一本釣り名人漁師の仕掛け
サワラ釣り 仕掛け
豊後水道西部にて資料収集





サワラ「どんがら曳き」  (豊後水道・津久見市四浦半島 T 漁港の漁師仕掛け)
どんがら曳き用の鈎

 {ビシテグス曳きトローリング}方式での曳き釣り。
 「どんがら」とは、直径1cmほどの竹を数cm程に切り、潮切り側を斜めに削いで、これに羽毛等の擬似フリルと鈎を仕込む。海中を曳くと潮の抵抗を受けた竹使用の疑似鈎が主ハリスから離れるだけでなく、微妙な尻振りでサワラを誘う。又、曳いて水平となった主ハリスから出た枝ハリスが、ドンガラ鈎の「重い鈎の重さ」で主ハリスから下側に離れるからサワラが警戒せずに喰い付く。
  擬似鈎にはサワラの好む茶色やピンク、白などの羽毛や丈夫な魚皮などを付けて作成するが、釣果のあがる色合いは時季や追っている小魚によって微妙に変わる。
 どんがら擬餌鈎の竹は、丈夫で竹穴が小さな寒竹が最適だ。
  海水の抵抗を受ける竹の切断面と特殊なドンガラ鈎の重さで擬似鈎に絶妙な動きと主ハリスよりの間隔が保てる。
○    ドンガラ鈎は特殊な形状をしており、鋭いサワラの歯とハリスとの間隔がとれるからハリス切れを防ぐことができる。
 元糸は50号程度のビシヤマ又はビシテグスでいい。ポイントが深い場合は、そのポイントのサワラに遭わせるように、重い錘を付けて深く曳く必要がある。
 ※ ビシヤマと重い錘とサワラの重量が加わるから、巻き揚げ機が必要となる。
 ビシテグス下に付ける錘は、200号〜沖合いの深場では5s物を使用する。
 枝間は2尋矢引き(約400cm)枝数は20本〜35本とし、浮き球は付けない。※ 適宜枝鈎数を減らしてもいい。
 親糸(主ハリス)は、ビシテグス先の錘元より水平に流すが、その主ハリス号数は26号〜28号を使用する。
 枝ハリスは14号ハリスとし、丈夫な親子サルカンを介して枝を出す。枝の長さは100cm〜120cm程度だが、1.5m以上の漁師も居る。
 ビシテグスだけでも相当に重く、数sの錘や多くの枝鈎を付けると「巻き上げ機」を装備しなければ不可。
 巻き上げ機に頼らず、素手での手繰り揚げは下記の「沿岸部仕様」が限度だ。
 沿岸部であれば200号錘で良く、元糸は30号、ハリス20号、枝ハリス14号とし、枝鈎の数は10本程度でいい。
 朝夕の「まじめ時」やサワラが浮上している時は、錘を軽くしてビシテグスを艫から50m程出して曳くといい。
○    水平に出すハリス下から錘までの錘間は、2尋〜3尋(3m〜4.5m)
 ビシテグスは、船から30尋(45m)以上は出さないと多く食い付かない。
○    飛び跳ねが目視される場合は、サワラは上層に居るから、軽い錘やビシテグスに替えて、仕掛けも上層を曳く。
 ゆっくりとした遅いスピードで曳く。※ ブリの曳き釣りをする際のスピードより、若干速いスピードがいい。
 800回転位が最適だと主張する漁師もいる。
 サワラやタチウオは、朝夕に上層に浮上する習性があるから最も食い付きがいいが、日中でも小魚群付近を曳くと良く食い付く。
 ドンガラ鈎が正常であれば、枝鈎が絡む巻き付きはないが、主ハリスに枝ハリスが絡むと食い付かない。
 サワラは「底千匹」と言われ、一匹でも飛び跳ねを目視したならば、その下には大群が居るものだ。
 サワラの飛び跳ねは、上層に居る「カタクチイワシ」などの小魚やイカを下方より襲う余力で空中に跳び出すものであり、中層、下層のアジやイカに附けた「サワラ」は跳び跳ねないものだ。
 沖合いの急流域に位置する、ムロアジ等の小魚群が多い「立ち上がった沈み瀬」付近を曳くといい。
 外道のエソやタチウオも良く釣れる仕掛けだが、ブリやハマチ、フグも出会うと釣れることもあり、大真鯛が食い付くことが多い。

 ○    豊後水道でのサワラのポイントは、冬季は佐伯湾の大島の北側一帯であり、11月から釣れ始めて、桜咲く春まで釣れ続く。型は5s物。
 盆過ぎには沿岸部に2s物が来流する・・・サワラの飛び跳ねを見掛けた場合は、サワラが来流しているのは確実。
 ○   他の釣りの外道でサワラが食い付く時も、サワラ群が来流しているのは確実。

サワラ「曳き釣り」(豊後水道・津久見市四浦半島 沿岸浅場での漁師の仕掛け)
 ビシテグス30又は50号を100m使用。錘付近から出す主ハリスは26号。
 枝ハリスは14号テグスとし、丈夫な親子サルカンで枝ハリスを出す。
 枝間は各3m、枝長は100〜150cm、枝数は15本とする。
 鈎は、「ドンガラ鈎」を使用する。 ※、サゴシカブラを使用してもいい。
 ビシテグス下の錘は500g〜4s物を使用。800回転で曳く。


サワラ「ビシテグスでの曳き釣り」(豊後水道・津久見市F港 M・N仕掛け)
 ビシテグス50号、ビシ号数2〜3号xx間隔物を100m使用。
 ビシテグス下のハリスは20号テグスとし、10尋出してサゴシカブラ又は弓角やテンテン1個を付ける。弓角やテンテン鈎のサイズはピンク系の7〜8cm程度がいい。
 弓角やテンテンは複雑な動きをするから、この手前2〜3尋に丈夫なサルカンを付ける。これでも縺れるようだとハリスの中間にもう1つサルカンを付ける。
 サワラは枝鈎があると気が散るのか?枝鈎を敬遠するから、大サワラのみのポイントでは、枝鈎は付けない方がいい。枝鈎を付けても1本だけとする。
 タチウオや小サワラ・エソ}が多い場合は、枝鈎を数本出すと多く釣れる。
 主ハリスに26号。ビシテグス下のハリスに各3m間隔で親子サルカンを付けて、枝ハリス20号を50cm出して、鯛鈎18号を仕込んだタコベイト3〜3.5号を付けるといい。最終ハリスは20号3尋の位置にサルカンを、2尋出して弓角を付ける。
 枝鈎には鈎が丈夫なタチウオカブラを使用すると枝別れが良く、タチウオ・エソの鈎掛かりもいい上に、釣れた魚を外し易い。又、毛鈎なので歯魚に喰い千切られることも少ない。
 タコの色は赤や白系統がいい?が、青色にも食い付いた。
 3s物対応で、鈎元に40番ワイヤーを使用しても釣り揚げは可能だが、ワイヤーを枝ハリスに使用すると「縺れが頻繁」にでる上、キンクも気になる。20号ハリスで対応可能だから、この方がいい。
 ビシテグスは、船から30尋は出さないと食い付かない。
 錘は付けず、5〜6.5ノットで曳く。10m程度?に浅く来るが食い付く。日によっては4〜5ノット程度の遅いスピードの方が食い付きいいこともある。
 仕掛けは、船より右舷側に長い竿を出して1本。手持ち1本の2本の仕掛けを曳く。
 手持ちのビシテグスは、自転車チューブなどの太いゴムクッション数本の先にマグロピンを付けておき、これで留めるといい。ゴムの弾力がビシテグスの重さを軽減するから、手元に重量感なくて塩梅がいい。尚、ゴムは左舷側の端に結び付けておく。右舷の竿に食いがあったならば、ビシテグスを放出すると左舷側に寄るから捕り込みの邪魔にならない。
 サワラが掛かった時、船速を最低にして右旋回させながら獲り込むが、ハリスを手に巻いて「ごぼう抜き的」に、緩めずに船に引き込むことだ。尚、再投入時には鈎元付近のハリスに傷が付いてないか点検することだ。
 サワラやエソ・タチウオは歯魚なので、ハリスが噛まれて傷付くことが頻繁。
 小魚群の居る所に「サワラ」が居るものだ。鳥山の下の小魚群を漁探で確認して仕掛けを曳くといい。サワラに追われた小魚が海面に浮き、これにカモメ類の水鳥が食っているからだ。魚探で浮上したカタクチイワシ群が確認されるポイントを狙うことだ。
 サバやアナゴ、ドジョウなど鈎掛けしての曳き釣りの場合、サワラはゆっくり曳いても食い付く。ハマチは速く曳かないと食い付かない。(津久見市O漁港 YH名人漁師)




サワラ「ビシテグス曳き釣り」(豊後水道・津久見市T漁港 F名人の仕掛け)
 2〜3s物のサワラを狙う仕掛け。
 30号〜50号ビシテグスを使用する。割りビシ2〜3号物を20cm間隔?で打ったもの。
 20号ハリスを10尋出して弓角1個を付ける。尚、弓角の上2〜3尋にサルカンを付ける。これでも縺れるようだと中間にもう1つ付ける。
 ビシテグスは船から30尋(45m)は出さないと食い付悪い。
 錘は付けず、自転車程度の速度で曳く。浅く来るが食い付く。
 鈎は10cm程度のピンクの弓角使用。※ 喰っている小魚のサイズがいい。 鳥山の下を曳くといい。小魚群の居る所に「サワラ」が居て「サワラ」が食い揚げているものだ。カモメが居ない時には、魚探で濃いイワシ群を探して、その付近を中心に曳くがいい。
 ハマチやブリは、食む時には海面近くに浅く居るからビシテグスを手繰ってこの仕掛けで浅く曳く。


サワラ「イカ餌ビシテグス曳き釣り」(豊後水道・津久見市H漁港 YK名人の仕掛け)
 ビシテグスの「ブリ曳き釣り」用具を使用して、2〜3s物のサワラを狙う仕掛け。
 30号〜50号ビシテグスを使用する。割りビシ2〜3号物を20cm間隔?で打ったもの。
 20号ハリスを10尋出して、ハリス先には「鉛付きアジ掛け鈎」又は前後2本鈎を使用する。
 朝夕の「まじめ」時に、イカ餌やアジを掛けて{ビシテグス曳きトローリング}すると大サワラとハマチ・ブリが食い付く。
 大サワラの場合は、歯が鋭いから後鈎のハリスにはワイヤーを使用すること。
 餌を掛ける鈎は「鉛付きアジ掛け鈎」を使用する




サワラ「アジ掛け鈎での曳き釣り」 (豊後水道・津久見市T漁港 K名人の仕掛け)
 ビシテグスの「ブリ曳き釣り」用具に、ムロアジを付けて曳くと大サワラが釣れる。
 「サワラ」はムロアジが大好物だ。マルアジを使用するのもいい。
 鈎掛けするアジは、生きたように柔軟な動きを見せる為に、シッポ先だけを残して三枚に割り、骨を抜いて頭に鈎掛けする。
 鈎掛けしたアジは、外れないように「口先を糸でしっかりと縛る」こと。
 孫鈎は鎖で出し、シッポの割り残り内で止めるが、アジの体内に全てを隠すのがコツ。
 トローリングしたり、手繰った際に、アジの下半身が活きた時のように動くことだ。
 ポイントは豊後水道中央域の[水の子島]から「大島沖合い付近」にかけての「沈み瀬付近」が最もいい。


サワラ「アジ掛け鈎での手繰り釣り」 (豊後水道・津久見市H漁港 Y名人の仕掛け)
 ビシテグスの「ブリ曳き釣り」用具に、ムロアジを付けて手繰ると大サワラが釣れる。
 「サワラ」はサンマ、ムロアジが大好物だ。マルアジを使用するのもいい。大きなドジョウもいい餌だ。
 アジは、シッポ先だけを残して三枚に割り、骨を抜いて頭に鈎掛けする。
 鈎掛けしたアジは、回転させない為に口先を糸でしっかりと縛ること。
 孫鈎は鎖で出し、シッポの割り残りで止めるが、全てを隠すのがコツ。
 手繰った際に、アジの下半身が活きた時のように動くことがコツだ。
 「サワラ」が来流した時に、アジや小魚群付近でやるといい。
  仕掛けを着低させ次第、手繰るといい。
 「サワラ」はゆっくり手繰っても食い付く。


トップページ