一本釣り名人漁師の仕掛け 
各種のイカの釣り方
[豊後水道にて資料収集]

 豊後水道には、モイカ・ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカ・紋甲イカ・コブイカ・シリヤケイカの7種類のイカが順次多量に来流する。イカ類の成長は早く、孵化後半年ほどで成魚となり、一年後には産卵して、その一生を終える。
 イカ類を釣るのは面白いが、イカの種類によって釣季や習性が違うから使用する疑似餌のスッテも異なる。又、其々のイカは、居付く水深やポイントも違うので、狙うイカの習性を知ることが釣果の拡大に寄与する・・・
 尚、ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカ・シリヤケイカは集光性があるので、夜間に集魚灯で寄せて狙うと釣果があがる。

モイカの釣り方
モイカ餌木釣り・アジ掛け釣り
船でのアジ掛け釣り船での餌木釣り
 モイカは初夏に産卵し、孵化したモイカの成長は早く9月下旬には餌木を追うサイズとなり、11月中旬には1sにも成長した個体が散見される。餌木を追うのは正月過ぎ迄だが「アジ掛け釣り」での釣果は春を過ぎても続く。又、モイカの餌木釣りでも、海底を曳くと甲イカ類やマダコが釣れることも多い。



ケンサキイカの釣り方
ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカ・

日中の低層釣り
集魚灯での夜釣り
 ケンサキイカ・ヤリイカ・スルメイカは、酷寒の頃に産卵に来流し、初夏にはスッテに掛かるサイズとなるが、釣り期間は長く晩秋まで釣れる。尚、ケンサキイカは通年産卵するらしく盆過ぎでも仔魚の姿を見かける。




甲イカ類の釣り方
紋甲イカ・コブイカ日中・低層での流し釣り鉛スッテでの釣り
浮きスッテでの釣り

 紋甲イカ・コブイカは春から初夏に産卵するが、紋甲イカは10月下旬にはスッテを追う400g物も出現する。コブイカは11月に入ってから大量に来流してヤマザクラの咲く頃まで釣れ続く。紋甲イカは1.5s以上に成長するが、コブイカは成魚でも500g前後だ。両イカ共、砂泥地の海底が生息域なのでポイントは広く、海原一帯がポイントと言っても過言ではない。
 海底を攻める甲イカ釣りには、多くはないがマダコやイイダコも混漁される。


トップページ