一本釣り名人漁師の仕掛け 
エバ鯛釣り
魚皮サビキ釣り 小真鯛・中真鯛・チダイ・大アジ狙い
豊後水道西部で資料収集

詳細な[エバ鯛釣り仕掛け]は、[エバ鯛釣り仕掛け]のページをご覧ください。

 豊後水道の漁師は魚皮で作成したサビキを{エバ}と称する。このエバで鯛を釣る釣技を「エバ鯛釣り」と言う。
「エバ鯛釣り」には2種類があり、繊細な「魚皮サビキ仕掛け」を使用して中小の真鯛やチダイを狙う「エバ鯛釣り」と「テンヤ鈎に魚皮や色ゴム」を付けて中真鯛や大真鯛を狙う「エバ鯛釣り(疑似エバてんや釣り)」であり、釣り方も夫々違う。

 概要
 [エバ鯛釣り]とは、採食するポイントに寄り集まって群となった中型や小型の真鯛とチダイなどを釣る方法として漁師が考えた「鯛専用のサビキ仕掛け」での釣技なのである。
入手が困難な「活きたエビや小魚」を確保しなくてもいいのが利点だが、一つの難点は、利巧な大型真鯛の漁獲が少ないことだ。

 漁礁や沈み瀬、湧昇流ポイントに餌を求めて集まった真鯛やチダイ群の中に小魚類やエビに似せた「魚皮で作成した疑似餌」を投入して鯛を食わせる漁法なので、真鯛やチダイの寄るポイントを把握してないと、この[エバ鯛釣り]は機能せず大きな釣果はない。
 魚皮で作製した疑似餌の仕掛けではあるが、真鯛やチダイが採餌する時間帯に遇うと、複数の鈎掛かりは常であり、想像以上に釣果が上がるものだ。又、ポイントを同じにする大アジやヤズなどの混漁も期待できる。

 湧昇流の発生するポイントは潮流の速い流域にあり、常に、ウルメイワシ・カタクチイワシなどの他、各魚種の幼稚魚群が居るものだ。このようなポイントには、潮流に乗って流れて来るアミやエビ類等の甲殻類も多く、真鯛やチダイは、これらのイワシ類や甲殻類を好んで食するので、多く寄り集まって群となる。真鯛やチダイ達は競い合って餌を追うらしく、海底から離れて上層に居る小魚群直下の中層に浮上していることが多い。

 魚群探知機に映る「浮上した真鯛群の映像」は、潮流を受けて湧昇流が発生する沈み瀬や漁礁、沈船等の上流側で確認されるのが常である。カラー魚探の画面には、低層から中層にかけて「ポツン、ポツン」と星空の如く「小さく青く」点在する映像となって映るが、濃密な群となった小サイズの真鯛やチダイは、「天の川の星空状態」の映像になっており、チダイ群の場合はアジ群に近い濃い反応もあり、白や黄色い点が少しばかり混じることもある程だ。尚、潮流が極端に速い時には、高低差の無い沈み瀬や漁礁付近では湧昇流が出現せず、鯛類の姿は消え失せることもある。


 仕掛け
ビシヤマ・ビシテグス
 縺れにくいパラゴン12号又は14号サイズの100m物ビシヤマを直径50cmの丸いプラスチック籠に取り込んで使用する。尚、水深が70mを超すようなポイントでは、ビシヤマより上に水深をカバーできる14号の元糸が必要となる。
ビシヤマには20m間隔に丈夫なサルカンを付けておくがいい。このサルカンは縒り取り効果だけでなく、浮上した「鯛の棚」を探る水深の目安にする。
ビシヤマの下には2oのゴムクッションを付けるが、クッションゴム下の上枝までの「上間」のハリスは3尋(4.5m)程度がいい。時には10m以上も手繰り揚げながら鯛を誘う釣り方だから「上間」のハリスが短い場合、浮上した真鯛がクッションゴムやビシヤマを警戒して喰いが極端に落ちるので要注意。
伸縮度合いの大きい10号ビシテグスを使用する漁師も居る。ビシテグスが細いと海水の抵抗が減るだけでなく、大物が掛かった際にはビシテグスの伸縮でハリス切れを防ぐことができる。しかし、絡み易いのが難点だ。


[エバ鯛釣り]のサビキ
 「エバ鯛釣り」に用いる鯛専用サビキは魚皮で仕上げる。主に加工したサバ皮を染色して使用するが、薄い鯰皮、ハモ皮、サメ腸、マトウダイ皮やハゲ皮なども使用に値する。尚、厚過ぎると疑似餌の動きが悪くて真鯛が追わないから、水ペーパーなどで薄く加工して使うがいい。

  乾燥加工して3年以上経過したサバ皮でないと使えない。 
 加工直後や極端に薄いのサバ皮は、海水に入れると鈎に絡み易くて使えない。
数年にわたって「洗浄と研磨、ガラス張り」を繰り返して乾燥させたサバ皮は、色艶と粘り強さを保った状態で仕上がり、数時間に及ぶ海中での使用にも色艶も落ちないまま変形せずに耐え、魚の食い付きは他の追随を許さない。

鯛釣り漁師は、長年手入れして乾燥させた、これらの魚皮を乾燥した日を選んで、鯛の好むオレンジ系や黄色系、小豆色に染色してガラス板に表側を張って乾燥させる。
 染色には、ぶどう酒、タマネギ皮、梅干やお茶、コーヒー、クチナシ等で草木染めするが、好みの色合いを出すには科学染料でも染色する場合もある。
長年にわたり、丹念に手入れしたサバ皮の腹部は、薄くて光沢も良く希少な貴重品なので、魚皮サビキの品質や仕上がりに敏感に反応する高級魚の大アジやイサキを釣る時の疑似餌に使うがいい。

 「エバ真鯛釣り」のサビキ材料のサバ皮は、厚いものを選び染色して使用するがいい。染色するから若干酸化して変色したものや背後の部分、後部の皮でも真鯛の釣果には大きな損色はないようだ。
尚、サバ皮以外のナマズ皮やハゲ皮、薄いサメ腸も使用に値する・・・これらの皮が極端に厚いと真鯛の目前で「くねり動作」をしないから釣果に影響する。これらの皮を薄くするには、水に浸してガラス板に表側を張り付け、半乾き時に水ペーパーで擦ると簡単に仕上がる。

 [エバ鯛釣り]に使用するサビキは、染色後に乾燥させて仕上がった魚皮を「茅の葉先状」に切って鈎に結び付け「鯛専用サビキ」を作製する。
 マアジ用のサビキより若干長くカットした魚皮で作成するのが一般的であり、全長6.5cm〜7cm〜8cmのサビキが鯛用の漁師仕掛けだ。尚、小型の真鯛やチダイ、アジ、イサキが多い時には5.5p〜6cm程度の小さいサビキを使用すると食い付きがいい。

 魚類は色盲だと言われているが、真鯛やチダイが、何故、小豆色やオレンジ系、黄色系のサビキを好み、いい釣果を生むのかは判らない。推測ではあるが、真鯛の生息域には餌にする多種多様のエビやカニ、アミ等の甲殻類が多く居り、同系色であるから食性の{摺り込み}による特別な識別感覚や疑似効果があるのかも知れない。
餌となる小魚群や甲殻類の種類は、時季によって変わり鯛類の食性も変化してくるものだ。当然、鯛が好むサビキの色合いや大きさが違ってくる。尚、釣り揚げた鯛が「吐き出した餌」の種類が判明すれば、この餌の大きさと色合いに併せるといい。

 自分で、真鯛の好む色合いを探る場合、釣行当初に何色かの「魚皮サビキ」を取り混ぜて使用し、どの、色合いや大きさに真鯛やチダイが「釣れてくるか」を判断し、真鯛の好む色合いや大きさに「エバ」を合せることで釣果が増す。尚、同じ時季に、周辺ポイントで好釣果を上げている漁師が使用しているサビキの「色合いや大きさ」を知ることができれば、同じような仕掛けを使えばいい訳であり、試し釣りする手間が省ける。尚、往年の同時季に同じポイントで好漁した「色合いの魚皮サビキ」を使用すると無難だ。この場合、往年の釣り日記の記述が威力を発する。
又、時季によってはカタクチイワシに類似した「青いラメシート」や薄いゴムシートで仕上げたサビキに食いが立つこともある程であり、常に研究を怠らないことが釣果につながる。
初夏、[水の子島周辺]などの豊後水道本流域では、濃い目の「茶色や山吹色」の魚皮サビキが良い釣果を出すことが多い。食する「何かの幼稚魚」に類似しているのであろう。
[エバ鯛釣り]のサビキは、サバ皮などで作成する
鈎が太いと鯛は追わないので極く小さな鈎を使用する・・・佳丸ジイジの鈎は、金龍製の別太アジ鈎3号。上の升は1cm角・・・
※ 乾燥加工して3年以上経過したサバ皮でないと鈎に絡んで使えない。


・・・後悔先に立たずじゃー・ちょいとしたことで人よりようけ釣れる。・・・ 漁師の格言

ハリス
 ハリス全体の長さは号数に関係なく、元テグスから最上部の枝鈎まで5m程度でいい。細いハリスで大鯛を釣るのであるから、ハリスには最も上質で強靭なテグスを選定して使用する。投入直前には、「引っ張り能力一杯に引き伸ばして巻きしわ」を取っておくこと。これは常識。
そのハリスの条件は
 丈夫なこと。
 柔軟性があること。
 透明度がいいこと。
 縺れにくいこと。
 真鯛などは縦糸(主テグス)には機敏に反応して異常な程に警戒するが、横糸(枝テグス)には鈍感なものである。この習性に対応すると同時に、縺れを軽減する意味でも、主ハリス、枝ハリス共に同じ号数とし、たとえ太くしても一号アップに留めたい。僅か1号太いハリスであるがその張力は40%も増す。

 我々遊魚者は、主テグスが細いと不安感で一杯となり、どうしても主テグスを、うんと太いものにしてしまう。"これがいけない。"漁師は「枝テグスが仕掛けの全て」と言う。このような感覚で慎重に仕掛け造りをするから、立派な釣り具に仕上がる。主テグスをいくら太くしても、ハリスが切れたのでは、大魚の捕りこみが出来ないことは我々素人でも気付く。
二匹同時に鈎掛かりした場合、ハリス張力の許容量を越せば切れてしまうので、ハリスの品質や号数の選定は非常に重要となる。ハリスが強ければ魚同士の曳き合いで疲労することになり、素直に取り込みができる利点ができる。
[エバ鯛釣り]の場合、魚探で鯛の群を探索しての釣りである関係上、大きな群を形成する{中小真鯛}や{チダイ}が釣れる確率が高い。

 「エバ真鯛釣り」のサビキを作成するハリスには、縺れにくくて上質なハリスを使用する。その号数は真鯛の大きさに比例させ、対応能力限界の細いハリスを使用するのが基本となる。[エバ鯛釣り]には、主ハリス、枝ハリス共に4号ハリスを使用する漁師が多い。しかし、真鯛が小さく、たまに中型の真鯛やチダイが混漁される程度であれば、主ハリス、枝ハリス共に3号ハリスで強度は十分だ。
上質な3号ハリスであれば、3s程度の{真鯛}でも、鈎掛かり当初二三回の曳き込みに注意し、その後の持ち込みに慎重に対応さえすれば切れることはない。尚、クッションゴムの2mmで1m以上物の取り付けは欠かせない。3号ハリスでは、同じポイントに居る大アジやイサキも警戒せずに食い付いてくる。
 釣行当初には4号ハリスで作製したサビキを使用し、真鯛のサイズが小さい場合や食いが悪い時、或は、チダイが多く居るようなポイントでは3号ハリスのサビキに取り替えるがいい。
※ 4号ハリスであれば絡みも少なく、5sを越す真鯛や3sのハマチが鈎掛かりしても、慎重に「やりとり」することで釣り上げることは可能。

 エバ仕掛けに、これ以上の大真鯛やブリが食い付くことは、滅多に無いから5号ハリスを使用する必要はない。尚、真鯛は賢い魚なので、太い5号ハリスや4号鈎で仕掛けを作製したのでは釣果が落ちるのは確実。
4号ハリスの場合、5s以上の真鯛や3sを越すハマチが同時に複数鈎掛かりすると、ハリス能力の許容量を越すから片方は飛ばされることになる。一匹でも捕れたならば幸運である。尚、1s物のヤズ(ブリの1年魚)であれば同時に数匹掛かっても対応できる。
釣れる真鯛が箸長以下の小鯛の場合や中チダイであれば、2.5号ハリスで作製した仕掛けを使用するのもいいが、絡み易くて長時間の使用に耐えないのが難点だ。
2.5号で500g物の真鯛が同時に3匹掛かっても可。又、同時に500g物アジ1と真鯛1.3s物1、2.5s物1でも獲れた。

 エソやムツ、カマスなどの歯魚が釣れた時には、鈎元や稼動範囲のハリスが鋭い歯で噛まれて傷んでいると思った方がいい。直ちに、緻密な点検をすることを怠らないこと。
歯魚の噛み傷は深く、少しでも異常が認められたならば、必ず、鈎の結び変えや、ひどい傷みの場合には仕掛け全体を交換することが鉄則。この動作を怠ると、次に大鯛などが鈎掛かりした際、ハリスは簡単に切れてしまう。地団駄を踏んでも遅い。
大魚が釣れ、長時間のやり取りがあった後には、ハリスが伸びきった状態になっているだけではない。大魚の魚体やエラなどでハリスが傷んでいたり、鈎が変形していることが以外に多い。この為、釣り上げ後の仕掛けの点検は忘れず実施し、少しでも異常があれば直ちに仕掛けを取り替えること。これは大事。


枝間と枝の長さ
 この「エバ鯛釣りサビキ」の枝間は1尋半矢引き(2.1m)、枝ハリスの長さは半矢曳き(70cm)程度、枝鈎の本数は7本から12本程度が漁師の仕掛けだ。枝数が12本の場合、最上部の枝鈎までは25mとなるが、これで、中層に浮上した真鯛を誘う・・・尚、枝間は上下の枝鈎同士の「からみ」が無ければ、一尋(1.5m)程度に間隔を近くしても差し支えない。この場合、枝ハリスを若干短くする。
※ 真鯛が中層に浮上している時には、枝間を3m程度にしたり、錘間のハリスを数mと長くする漁師も居る。

 錘は、最下部の枝鈎から2尋程下に付けるがいい。錘間の間隔が長く、この間に鈎を付けないのは、枝鈎の根掛かりやネンブツダイやべラ等の鈎掛かりを防ぐのが狙いだ。尚、真鯛が錘近くに食い付くことが少ない点も考慮しての長さ。
※ アジやイサキは下鈎にも喰い付く、これらの魚が混漁される場合は錘間は1mと短くするがいい。
この部分の錘間のハリスは、強さが必要ないから使用するハリスよりも1号細くしておく。これは、大魚に警戒心を与えない為と、万が一、錘の根掛かりや大魚に沈み瀬や漁礁に持ち込まれた際に錘がハリスより先に切れる「捨て錘」方式となり、鈎掛かりした大魚を確実に取り込むことができる。


錘(鉛
 この[エバ鯛釣り]は、細い仕掛けで、真鯛やハマチなどの大魚を狙うので、錘とビシテグスのバランスが非常に重要になる。
ビシテグスを使用しての[エバ鯛釣り]なので、40mから60mのポイントで使用する錘の号数は30号で十分ある。水深60mを越して80m程度までは35号を目安にするといい。尚、もっと深いポイントや上層にサバ子などが群れている時などは、重い錘を使用して急沈下させる必要が生ずる。
 錘が大きすぎると、枝鈎が主ハリスに巻き付くだけでなく、仕掛けがの張りが強くて不自然になって鯛の追いが悪くなり、釣果に大きな影響がでてくる。これらの諸条件をクリアするには、重いビシテグスを使用し、その分、錘を軽くすることが重要。
 [エバ鯛釣り]では、仕掛けを真下から手繰り揚げないと鯛は食ってこないから、船を風波に流されないように、スパンカーを使用するなどの操船技術が要求される。

 錘の形状であるが、六角鉛が船上で転がることがなくて使い易い。又、舵付き鉛も安定性があるので使用に値する。要は、沈下中に回転しない錘を使用することだ。
漁師は、安価で使い慣れた鉄玉の錘を使用する。球形なので沈下中に回転しない利点はあるが、我々遊魚者は使わない方が無難である。その理由であるが、鉄玉は比重が軽いだけでなく、形状が砲弾型である為に船上で転がり回り、釣り具の縺れを誘うことになる。又、使用後に放置しておくと直ぐに赤錆びが出る。
この赤錆びはテグスに触れると浸透して透明度が鈍るだけでなく、これを弱体化させてしまう。


鈎(ハリ)
・・・鈎一本が俺たち漁師の命気じゃー・・・ 漁師の格言
 漁師は、金龍別太3号、4号又は同サイズの土佐鈎を[エバ鯛釣り]に使っている。 ※3号は小アジを釣るような1cm程に小鈎。
このように、小鈎で口が頑丈な大真鯛を釣るのであるから「鈎の選定」が最も重要になる。焼き上げのいい鈎でなければ、次の三つの条件をクリアできない。
(一)  大鯛が真正面より噛んでも折れてはならない。
(二)  大鯛やぶりが針掛かりしても伸びてはならない。
 強度の足りない不完全な鈎を見分けるには、鈎をペンチで挟み、丈夫な木材に掛けて、思い切り力を入れて「ぐい、ぐいと」曳いてみる方法が最もいい。簡単に折れたり、伸びてしまう鈎が以外に多いのには驚く。これは、製造過程での素材不良や焼入れの温度管理失敗によるものであろう。
「折れず,伸びず,弾力があり、針先が鋭い」程、大魚釣りに理想的ないい鈎なのである。
漁師が使用する鈎は、その漁師が長年の経験で選定した「いい鈎」であることは間違いない。我々遊漁者は、この情報を得て、同じメーカーの同一の鈎を使うことが多いが、このような鈎であっても製造過程の要因なのであろう、以外と粗悪なものが多いので、事前に強度試験をして買い求めるがいい。
 完璧な仕上がりの鈎は滅多にないから、いい鈎に出逢ったならば一定量を確保しておくがいい。尚、釣行には必要以上の鈎の携行は避けること、容器に入れていても海水の塩分や水分で錆びてしまう。
(三)  鈎先が鋭いこと。(メッキかぶり,先折れ,先めくれがないもの)
 仕掛けを投入する際には、毎回必ず、鈎先を指で触り、小さな「めくれ」や「鈎先の折れ」がないかを確認し、一寸でも鋭さが鈍ったならば直ちに鈎を取り替えることを忘れない。鈎先が鋭くない鈎を使用しては、小魚が鈎掛かりしないだけでなく、大鯛が食っても鈎掛かりしない。
鯛釣りに使用する鈎先に、これ程神経を使うのには、それなりの理由がある。鯛の口の中は臼歯状態の歯が多く、鈎先は常に鋭敏でなければ「鈎掛かり」しないからであり、これを怠ると釣果に多大な影響がでてくる。尚、鯛の唇は、口中とは違って、鈎掛かりがいい上に丈夫なので掛かった鈎が外れることはない。
大鯛やブリが釣れる「イワシ鯛釣り」の場合、小鈎が真鯛の唇に「深く鈎の肩まで掛かる」から、小さいが故に「てこの原理」で伸びにくく、あの、大真鯛やブリが揚がってくる。
 鈎やハリスのサイズは、何時も同じ鈎やハリスを使用してはならない。釣れる鯛のサイズや小魚の状況は日々変わるものであり、釣行中の現場で、外道の食い方などの状況に合わせて迅速に対処することである。この為には、各サイズの予備仕掛けを持参しておく。これが釣果を左右する。

 電波探知機が普及した現代、小魚の探索が容易となり、大真鯛の漁獲にこれほど寄与する釣り方はないであろう。
 金色メッキの鯛鈎は総じて弱いから使用しないのが無難だ。

 使用する鈎は、小さく軽くて丈夫であることが絶対条件となるので、{イワシ鯛釣り}に使う鈎と同じ、金龍別太アジ鈎の3号又は4号がいい。尚、同タイプの金鈎を使用すると鯛の鈎掛かりも良く、釣り上げ途中での鈎外れが少なく使用に値する。
しかし、金鈎は使用した後に「ハリスの結び目付近」に極端な赤錆びが出るのが唯一の欠点であり、一度使用した金鈎サビキを後日再使用すると大きな真鯛が掛かった際、鈎が折れることがあるから避けたい。この他に、同サイズ位の土佐鈎等を使用する漁師も多い。
金龍別太アジ鈎の3号は、一見して極く小さな鈎ではあるが、鯛の唇に深く掛かるから「テコの原理」で伸びたり折れることはない。
真鯛やチダイは口の中が堅いので、口の中に鈎掛かりは無く、鈎掛かりは全て唇である。尚、鯛は慎重に餌を噛むから鈎を飲み込むことも皆無だ。


ゴムクッション
 細い3号や4号ハリスで作成した仕掛けに、2s物〜3s物の中真鯛が複数で鈎掛かりしたり、5s物の大真鯛やハマチ、大アジ、大サバが食い付くのは常であるから、ハリスとビシヤマの間には、2oゴムクッションの2m物の取り付けは欠かせない。
細い2oサイズのクッションゴムではあるが、6号ハリス迄対応できる能力を持つ。
クッションゴムはハリスの「引っ張り能力以上の対応能力」があればいいのであるが、かと言って、クッションゴムのサイズが太すぎると、その能力を発揮できない。
次に重要なことは、付いているサルカンの種類やサイズが、対象魚に対応できるか確認しておく.
この[エバ鯛釣り]は、大魚が掛かることを想定して仕掛けを作成する。大魚の曳きに対応する為には、ゴムの太さだけでなく、クッションゴムの長さで伸縮の強弱バランスを取る必要がある。

 [エバ鯛釣り]仕掛けに使用するクッションゴムのサイズであるが、大真鯛が居り、ハリスに4号を使う場合には、直径2mm長さ2m物を基準とする。尚、ハリスを警戒するイサキが多く、真鯛やチダイが1s物以下であれば細い3号ハリスでいい。この場合も2oのクッションゴム2m物を使用する。これでもハリスが飛ばされるようであれば、クッションゴムを3m、或いは4mと長くするがいい。
合わせ動作せずに鈎掛りする真鯛だから、クッションゴムが長くても釣果に影響はない。

 大真鯛やハマチなどの大魚は、中層で「向こう合わせ的」に鈎掛かりして、その直後には魚体の数倍を越す猛烈な曳き込みをみせる。この際、伸縮度の大きなクッションゴムの弾力が作用して、ハリス切れや、真鯛独特の頭振り的な曳きこみ時の鈎外れを、ある程度は防ぐことができる。
 クッションゴムを取り付ける位置は、ビシテグスと元テグスの間が一般的であるが、真鯛の食いが立った場合は、元テグスとハリスの間に付けても差し支えない。

 クッションゴムは、漁を始める前に目視で傷や異常がないかを必ず点検しておく。特に、ゴムが茶色や黄色に変色しているものは老化している証拠であり十分な強度がない。次に、能力一杯に引っ張った時に表面がざらついていたり、小さなひびがあるクッションゴムは、能力が半減しているから絶対に使用してはならない。
尚、長期間使用したクッションゴムは、サルカンとの接続部分に亀裂が生じ易いから、この部分の引っ張り検査は欠かせない。
※ クッションゴムは、購入時点で老化している物が以外と多いことを認識しておこう。
 クッションゴムは、新しい、古いにかかわらず、そのまま使用したのでは能力を発揮できない。仕掛けを海中に投入する前には、必ず、クッションゴムの引っ張り能力の限界まで数回の引き伸ばしをくり返し、ゴムの伸縮力を回復させておく。 "これは重要"


姿形・肥満度・色合いの三拍子が揃った天然真鯛と[エバ鯛釣り]で釣れた大きなマアジ


釣り方
ポイントの設定
 この[エバ鯛釣り]の基本は、真鯛の居付く「涌昇流のある」沈み瀬や漁礁の周辺にカタクチイワシやウルメイワシ等の小魚が居て、{真鯛}や{チダイ}群が来流していることだ。
 真鯛の生息域は広く、沿岸域の藻場から沖合い本流域の150mを越す深海にまで及ぶ。真鯛の居着くポイントとその遊泳層であるが、採餌する小魚類やエビ、アミなどの甲殻類の多い海底付近の他、湧昇流のみられる沈み瀬や漁礁付近の低層から中層にかけては常に魚影が濃い。

 真鯛は、カタクチイワシ、ウルメイワシ、イカナゴなどのイワシ類が来流すると、迅速に、これに附けて頻繁に中層まで浮上する。このように、立体的にも広いエリアを採餌場としており、白身魚でこのように特異な採餌行動をする魚は他には見当たらない。特に、豊後水道本流の無垢島、保戸島付近に於て、急流域に点在する沈み瀬や漁礁、沈船付近には大型真鯛の魚影が濃い。天敵が迫った時に身を隠せるだけでなく、速い潮流に乗って来る小魚やエビ等の甲殻類の他にイカ類も多く、容易に補足されるからであろう。
しかし、潮の流れが速すぎると「暖流や逆流のある沈み瀬の後ろ側」などに移動する。この為、潮流が吹き抜ける立ち上がりが無い漁礁や沈み瀬では、真鯛の姿は暖流となる「潮変し前」までは一時的に消え失せるものだ。このようなポイントは小潮時を狙うのも一手。
真鯛やハマチ、イサキ、アジの他、カタクチイワシなどの小魚は、常に、「涌昇流のある」沈み瀬や島礁の潮上側(上流側)に出て来流する餌を待つから、ポイントも常にこの位置となる。

 [エバ鯛釣り]をするには、先ず、最近の真鯛の漁獲情報を把握することから始める。海は広大であるから、帰港した一本釣り漁師の真鯛の漁獲状態、底引き網や刺し網漁船の水揚げ状況を確認する。真鯛の漁獲量が多ければ、近海海域に真鯛が濃いと判断していい。
次に、どの海域の、どのポイントで鯛が揚がったかを調べ、同時に鯛のサイズや附けている(食っている)餌が特定できたならば参考にする。この他に、往年の真鯛漁の記録や、鯛釣り漁師の教えを加味するのもいい。
その他に、小魚の大群が生ずる降雨状態の「せぎり」や、海面の「色変わし」それに、天敵魚に追われた「しぶき状態」の飛び跳ねも小魚群や大魚の来流を裏付ける。又、カモメ等の水鳥の動向にも留意する必要があり、特に、ウミネコとカモメ、アジサシが乱舞する時は要注意。これは、小魚の大群が大魚に襲われ、海面に追い上げられて盛りあがった状態になり、この魚に水鳥が集って乱舞する。漁師はこの常態を「鳥山」と呼び、この小魚に附けた魚種を特定して漁をする。
 カタクチイワシやウルメイワシ、イワシ、キビナゴ群などが来流すると、簡抜を入れず、真鯛やハマチ等の大魚がやって来る。しかし、大真鯛、中真鯛達はカタクチイワシの大中羽の大群が沿岸部に来流すると、これらを追って大海を移動するようになり、優良ポイントでも真鯛が居ないことになる。この現象は盛夏から初秋にかけて顕著なので{イワシ鯛釣り}で狙うと釣果があがる。尚、概500g以下の真鯛やチダイは大中羽のカタクチイワシ群を追わないのが特徴だ。


釣行
真鯛群の探索
 前記の情報を参考にして出港するが、潮流に合ったポイントを選ぶことが真鯛群やチダイとの出逢いを増すことになる。
電波魚群探知機を駆使して、沈み瀬や漁礁の潮上側100m程上流の真鯛が居附くポイント付近一帯で{真鯛}や{チダイ}群を探索することから始める。中層から低層にいる鯛の群を補足できるか否かが釣果を左右する。これには、過去に真鯛群を確認できた位置や、潮目や湧き上がりの状態を参考にして探索するがいい。

 湧昇流の発生するポイントで甲殻類や小魚群に附けた真鯛やハマチは、海底から離れて小魚群直下の中層に浮上していることが常である。魚群探知機で探索するが、海底より離れ、低層から中層にかけて「天の川の星空状態」や「ポツン、ポツン」と青く点在する星のような映像が確認されれば、真鯛群や{チダイ群}の確率が高い。尚、多く群れたチダイは、濃い帯状に見えることもあるが、濃密な{チダイ群}は、青の色が点在する中に赤や黄色が混在するのが特徴だ。尚、チダイは真鯛と共に浮上していることもある。
低層から中層にかけて居るウマズラハギやマルハゲ、メジナ群の映像も真鯛やチダイ群に類似しているが、メジナの群は浅い瀬際近くに群れて居り、群の規模は大きくないのが特徴だ。尚、クロダイやヘダイなども居ることがあるが、「魚皮サビキ釣り」では釣れない魚だ。
 ※ 真鯛の映像の特徴と釣れてくる魚種やその大きさなどを脳裏に入れておくがいい。

 魚群探知機の映像で、低層から中層に浮上して居る鯛群を補足次第、鯛の群の居る水深まで素早く仕掛けを投入して、ゆっくりと「聞く感じ」で仕掛けを手繰り揚げるがいい。この際、{真鯛群の最上部の真鯛}を「最上部のエバに食わせる」つもりで手繰るのがコツだ。{真鯛}は、手繰ったエバを追って許容水深(群の最上部)の位置で食い付く傾向にあるようだ。時には、船に近い位置で食い付き、鈎掛かりしたばかりの「ヒラヒラ」する鯛の腹光が目視されることも稀ではない。 
{真鯛}や{チダイ}は、仕掛けが少しでも傾斜した状態で手繰ったのでは仕掛けが持ち上がったり、手繰る早さがプラスされるから食って来ない。 潮流に合わせた操船で、必ず、船の真下から手繰り揚げないと大きな釣果は期待できない。
錘が大き過ぎても、沈下途中に枝ハリスが絡んだり、仕掛けが不自然な張りになるからいけない。その上、手繰る時に重いから腕に負担がかかる。概、25号〜30号が使い易い。

 真鯛のポイントは狭い。ポイントを外れたならば、仕掛けを手早く手繰り揚げて元の位置に船を戻すが、船は低速で進めて、真鯛の映像を確認し次第、群の外れの潮上側で仕掛けを入れる。この際、「魚皮サビキ部分」を船上に揚げずに海中を曳いて移動するのも一手。この場合、真鯛群の潮上側の外れで「曳いて来た仕掛け」を手放して沈下させるが、同時に船を右旋廻させて真鯛群の頭上に戻り「仕掛けを垂直」に立てて手繰りを開始する。尚、他船がある場合は、自船をバックさせてもいいが、操船は難しいぞ。
上層に鯛の群が確認された場合、最も上の疑似餌を群の最下部の水深まで沈下させてから手繰りを始めると効率が良く、タイムロスもない。
 仕掛けを手繰る際、「もたれた」ような鯛の食いが確認されても、その速さを変えずに手繰り揚げていると、再度、再再度の追い食いで鈎掛かりするものだ。その後も、同じように休まずに手繰ると、2匹目、3匹目が追い食いするものだ。尚、当りがなければ、再度海底近くまで仕掛けを入れて手繰り動作を繰り返す。 
60m水深のポイントでも30m付近で食い付くのは常だから、魚探の映像が船の下を通過するまで潮流に流して中層まで手繰ることだ。

 潮流や風波で船が移動して、鯛群の映像が消えたならば、このまま流しても鯛は釣れないので、手早く仕掛けをたぐり揚げ、再度、航跡記録を辿って元の位置に戻り仕掛けを入れる。この場合、、仕掛けは上鈎で持ったまま海面近くを曳いて移動すれば、手間もかからずに縺れることも無い。尚、流下しても真鯛の当たりが無く、映像が全く無い場合は、真鯛群が移動しているから、再度、真鯛の群を探索して仕掛けを下すことになる。

 高低差の大きく、湧昇流の発生するポイントでは、潮流が速い程その涌昇流が強く、真鯛やチダイの動きも良くて食いがいい。朝夕や曇天時には、他の大魚と同じように{真鯛}の食いもいい。尚、太陽が昇ってくると、若干食いは落ちるが、鯛類は他の大魚とは違って、日中でも、涌昇流のあるポイントで浮上した鯛の群を補足できたならば釣れ続くものである。
 潮流が弱くなり、浮上した鯛群の映像が無くなると、[エバ鯛釣り]は終了となる。ところが、太陽が西に傾く夕方になれば、再び、何処からともなくプランクトンの涌く瀬際に小魚群の大群が寄り、真鯛群がこれに附けて浮上し[エバ鯛釣り]が可能となる。



操船
 [エバ鯛釣り]は、船を風と潮流に流しながら、鯛の群の中に仕掛けを入れる釣り方であるから、一船一仕掛けが原則であるが、絡まなければ複数の人が仕掛けを投入しても差し支えない。

 真鯛のポイントは、漁礁や沈み瀬、沈船、島礁まわりなどの、常に潮上側(上流)であることを忘れない。
夢中で餌を求めている真鯛は、潮流の流れ来る群の前部に居る・・・又、大型の鯛も前方や鯛群の上部に居ることが多く、下方や下流に居る真鯛は、概、小型のようだ。
この為、鯛が確認された位置より上流で仕掛けを入れることが肝心・・・尚、再度の船戻しは、当たりのあった位置よりも上流に船を持ち込むことだ。
 ※ 立ち上がった瀬の後ろに逆から回り込む「さかま潮」の発生するポイントでは、湧昇流や渦状の潮流が発生する位置に鯛は居る。

 沈み瀬や漁礁等の潮上側より数十mの範囲で真鯛の群を探索し、鯛群を確認次第、群の若干潮上側に船を止めて仕掛けを投入し、手繰り動作を繰り返すが、食いがなく、船が潮流に乗って真鯛のポイント上を通過したならば、再度元の位置に戻って仕掛けを投入する。尚、真鯛の映像がなければ、魚探で群を探して仕掛けを投入することになる。

 白波が立つ程の風波があると非常に釣りづらい。このような時には「てんてん帆(スパンカー)」を立てる。この帆は、船首を風見鶏のように風上に向ける役目をするので、船を風波に負けないように推進器のクラッチを、入り切りして、潮流と同じ速度で同じ方向に流し、釣り具を常に船の真下の真鯛群の中を通過させる状態で釣りをすることができる。潮流と船が同じ速度で流下するから、船が静止した感覚で釣りをすることになる。
 船が潮流や風波に乗って移動するスピードは想像以上に速いことを常に忘れない。
荒く立ち上がった漁礁や沈み瀬の上流に仕掛けを投入する際には、その立ち上がりを計算して、頂上の水深以上には仕掛けを入れず、真鯛を食わせるのが理想的。
錘が底に着いたままだと海底が粗いポイントであれば海松などの障害物に根掛りする。


スラセについて
 すらせとは、擦らせるの意味であり、仕掛けをたぐり揚げる際、摩擦で仕掛けのヤマやビシテグス、ハリスが傷むことの無いようにした「仕掛けの当て具」である。釣り船の側辺の「こべり」に取り付けるが、[エバ鯛釣り]の釣行中には仕掛けの上げ下ろしに利用する。既製品の他に、ステンレスや塩ビパイプ、孟宗竹などを利用する。
大物の取り込み時には、仕掛けを「こべり」に当てたままで「やりとり」してはならない。腕の弾力を最大限利用しながら、ハリス能力一杯に締め、手の中で仕掛けを滑らして調整する。



獲り込み
 [エバ鯛釣り]の場合、3号前後の細いハリスで大魚を釣り揚げるので、必ず、手玉を使用してすくい取る。
手玉は、軽くて大きめで、水切りが良くて鈎が掛かりにくい材質がいい。網の深さは魚の長さだけあれば良く、網の目合いは対象魚が抜けなければ良く、手玉の柄は長くて握り易い太目がいい。

 大物が鈎掛かりした際、その曳き込み具合で魚種が特定できる。中層で鈎掛かりした大真鯛は、海底に向けて走る事が多く、海底まで到達すれば一瞬走りが遅くなる。手繰りはじめると、ブリやヒラマサなどの青魚のような旋廻動作が顕著でなく、(コク、コク)とした感じの「持ち込み動作」をするのが特徴である。尚、船際に揚がるまでには、途中の中層で数回のやり取りがあるが、やがては、腹を見せて容易に浮上してくるので、あわてずに手玉を出すがいい。
慎重に「やりとり」すれば、3号ハリスでも3sクラスの大鯛でも切れることはない。尚、4号ハリスであれば5sクラスの大鯛でも数分程度で捕り込みできる。

 「やり取り」するには、ビシテグスを広げた両手で持ち、左手でハリス能力一杯に締めて、右手は握った手の中で滑らせ乍ら、クッションゴムと右腕の弾力を最大限利用して、慎重に「やりとり」すると、大きな真鯛でも数回の引き込みの後には、疲れ弱って取り込みが可能となる。
こべりや船底にハリスを接触させないように注意しながら、魚が衰弱して腹を見せるまで待つ。大魚が船際まで揚がってからも注意が必要であり、急な曳き込み時に、船体の他、舵や推進器に接触させない操船技術が要求される。
 すくい捕る際には、魚の頭部を海面より出して空気を吸わせると動きが緩慢になるから、あわてずに引き寄せ、手玉を出して落とし込む感じですくい取る。この場合、海面より持上げた魚から眼を離してはならない。船の傾斜や波浪などで大魚の頭が没すると猛烈な勢いで引き込み走りする。この時に飛ばしてしまうことが多い。
 ※ 手玉は事前に手の届く位置に置いておくこと。

 この[エバ鯛釣り仕掛け]は、数本の枝鈎が付いているので、下鈎に掛かった大魚を取り込む時には、上鈎に注意してないと、急な曳き込みで手に鈎掛かりして怪我をする。上鈎は船には揚げないで船際に垂らしておくがいい。


釣り揚げ後の処置
 釣り上げた真鯛が、生け簀の中で腹を上にするのは、深海より急に釣り揚げられた為に、急な水圧低下で腹腔内の浮き袋が膨張してしまって沈下機能が働かなくなるからである。このままで放置しておくと真鯛は死んでしまい、商品価値の無いものになってしまう。漁師は、この状態を「フクがあがった」と表現する。
この状態を解決するには、この浮き袋を潰せばいい訳であるから、真鯛の腹を上にして、肛門の後方脇よりフクトリ(空気抜き)を頭向きに、2時又は10時向きに浅く刺して、この浮き袋を突き破り、少しばかり手を添えて空気を放出させる。この際、空気が抜けずに無理に圧迫したり、やたら刺して過度に空気抜きをして真鯛が沈下すると死んでしまう。尚、真鯛の肛門は急所なので絶対に傷付けてはならない。
肛門の後方位置から挿しても空気が抜けない場合は、膨張した浮き袋の位置が前方のこともあるから、真鯛の左右にある遊泳ヒレの付け根の薄くなっている部位より空気抜き針を浅く入れるがいい。
このように対処しても、フクの抜けない真鯛は、魚体を起す程度の重りを腹下に付けるか、背鰭に浮きを取り付けるのも一つの方法だ。尚、ポイントが沿岸に近い場合は、ブイを付けた生け簀に真鯛を入れて水深数mに吊るすと、元気を取り戻して泳ぐようになる。

 フクが揚がった真鯛は、潜水病に近い状態に陥っているから、固定釣りの場合、生け簀に入れて海中深く吊るすと回復が早くていい。
フクが揚がって死に至るのは、主に中真鯛や大真鯛であり、概、800g物以下の真鯛は数分で回復することが多く、上の写真のように浮上していても腹部に極端な張りがなければ、冬から初夏にかけては海水温度が低いので、帰港次第、生簀に移して数mに吊るせば大半が回復する。だが、海水温度が高い夏から秋にかけては酸欠に陥り易いから、真鯛の数量や活け間の海水の循環に留意が必要となる。

 フクを取るタイミングは、中真鯛の場合、空気袋が最も膨張した状態の獲り込み直後であるが、「やりとり」に時間をかけて獲り込む大真鯛は、釣り揚げ直後には疲労困憊して瀕死状態となっている個体が多い。このような大真鯛は、直ぐにフクを抜くと昇天することがある・・・活け間に入れてから若干疲労が回復した時点がいい。

フク取り用具は細いものを使うこと
 市販のフク取り用具は太い・・・真鯛の肛門周辺は急所でもあるから、太い用具でやたら刺すと真鯛は死んでしまう。要は、腹膜に溜まっている気体を抜けばいいのであるから、風船を割る要領で、細い針で肛門の後方から、2時又は10時向きに浅く腹膜を挿す・・・
フク取り用具の針は、中空となっていれば、挿した時点で気体抜けが確認できるが、中空針でなくても腹膜を挿し破れば、そのうち気体が放出されて正常に泳ぐ真鯛となる・・・
最近、「フク取りにいいから」と、釣り仲間から太い注射針を頂戴した・・・獣医さんが牛馬に使う注射針とのこと・・・これが又、凄く塩梅がいい・・・適宜に細くて鋭敏、中空となった穴からは気体が抜ける・・・

  水圧の変化に弱い魚種は、チダイ・アラ・ほご・イトヨリ・アマダイ・メバルなどがある。水氷を入れたクーラーの持参は欠かせない。水圧の変化に強い魚は、ブリ・ヒラマサ・アジ等の青魚の他にマゴチ・イサキ・ヒラメ、メジナなどである。


スレについて
 狭い生け簀に数日間入れておくと、シッポやヒレ、目玉などが、赤白く爛れて商品価値が著しく落ちることが多い。(漁師はこの状態を「すれる」と表現する。)これは、水圧障害や船上に釣上げられた魚が「もがき,暴れる」際の外傷や内出血の他に、船倉内で船壁や魚同士が擦れ合った傷に、細菌や夜光虫などの微生物が附いて起こる現象だと聞く。
この「すれ」を防止するには、鯛などを手玉ですくい揚げた際、甲板上に置かず、手玉を持ったままの状態で鈎を外して静かに船倉に入れるといい。

 もう一つの方法は、事前にスポンジマットを敷いておき、釣り上げた魚をこの上に乗せて針を外すがいい。魚は、不思議にも身動きしないから傷は付かない。魚は丁重に扱い、船倉に投げ込む等は禁じ手だ。
鯛類以上に「擦れ」のひどい魚は、イサキ・アジ・ブリ・サバ等。釣り揚げた真鯛を長期間生け簀に入れておく場合、太陽の直射光線に当ててはならない。
帰港次第生簀に移すが水面の解放生け簀紫の場合、ピンク色をした見事な天然真鯛も紫外線を受けて、数日のうちに浅黒くなってしまい、養殖鯛のような商品価値の無いものになる。これを防ぐには、魚を黒い胴丸や活かし網に入れて海中数mに深く吊るすといい。


名人漁師の仕掛け(津久見市K漁港K名人漁師)
縺れにくいパラゴン12号サイズの100m物ビシテグスを直径50cmの丸いプラスチック籠に取り込んで使用する。尚、ビシテグスには20m間隔に丈夫なサルカンを付けておく。このサルカンは、縒り取り効果だけでなく「鯛の棚」を探る水深の目安にする。ハリスは、主ハリス、枝ハリス共に4号を使用。ゴムクッションより上枝までのハリスは3尋(4.5m)程度とする。
枝間は、1尋半矢引き(210cm)、枝の長さは、半矢引き(70cm)とする。鈎数は7本程度とし、最下部の枝は錘から2尋の位置に付ける。錘元の錘間ハリス1尋は3号を使用する。この部分のハリスが細いのは、錘が根掛かりした時に錘だけを切らす為だ。尚、真鯛が錘近くに食い付かない場合や、ネンブツダイ、べラ等の鈎掛かりが多ければ鉛間を広くとるがいい。
鈎は金龍スズ別太鈎3号を使用する。小さな鈎ではあるが、鯛の唇に深く掛かるから「テコの原理」で伸びたり折れることはない。
サバ皮は茶色や黄色、ヤマブキ色、ダイダイ色にコーヒーや玉ネギ、クチナシや科学  染料で、真鯛の好む色合いや濃淡に染める。エバの長さは7cm程度が最も標準的なサイズだ。時季によって真鯛の好む色合いや大きさが変わるから、釣果が今一つの場合は、エバの色や大きさや長さを替えてみるがいい。
錘は、船上で転がり回りにくい6角鉛がいい。重さは、ビシヤマを使用するので軽めで良く、30号〜40号をポイントによって使い分ける。しかし、確認された真鯛群の中に仕掛けを到達させるためには、ある程度の速い沈下力は必要だ。
錘間2m、枝間13m、枝上ハリス4.5m、合計約20mとなり、魚探で確認した鯛類の棚に併せる目安となる。
枝上ハリスと元テグスの間には、2o2m物のクッションゴムを付けておく。真鯛の遊泳層は常に変わるものであり、その位置に「仕掛け」を合せないと、いい釣果は望めない。サルカンまでの全長を覚えておくと、その際の「手繰り揚げ」の目安となる。

 真鯛やチダイが遊泳している上流側に船を進めて[エバ鯛釣り仕掛け]を沈下させ、誘って鯛を食わせる感覚で、でゆっくりと「鯛の群れの中を下鈎が群を通過するまで」手繰り揚げていると真鯛が食いかかってくるものだ。
当りがあっても慌てずに「そのまま手繰って」いると、複数の鯛が鈎掛かりすることも多い。尚、当たりがない場合は「一瞬静止」すると、追って来た鯛が食い付くこともある。
 浮上した真鯛は上層で上部3本の鈎に食い付く場合が意外に多い。警戒せずに上鈎に食い付くのか?追い上げて上鈎に食い付くのか分らないが、兎に角{真鯛群}の上部を狙うことだ。
真鯛やチダイが低層に居たり、魚探で確認できない場合は、底着後10手から15手ばかりの手繰り動作を繰り返す。

 ※ 詳細な[エバ鯛釣り仕掛け]は、[エバ鯛釣り仕掛け]のページをご覧ください。





一本釣り漁師の釣技
エバ付きテンヤでの釣り
「色ゴム付き二本鈎ふらせテンヤ鈎」での真鯛釣り
中真鯛、大真鯛を狙い
※ 漁師の言う「エバ鯛釣り」には、前記の「魚皮でのサビキ釣り」と「二本鈎ふらせテンヤ」に魚皮を付けた二種類があるが、この項は「二本鈎ふらせテンヤ」での[エバ鯛釣り仕掛け]であります。
 前記の真鯛ポイントで、「二本鈎ふらせテンヤ」に色ゴムや魚皮を付けた仕掛けで「たぐり釣り」すると、餌を掛けなくても中真鯛や大真鯛やハマチ・スズキなどが食い付き、面白い真鯛漁ができる。漁師は「えば鯛手繰り釣り」と称してこの釣り方を多用する。
漁師によると、玉鉛に魚皮などを付けた状態は、ミミイカやイイダコの泳ぐ姿に酷似しているから、その擬似効果が良く、真鯛の追いが抜群だと言う。

使用する魚皮は、サバ皮、ハゲ皮、うつぼ皮、ハモ皮、まとう鯛皮、なまず皮などを使用するが、[てんや鈎]に付ける魚皮は、前項の[エバ鯛釣り]のサビキとは違って、厚い魚皮でも差し支えない。
うつぼ皮の場合、小型うつぼの下半身でなければ、皮が硬くて真鯛釣りのエバには使えない。しかし、水ペーパーで裏側を擦って薄く加工すれば十分に使えるようになる。
これらの魚皮は、真鯛の好むピンク系、又は橙色、黄色、茶系に染めるが、薄いゴム板を使用する場合も同色でいい。
染料とする材料は、たまねぎ、お茶、コーヒーの他に科学染料を使うこともある。又、ウイスキーやぶどう酒、各種の草木等で草木染めをする漁師も居る。

 ゴム板や染めた魚皮などは「茅の葉状態に先を細く」切って使用するが、サイズは、根元の最大幅を5mm中小から10mm程度とし、全長は100mmから120mmが一般的である。尚、真鯛の大きさや食いの常態によって80o程度の短いものや、150mmに達する長い魚皮を使用することもある。「茅の葉状態に先を細く切った」魚皮等の結び代は、結束し易いように両脇をカットして、各色取り混ぜて5本から8本程度を「二本鈎ふらせテンヤ」のネソ糸部分に「滑りや伸びの無い」クレモナ糸や綿糸などで、しっかりと結び付ける。尚、本数を多くする場合は、細く切った色ゴムを使用する。
結びが不安定な場合は、瞬間接着剤を少量使用するが、この際に点滴量が多いとネソ糸に浸透し、ネソ糸や魚皮が硬直してしまって使えなくなるので要注意。
色ゴムや魚皮を結び付ける基本は、鈎のネソ糸二本を一緒に(芯に)して、この芯のネソ糸にしっかりと結ぶのであるが、その動きを最大限に出す為に,玉鉛向き(逆向き)に揃えて、しっかりと結ぶことである。(この結び目は使用時には色ゴムや魚皮に隠れて裏側となる)
ここで重要なことは、内側には薄い魚皮などを当て、厚い板ゴムやうつぼ皮を外側に並び揃えて結ぶ。当然のことながら、色ゴムや魚皮を前記の順序に重ねて結び付けると、使用時には裏返って逆順序となる。(薄い魚皮が表面となる)
魚皮や板ゴムを付けた「二本鈎ふらせテンヤ」は、完全な疑似餌であるから、玉鉛はメッキ物や朱塗り物、目玉物も使用価値がある。
使用する鈎であるが、エバ鯛釣り用の「てんや鈎」は疑似餌なので、餌にエビを使用する鈎よりも、ワンランク下の鈎サイズを使用すると真鯛の食いがいい。これは「二本鈎ふらせテンヤ」にエバ付けして、真鯛釣りをする時のコツである。
この釣り方は、遊ばせた空鈎のままで「テンヤ釣り」するのであるが、不思議にもこの状態の玉鉛に大型真鯛やハマチ・スズキなどが食い付いてくる。しかし、食いが今一歩の場合は、空鈎にゴカイ又はイカやタコの足先を掛けると釣果が増す。
晩春から梅雨明けにかけては、海底の砂泥の中に居る各種のゴカイが産卵成虫となって、一斉に海底から抜け出して泳ぎ回る。これを狙って、真鯛の他、チダイ、アジ、イサキ、メバル等がこれに附ける時季である。
この時季には夫々の魚種に合った仕掛けで攻めるといい釣果を出す。この時季には、「エバ付き二本鈎ふらせテンヤ」にゴカイを掛けると中小真鯛やチダイの追いが良く、多くの鯛が釣れるものだ。尚、4月頃から梅雨明けにかけては、ケンサキイカやスルメイカの子が多くなる。「二本鈎ふらせテンヤ」にゴカイ掛けした状態が、イカや稚タコに似た状態となり、「疑似餌効果」も相乗的に出るから真鯛の食いが非常にいいことになる。
[てんや釣り]の弱点は、外道として、エソや太刀魚、サバフグが多く釣れることだ。特に{真鯛}が多く釣れる晩秋には、これらの歯魚が多く食い付き、貴重な[てんや鈎仕掛け]を傷付けたり咬み切ってしまう。これに対応するには、予備の[てんや鈎]は多く持参する以外に方法はない。


テンヤ釣りの縺れを防ぐには
 真鯛は通年、通日釣れるが、盛んな食いを見せるのは、1日のうちでも、朝夕と潮替わし前後の短時間であるから、この貴重な短時間を、釣り具の縺れなどのトラブルで浪費するほど馬鹿らしいことはない。漁師と遊魚者の釣果の格差は、この、釣り具のトラブルによる「タイムロス」と言っても過言ではない。
縺れなどの仕掛けのトラブルは、事前の仕掛けなどの点検や、釣行時の注意や改善でその多くを軽減することができる。
テンヤ釣りに使用するビシテグスは、10号前後と細くて想像以上に繊細である。真鯛の生息域である50mから100m前後の深いポイントでの釣りなので、船上に取り込んだビシテグスの容量は想像以上に多い。再投入する際、取り込んだループの中にビシが入り込んで絡むので非常に縺れやすい。
 この「縺れ防止」の為には、「テンヤ釣り」を始める前に、船の甲板を綺麗に清掃するだけではなく、不必要なものは可能な限り片付くけておくことが基本となる。

 船上に手繰り揚げた仕掛けを足で踏み付けたり、足に引っ掛けたりすることは禁物であり、釣り上げた魚や餌エビの残り屑などを、たぐり揚げた仕掛けの中に落とさない工夫が必要となる。尚、テグスやビシテグスの結び目は、鋏や爪切りを使用して、根元から綺麗に切っておく。さらに、ビシは丸く引っ掛かりの無いように、十分な手入れをしておくことも重要。
仕掛けを海中に投入する時は、甲板からビシテグスの部分だけを「垂直に持ち揚げながら」順次海に入れると捌きが良くて縺れにくい。この原理を利用し、竹竿や塩ビパイプを加工して、手捌きに支障の無い船縁上方、1mから2mの高さにセットして利用するといい。
尚、投入時にビシテグスが縺れ始めたならば、縺れをソフトにほぐし乍ら、結びやループの中にU字型に落ち込んだ個所を探し出し、それを順次引き出しながら海中に入れるのが基本である。しかし、早目に「縺れ全体を」比重の軽い海中に投入すると、立体的にソフトに解けるから簡単。この場合、投入途中の仕掛けが不自然に張るようであれば、仕掛けの途中が縺れている証であるから、そのまま釣り行動せずに直ちにたぐり揚げて対処すること。
釣行中の喫煙は止めたい。熱に弱いテグスなどに煙草が触れることもあり、高温の落灰があると仕掛けが弱体化する。
着衣にも注意が必要であり、前面や袖口にボタンの付いた衣類や、鈎掛かりし易い生地のものは避ける。履物はフックの付いたものは避け、その靴底は、釣り具を傷めない材質のものを選ぶ位の気配りが必要だ。それに、防水機能や防寒能力等、季節や天候に対する対応も考えておきたい。又、安全上滑らないことは勿論のこと、海中に転落した場合に簡単に脱げることも必要条件。
 この「エバ付きテンヤでの釣り」の釣り方やポイント等の不足項目は、別記資料の「テンヤ釣り」を参考にされたい。


エバ鯛釣りの基本となる資料
{イワシ鯛釣り}
 真鯛は、動物性の餌であれば何でも食うと言っても過言ではない。「エビで鯛を釣る」のたとえがあるように、エビやシャコ等の甲殻類を最も好むが、これに劣らず、カタクチイワシ・イカナゴ・ウルメイワシ等の小魚も好んで食する。
水深が深くて潮流が速い海域に点在する「沈み瀬や漁礁」付近に、これらの小魚群が近付くと真鯛やブリ等の大魚は必ずこれに附ける。
真鯛やハマチが、小魚のカタクチイワシやウルメイワシ群等に餌附いた時には、先ず、サビキに、これらの小魚を食わせ、さらに、その小魚に真鯛やハマチ等の大魚を食わせる釣り方が最も効率がいい。スズキやヒラメ・マトウダイ・イサキ・大アジ等も附けているから、このような高級魚も混獲される。
漁師は、この「食わせ釣り」の漁法を「いわし鯛」又は「食わせ鯛」と称して、小魚に附けた真鯛やブリ等の大魚を釣る際、最も多用する漁法である。

 当地方には、常時、カタクチイワシ・マイワシ・ウルメイワシ等の小魚群が居るが、プランクトンや天敵魚の増減や動向によって、小魚群の種類や規模だけでなく、居附く期間も違ってくる。一方、年中行事のごとく毎年、時季的に大量にやって来る小魚群がある。
このような小魚群が来れば、真鯛やハマチ等の大魚がこれに附けるので、その都度、「食わせ真鯛釣り」が可能となる。尚、中真鯛や大真鯛はイカ類も大好物であり、スルメイカ、ケンサキイカ、シリヤケイカ・コブイカ等の群が流来すると、これに附けて移動するので大人の真鯛の主食かも知れない。この場合は、専用の「胴付き仕掛け」に活きたイカを掛けて狙うがいい。


☆ 食サイクルについて
 豊後水道中央部の真鯛やハマチの行動は、餌となる小魚群の動きや甲殻類の大発生等の状況により、それに附けて移動するだけでなく、イルカや赤潮などの天敵に追われて、頻繁に居場所を替える。漁師仲間でこれを知らない人は居ない。
特にイルカの動向には目が離せない。これは、プランクトンや甲殻類が大発生すると、カタクチイワシやウルメなどの小魚の大群がこれに附ける。さらに、アジやイサキ・イカ等の群れがこれに寄り、小魚やイカ類が大好物のハマチや大真鯛などが寄ることになる。
イルカは、この近海では食物連鎖の頂上的存在であり、これら全ての魚を食するので数十頭から数百もの大群で餌となる魚類が霧散するまで長期間にわたり、豪快に遊泳する。

 漁師は、この食サイクルによる、一本釣り対象魚の動向を敏感に先取りして漁をする。無垢島、高島周辺にイルカの大群が長期にわたり回遊するような時には、四浦半島の内海の浅場には、この、イルカを警戒して逃避したイワシ群やアジ類だけでなく、ハマチ、大真鯛などが大挙して避難して来ることがある。
漁師はこの状態を「大魚食い」又は「イルカ食い」、「イルカ回し」と表現する。又、カモメやウミネコ、アジサシ等の水鳥が「弧を画いて乱舞する時も」ハマチや真鯛が多いと思った方がいい。小魚の大群が居て、この小魚群を餌とするハマチ等の大型魚が海面まで追い上げて盛んに食しているからである。
 この位置が沈み瀬や漁礁近くであれば、必ず、大中の真鯛がこの下層に群れている。しかし、魚類の養殖場や巻き網船団の蓄養筏付近で乱舞する水鳥は例外であり、このカモメ等は生け簀内の小魚や養殖魚用の撒き餌を狙っている。
 電波魚群探知機の無かった頃には、ベテラン漁師が、漁礁や沈み瀬を見回って「しなぎ」と呼ばれる小魚が吐き出す(小さな泡)の放列の多さや並び具合、太さなどを診て、魚種や魚体を特定し、その群の大小を見極めて巻網漁や一本釣り漁をしていた。その技術は、まさに神がかりであった。


カタクチイワシの動き
 この[エバ鯛釣り]の場合、カタクチイワシとウルメイワシ・キビナゴ等や甲殻類の群に附けた鯛群の動向が釣果を左右する。
特に、カタクチイワシやウルメイワシ群の動きを知ることが、この[エバ鯛釣り]の基本なので、当地方に於ける、これら、小魚群の一年を通した周期的な動きを、巻網漁の漁師や一本釣り漁師の経験を聞いて調査し、整理したものが下記の資料となった。
 カタクチイワシとは、いりこの原料となる小魚であり、当地方ではコイワシと称する。巻網漁師が、シロクチ・クロクチと呼ぶ二種類がある。クロクチは背中が黒いので成長するとセグロと呼ばれる。
巻網漁師よりの収集情報によると、カタクチイワシは年4回の産卵をすると言うが、どうも、同一個体が産卵するのではないらしい。又、当地方でのカタクチイワシの産卵目撃者も無い。
しかし、過去にはカタクチイワシやウルメイワシ・マイワシの稚魚である「しらす」が大量に来流して漁獲されていたから、近海でも産卵するものと思われる。
黒口カタクチイワシは、少しばかり頭でっかちの体型をしており、年全般の来流が多い。この黒口が成長すると、背中が黒いから「セグロ」と呼ばれる。
当地にシラスが多く来流する時季は、初夏の麦の熟れる頃と、秋の彼岸頃の、年に二回の大きなピークがあるようだ。
ウルメイワシのシラスは、集魚灯に附いても、常に、灯火下の海底近くに群がって浮上しない。しかし、低層に居る天敵のアジやサバ等に巻き狩りされたシラスの群は次第に上層に浮上する。この常態のまま、船を浅い場所にゆっくりと移動すれば、天敵のアジ等が低層に居るので距離がなく、海面に盛り上がり、網目の細い手玉ですくい獲ることができる。
当地方のカタクチイワシは、大きくても10数センチのメザシ程度であるが、プランクトンの多い大海のセグロは20p近くまで成長すると聞く。
初秋の白菜や大根が発芽時期にもシラスが多い。このシラスは白口カタクチイワシの稚魚であり、急速に成長してカエリと称されるようになり「青菜コイワシ」とも呼ばれる。
11月には中羽に成長して、最も上質なイリコの原料となるのもこの頃。尚、シラスやカエリなどは幼魚なので、サビキに食い付かず「食わせ真鯛釣り」はできない。
この場合、魚皮で枝数が数本のサビキを造り「エバ鯛釣り」をすると、想像以上のいい釣果が得られる。
アミやプランクトンが海の肥料的存在であれば、カタクチイワシ・ウルメイワシなどの小魚は海中のお米であり、これらの来流に会わせてアジや真鯛・ブリ・ハマチ・サバなどが、何処からともなく大挙してやってくる。

 カツオ漁船の船員の話によれば、カタクチイワシの致死温度は31℃であり、これより低水温であれば、カツオ漁船の船倉で3日間は生きる。マイワシの上限水温は26℃が限度。それ以下の低水温にしても2日しか持たない。ちなみに、黒潮本流の海水温は29℃であるから、えさ魚を活かす為に、カツオ船の生け簀は、16℃に設定していると聞く。


寒ゴイワシ
 黒口のカタクチイワシであり、酷寒の頃に瀬戸内海より、濃密な大群となって豊後水道を南下して日向灘に至る。その群の規模や来流時季は例年大きな「ずれ」はないようだ。
個体の大きさは、年により若干異なり、その体長は8〜9cm程度から大きくても12cmくらいであるが、産卵群であるか否かは判らない。
 先ず、正月前に別府湾の高崎山下の深場に表れ、⇒⇒⇒ 次第に大群となって東方に移動を始める⇒⇒⇒ 大在沖 ⇒⇒⇒ 関崎を通過 ⇒⇒⇒ 一尺屋前 ⇒⇒⇒ 津久見島前 ⇒⇒⇒ 楠屋鼻北西の田尾前まで来てから二方向に分かれる ⇒⇒⇒主流の大群は白石沖のアジ床(浅い場所)から ⇒⇒⇒ 直接保戸島沖に抜ける。
分岐した群は、⇒⇒⇒ 津久見湾に入り、黒島前 ⇒⇒⇒ 龍がはえ⇒⇒⇒ 日代湾 ⇒⇒⇒(しまち沖〜雲泊前に留まる)⇒⇒⇒ 四浦湾(主に東部)⇒⇒⇒ 保戸島の高甲に到り、主流の群れと合流する。
例年であれば、正月過ぎた頃に最初の寒ゴイワシ群が日代湾に姿を見せるが、主群の来流は、寒の入りから10日〜15日経過した時が「やま」となる。
濃密な大群となり、突如として来流する寒ゴイワシも、一潮(15日)程で主流の大群は日代湾から四浦湾を通り抜ける。通り抜け終了前には、個々の大きさが不揃いとなり、魚群の規模も徐々に小さくなってくる。
この寒ゴイワシの来流時季を察知して、無垢島周辺にイルカやハマチの大群が現れることがある。このイルカなどの大魚に追われ、恐れ慄いた主流の寒ゴイワシの大群が、日代湾や四浦湾に大挙として乗っ込むことになる。このような状況の寒ゴイワシは、海面が盛り上がる程の濃密な巨大群になるので、出漁した巻網船団は連日の大漁となる。
漁師はこの状態を「オオイオ附け・オオイオ回し」又は、「イルカ食い・イルカ回し」と表現する。しかし、昭和60年代に入り、その寒ゴイワシ群は乱獲でめっきり少なくなり、魚群の規模も小さくなった。
この、寒ゴイワシ群には、大真鯛・ブリ・ハマチ・ヒラメの他に、寒スルメと呼ばれる、大きなヤリイカ・松イカ(スルメイカ)の産卵群が附ける。
寒ゴイワシの来流は、丁度、寒い冬に見かける、猫の発情期と重なる。雄猫が相手のメス猫を求めて、寒い夜中に、"ニャオ〜ニャオ〜"と、うるさく鳴く時季であるから、雄猫が鳴き始めたならば、油断せずに寒ゴイワシを探索すること。


三月セグロ(旧暦の三月であるから、今流に言うと四月セグロとなる
 背中が黒く、成熟した大型の黒口カタクチイワシであり、漁師は「三月セグロ」と呼ぶ。
寒ゴイワシのように巨大な群にはならず、量も少ないが、個体の太さはメザシの原料に最適な程に大きく12から13センチはあり、寒ゴイワシの比ではない。
三月セグロの来流は、丁度、真鯛の産卵母鯛の乗っ込み最盛期と重なる。その移動コースも真鯛やイサキの乗っ込みコースと一致する。
このカタクチイワシ群が、漁礁や沈み瀬付近に近付くと、大中サイズの真鯛は勿論、多くのヒラメ・イサキ・ハマチなどが、このカタクチイワシ群に附ける。
この「三月せぐろ群」は、寒ゴイワシとは逆に、日向灘より瀬戸内海に向け、沿岸沿いを北上する。
先ず、佐伯湾に現れ、⇒⇒ 一潮(15日)程遅れて保戸島沖を通過し ⇒⇒⇒ 四浦湾 ⇒⇒⇒ 日代湾 ⇒⇒⇒ 長目前から楠屋鼻を回り⇒⇒⇒ 臼杵湾の津久見島沖 ⇒⇒⇒ 一尺屋前から佐賀関下付近で一時的に滞留し ⇒⇒⇒ 関崎を通過して瀬戸内海へ到る。
年によって来流時季に多少の「ずれ」はあるものの、早春の春めいて来る頃(三月上旬)には、徐々に四浦湾や日代湾にも姿を見せる。
寒い年は水温の上昇が遅くなり、この三月せぐろ群の流入が遅れることもあるが、遅くても山桜が咲く頃(三月中旬)には先群の来流が見られる。

 三月セグロは、例年、藤の花の咲く頃(4月中旬)には姿を消すが、遅くまで滞留する年もあり、みかんの花が咲く(5月中旬)迄、小群れで来流が続くことも珍しくはない。このように、三月せぐろの居着く期間は長い。しかし、三月せぐろの特徴は、同じ群が長居するのではなく、散在した小さな群が、次々と、当海域を通過して北上するのである。

 巻網漁師の話では、三月セグロは、発見した群が直ぐに移動し、再補足や投網に苦労する程に足が(移動が)速いと言う。漁師達は三月セグロを通称「ゴットリ八丁」と呼ぶ。 この意味は、船上で"コトッ"と小さな音を発しただけで、八丁走るとの意味なのであるが、実は、真鯛やハマチに追われ襲われながら瀬戸内海へ急いでいる群なので、異様に神経質になっているからだ。
海水温度が次第に上昇してくると、小型クラゲの一種で連タコのように長く連なる「つなぎどぶ」が大量に姿を見せるようになる。
この「つなぎどぶ」の来流現象が、三月セグロの通過終了の知らせとなる。同時に通り抜け終了の前兆現象として、大型であった 三月セグロの大きさが不揃いとなり、中サイズの個体が混じるようになる。

 この三月セグロの通り抜けに併せて、白石沖の通称、アジ床と呼ばれるポイントには、中アジの大群が来流する。これは、この海域の年中行事であり、年によってアジ群の増減はあるものの、そのパターンやアジのサイズが大きく狂うことはない。この時季が、丁度、藤の花が咲く頃なので「藤咲きアジ」と呼ばれるから覚えておこう。
尚、臼杵市の祇園まつり(七月)の頃には、同じポイントに、漁師が「祇園アジ」と呼ぶ前記のアジより一回り大型個体のマアジの大群がやってくる。
このアジが何の餌に附けているかは定かではない。


ぜんもん米(禅僧が托鉢する穀物が混合物であるとの意味)
 例年、五月に入り、みかんの花が臭う頃になると、通称シラスやカエリと呼ばれる、ウルメイワシやカタクチイワシ・マイワシの他、各種小魚の幼稚魚が来流する。その幼稚魚群は、日を追って多くなり、徐々に成長する。尚、これら小魚は各魚種の習性や成長率の違いにより、成長するに従い、独自の群を形成し、その群れの規模も段段と大きくなる。
幼魚なので鈎に掛からず、「食わせ真鯛釣り」はできない。[エバ鯛釣り]で攻めることになる。
巻網漁師は、これら小魚の混合した常態を、(ぜんもんごめ)と称するが、これは、禅門僧の托鉢した穀物が混合物の為に商品価値が無くて販売できないことに引っかけた「駄洒落」なのである。

 梅雨明け前後には、気象が不安定になり、豪雨などで海水温度や塩分濃度が急変することがある。このような状況時には、小魚群は一時的に姿を消すようなこともあるが、やがて、再度の姿を見せて沿岸海域を回遊しながら次第に成長する。これらの群は、何れ、秋には大海に出て行くことになる。
同時期には、サバの稚魚が来流し、これらのシラス等の幼稚魚を食い漁って急成長する。尚、このサバ子は上層で鈎掛かりするから、他の釣りの外道として嫌われる。

 秋の気配を感じる9月中旬から下旬になると、台風や大雨などの一寸した気象の変化があると、漁師が「ニガ潮」と呼ぶ、濃い黒潮(毒性の無いプランクトン)が大発生する。この黒潮はプランクトンであるから, カタクチイワシや丸アジなど、アジ類やイワシ類のご馳走となり、アジやイワシ類の大群がこれに附ける。
 この黒潮の発生時季が「非常に重要な夏魚と秋の魚の交代時期」に当る。それまで居た、中羽いわし群やウルメイワシ群が、数日のうちに中大羽のカタクチイワシ群にとって替わることになる。又、今まで居なかった丸アジが大挙して来流する。
このカタクチイワシ群や丸アジ群には、ヤズ(800gから1s物のブリの当歳魚)の大群(数千匹〜数万匹)や二年物のハマチ(2.5s物)群が附けて、彼方此方で「なぶら」を形成する。豊後水道海域全体では数百満匹をゆうに越す個体数となるであろう。海の活力は「とてつもなく」偉大だ。この他にチダイの産卵群がやって来る。真鯛もこのご馳走を見逃す訳はなく、カタクチイワシ群が中低層に居れば、大真鯛や中小真鯛が数多く附けている。

 漁礁や沈み瀬付近で、この、カタクチイワシやウルメイワシ群を補足できたならば、「イワシ真鯛釣り」で攻めれば、小中真鯛だけでなく、5sを越す大真鯛混じりの大漁も普通の釣果。このイワシ群には、ヒラマサ・カンパチ・ブリも附けている。この他に、サワラ・カマス・太刀魚などの鋭い歯を持った秋魚と、嫌われ者のサバブクの群が来る。
同時に、良型のマアジ、丸アジ、サバの群が無垢島周辺を回遊するようになる。この丸アジ群には、10sを越す大ブリや巨大なニベが附けているから、専用の仕掛けに、大型活きアジを鈎掛けして沈み瀬や漁礁付近を攻めるがいい。

 秋の彼岸過ぎの頃には、どんかんと呼ばれる白い大型クラゲ(ユウレイクラゲ系)が浮いて来流する。この頃になると、多くの中小型の真鯛が浅い藻場に寄るようになる。
温州みかんの色づく頃(10月上旬)になると、落ち鯛の本番となり、各ポイントには1s物〜3sクラスの中鯛が大群でやって来る。
これらの真鯛は瀬戸内海よりの落ち鯛であり、年間を通して最も真鯛の多いのもこの頃となる。ブリやハマチ、サワラ等、他の魚種の魚影も濃いが、タチウオやエソ、サバフク等のフグ類が多いので非常に釣りづらい。

晩秋
 晩秋には、ハマチ、中大真鯛、カンパチ、サワラなどの大魚の他に、エソや太刀魚等のギャングも多い。これらの天敵魚に追われたイワシや小アジの群れは逃げ場を失い、パニックに陥っていることが多い。この常態の小魚は、沿岸部の藻場や漁港内を逃げまどい、手玉ですくい捕れることさえある。
この時季にはイカ類も多い。モイカ、ケンサキイカ、シリヤケイカ、コブイカが来流する。このイカ類にはブリや大鯛、大ヒラメ等が必ず附けているから、イカの活き餌を手に入れ、無垢島から高島下などの本流域に散在する沈み瀬や漁礁付近を中心に、胴付き仕掛けで「イカ鯛釣り」をすると大漁請け合いである。
カタクチイワシやトウゴロウイワシは、海面を波しぶきのように飛び跳ねたり、時には大挙して波打ち際に揚陸することもある。このような小魚群を確認した時には、それに附けている小魚の魚種を特定し、その大魚を釣るのに最も適した漁法で攻めるがいい。
沖合いの瀬際や沈み瀬、漁礁付近に太刀魚が多い時は、カタクチイワシやマイワシ等の小魚が多い証拠であり、その食いこぼれの小魚を狙って多くの真鯛が附ける。


 太刀魚の餌食いは、噛み付き型の攻撃なので、小魚の捕獲が荒っぽく、その口の構造上、一度に食するのは非常に不得手とみえる。
鋭い歯で多くの小魚を咬み切ったり、傷つけてしまうこととなる。傷付いた小魚は、やがては群れから落伍して真鯛やフグなどの餌となってしまう。間接的には、太刀魚が真鯛やフグに餌を与えている訳であり、自然の食サイクルは実にうまくできている。


放流鯛について
左二点がが天然真鯛の鼻穴と尻尾、右の写真は放流真鯛の鼻穴。

 近年では、瀬戸内海各県が真鯛の稚魚を毎年多量に放流しており、その効果は絶大である。漁師によると「ふかせ釣り」で漁獲される小型真鯛の大半は放流稚魚が成長したものであるとのこと。
放流された真鯛でも、深海で育つので色艶は天然物と大差はないが、体型やヒレの状態が野性的でなく、鼻腔の形が違うので、我々遊漁者でも容易に判別できる。

 豊後水道の真鯛の成長は、他の海域のそれよりは極端に遅く、40cm(1s物)に達するには5年以上の年月を要すと言われ、玄界灘等の日本海側の真鯛や東海地方物に比べると、1年から2年は遅いと聞く。専門技師の話では、豊後水道物の真鯛は他地域の真鯛とDNAが微妙に違うのだそうだ。豊後水道で漁獲される真鯛が最上級の食味だと言うのもうなずける。

 大分県の沿岸に放流する真鯛の稚魚は、DNAの混濁を防ぐ為に、佐賀関で獲れた母鯛から生産されるとのこと。ちなみに、養殖用の稚魚は、成長率のいい近畿地方より移入した母鯛から生まれたものだそうだ。


詳細な[エバ鯛釣り仕掛け]は、[エバ鯛釣り仕掛け]のページをご覧ください。

トップページ