錘の沈下中には、一時的に映像が散る程に敏感だ。真下より手繰るのがいい。
 ポイントは湧昇流のある大アジ・真鯛と同一であり、映像は{真鯛}に似ているが天の川のような青い星状、もしくは一寸濃い群となるが黄色や赤色は少ない。35m水深では、概、水深の三分の一以下に居る。※ 漁師の話では、大きいゴカイに食いがいいとのこと。


 
メジナ・「引っ掛け釣り」 豊後水道本流域での釣り。
 急流域に沈み瀬があると湧昇流が発生する。このようなポイントには大型の尾長メジナの大群が姿を見せる。
 このような尾長メジナ群の中にリール竿で、ボラ掛けのイカリ鈎を投げ込んで引っ掛ける。
 鈎の近くには錘は付けない。
 漁師は1日に50〜60匹獲ることもある。
 軽い錘を付けた[胴付き仕掛け]にゴカイなどを餌掛けして振り込むのもいい。



サバ・大マルアジ・「スキンカブラ釣り」 (豊後水道・津久見漁港M・N)
 豊後水道本流域での釣り。
 ビシヤマ12号程度、100m。クッションゴム2mm物2m。
 主ハリスは5号。枝間は1尋半矢引き(2.1m)枝ハリスは4号。枝の長さ50〜60cm。
 大サバが3匹が同時に来ても、止めても切れない。
 枝数は15本程度。枝上ハリスは3尋。
 「赤色スキンカブラ7〜8号」での釣り。沖山の鯛釣り仕掛けと同一でもいい。錘は40号程度。
100m水深の70〜80mに、青く ぽつ、ぽつ と見える。70mでは50〜60mに見えるが{大マルアジ}との区別はできない。
 {サバ}は低層に居ないので、底数本にはゴカイを掛けるとイサキや真鯛が釣れる。


サバ・[はえ縄漁] (豊後水道・津久見市A港漁師仕掛け)
 豊後水道本流域がポイント。
 主テグスは16号。枝ハリスは6号を矢引き(X)付ける。
 赤い毛鉤を使用する。
 エソや太刀魚が食って来る時はハリスを太くし、鈎元にはワイヤーを付ける。
 11月から12月にはエソの相場が出るので、専門にやってもいい。[太刀魚はえ縄漁]でも可。




スズメダイ・[アミ籠サビキ釣り]
 投錨して[アミ籠サビキ釣り]する。中アジやアイゴ等が掛かるから、ソデ鈎7〜8号のスキンサビキがいい。
 主ハリス4号、枝ハリスは2号〜3号を使用する。

 無垢島など、潮流の速いポイントには、プランクトンなどのスズメダイの餌が多いから、手の平ほどの大きさがある。
 初夏が旬であり抱卵している。焼き魚や唐揚げにすると実に美味な小魚だが、小骨が鋭いから要注意。



タチウオ・[灯火でのタチウオ釣り] (豊後水道・津久見港M・N)
 20〜30mの小魚群の多いポイントに船を固定して{灯火での太刀魚釣り}。
 船竿でのリール釣り。竿は合せの効く丈夫なものがいい。リール糸は特に太くする必要はない。
 元ハリスは天秤まで12号を鈎元ワイヤーより1m程少し長目に使う。
 歯が鋭い{タチウオ}なので、天秤下の鈎元のハリスは38〜40番程度のワイヤーを1尋使う。
 歯が鋭い{タチウオ}なので、天秤下の鈎元のハリスは38〜40番程度のワイヤーを1尋使う。
 鈎は小鯛鈎15号を2本連結して結ぶが、その間隔は、使用する餌の大きさによって5cm〜7cmとする。
 錘が重過ぎると、沈下速度が速いから、餌の小魚が回転して枝が巻き付いてしまう。浅いポイントなので10〜15号程度でいい。
 餌には、小魚の活きたのを鈎掛けするのが最もいいが、ゼンゴ以外の魚は活かすことが困難だ。
 カタクチイワシ・ウルメイワシ・アカタ・きびなご・いかなご等、死んだ餌にも食い付くので、カタクチイワシ・ウ ルメイワシ・きびなご・いかなご等を使うがいい。
 前鈎はゼンゴの鼻面又は背掛けとし、後鈎は下腹に下向きに掛けておく。
 手玉ですくうのは難しいから、取り込みには手玉は使用せず、そのまま船に引き込むのが無難。
 鈎を外す時は、しっかりと腹を掴んでから、プライヤーを使用して鈎を抜くがいい。
 竿はしっかり固定してないと、大型タチウオの強力な締め込みで竿を持って行かれる。
 タチウオは中層に多く附くようだ。小魚群の中を狙うのもいい。
 当りは、コツンと小さな当りがあった後、竿先をじわっーと締め込むことが多いが、弛みが出たり、糸が横に振れる、急に竿先を持ち込む等千差万別だ。捕り込みが遅れると他の仕掛けに絡んでしまう。


タチウオ・[朝夕のビシ曳きルアー釣り](豊後水道・津久見港F名人)
 ビシテグスを使用して、錘80号を付けて曳き釣りする。
 ハリスは20号程度。
 錘の後に仕掛けを出すが、主ハリスより2尋間隔で2本〜5本の枝鈎を出す。最終のルアーは弓角がいい。
 枝の長さは50cm程度がいい。
 エソやサワラも釣れる。



チヌ・「黒貝でのふかせ釣り」(真珠養殖場・魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け)
 ハリスは2号を使用するが、イシダイや真鯛が混漁されるようであれば3号とする。
 鈎は黒貝に隠れる大きさとする。
 8号〜12号の通し鉛を使用する。
 穂先の繊細なチヌ釣り用の竿と小型リールを使用する。
 鉛下のハリスは10〜15cmとし、チヌが曳くと出て行くようにしておく。
 海底に着けて食いを待つ。
 餌の黒貝は、日陰のフロート下で調達したものが、殻が柔らかくて食いがいい。




チヌ・「黒貝でのかぶせ釣り」(真珠養殖場・魚類養殖場のイカダ下で釣る仕掛け)
 竿は使用せず、細いヤマ糸での手釣り。
 鈎元のハリスは2号を4m使用するが、イシダイや真鯛が混漁されるようであれば3号とする。
 錘は全く使用せず、カキの自重で沈下させる。
 鈎はチヌ鈎3号程度の大きさとする。
 餌のカキは、蓋側の身側の殻を半分割って取り去り、膨れた身(ハラワタ)の奥下に隠すように鈎掛けする。
 海底にカキ殻が着いてから張り、少しばかり指先のヤマに「ゆとり」を持って食いを待つ。
 チヌが吸うと手 先に「かすかな震え」があり、一寸間をおいて、次のピクピクがあるから、この時に合わせる。
 数分しても「あたり」がない場合、そっと50cm程持ち上げて、再度落とし込んで食いを待つ。




カワハギ{マルハゲ}※ 深いポイントで船を固定しての釣り(豊後水道・津久見港H漁師)
 主ハリスは3号〜4号。枝ハリスは1号落とし程度がいい。
 根掛かり時に枝を切らす為だ。
 鉛間は極く短くし(5cm)、錘間のハリスは枝ハリスより細くする。
 枝数は3本程度でいい。
 錘の近く5cm〜20cmに枝鈎を出すが、枝ハリスの長さは1cm〜長くても6cm。
 枝間は20cm。上枝より上のハリスは90cm程度でいい。
 鈎は丈夫なものとし、チヌ鈎2号又は丸セイゴ6〜8号。




「ハモの延縄」(豊後水道・津久見市A 港漁師仕掛け)
 初夏(梅雨時)が最漁期だ。
 餌には、活きた小サバが最適だ。サバの腹に鈎掛けするがいい。小アジの活餌でもいい。
 親テグスXX号、XX号枝で可。枝長XXcm。
 ハモは夜行性なので、日暮れ前に縄を入れる。
 エソやタチウオが延縄の邪魔をするようだと、一番星が出てからはえ込むこと。
 活餌の場合、沈下しないから縄の間に「ゆら錘」を付ける。




コチ・「はえ縄」(豊後水道・津久見市A港漁師仕掛け)
 5号枝ハリスがいいが、切れるようだと6号とする。
 春から梅雨明けまでがコチが地に寄るので漁獲状態がいい。
 満潮前に縄を入れる。
 餌はウルメイワシが最良。カタクチイワシもいい。
 夕まずめに縄を入れるとアナゴやアマダイなどが混漁される。




フク・「トラフグの曳き釣り」(豊後水道・津久見市O漁港K漁師)
 船よりビシテグス、又は、ビシ付きワイヤーヤマを85m程度3本出す。
 各仕掛けはビシテグスの重さを変え、上層、中層、下層を探るが、当たりあった水深を攻めることになる。
 ハリスはステンレスワイヤーX号 Xmを使用する。
 餌にはサバが最良であるが、太過ぎると引っ掛け鈎に掛かりにくい。太いサバは肉を削って巻きつけるがいい。
 フグは硬い金属を噛んだ場合は、再食いしないから芯の針金は常に中央に位置するようにサバを巻く。
 サルカンは回転力のいい太いものがいい。
 トラフグは天候や潮具合、餌の状況によって遊泳層が変わるので、トラフグの遊泳層を把握することが釣果を左右する。
 鈎はフク釣り専用仕掛けとし、20cm程度のステンレスの針金を軸にして錨型の丈夫な鈎4本を出したもの。
 コクコクとフクの当たりを感じたならば、その仕掛けを手に取って、引っ掛け動作を繰り返す。
 船をゆっくりと走らせることがコツ。
 トラフグの移動はカタクチイワシなどに附けて動くから早い。群に出会ったならば1日攻めるがいい。
 アジなどをゴツゴツと食い千切るのがトラフグだ。(四浦半島のS漁師)
 フグはサバが大好物だ。塩サバでも食いが変わらない。(四浦半島S漁師)
 大サバの頭を切り落とし、引っ掛け鈎の軸に刺して固定する。
 伸びの無いビシヤマでやらないと掛からない。



ホゴ(カサゴ)・[胴付き仕掛けセグロ掛け]「豊後水道・津久見港M.N」
 ビシテグスは、アジ、鯛釣り用の普通サイズの10〜12号を使うがいい。
 大メバル釣り兼用なので、主、枝ハリスは、全て4号又は5号を使用する。
 鈎は小鯛鈎10号又は12号を使用する。
 枝間は70cm程度。枝の長さは50cm程度で錘下にも1本。総鈎数は3本程度とする。
 {メバル}の多いポイントでは、二本仕掛けとし、錘下にハリス60cmで1本、その上に90cmの間隔を取って1本、合計2本がいい。
 枝出しは、縺れがなければ直接出すといいが、小さな親子サルカンを使う。片天秤を使用するといいのではないか?
 錘が重過ぎると、沈下速度が速いから、餌の小魚が回転して枝が巻き付いてしまう。浅いポイントなので20〜25号程度でいい。
 餌には、カタクチイワシ・ウルメイワシ・アカタ・きびなご・いかなご等、小魚の活きたのを鈎掛けするのが最もいいが、活き〆した小魚にも食い付いてくる。
 着底次第、直ちに「ゆっくりと」海底から手繰り揚げると食い付いてくる。餌の沈下を目敏く見付けて食い掛かるものと思える。


  
ホゴ(カサゴ)釣り仕掛け ※ 深いポイントでの釣り(豊後水道・津久見市F漁港M・N)
 主ハリスは8号。枝ハリスは6号程度がいい。 ※ 根掛かり時に枝を切らす為だ。
 下枝は錘の近くには30cm程の極く短い枝鈎を出す。その上60cm〜80cm間隔で枝鈎を3本程度付ける。
 枝出しハリスは、容易に付け替えできる輪での通し結びとする。
 鈎は、鈎先が鋭く、{ホゴ}が食っても「折れず、伸びず」、根掛かりした際にだけ、「ハリスが切れる前に鈎が折れる」と都合がいい。
 枝6号ハリスが切れる前に鈎が折れる「金龍小鯛白金10号、12号」がこの条 件を満たしている。
 50m以下の浅場では、5号ハリス==金龍白金鯛鈎10号、これは根掛り時にだけ鈎折れするから塩梅がいい。
 しかし、事前の「鈎折れのテスト」は欠かせない。
 餌にはキビナゴ・カタクチイワシ・ウルメイワシ・サバやアジの切り身でもいい。
 餌の鈎付けは、餌が回転しないことに尽きるが、切り身は細長く切るのも一つの方法だ。
 付底した仕掛けは、直ちに少しばかり持ち上げて再度の落とし込みを繰返す。根掛かりを防ぐには、絶対に海底を曳き摺らないことだ。


{ホゴ釣り仕掛け} ※ 深いポイントでの釣り(豊後水道・津久見市H漁港OK漁師?)
 主ハリスは10号。枝ハリスは8号程度がいい。
 根掛かり時に枝を切らす為だ。
 枝数は3本程度でいい。枝鈎は錘の近くと60cm上、1.2mの位置に、60cm間隔で枝鈎を出すことになる。
 枝の長さは極く短く30cm程度がいい。
 枝出しは容易に付け替えできる「輪」での通し結びとする。
 鈎は丈夫なものとし、鯛鈎10〜12号はほしい。
 時々、巨大なホゴが釣れる。


{ホゴ釣り仕掛け} ※ 深いポイントでの釣り (豊後水道・津久見市F漁港Y.S漁師)
 ハリスは8号。枝ハリスは6号程度がいい。 ※ 根掛かり時に枝を切らす為だ。
 錘の近くに極く短い(30cm)枝鈎を出す。枝数は3本程度でいい。
 60cm上と1.2mの位置に、これも短い枝鈎をそれぞれ付ける。枝出しは容易に付け替えできる「輪」での通し結びとする。
 鈎は丈夫なものとし、伊勢尼10号、鯛鈎10〜12号、チヌ鈎4〜5号。
 餌にはキビナゴ・カタクチイワシ・ウルメイワシ・サバやアジの切り身でもいい。
 付底した仕掛けは、直ちに持ち上げて再度の落とし込みを繰返す。根掛かりを防ぐには、絶対に海底を曳き摺らないことだ。
 沈下中の餌が回転すると、枝ハリスが絡んで{ホゴ}は食い付かない。
 これを防ぐには、鈎は小魚の鼻ズラのセンターに「チョン掛け」することだ。
 尚、切り身は細く長く切って、端に「チョン掛け」する。


{ホゴ釣り仕掛け} ※ 深いポイントでの釣り(豊後水道・津久見市F漁港Y.S漁師)
 主ハリスは8号〜5号。枝ハリスは1号落とし程度がいい。
 根掛かり時に枝を切らす為だ。
 鉛間は極く短くし(5cm)、ハリスは枝ハリスより細くする。
 枝数は2本程度でいい。
 錘の近く5cmに枝鈎を出す。枝ハリスは35cm。
 50cm上の位置に枝鈎を付ける。上枝より上のハリスは90cmでいい。
 鈎は丈夫なものとし、伊勢尼10号。

トップページ