一本釣り名人漁師の仕掛け
ヒラメ釣り 仕掛け
[豊後水道西部にて資料収集]

☆ 冬季に沿岸部に寄った豊後水道のヒラメは、若葉の頃にはイカナゴの居る沖合いに出る。


 
[ヒラメ・活きアジ胴付き仕掛け] 40m〜80mポイント[豊後水道・津久見市F漁港Y丸]
元糸には、ビシテグス14号を100m使用する。○
ビシテグスとハリスの間には、2.5o長さ2mの「サルカン付きゴムクッション」を必ず付けておく。
[胴付き仕掛け]のハリスには6号を使用する。
根掛りするポイントでは6号ハリスがいい。7号以上のハリスだと、根掛り時に切るのに苦労する。
ヒラメは低層に居るから、ヒラメだけを狙うには[枝鈎2本の胴付き仕掛け]でいい。
枝鈎のハリスを出すには、5×6サイズの親子サルカンを使用する。
クッションゴム下の枝上のハリスは3尋(4.5m)。枝間は2mで良く、2本の枝ハリスは各1mとする。尚、絡むようだと枝ハリスを短くするがいい。
錘間のハリスは、錘が根掛りした時に切らす為に細くし、5号を0.5〜0.7m使う。
※ H丸の仕掛けは、ハリス7号・枝間150cm・枝数は2本・枝長75cm・鉛間40cm・鈎は「がまかつ鈎伊勢尼黒」13号を使う。
[鈎]
鈎は1本鈎をアジの鼻又は上顎に掛けるが、餌にする「アジの活餌」のサイズによって使い分ける。その鈎は丈夫で鈎先が鋭い「鋼製鯛一本釣り鈎」12号〜15号程度がいい。
 ※ 2本鈎やイカリ鈎を使用するとヒラメの食いが極端に落ちる。
[錘]
活き餌の抵抗で想像以上に沈下が遅いものだ。ポイントが40〜60mなので錘は、35〜40号程度がいい。これ以上重い錘では沈下速度が速くて「活き餌」が回転してハリスが絡むことになる。尚、鈎には、鈎先の「逆さ掛かり」防止の為に、活き餌を鈎掛けする前に小さなゴム球を通しておくといい。
餌には、10〜15cm程度の活きた小サバや丸アジを使用する。丸アジが手にいらない場合はマアジでもいい。
鈎はアジの「鼻掛け」又は「上顎」に掛けるといい。尚、活餌が大きくてもヒラメは食い付くが鈎掛かりが悪いものだ。このような時には2本鈎にして、下鈎は下腹に浅く鈎掛けする。下鈎のハリスは「張らず緩まず」にすることが肝要。
餌のアジは、傷のあるものや痩せて泳ぎの悪いものは、ヒラメの食いが悪いから避けるがいい。尚、長時間鈎掛けしたアジにも食い付きが悪いものだ。
当たりが確認されても「合わせ動作」せずに、抵抗を与えずに曳き込むまで待つのがコツ。
枝ハリスは1m程がいい。鯛縄鈎10〜10.5号を使用すると「逆さ鈎」にならない。根掛りを恐れずに、沈み瀬や漁礁に流れかかるまでやれ。(名人T丸)
{ヒラメ}は丸アジが大好物だ。「いかなご」よりも[アジの活餌掛け]に食いがいいものだ。アジ餌に食い付く外道はブリ・ハマチ・マトウダイ・ホゴ・エソなど。
活きたイカ類が手に入れば、イカを餌にすると真鯛も食い付き、ブリ・ハマチもアジ餌より食いがいい。又、アジ掛けよりもヒラメの鈎掛かりがいいものだ。しかし、マツイカ{スルメイカ}だけは、ヒラメの一発喰いを回避するからであろうか?食い付きが今一歩。
ブリやハマチが混漁される時には[枝鈎3本の胴付き仕掛け]とし、主ハリス10号、上2本の枝ハリスは8号と太くしてブリに対応できるようにする。尚、ヒラメを狙う最下部の枝ハリスは6号1m程度と長くしない。下間のハリスも枝ハリスと同一号数でいい。この場合は錘を適宜太くする必要が生じる。


 
小さなアジは鈎1本・大き目なアジには前後2本の鈎を掛けて狙う

 ヒラメの歯型 
 
釣り損ねた時、餌のアジにはヒラメが咬んだ歯型が残る・・・鰭に乱れがないのが特徴 
 
 エソは乱雑な無数の歯型を残す・・・マトウダイは鰭が乱れるが歯型を残さない・外道魚が咬んだ歯型の残る餌のアジ・・・
イカ類は、先ず首を齧る・・・ 
 真鯛はアジには滅多に食い付かない・・・イワシ類は大好物、鈎を避けて食い千切ることが多い


[ヒラメ・活きアジ胴付き仕掛け] [豊後水道・津久見市四浦半島0港YK名人仕掛け] 
元糸には、ビシテグス14号物を100m使用する。(60〜80mポイント)
[胴付き仕掛け]のハリスは6号又は7号を使用する。 ※ 7号以上だと根掛り時に手で引いて切ることができない。
[胴付き仕掛け枝2本]には親子サルカン5/6を使用して枝ハリスを出す。
枝鈎は2本・枝間160cm・枝ハリスの長さは75cm(半矢引)〜1mで2本出しておく。
錘は40号・鉛間は40cmでやる。
ビシテグスとハリスの間には、2.5o、長さ2mの「サルカン付きゴムクッション」は必ず付けておく。
リールを使用する場合は、ドラッグをセットしておく。
ヒラメは下枝の2本だけに食い付く。これより上に枝数を多く付けてもハマチ以外の魚の食いはない。
ヒラメ釣りの餌には、活きた小サバや丸アジを使用する。丸アジが手にいらない場合はマアジでもいい。鈎はアジの上顎に掛ける。
1本鈎をアジの上顎に掛けるが、その鈎は「がまかつ鈎伊勢尼黒」13号又は、大きいムツひねり鈎15号がいい。
当たりが確認されても絶対に「合わせ動作」はせず、必ず、「若干の曳き込み」が感じられるまで待つこと。
{ヒラメ}はマアジよりも丸アジが大好物だが、マルアジは動きに持続性がないから早目の交換が必要。
「イカナゴ」よりも[アジの活餌掛け]に食いがいいものだ。痩せたり弱って泳ぎの悪いアジには食いにくい。
ヒラメは保護色で小魚を襲う・・・釣り揚げた時、ポイントと同じ海底の砂の色をしている


 [ヒラメ・活きアジでの胴付き釣り][豊後水道・津久見市A港A名人仕掛け]
豊後水道本流域には、3月から5月にかけてイカナゴ群が回遊して来る。このイカナゴにヒラメが寄る・・・15cm〜18cm程度の小アジの生き餌を掛けて狙うと、いい釣果を出せる。 ※ 例年だと一日に数匹以上は釣れる。
豊後水道高島下40m〜60m水深や無垢島東方の砂丘などが優良ポイント。ここにはイカナゴ群が多く居付く・・・
主ハリス、枝ハリス共に6号を使用する。
枝ハリスは1本だけとし、長さは1尋程度でいい。
鈎は1本だけとし、金龍アジ鈎6号を活きアジの上顎に鈎掛けする。
二本鈎では「アジの泳ぎ」が悪く、{ヒラメ}の追い食いが悪い。漁師は活餌が20cmを超すほどに大きい時だけ2本鈎を使用する。
錘は40〜50号。鉛下の錘間のハリスは4号程度として、長さは枝ハリスと同じ長さ。
ゴムクッション2.5mm物2mを必ず付けておくと、頻繁に食い付くブリにも対応できる。
餌には、活きた丸アジを使用するが、活餌とする丸アジが少ない時季だ。丸アジが手に入らない場合はマアジでもいい。尚、長期間活かしたアジや痩せて泳ぎの悪いアジには食いにくいものだ。
食いがあっても、絶対に直ぐに合わせないことだ。しばらくは待ち、曳き込みを感じた時には鈎掛かりしている。
外道はブリ・ハマチ・マトウダイ・フカやエソが食い付く。


[ヒラメ・Tポイントでのテンや釣り] [豊後水道・津久見市O港HY漁師仕掛け]
元糸には、ビシヤマの14〜16号物を100m使用する。
「サワラ曳き鈎」での手繰り釣りなので、ハリスは8号を使用する。
20〜25号程度のブリやサワラ曳き釣り鉛を[てんや鈎]として使う。掛かりが悪い場合には、孫鈎を1本出しておく。
小サバや丸アジを[てんや鈎]に掛けて、口先をしっかりと結び付け、下腹には孫鈎を掛けておく。※ 孫鈎のネソ糸は「張らず緩まず」の長さにする。
手繰り動作は{真鯛}の[てんや釣り]の要領でいいが、10手ほど手繰って落とし込む。ヒラメは、時には餌を追って数m以上追い揚げて鈎掛かりすることも。
2.5o1mのゴムクッションは必ず付けておく。リールを使用する場合は、ドラッグをセットしておく。
ブリやハマチも食い付くが、ブリを狙うには、もっと速く中層まで手繰ると食いを誘う。
豊後水道本流域に近い100m〜60mがポイント。


[ヒラメ・置き竿釣り][豊後水道・津久見市四浦半島T港U漁師仕掛け]
冬季には、魚類養殖場や蓄養いかだ下を狙うがいい。此処には3s〜5s物、時には10s近くの大ヒラメが居着く。又、ブリやマトウダイ・アカヤガラなども居る。
餌には、活きたアジやイワシを使用する。
ハリスは6号〜8号でいい。外道には{マトウダイ}や{エソ}が食い付く。ブリも食い付くことがあるが、近くにアンカーロープ等があり、いくらハリスを太くしてもロープに掛かると捕れないからその必用はない。ブリは捨てることになる。
鈎は、鉛下2mハリスに1本だけとし枝は出さない。
ゴムクッション2.5mm1mは必ず付けておく。リール使用する場合は、ドラッグをセットしておく。
錘はできるだけ小さくて軽いもの(5号〜10号)を使用する。
餌は海底すれすれ(20cm〜50cm)の低層に垂らしておく。
竿は、各イカダに数本仕掛けておく。
30分程度の間隔をおいて見回り、元気な活きた餌と取り替えること。


   ヒラメ釣り時の外道魚
 
小魚群の居る所にヒラメは居る・・・同じポイントでは、同じ餌を好む外道魚が釣れる


放流ヒラメや養殖ヒラメの下腹は真っ白ではない。
放流ヒラメや養殖ヒラメの下腹は真っ白でなく、黒いブチや若干の黒い模様があるのが特徴・・・個体により濃淡や模様が異なる。
魚の取り引き業者は、このようなヒラメを親しみを込めて「ブッチャー」や「パンダ」と称する。

左の2点が養殖ヒラメや放流ヒラメ・腹部が真っ白な右のヒラメは天然


トップページ