一本釣り名人漁師の仕掛け
アジ釣り 仕掛け
豊後水道西部にて資料収集



成長    文献によると、マアジは1才で18cmに成長し、2才で26cm・3才30cm・4才32cm・5才34cmとなり、老成魚は50cmを超すとのこと。
 ちなみにマサバは、1才で24cmに成長し、2才で31cm・3才35cm・4才37.5cm・5才39cmとなり、6才では40cmに達するとのこと。


[魚皮サビキ釣りアジ2・3年物](豊後水道・津久見市F漁港MN漁師の仕掛け)
 投錨せずに船を潮流に乗せての釣り。風波時にはスパンカーを使用する。
 潮流の速い潮時に沈み瀬や漁礁など水深40〜70mでの釣り。
 元糸はパラゴンビシヤマの12号又は14号でいい。
 クッションゴムは2mm、100cm物を2本(2m)付けてハリスを結ぶ。
 {2.3年物アジ}専用の仕掛けは「主ハリス3号とし、枝ハリス2.5号」を使う。
 主ハリス3号、枝ハリス2.5号を使用しておくと、 外道のチダイや2s物の真鯛でも獲れる。
 2号ハリスは絡み易いから避けるがいい、1.5号は絶対に使用しない。
 500g物の大アジが居るポイントや、ヤズ、真鯛、チダイが多く混漁される場合は「主4号枝3号」が無難。
 上の枝鈎までのハリスは2尋(3m)程度で良く、枝間は120cm(4尺)枝の長さは50cmがいい。
 アジの食いがいい時や魚影が濃い場合には、枝間は1m、枝ハリス40cmとするといい。
 枝を短くすると「跳ね込み」の際、鈎外れが多くなるものだ。
 枝数8本〜10本程度の仕掛けを使うと手さばきがいい。※ 漁師は12〜15本仕掛け。
 アジは錘近くの枝鈎にも食い付くから、根掛りしないポイントでは、錘間を長く取らなくていい。
 ※ 真鯛、チダイは錘近くの枝鈎には食いにくい。
 鈎は、中小真鯛やチダイ、ヤズなどが混獲されるから、金龍アジ極太白鈎3号程度の丈夫で小さなものがいい。
 ※ 金鈎のアジ極太3号もいいが、錆が出易いのが難点だ。
 錘は軽くていい。水深mと錘号数を併せ30〜40号程度の錘を使い別ける。
 サビキに使用する{サバ皮}は、数年以上手入れした「薄くて上質なもの」を使用する。
 ※ 2年以内のサバ皮は、皮が水分を吸収し易くてヨレヨレとなるから使用できない。
 アジ用のサバ皮サビキは着色せずに、そのまま使用するがいい。
 サバ皮は4cm〜5.5cmに笹の葉状態に切って鈎付けするが、下地に白系のキンキラを数本敷き、サバ皮より短くカットする。
 {2.3年物アジ}は{ゼンゴ群}より潮上側に居るのが常であり、低層に少しでも映像があれば(青い点程度)釣れてくる。
 ※ 採餌中のアジは散在しているから、映像が若干写る程度で多く釣れる場合も多い。
 最初の当たりを確認したならば、「ゆっくりと手繰り揚げ」ていると、次々と多くのアジが食い付くものだ。
 尚、食いのない水深から上は、速く手繰り揚げても鈎外れすることはない。
 口を開けて揚がったアジや大きなアジは、船に「跳ね込む」際に口切れして落とすことが多いから「すくい捕る」のが無難だ。
 いい潮時の好ポイントに、アジやゼンゴが居ないのは、餌となるアミやシラスなどが居ない。又は、天敵のイルカの他ブリ・ハマチ・サワラ・イカ類などが多いからだ。


関アジ[魚皮サビキ流し釣り](豊後水道・津久見市F漁港MN漁師の仕掛け)
当地での{関アジポイント}は潮流の速い豊後水道北部の本流域である高島、無垢島沖から、保戸島沖合にかけての45m〜80m〜120mでの釣り。潮流が速いポイントなので投錨せずに船を潮流に乗せて釣る。風波がある時にはスパンカーを使用する。
元糸には、パラゴンビシヤマ又はビシテグス10号〜14号を使用する。ポイントが深いから長さ150mは必要。
ビシテグス下には、クッションゴムは2.5mmの100cm物を2本(2m)付けてハリスを結ぶ。
500g物のアジポイントやイサキの多い時の仕掛けは「主ハリス4号、枝ハリス3号」を使うと好釣果が期待できる。
ビシテグス下、上枝鈎までのハリスは3尋(4.5m)程度で良く、枝間は1尋半矢引き(2.1m)枝の長さは70cm程度がいい。尚、大アジが低層に居る場合には、枝間150cm、枝の長さは60cmにするといい。
800〜1sクラスの特大アジが釣れるポイントでは大真鯛・ハマチ・大サバなどの大物が混漁されるのが常だから「主ハリス5号、枝ハリス4号仕掛け」でないと耐えられない。
※ 枝を短くすると鈎外れが多くなる。又、長過ぎても枝絡みが多くなるからいけない。尚、枝間を短くすると大アジや大サバ・大真鯛などの獲り込み時には曳き込む時の上鈎には要注意。
枝鈎数は10本程度の仕掛けを使うと手さばきがいい。※ 漁師は15本程度。
ビシヤマを使用するから錘は軽くて良く、水深により40〜60号程度の錘を使い別ける。
サビキに使用する{サバ皮}は、数年かけて手入れした「薄くて上質なもの」を使用するが、アジ用サバ皮サビキは着色しなくて、そのまま使用するがいい。
サバ皮は5cm〜6cm程度に笹の葉状態に切って鈎付けするが、下地に白系のキンキラを数本敷き、サバ皮より短くカットする。尚、アミなどが発生して、これにアジや
サバが附けた場合にはスキンサビキを使用すると好漁を呼ぶ。
大アジは漁礁や沈み瀬などの潮上側に居るのが常であり、低層〜中層に少しでも映像があれば(青い点程度)釣れてくる。尚、映像が写らなくても釣れる場合も多い。又、小羽カタクチイワシなどが来流した時には大アジや真鯛が附けるから、魚探でイワシ群を探索して仕掛けを入れるがいい。
当たりを確認したならば、「ゆっくりと手繰り揚げ」ていると、多くの大アジが次々と食い付くものだ。
大アジ、大サバの獲り込みは、手玉で「必ず、すくい捕る」こと。


小アジ[魚皮サビキ釣り]早朝の藻際ポイント(豊後水道・津久見市F漁港Y丸仕掛け)
 元糸はパラゴンビシヤマの12号でいい。
 クッションゴムは2mm、100cm物を付けてハリスを結ぶ。
 大アジは少ないから主ハリスは3号とし、枝ハリスは2.5又は2号を使う。
 ハリスは、アジの食いが悪くても1.5号は絶対に使用しない。尚、若干食いは落ちるが、主、枝ハリス共に3号を使用しておくと、作製や修正が簡単でいい。
 上枝までのハリスは2尋(3m)程度で良く、枝間は80 cm〜1m 、枝の長さは30cmがいい。
 浅場なので枝鈎の数は7本程度が「手返しが早く」ていい。
 初夏、早朝のアジは15〜20mに浮上しているが、下の鈎ほど多く食い付くものだ。
 藻際のアジは、通常は夜明け〜日の出まで多く釣れるが、曇天日には釣れる時間が若干長くなる。
 外道はメバル、カマスなど。


{アジ2.3年物}[魚皮サビキ釣り](豊後水道・津久見市F漁港Y・S漁師仕掛け)
 30〜50〜70m水深で潮流の速いポイントでのアジ釣り。投錨せずに船を潮流に乗せての釣り。風波がある時には仕掛けが垂直に立つようにスパンカーを使用する。
 元糸はビシテグス12号〜14号の100m程度で良く、クッションゴム2mm、100cm物を付けてハリスを結ぶ。
 ハリスは枝、主共に2.5号又は3号とし、{特大アジ}{真鯛}{ハマチ}などの大物が居れば4号に替えるといい。
 ※ 食いが悪くても1.5号ハリスは使用しない。
 ビシテグス下の枝鈎までのハリスは3m程度で良く、枝間は65〜90cm、枝長は30〜40cm。
 枝数は8本程度の仕掛けを使うと手さばきがいい。鈎はアジ白鈎3号程度の小さなものがいい。
 錘は軽くて良く、水深により25〜40号程度の錘を使い別ける。
 サビキに使用する{サバ皮}は、数年以上手入れした上質なものを着色せずに、そのまま使用する。
 アジのサバ皮エバは無着色がいい。
 サバ皮は3cm〜4cmに笹の葉状態に切って鈎付けするが、下地に白系のキンキラを数本敷き、サバ皮よりも短くカットする。


{アジ2.3年物}エバでの曳き釣り(豊後水道・津久見市O漁港H漁師の仕掛け)
 朝夕に藻際をトローリングする釣り方。
 枝間60〜80cm、枝ハリスを20〜25cmと短くした21本鈎の「魚皮サビキ釣り」。
 錘は一切付けず、ビシテグスのみで「ゆっくりと」藻際を曳く。
 海面に浮遊物がある時にはビシテグスを使用して曳くが、2〜3mも沈下すればいい。
 主ハリス3号、枝ハリスは2号。
 鈎はアジ鈎白3号。
 エバは小さくても喰ってくるが、普通のサバ皮サビキ(3cm〜4cm)でいい。
 ハマチなどに追われて沖合いにアジ群が居ない時は、逃避したアジが藻際に居ることが多い。
 外道には、メバル、イサキ、カマスなど。

大アジ「魚皮サビキ釣り」小羽カタクチイワシ付け(豊後水道・津久見市F港Y漁師の仕掛け)
 小羽カタクチイワシ群に附けた300〜800g物の大アジ狙いの「魚皮サビキ釣り」。
 産卵期の初夏には大アジは浅場に寄るが、その後梅雨頃から晩秋にかけては小羽カタクチイワシ群に附けて水深30m台の内湾にも入り込む。
 カタクチイワシ群を探索して、その群に附けている大型マアジを釣る仕掛け。
 投錨せずにカタクチイワシ群の位置で釣るから、風波がある時にはスパンカーを使用することになる。
 主枝ハリス共に4号とするが、主ハリス5号枝ハリス4号仕掛けだと、混漁される真鯛や{特大アジ}が複数掛かっても主ハリスが切れることはない。
 1s超えの特大アジや真鯛、ハマチが多くて4号枝ハリスが切れるようだと主ハリスを6号、枝ハリス5号仕掛けに替えるがいい。
 枝間は150cm〜210cm、枝の長さは60cm〜90cmがいい。
 枝数は10本として、海底近く〜中層に居るカタクチイワシ群の中を狙う。
 本来の「疑似餌」である「サバ皮サビキ」を使用する。サバ皮を5.5〜6cmにカットしてサビキを作成する。
 サバ皮は着色せずに無色のまま使用するのが基本だが、カタクチイワシ群に附けた大アジはブルーや萌黄色を使用すると、いい釣果がでる場合もある。
 小羽カタクチイワシ群には、大アジの他に中真鯛も附けている。真鯛狙いのサバ皮は肌色などがいい。
 鈎は「金龍極太アジ鈎白」3又は4号が丈夫で真鯛にも対応できる。


大アジ
沖合い漁場「ゴカイ掛けでの釣り」
(豊後水道・津久見市TH漁港名人TU漁師の仕掛け)
 
 大アジ、中小真鯛、チダイが混漁される時にはゴカイを鈎掛けすると好釣果を出す。
 投錨せずに船を潮流に乗せての釣り。風波がある時には、仕掛けが魚船の真下になるようにスパンカーを使用する。
 主ハリス5号、枝ハリスは4号とし、枝間は150cm〜210cm。枝の長さは60cm〜100cmがいい。
 尚、大物アジや大サバ、真鯛の混漁でハリスが切れるようだと、主ハリス6号枝ハリスを5号に替えるがいい。
 枝数は10本〜15本として、海底近く〜中層を狙う。
 本来の「疑似餌釣り」である「サバ皮サビキ」を使用するが、この鈎にゴカイを掛ける。ゴカイが外れても「サバ皮サビキ」なので釣れてくる。
 餌は大きなゴカイを選んで掛けるがいい。大アジの他に真鯛・チダイ・ヒラアジが釣れる。
 ※ 真鯛、大チダイ狙いには「青けぶ」がいい。
 セグロ群やウルメイワシが散見される時にはゴカイは付けず、[エバ鯛釣りサビキ]と{イワシ鯛釣りサビキ}を交互に付けておくがいい。
 釣り時季は、春から秋にかけて。


特大マアジ1Kg物
[養殖場の片天仕掛け][投餌での冷凍餌での籠釣り]

[豊後水道津久見市TN漁港の名人漁師の仕掛け]
 魚類養殖場内に居着いた1sクラスのマアジを釣る「撒き餌釣り仕掛け」。
 ※  養殖場に立ち入るには、事前に養殖場管理者の承諾が必要。
 片天仕掛けの場合、片天より1本の長いハリスを出して、これに枝鈎を付ける。
 元テグス8号で片天秤に繋ぐ。片天秤には4号ハリス2尋、後鈎から1mの位置に60cmの枝を出す。(SF丸)
 鈎は小鯛鈎8号、かぶせ籠はプラ大大に25〜30号錘(SF丸)。
 片天秤に4号2本枝の場合1尋(1,5m)間隔とし、最終鈎まで3m。4本枝の場合は4.5m。枝は40cm程度とし、長くしないこと。(M漁師)。
 片天には、冷凍投餌でのアンドン籠など、籠釣り用の籠を使用する。ウルトラ籠を使用してもいい。
 両天秤を使用する場合、4号ハリス各2尋(3m)、天秤の上にはゴムクッション2o1m物を付ける。活かし網の持参は欠かせない。(YS名人)
 撒き餌には投餌用の冷凍魚を手回しのミンチ機や包丁で叩いてミンチ状に砕いて使用する。
 餌にする冷凍サバの身は、皮を除外して鈎掛けしないと食い付かない。落ち易いぞ。
 餌用冷凍サンマやサバの白身を、鈎が隠れる程に小さく切って鈎付けする。サバの身は付け餌になる程度に「年輪的に剥げる」から、それを鈎付けするがいい。
 夏から秋にかけて{特大アジ}が寄り、特定の生け簀の周りを回る習性があるようだ。
 ここの大アジは、浅く浮いている時には食いにくく、低層に居る時に食いが立つ。海底より1m付近で最も良く釣れる。(KZ丸) 
 底から3尋(4.5m)がいいので底近くで籠を止めて、素早く引き揚げると撒き餌と付け餌が一体化するから良く釣れる(SF丸)
 釣れる時間帯は投餌船の来た時から午後にかけて最も食いが良く、朝に釣れることは少ない。このアジは、潮止りの時間帯に釣れることが多い。
 ロープの無い位置を確認して船を繋ぐことで「ブリ」や{大真鯛}が食い付いても対応できる。
 船際に寄せたアジは、鈎掛かりの位置を確認し、丈夫な個所に鈎掛かりしておれば、アジが手前に向いた時に、思い切り引き寄せて手玉を入れて取り込みをすることだ。
 800g物〜1s物の特大アジが食い付く。外道にはブリ・ハマチ・真鯛・チダイ。
 96年には2s物の特大のマアジも釣れた。4号ハリスでは飛ばされるから5号に替えた。
 付近には大魚が多い。[小アジの活餌掛け]でやれば、ブリ・ハマチ・ヒラメ・エソ・タチウオ・コチ等が釣れる。冬季には、ヒラメ・赤ヤガラ・マトウダイも多い。


特大アジ・真鯛・ハマチ兼用
[養殖場の冷凍餌でのふかせ釣り]
[豊後水道・津久見市H漁港YN名人の仕掛け]

 ※ 魚類養殖場内での撒き餌釣りなので、養殖場管理者の承諾が必要。
 元ヤマ14〜16号を100m。その下にクッションゴム2.5o1m又は2m物を付ける。
 クッションゴムの下には10〜12号元テグスを5尋(7.5m)。10号ハリスを1.5尋(2.4m)結ぶが、釣れる魚に併せて適宜小さくする。
 元ヤマと元テグスの継ぎ目には錘兼用の太いサルカンを付けておく。尚、「サルカン付きクッションゴム」であれば、サルカンは別に付けなくてもいい。
 鈎は鯛鈎10号前後がいい。
 業者が養殖場に投餌を始めると、アジやハマチ、真鯛などが浅く浮上して、元ヤマと元テグスの継ぎ目の水深(10m)付近で食い付くことが多い。
 餌はサンマがいい。大きな餌には食いにくいから、皮を剥いだサンマを鈎が隠れる位に小さくして付ける。鈎は完全に隠すことだ。
 餌用冷凍サンマやサバの白身を、鈎が隠れる程に小さく切って鈎付けする。サバの身は付け餌になる程度に剥げるから、それを鈎付けするがいい。
   餌にする冷凍サバやサンマは、皮を除外して鈎掛けしないと食い付かない。落ち易いぞ。
 撒き餌には投餌用の冷凍魚を包丁でミンチ状に砕いて投入する。
 夏から秋にかけて{特大アジ}が寄り、特定の生け簀の周りを回る習性があるようだ。


   特大アジ・真鯛・スズキ
[畜養生簀・冷凍餌でのふかせ釣り]
[豊後水道・津久見市A漁港K名人の仕掛け]
   ※ 魚類畜養筏での撒き餌釣りなので、養殖場管理者の承諾が必要。
   イワシ類やアジの畜養生簀に船を固定しての撒き餌釣り。
   巻き網や定置網漁師は、漁獲したカタクチイワシなどを一時的に生簀で畜養する・・・この生簀下には大アジや真鯛、スズキなどが集まる。
   道糸は10号〜14号のテグスやヤマ糸を50m程、浅い籠に入れておく。
   サルカン付きクッションゴム2.5oサイズ2mを付けて、ハリスを4尋(6m)付けるが、ハリス号数は、釣れる大アジや真鯛に対応できる最少号数とする。
 7s〜8sクラスの大真鯛であれば、上質な8号ハリスを使う。ブリの場合は10号〜20号ハリスとし、対応できるクッションゴムとする。
   マアジの場合は、4号ハリスが中心だが、1s越しの大アジでであれば5号とする。
   鈎は、鯛一本釣り鈎を使うが、小さい鈎を使うと魚が警戒せずに食い付く。
   撒き餌には、カタクチイワシを数匹づつ撒くが、死んでいても差支えない。
   ハリスには錘は使用せず、鈎にカタクチイワシを掛けて撒き餌と共に沈下させて真鯛や大アジを食わせる。
 生きたカタクチイワシを鈎掛けすれば、真鯛やスズキ、アジの食いは抜群にいいのだが・・・
 ※ アジ狙いの場合、小さいカタクチイワシを選んで鈎掛けすること。
 真鯛は、概、10mばかり沈下した位置で食い付くが、アジは若干深く居ることが多い。
 生簀下の低層には、ヒラメやマゴチも寄っているが、外道のアカエイやエソが先に食い付く・・・
   
中小アジ・チダイ兼用
[養殖場のアミ籠サビキ釣り仕掛け]
[豊後水道・津久見市AJ港T漁師の仕掛け]

 魚類養殖場内での撒き餌釣りなので、養殖場管理者の承諾が必要。
 魚類養殖場内で船を固定しての撒き餌釣り。
 2.4〜2.7m程度のリール竿を使用する。リールはスピニングリールがいい。
 市販の白スキンサビキを使用する。
 主ハリス3号。枝ハリス2.5号、20〜25cm。鈎は9号、7本。
 籠はサビキ下にドンブリ籠25〜40号を付けるが、を潮流の強弱によって使い分ける。
 籠が着底次第、竿を大きく振って「アミ」を撒き散らしてアジやチダイの食いを待つ。
 大アジ・チダイは通常底で当たるが、底より6尋程度浮くこともある。
 大アジは賢くて、このサビキ釣り仕掛けには食いにくい。


中小アジ・流し釣り
[藻場沖でのアミ籠サビキ釣り仕掛け]
[豊後水道・津久見市A港O名人の仕掛け]
 魚探でアジ群を確認して投錨はせず、藻場際沖の30m前後の水深に寄る中アジを狙う。
 魚探でアジ群を確認して釣る。早朝や夕方が狙い目だが、日中でも潮加減がいいと好釣果が期待できる。
 2.4m程度のリール竿を使用する。リールはスピニングリールがいい。
 市販の白スキンサビキを使用する。
 主ハリス3号。枝ハリス2.5号、枝長は20〜25cm。鈎は9号、7本。
 サビキ下にプラスチック籠を付けるが、x号を潮流の強弱によって使い分ける。
 大アジ・チダイは通常底で当たるが、底より数m程度浮くこともある。


中アジ・カマス
[港内でのキビナゴ掛け中アジ・カマス釣り]
[豊後水道・津久見市AJ港内]

 タチウオやエソに追われて漁港内に追い込まれたカマスや中アジ狙いの釣り。
 10m程の浅いポイントなので、延べ竿を使用すると手返しが良く効率がいい。
 歯の鋭い{カマス}狙いなので、ハリスは4号〜7号を使用する。ハリスは太いが、撒き餌が効いてくれば{中アジ}も盛んに食ってくる。
 {カマス}や{中アジ}の居る棚に手早く投入して、餌を[ふかせ]加減にすると食いを誘う。その際、ハリスが張ってないと合わせ動作が遅れることになる。
 錘は1〜3号の下50〜100cmに割鉛の特大程度を1つ付け、その下100cmに鈎1本。
 キビナゴやカタクチイワシ中羽を付け餌に使用する。
 撒き餌も同じ物が良く、日中でも入れ食い。冷凍アミでは{カマス}が釣れない。
 特に、夜明けに定置網の運搬船が着岸すると、エンジン音を察知したカマスや中アジが寄って来る。この頃から釣れ始めるが。1日中釣れた日もあった。


中小アジ
[港内でのシラウオ掛け中小アジ釣り]
[豊後水道・津久見市AK港HF名人]
 タチウオやエソに追われて漁港内に追い込まれたアジ狙いの釣り。
 シラウオの冷凍物を付け餌に使用する。
 撒き餌は冷凍アミ。
 撒き餌籠の下にハリス1〜2号を出して、小鈎にシラウオを掛ける。
 食いのいい時には、撒き餌籠の上に枝ハリスを出してもいい。
 外道には、メバル。

中小アジ
[港内でのバクダン鈎での中小アジ釣り]
[メジナ(クロ)釣り兼用H名人]
 5.4m程度のリール竿を使用する。リールはスピニングリールがいい。
 ハリスは2号程度でいいが、釣れるアジやメジナの漁体に合わせる。
 {バクダン鈎}上のハリスは錘まで30〜40cm。
 防波堤での竿釣りの場合は、ハリスを結ぶサルカン上に1号通し鉛を入れ、水深に合わせて小浮きを付ける。
 {バクダン鈎}は6本が基本だが、食いの悪い時は鈎数を減らすがいい。
 アミとパン粉を折半して「梅干大でバクダンダンゴ」を作ってバクダン鈎を隠し、釣りの付け餌に使用する。撒き餌は必要ない。
 沖合いの沈み瀬や[養殖場]等で、クロやチダイを狙ってもいい。
 外道には、メバル・メジナ・小鯛。

 
大アジ
[活極小エビ掛け胴付き仕掛け]
[豊後水道・津久見市AR漁港HE名人]
 500〜800g物が居付くマアジポイントでの流し釣り。イサキや真鯛、チダイも好漁される。
 風波のある時にはスパンカーを使用する。
 元ヤマは12号を100m。又は、全てビシテグスでもいい。元テグスは6号を10m。
 ※ 水深が80mを超す場合には元糸が必要となる。
 ハリスは、大魚が食い付くので4号とする。3号であれば食いはいいが縺れ易くて弱い。
 枝数は3本。枝間は2尋(3m)とする。枝の長さは1尋(1.5m)とするが、食いがいい場合は1m程度でもいい。 錘間は捨て錘様式として2号又は3号を1,5m使用。
 ビシテグスを使用しない時には錘は鉄玉40号〜50号。ビシテグス使用の場合はもつと軽くてもいい。
 鈎は使う餌によって使い分けるが、釣れる魚に対応できる小さな鈎を使う。
 ハマチや大真鯛が多くて、4号ハリスで飛ばされるようだと5号ハリスに取り替える。
 餌に使う赤エビは小さい程いい。極小赤エビ又はカタクチイワシの活餌。
 ※ 大きいエビには真鯛は喰い付くがアジは喰い付かない。


大サバ・大マルアジ
[スキンカブラ釣り]
[豊後水道・津久見市F漁港Y丸の仕掛け]

 アミや小エビなどが発生して、これにアジやサバが附けた場合にはスキンサビキを使用するがいい。
 大サバや大アジポイントでの流し釣り。風波のある時にはスパンカーを使用する。
 ビシヤマ又はビシテグス12号又は14号を150m。尚、元ヤマを使用する場合にはビシテグスは100mでいい。ビシテグス下にはクッションゴム2.5mm物2mを必ず使用。
 主ハリスは5号。枝間は1尋半矢引き(2.1m)枝ハリスは4号。枝の長さ50〜60cm。
 ※ 大サバ800g物3匹が同時に来たが、止めても切れなかった。
 枝数は15本程度。クッションゴム下の上枝までのハリスは3尋(4.5m)。
 「赤色スキンカブラ7〜8号」での釣り。沖での鯛釣り仕掛けと同一でもいい。
 錘は、100m水深でも40号程度で可能だが、複雑な潮流時には50号が必要。
 サバの大群は中層にはっきりとした映像で映るが、勢の少ないサバの群は100m水深の70〜80mに、青く ぽっ、ぽっ と見える程度。
 70mでは50〜60mの位置に見えるが大マルアジとの区別はできない。
 サバは低層に居ないので、底数本にはゴカイを掛けるとイサキ・真鯛が釣れる。


大マルアジ・イサキ兼用
[日中スキンカブラ釣り]
[豊後水道・津久見市N漁港M丸の仕掛け]
 100m以下のポイントでは、ビシヤマ12号程度を100m。クッションゴム2mm物2m。
 主ハリス5号。枝ハリス4号。枝間1尋(1.5m)。枝の長さ半矢引き(60cm)。
 枝鈎は14本付け。
 鉛間は1尋程度、ハリスと同じ4号程度。
 鈎は金龍極太4号に赤スキンを巻く。※ スキンの巻き終わりには、微量のアロンアルファを打つ。ガマカツ4号金アジ鈎であれば、700g物イサキは捕れる。
 {大マアジ}{大マルアジ}{真鯛}{チダイ}{イサキ}に兼用できるが、{イサキ}主体の釣りであれば3×3号とするがいい。
 ※ ヤズや{中真鯛}などが混漁される場合は主、枝共に5号とする。
 晩秋のエバ鯛のサビキ釣りには、極く小型のタコや赤ゴムがいい釣果を出す。


中アジ
[灯火での夜釣り]
[豊後水道・津久見市F漁港Y漁師の仕掛け]
 錨で船を固定しての釣り。船が安定しない場合には、2本の錨で固定するがいい。
 潮流の遅い沿岸部での灯火釣り。300g以下の2.3物アジ狙い。
 元糸は6号〜10号程度。クッションゴム1.5mm、100cm物を付けてハリスと繋ぐ。尚、竿先の柔らかな竿釣りの場合はクッションゴムの必用はない。
 ハリスは主、枝共に3号を使用する。400g物クラスの大アジが釣れても1匹であれば切れることはない。
 尚、これ以上のアジが居る場合や、真鯛、大チダイ等の大魚が混漁されるポイントでは4号にするといい。
 食いが悪い時には2.5号とするが、細くて縺れ易いのは致し方ない。
 1.5号や2号は縺れて手捌きが悪いので、水面釣り以外には絶対に使用しない。
 枝間は90cm、枝の長さは30〜40cm。絡むと食わないので、絡む場合や潮流が無い時には枝ハリスを25cm程度と短くすると食い付きがいい。
 潮流がない30m以下のポイントでは、錘下に1本の鈎を付けると、これにはアジやメバルの食い付きがいい。
 錘下のハリスは60〜90cm程度でいいが、ハリスが絡む場合、中通し長鉛に15cm程のビニールサヤ管を通して、この中を主ハリスを通過させて裾鈎を結ぶ。
 錘を固定するにはビニール鞘管と共に錘の上下を結ぶがいい。小さな片天を利用するのもいい。
 枝数は6本程度にすると手さばきがいい。
 鈎は小さなチヌ2号を使うとアジの食いも良くて鈎掛かりがいいが、400gを越すような特大アジや真鯛が食い付くとノルことがあるから要注意。
 このような時にはチヌ3号を使うと丈夫で無難だ。
 鈎について重要なことは、鈎先の鋭さが鈍ると釣果に多大な影響が出ることである。
 餌を付け替える際には指先で鈎先を触り、鋭さが少しでも劣った鈎は惜しまずに取り替えることだ。
 こうしておけば、アジの口腔内に入った鈎は、どこかに触れただけで即鈎掛かりする。
 錘は、内湾の30m以内では15〜20号程度の軽い錘を使用すれば、枝ハリスの巻き付きが少なくていい。
 その反面、鈎掛かりしたアジが曳きずり回して、他の仕掛けに巻き付く欠点もある。尚、曳き回しが顕著なサバの居るポイントでは、軽い錘では{灯火での夜アジ釣り}はできない。
 潮流の速いポイントや水深が30mを越すポイントでは水深と同等号数の錘が必要だ。
 仕掛けはリール竿仕掛け1〜2本と手持ち仕掛け1本出すが、釣れ始めると「入れ食い状態」となるので、釣れたアジを鈎外しした仕掛けは手早く餌を刺して投入し、「自然沈下力」を利用して沈下させながら、別の仕掛けに掛かったアジを捕り込むことになる。尚、沈下中の仕掛けは、一定の水深で留ってアジの食いを待つことになる。
 手持ち仕掛けには、ゴムクッションの1.5mm又は2mmで100cm物の使用は欠かせない。尚、竿仕掛けは、竿に弾力があるからゴムクッションを付ける必要はない。
 ハリスが少しでもパーマするとアジは食ってこない。ハリスに異常が認められなくても2時間程度で仕掛けを取り替えることだ。不思議にも釣果が増す。
 餌には中位のゴカイやシラウオを鈎掛けすると、餌持ちが良くてアジの食いもいい。
 尚、シラスや沖アミのチョン掛けにも食い付きはいいが、餌が外れ易いので、入れ食い状態の時やゼンゴが居る時に使用する餌ではない。
 {ケンサキイカ}をマッチ棒程の長さに「茅の葉」状に先を細く切った餌も使用に値する。
 晩秋には、200〜450g級と型のいいアジが混漁されるが、モイカやタチウオが集魚灯に多く寄ると、アジは集魚灯下には居なくなる。
 仕掛けの投入は、最上部の枝鈎までは錘の沈下力に任せてはならない。錘に近い下部の鈎から順に、餌を掛けながら海中に入れて行くのが基本だ。
 安易に手放すと、枝鈎が手繰り揚げている道糸やハリスに掛かって持ち込んで行ってしまい、縺れてどうしようもない。
 いいポイントであれば、電探にアジの映像が見えなくても低層に居る疎らなアジ群や、回遊したアジが序序に寄って来るものだ。
 集魚灯は、点灯後30分から1時間程度は複数の最大灯火とし、水中灯も併用して集魚する。
 アジが寄ったならば、水中灯の灯は消し、アジ釣りをする側の照明範囲の狭い傘灯1個だけとする。
 最終的には徐々に500W程度にメーン火を落として釣るが、白熱灯のような赤くて弱い灯火がいい。
 注意点は、急激に弱火にするとアジ群が落ちるから、急な切替えをしないことだ。
 この為には、1000Wの灯火はそのままで、配電盤の電圧調整器を使用して110V⇒100V⇒80V⇒60Vまで電圧を下げて照度を下げるのもいい。
 浅場のポイントでは、近くに照明灯や灯火船がなければ、最小100Wでもアジ釣りは可能だ。
 アジは底や薄暗い灯火周辺を周回する習性があるが、大アジ程その傾向が強いようだ。
 弱火にするとアジが目視される程に浮くが、表層に浮くアジは小ぶりの個体が多い。
 錘は海底から一寸切った位置として止め置く。これでも下の枝程大物が良く釣れる。
 竿は1.8m〜2.7m程度の中通し竿がハリスが環に絡まなくて釣り易い。
 竿を出す場所は、手持ち仕掛けに絡むことの無いように、舳先と艫に各1本、手元仕掛けと合せて合計3仕掛けがベターだ。
 尚、アジが掛かった際に判るように、竿先には鈴を付けておくがいい。
 アジが鈎掛かりした際には直ちに手繰り揚げないと、仕掛けを広範囲に引きずり回して別の仕掛けと絡む原因となる。
 この為、アジの食いが立った時には仕掛けを減らすがいい。又、錘を適宜大きくするのも一つの方法。
 数個のバケツに海水を満たしておき、複数のアジが鈎掛かりして釣り上げる際に、これに1匹ずつ入れると仕掛けの絡みと魚の傷みを防ぐことができる。
 目視されるアジは、水面のシラスやゴカイなどを追っているから、メバル仕掛けの延べ竿を使用し[竿夜釣りゴカイ掛け]で浅く攻めるといい。
 竿釣りであれば、手返しが良くて釣果増に貢献する。


大中小アジ
[灯火でのゴカイ掛けアジ釣り]
[豊後水道・津久見市H港KT名人漁師の仕掛け]
 錨で船を固定しての釣り。船が安定しない場合には、2本の錨で固定する。
 主ハリスは3号又は4号を使用する。枝ハリスは2.5号〜3号、枝数は4本〜7本。枝の長さは30cm〜40cm。
 枝間は90cm程度。食いが良ければ60cmでいい。錘は潮流の速さにより30〜40号。
 アジを寄せる灯火は、焚き始めには1000W程度の強い灯でもいいが、アジ釣り時には500W程度に落とすがいい。浅いポイントであれば200W〜300W程度でいい。
 減灯する際は、近くに強い灯火船があると、その灯火に魚をとられるので要注意。
 釣り時季は梅雨入り頃から秋の彼岸頃までがいい。イサキや小中真鯛も混漁される。
 餌はゴカイがいい。エビ餌にはアジは食いにくい。
 錘は海底から一寸切った位置に止め置く。これでも下の枝程良く釣れる。
 竿は2本程度出して、アジが掛かった際に判るように、竿先に鈴を付けておくがいい。
 ケンサキイカが灯火に附いたならば、浮きスッテを付けた専用竿を出しておくと良く釣れる。
 終漁時には灯火を強弱にして、イカすくいを試みるがいい。
 電探にアジの映像が見えなくても、低層に居る疎らなアジ群が寄って来るものだ。
 ブリがアジを食い落とす場合には、活きアジを掛けた専用仕掛けで攻めることだ。


大中小アジ
[灯火でのゴカイ掛けアジ釣り]
[豊後水道・津久見市AK港NT名人漁師]
 錨で船を固定しての釣りなので、潮流が速過ぎるとやれない。概、0.5ノットを超すと釣りづらい。
 主テグスは3号とするが、大物でハリスが切れるようだと4号に替えるがいい。
 枝ハリスも3号とし、枝間は90cm〜120cm、枝の長さは30cm〜40cmがいい。
 枝数は10本として、海底近くを狙う。
 餌はゴカイ又は、シラスがいい。イカをウドン状に切ったものを使用しても少しは釣れる。
 釣り時季は、春から秋にかけて。


大中小アジ
[灯火でのサビキ夜釣り]
[豊後水道・津久見市H港YK名人の仕掛け]
 最初は最大灯火とし、水中灯も併用して集魚する。
 餌を付けての[ゴカイ掛け胴付き仕掛け]の場合、アジが寄ったならば水中灯は消し、最大火(2000〜3000W)⇒⇒⇒1000W⇒⇒⇒500Wと序序にメーン火を落として釣るがいい。
 「魚皮サビキ釣り」や「スキンサビキ釣り」などの疑似餌で狙う場合には強い灯火がいい。
 大アジが多い場合は、イカの短冊切りでも釣果はいい。
 真鯛が居るようだと水中灯の大灯で釣るがいい。


大中小アジ
[灯火でのサビキ夜釣り]
[豊後水道・津久見市TN港T漁師の仕掛け]
 船を錨で固定して釣る。最初は最大灯火とし、水中灯も併用して集魚する。
 アジが寄ったならば、水中灯の灯は徐々に消し、最終的には、照明範囲の狭い傘灯1個だけとする。
 最大火⇒⇒⇒1000W⇒⇒⇒500W⇒⇒⇒200Wと徐々にメーン火を落とすことになる。
 ポイントが浅い場合、最小100Wでもアジ釣りは可能。尚、白熱灯のような赤い灯火でもいい。
 M瀬付近の水深40mでやるといい。弱火にすると400g物の大アジが目視される程に浮くこともある。
 サバ皮のエバサビキでやれば、船下数mで入れ食いする。この場合、灯火を明るくするがいい。
 大アジの場合はエバに食いにくいことがある。この場合はゴカイ掛けがいいが、イカの短冊切りでもアジは釣れる。
 真鯛の群が灯火に寄った場合には、水中灯を入れて釣るがいい。


大アジ
[灯火での関アジサビキ釣り]
[豊後水道・津久見市四浦半島の漁師仕掛け]
 ポイントは関下(一尺屋東方沖)水深45m地点での投錨釣り。ここは関アジの産卵地。
 錨は潮上側に一本だけ打つ。錨には{チ}を付けておき、錨が根掛かりしてローラーで巻けない場合は、ロープを固定して船を後進させて曳くがいい。
 灯火は、水中灯1個使用。10m程垂らす。
 4号ハリスを使用、大アジなので3号では飛ばされる。場合によっては5号以上。
 サビキは、土佐カブラ6号を使い、枝数6本、枝の長さ40〜60cmの仕掛け。
 潮流が速いから、小潮時でも錘は100号が必用だ。最低80号だ。電動リールを使用するがいい。
 潮が緩やかになると確実に食い付く。
 モイカが付いて目視された時には、餌木を入れると直ぐに釣れる。{スルメイカ}{ケンサキイカ}も灯火に多く付く。
 例年、4月下旬には釣れ始める。
 小潮時でなければ、潮流が速くて{灯火での夜アジ釣り}は出来ない。特に満ち潮は速い。
 小潮の3日+前後1日であれば、確実に釣りができるが、干き潮ではもう1日可能だ。
 {特大関アジ}{大関サバ}の他にイサキ・大真鯛・ヤズ等も混漁される。
 {灯火での流し釣り}も可能だ。無垢島の一本釣り漁師は灯火での流し釣りをする。


大アジ
[灯火での関アジサビキ釣り]
[豊後水道・津久見市T漁港I名人の仕掛け]
 ポイントは関下(一尺屋前沖合い)水深45m〜50m地点での投錨釣り。
 錨は潮上側に一本だけ打つ。錨には{チ}を付けておくことだ。
 終漁の際、根掛かりしてローラーで巻けない場合は、ロープを固定して船で曳くと「チ」が切れて錨が揚がる。
 灯火は、水中灯500W1個使用。10m程垂らす。
 上灯だけでも釣れる。
 主ハリスは5号を使用、枝ハリスは4号。大アジなので3号では飛ばされる。
 枝間は1尋(150cm)程度。枝数6本〜10本、枝の長さは45〜50cmの仕掛け。枝は短くても食い付く。上間2m・錘間1.3m。
 ビシテグスとクッションゴム2mm1m使用の手釣り。
 電動リールの使用もいい。
 サビキは、土佐カブラ6号やビニールカブラ6〜8号(全長3.5〜4.7cm)を使う。
 潮流が速いから80号を使うが、潮止まりには50号可。小潮時でも潮行き時は100号が必用だ。
 潮流が速くなると食いが鈍る。100号で、やれない時は駄目だ。
 小潮時でなければ、潮流が速くて{灯火での夜アジ釣り}は出来ない。
 大潮時でも、潮止まりの30分程度は入れ食いする。この30分間に釣らないと釣果は無い。
 ムシ鯛、夜イサキは小潮時に食いがいいものだ。
 4.27/03はピンク系に食いが良く、主に底3本に食い付く。800〜1s物18匹。
 ゴカイ餌であれば{大アジ}{大サバ}の他に{イサキ}{大中真鯛}ヤズ等も混漁される。


大アジ
[灯火での関アジ流し釣り]
[豊後水道・津久見市無垢島の漁師仕掛け]

 大潮、小潮時でも干満に関係なく「関アジ釣り」ができるから、無垢島の漁師は流し釣りをする。
 時には、入れ食い状態が長時間続き、腕が疲れる程に大釣れすることもある。
 投錨せずに、水中灯の2000W×2個を10m程に垂らしての流し釣り。
 ポイントは関下(I東方沖)で、関アジを探索しての集魚灯での流し釣り。ここは関アジの産卵地。
 関アジが確認されたならば、2000W×2個=4000Wの水中灯を10m程入れて点灯し、アジを寄せる。
 アジの居る位置で点灯すると、水中灯に附いた{関アジ}は何処までも付いて来るものだ。水深が深くなると「手返し」効率が悪いので元に戻るがいい。
 潮流と船の流れが合うように「テンテンボ」を使用する。
 サビキは、「スキン、鳥毛カブラ釣り、土佐カブラ」6号〜8号を使い、枝数6本以上、枝の長さ40〜60cmの仕掛け。
 尚、[胴付き仕掛けゴカイ掛け]でやるといい釣果が得られるものだ。
 主ハリス7号。枝ハリスは4号を使用するが、場合によっては5号を使用。枝間1尋〜1尋矢引き。
 枝の長さは半矢引き〜大矢引き、枝数は7本程度でいい。大アジなので3号では飛ばされる。
 自作のスキンサビキ鈎は、アジ鈎7号にラメを1〜3本敷いて青スキンを巻いたもの。真鯛が混漁されるので、漁師は弱い金鈎は使用しない。
 {特大アジ}{大サバ}の他にイサキ・大真鯛等も混漁される。
 満ち潮の行き始め時に、佐賀関の近くで釣り始める釣りと、禁止区域に入るから要注意。
 例年、4月下旬には{関アジ800g物}中心に釣れ始める。上層にアミらしい大群が映る時には青スキンに食いがいい。
 灯船の了解を得て、脇に別の船を寄せて流しても良く釣れる。概、灯船の15m以内だ。
 ハマチ群が灯火に附いて入れ食いする時には、対応できる仕掛けに取り換えること。
 下流側に投錨して関アジ釣りをしている船がある場合には、潮流で衝突しないように操船すること。


アジのルアー釣り
[堤防の灯火下]
[豊後水道・津久見湾T名人の仕掛け]
 堤防の灯火にマアジが寄った時の釣り。時季によってマアジの大きさが違うが80g物〜200g物が多い。
 堤防の灯火下では、中〜1号の中通し錘の後40cm程度にゴム製ルアーを付ける。
 錘を「叩いて平ら」にすると、複雑な動きがでるからアジの食いを誘う。
 ハリスはアジの大きさに合わせるが、細いと絡み易い。1.5号から3号程度がいい。
 外道にスズキやメバル、秋にはタチウオがくるからハリスサイズを考慮すること。
 スズキやタチウオには10cm程度のルアーがいい。
 表層2m付近を曳くと食いがいい。


トップページ