一本釣り名人漁師の仕掛け 
ケンサキイカの釣り方
[豊後水道西部にて資料収集]
ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカ釣り兼用

ケンサキイカ

概要
 豊後水道ではヤリイカとケンサキイカ・スルメイカの姿を見る。沖合いから潮通しのいい海底の砂丘地に産卵にやってくると聞く。その時季は冬季であり「寒スルメ」と呼ばれている。梅雨明け頃には成長してスッテを追うサイズとなり、成長を続けながら晩秋まで釣れるから釣期は長い。尚、盛夏でも{ケンサキイカ}の幼稚魚を見かけるから、ケンサキイカは通年産卵するものと思われる。
 しかし、近年は冬季の餌となる「寒ごいわし(カタクチイワシ)」が乱獲で極端に減少し、それに比例して{ケンサキイカ}{ヤリイカ}{スルメイカ}の姿も著しく少なくなった。


釣る方法
 ケンサキイカとヤリイカ・マツイカ(スルメイカ)を釣る方法は、日中に低層を狙う釣り方と、集魚灯を点灯しての夜釣りがある。尚、マツイカ(スルメイカ)の親魚は酷寒の頃に来流して産卵する。夏に釣れるマツイカ(スルメイカ)は成長中の仔魚だから大きくない。


昼の釣り
 日中の{ケンサキイカ}と{ヤリイカ}は、島礁際など70m〜100mを超す海講状態の(深り)の低層に集まるので、その位置が好ポイントとなる。
 {ケンサキイカ}用の紅白の鉛スッテを使い、数本の浮きスッテを付けるのが基本的な仕掛けであるが、海底が荒いポイントでは鉛スッテでは根掛りするから、鉛スッテを錘に替えて釣ることになる。尚、イワシ類を好む{ヤリイカ}には、細くて長い串状のスッテで釣ると釣果が上がる場合も多い。船は、潮帆(パラシュートアンカー)やテンテンボ(スパンカー)を使用して潮流の流れに乗せて船の真下に仕掛けを下ろしての釣りとなる。


集魚灯での釣り
 {ケンサキイカ}と{ヤリイカ}{スルメイカ}は夜間には明かりを求めて浮上する習性がある。灯火に寄せて上層〜中層を狙うのが常だ。スッテは、{ケンサキイカ}用の小型で鈎数の多い紅白の鉛スッテを使い、数本の浮きスッテを付けた仕掛けを船から数セット垂らして狙うこととなる。勿論、昼の釣りと同じく、潮帆(パラシュートアンカー)を使用して船を潮流に乗せ、仕掛けは船の真下に下ろしての釣りとなる。集魚灯に寄った{ケンサキイカ}などのポイントは上層から中層と浅く、仕掛けが垂直なので多い人数での釣りができるのが特徴だ。
 ポイントは広く、豊後水道では「干き潮と満ち潮の潮流のある海域」であれば、海域全体がポイントと言っても過言ではない。


[灯火での夜イカ釣り]{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市F漁港NM漁師の仕掛け)

小魚群の多いポイントにイカは多い。イカが多いと目されるポイントに船を止め、シーアンカーを入れ集魚灯を点灯して釣り始める。
目視されるイカが、体色が赤くなって個々乱泳するケンサキイカであれば、食い気が出て興奮している証拠だ。尚、頭を揃えて白く見えて魚のように群泳するイカは、天敵の大魚などを警戒しており食い附きにくい。
月明かりが強いと集魚灯にイカが寄らない。しかし、旧暦12日までは三日月があっても月明かりが弱いから集魚灯での釣りは可能。 
※ 曇天でも、満月前後数日の月夜は明るいからイカの食いは今一歩。
元糸(ヤマ)は14号程度で良く、水深だけの長さがあればいい。
ヤマ下に付けたハリスの3尋(4.5m)の位置より枝を3cm出して(旭結び出し)浮きスッテを挟み付けする。この方法だと、簡単に付け外しが効く。
主ハリスは5号とするが、{タチウオ}やフグの多い場合やハリスに絡みがある時には適宜ハリスを太くする。
錘は使用せず、錘代わりの鉛スッテを使用する。鉛スッテの色は、白/赤の30号〜40号、軽いほど食いがいい。
浮きスッテ下、鉛スッテまでのハリスは1尋矢引きでいい。
浮きスッテは、4号又は5号サイズ物を1尋間隔で6〜7本付ける。枝ハリスは長くすると絡むから数cmでいい。
浮きスッテの色合いは、紅白が基本だが、他の色合いでも喰いに大差はないように思える。尚、部分的にでも夜光加工したのが使用価値がある。
一人で釣行の場合、深さを変えた仕掛けを数セット垂らして、適宜各仕掛けを触ってイカの掛かりを確認するがいい。
※ イカの棚が深い日には、仕掛けが多いと絡むから要注意。
浮きイカが見えるのにスッテに喰い付かない場合には、アジなどに串鈎を刺して狙うと釣れることが多い。
灯を入れてから30分位は、全てのイカが船際まで浮上して食いもいいから、全神経を集中して釣ることだ。


[灯火での夜イカ釣り]船際の浮きイカ釣り{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市F漁港 NM漁師の仕掛け)
豊後水道臼杵湾から津久見湾にかけてのケンサキイカ釣り。
手持ちの釣具の邪魔にならない位置に、短いリール竿を設置しておくがいい。
ハリスは3号と細くし、8号鉛スッテに2.5号程度の浮きスッテを二本程度付け、船陰になる3尋付近を狙う。
「モイカ活餌釣り」具を使用し、活きアジなどを掛けて3尋位を狙うがいい。 尚、当りが無い場合は深く入れて様子を見るがいい。


[灯火での夜イカ釣り]小魚串スッテ刺し{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市F漁港NM漁師の仕掛け)
イカが灯火に附いたならば、小魚を刺した串スッテを付けた専用竿を出しておくと食い付く。
船際の浮きイカ釣りの際も応用できるから簡単だ。
ハリスは5号程度で良く、枝の長さは10〜20cmでいい。
ゼンゴ、ネンブツダイ、マイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシ、キビナゴ、小カマス等の小魚を使用するがいい。
枝数は多くても数本とし、最下部の錘は軽い鉛スッテがいいが、掛かったイカが曳き回すから他の仕掛けとの絡みに要注意。
串スッテに刺した小魚が大きい場合や、枝数が多いとイカの乗りが判りにくいものだ。
目視される船際の浮きイカには、活き餌を付けて一本だけの[ふかせ釣り]方式にすると更に食い付きがいい。
イカの食い付く水深は、海底近くから水面まで、日々違うから、深さを変えて2〜3本の仕掛けを入れておく。



ヤリイカ・ケンサキイカ[灯火での夜イカ釣り]
(豊後水道・津久見市A漁港ST漁師の仕掛け)
急流域でのケンサキイカ釣り。
15尋付近で食いの悪い場合は、18尋〜20尋で入れ食いすることがある。時には30尋。
釣れる水深は、日々や時間帯によって変わるから、釣れる棚を素早く把握すると釣果が増大する。
棚が判明してからの誘いは、小刻みに誘う感じで徐々に揚げると食いを誘う。
南風の強い日には、食いが悪い。


[ヤリイカ・ケンサキイカ昼釣り]
(豊後水道・津久見市保戸島・四浦半島の漁師の仕掛け)
ケンサキイカやヤリイカは、日中には餌の多い深い海底付近がポイント。
ハリス7号、枝間は大矢引き。 スッテは4号の紅白を3本使用するから鉛スッテと計4本とする。
錘兼用の鉛スッテは、なるべく小型の軽いものを使用する。尚、根掛かりするポイントでは鉛スッテが使えないので、普通の錘を使用すること。
ビシテグスを使用し、浮きスッテを多く付けて海底付近を狙うのがコツ。伸ばし込み動作で最上部に食わせる感覚でやること。
イカは大群で居るから、1匹鈎掛かりしても慌てず、ゆっくりと手繰りながら仕掛けを揚げていると多くのイカが乗ってくる。


[ヤリイカ・ケンサキイカ昼釣り・無垢島周辺]
(豊後水道・津久見市四浦半島漁師の仕掛け)
ハリス8号。枝間は大矢引き。
スッテは3.5号又は4号を4本使用するが、それ以上付けても底付近の3本しか食いが無いので意味が無い。
錘は、なるべく軽いものを使用する。
ビシテグスを使用し、海底付近を狙うのがコツ。伸ばし込み動作をして最上部に食わせる感覚でやること。
1匹食っても待ち、多くのイカが乗ってから仕掛けを揚げること。イカは大群で居る。
ヤリイカ(テッポウイカ)胴が長くて手の短い大きなイカ=このイカは寒のうちが産卵期。


[ヤリイカ・ケンサキイカ昼釣り]
(豊後水道・津久見市保戸島・四浦半島の漁師仕掛け)
ヤリイカはカタクチイワシが好物なので、スッテは布巻きスッテよりもプラ角がいい。
7cm物が基本だが、ヤリイカの大きさでスッテを変えるがいい。
枝間は1.2m間隔。枝ハリスは短くする。
{スルメイカ}は、シャープにきびきび動かすと食いがいい。
ケンサキイカは極端に動かすと食いが悪い。


[ヤリイカ・ケンサキイカ昼釣り]
(豊後水道・津久見市T港 F漁師の仕掛け)
ハリス7号、スッテは7cm物数本、枝間は1.2m間隔で4本。
プラ角はヤリイカ用?
ソフトにゆっくりと動かすと食いがいい。


[ヤリイカ・ヤリイカ・寒スルメ釣り]
(豊後水道・津久見市E漁港 KF漁師の仕掛け)
正月前〜旧正月頃にかけて、水深の深いアジポイントには、{ヤリイカ}の産卵郡が大群となって寄る。
S30年頃までは、毎年確実に大量に来流した。
{灯火での夜イカ釣り}をするがいい。昔はアセチレンガスの灯火で釣っていた。
{ヤリイカ}群の集合状態であるが、沖合いの深場では、ケンサキイカより個体の集合度は濃くない。
ヤリイカは、ケンサキイカとは違い、スッテをシャープに動かすと食いがいい。


[灯火でのアジ釣り時の夜イカすくい]{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市保戸島・四浦半島の漁師仕掛け)
イカが灯火に附いたならば、小魚を付けた専用竿を出しておくと食い付くから、そのまま引き寄せてすくうがいい。
船際の浮きイカ釣りのも応用できる。簡単だ。
ゼンゴ、ネンブツダイ、マイワシ等の小魚の活餌がいいが、死んだ小魚でも食いが極端に落ちることは無い。尚、ウルメイワシ、カタクチイワシ、キビナゴ等は直ぐに食い果たすのでよろしく無い。
最下部の錘は鉛スッテがいいが、アジ釣り仕掛けに絡まないように注意を要す。
枝数は数本でいいが、枝数が多いとイカの乗りが判りにくいものだ。尚、目視される浮きイカには、一本だけの[ふかせ釣り]をすると食い付きがいい。
イカの食い付く水深は、海底近くから水面まで、日々違うから、アジ釣りの邪魔にならねば、深さを変えて数本の仕掛けを入れておく。
{ケンサキイカ}は、個々乱泳するイカが見えれば、食い気が出ている証拠だ。尚、白く見え頭を揃えて群泳するイカは食いにくいものだ。
旧暦12日までは灯火が効くので釣行が可能だ。
{タチウオ}やフグの多い場合は釣りづらい。この場合は適宜ハリスを太くしたり、タチウオ専用仕掛けを使用してタチウオ釣りをするがいい。
7月に入るとケンサキイカが釣れるようになる。


[灯火での餌用小イカすくい]{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市保戸島・四浦半島の漁師仕掛け)
{ケンサキイカ}{ヤリイカ}は日没頃になると上層に浮上する習性がある。この為、点灯直後には、小イカの群が目視され「すくい捕り」もできる。しかし、型のいいイカが居れば、スッテ仕掛けを入れると入れ食いする。
イカが寄るまでは強い灯火で寄せて、灯火を三分の一に落とすとイカが浮くので1回目のすくい捕り。
すくえなくなったならば、もっと弱火にすると2回目のすくい捕りができる。
灯火を急に落とすと、イカが落ちてしまい、浮くことが無いので要注意。
近くに強い灯火船があるのに灯火を落とすと、その船の灯火に取られるぞ。
手玉は柄を長くし、潮に負けない丈夫な柄とする。網は水切りのいいテグス網とし、イカがもらない最大の目合いする。
月夜の生け簀では2〜3日無点灯で生きる。生け簀には青い柿渋の渋を塗ってくといい。
(未確認)70Wの灯にすると、一瞬であるが全てのイカが浮上するから、時季を逸せずにすくい取ること。


[灯火での餌用小イカすくい]{ヤリイカ}{ケンサキイカ}{スルメイカ}
(豊後水道・津久見市T港 T漁師の仕掛け)
ケンサキイカが寄るまでは強い灯火で寄せるが、2000Wの水中灯を1m程度に吊るすがいい。
イカが寄ったならば、灯火を照明範囲の狭い傘灯に切り替えて、徐々に白熱灯のような赤灯になるまで落とすとイカが浮くので、簡抜を入れずに手早くすくい捕りする。
灯火を急に落とすと、イカが落ちてしまい、浮くことが無いので要注意。
近くに強い灯火船があるのに灯火を落とすと、その船の灯火に取られるぞ。
手玉は柄を長くし、潮に負けない丈夫な柄とする。網は水切りのいいテグス網とし、イカがもらない最大の目合いする。
トビウオ、しいら等が附くとイカが脅えて浮かないから、直ちにすくい取ること。
3月には「龍ヶ塀」〜「黒島」にかけて「マツイカの小イカ」がすくえる。


各種のイカの釣り方ページへ
トップページへ