一本釣り名人漁師の仕掛け
ブリの釣り方 各種
豊後水道西部で資料収集
ブリは大きさによって「呼び名が変わる出世魚」と言われるが、その呼び名の境目は明確ではない。
モジャコ⇒シオ⇒ツバス⇒小ヤズ⇒ヤズ⇒シュントク⇒トク⇒ハマチ⇒ブリ⇒大ブリ
保戸島では モジャコ⇒シオ⇒ツバス⇒ヤズ⇒ハマチ(3〜4,5s)⇒トク(4,5〜5,5s)⇒ブリ(5,5s以上)⇒大ブリ(概8s以上)



「ビシテグス・弓角曳き釣り」サワラ兼用(豊後水道・津久見市F港MN仕掛け)
 元糸として50号ビシテグスを100m、ビシの太さは2〜3号物使用。
 ビシテグス下のハリスは20号テグスとし、丈夫なサルカンを介して繋ぐ。
 20号ハリスは10尋(15m)出して弓角1個を付ける。この際、サルカンを弓角の上2〜3尋のハリスの中間にもう一つ付けておく。
 擬似鈎はピンク系の4〜5号程度の弓角やテンテン使用。(サゴシカブラでもいい?)
 枝鈎を出す場合、主ハリスは26号を使用する。ビシテグス下の主ハリス3尋の位置に親子サルカンで枝鈎だけ1本出す。
 鈎元の枝ハリスは20号を使用し、長さは50cmでいい。
 枝ハリスに付ける疑似餌は、タコベイト3〜3.5号、ブリの好むタコの色や大きさは、時季や食する餌、海水の濁り具合等によって変わるものだ。
 赤系統を使用することが多いが、青にも食い付いた。
 タコベイトには、曳き釣り鈎や鯛一本釣り鈎の15号〜18号を付けておく。
 仕掛けは船から30尋(45m)は出さないと、いい釣果は期待できない。
 タコ使用時に佳丸が使用する鈎は、がまかつや金龍小鯛鈎の18号、6s物ブリでもごぼう抜き可。
 錘は付けず、4.5〜5.5ノットで曳く。浅く来るが食い付く。日によっては4ノット程度の遅い速度が食い付きがいいこともある。
 ※bり、ハマチの場合は「サワラ」狙いよりも遅い速度がいいようだ。
 船より竿を出して1本。手持ち1本の2本の仕掛けを曳く。
 手持ちのビシテグスには、ブリの強力な曳きを軽減させる為に、自転車チューブを利用したゴムクッション数本に繋いで握ると、手持ちのビシテグスの重さが軽減されて塩梅がいい。
 ゴムクッションの先には付け外しが容易なマグロピンを付けておくと重宝だ。
 小魚群の居る所にブリ・ハマチ・サワラが居る。{ビシ曳きトローリング}は、鳥山の下を曳くといい。
 釣れたブリは緩めずに、ごぼう抜きで船に引き込むことだ。尚、サワラやエソ・タチウオにハリスが噛まれるから、頻繁に点検して結び直すこと。
 ハマチ・ブリは、食む時には海面近くに浅く居るからビシテグスを手繰って浅く曳くがいい。
 朝夕2時間程が、最も餌を追う時間帯なのでブリ、ハマチの食いがいい。

「ビシテグス・イカ疑似餌での曳き釣り」(豊後水道・津久見市O港K名人漁師の仕掛け)
 春先3月〜4月頃マツイカ(スルメイカ)の子が多く来流するから、ブリ、ハマチはイカ類が大好物なので、これに附ける。
 この時期には、イカに似せた疑似餌を付けたビシ曳きでやると4sを主体に6s物の大ブリ、大ヒラソが多く釣れる。
 ※ ポイントは急流域の間の下〜高甲周辺までがいい。
 元糸には40号ビシテグス100m、ビシの太さは3〜5号物の長鉛を使用。
 ビシテグス下の主ハリスは26号。枝ハリスには20号以上が必要。
 枝鈎は、ビシテグス下の主ハリスに2尋(3m)間隔で20本出す。
 枝糸はサルカンは使用せずに主ハリスより直接出す。
 サルカンは枝ハリス数本おきに、枝と枝の中間の主ハリスに丈夫なものを付けておく。
 鈎元の枝ハリスは20号以上を使用し、長さは大矢引き(100cm)とする。
 イカの疑似餌は、10cm程度のもの。この時季のブリは赤茶系のベイトでやるといい釣果を出す。
 鈎は、ステン製綸環付き1本鈎20号位のものが錆びなくていいが、ブリの食い具合で適宜小さくするがいい。
 ビシテグスと26号ハリスの間には、太刀魚曳き釣り用の太いクッションゴム1〜2m物を付けておく。
 ビシテグスは船から30尋(45m)以上は出さないとブリが警戒して食い付かない。
 錘は全く付けず、ビシテグスだけの沈下力で曳く。
 仕掛けの収納には、直径50cm程度のプラ籠を使用して、鈎は周辺に引っ掛けるがいい。
 「ブリ」{ハマチ}が、サンマやサバ子、アジ、イワシなど小魚群に附けた場合はイカの疑似餌には食い付きにくいものだ。
 錘は付けず、4.5〜5.5ノットで曳く。浅く来るが食い付く。日によっては遅い速度の4ノット程度が食い付きがいい場合がある。
 ※「サワラ」曳きよりも若干遅い速度がいいようだ。
 船より竿を出して1本、手持ち1本、計2本の仕掛けを曳く。
 手持ちする1本ののビシテグス仕掛けは、船から出したゴムクッション数本繋ぎの先にマグロピンを付けてビシテグスに留めると、ビシテグスの重さが軽減されて塩梅がいい。
 鳥山の下を曳くといい。カモメの下に小魚群が居り、小魚群の居る所にブリ・ハマチ・サワラが居る。
 釣れた「ブリ」は緩めずに、ごぼう抜きで船に引き込むことだ。尚、サワラやエソ・タチウオが居る時にはハリスが噛まれるから、頻繁に点検して結び直すことが必要。


「ビシテグス・イカ掛け曳き釣り」(豊後水道・津久見市TJ港U漁師の仕掛け)
 ビシテグスは30号から50号テグス。10号鉛を15cmからビシ落しで作成する。
 「ビシ落とし」とは、ビシテグスを作製する際に、先端から順に「長穴ビシ鉛の長さ分だけビシの間合いを長く」する作製方法だから、手前のビシ間ほど間隔が開く。
 瀬際のブリを釣るには、根掛かりしない程度に海底付近を曳くこと。
 ブリを食わせるには、船より45mは伸ばす必用がある。
 餌には活きたイカを使用するが、小イカには1本鈎。胴長10cmを越すイカには親子鈎を使う。
 枝ハリスは14号であれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。12号ハリスであれば、4.5s物のブリは跳ね込み可能だ。


「ビシテグス・イカ掛け曳き釣り」(豊後水道・津久見市TK港NF漁師の仕掛け)
 30号〜50号テグスに5号以上の鉛ビシ打ったもの。ビシテグスは最低50mはほしい。
 浅いポイントでは3号鉛打ち50m、又は、2号鉛打ち70mでも可。
 12号ハリスでは6sクラスの大ブリは手加減しないと捕れない。14号では1匹であれば止めても切れない。
 鈎はガマカツ小鯛鈎の13号以上のものを対象魚に合わせて使い分けるが、鈎が大きいとブリが警戒して釣果が減退する。
 ビシテグス下にサルカンを付けてハリスを6尋(9m)出すが。その上方四尋(6m)に親子サルカンで枝鈎をもう1本を出すがいい。
 枝の長さは9尋(13m)程度。この状態でトローリングした場合、上下の餌の間隔は1m〜1.8mとなる。
 枝間を6m以下に詰めると、ブリの食いが悪くなるだけでなく、両食いすることがあるから要注意。
 船からビシテグスを25尋出しても食いが悪い場合は、30尋(45m)位伸ばすがいい。
 餌にはイカを使用するが、小イカには1本鈎、10cmを越すイカには親子鈎を使う。
 2匹掛った場合は、上のブリを捕り込む際、枝下のビシテグスに船から出したゴムフックを掛けておくと楽に捕り込める。
 秋の藻場付近での「モイカ餌曳き釣り」は、ポイントが浅場なので20号テグスにビシ0.5号鉛で仕上げた、ブリ手繰り釣り用ビシテグスでもいい・・・
 この場合、ハリスの長さは10尋(15m)程度ほしい。
 船はゆっくりと沈み瀬近くの浅場や養殖場のイカダ近くを曳くがいい。


「ビシテグス曳き釣り」(豊後水道・津久見市O漁港K名人漁師の仕掛け)
 30号〜50号テグスに5号以上の鉛ビシ打ったもの。50m以上はほしい。
 14号ハリスであれば「大ブリ」でも手加減すれば捕れるが、食いのいい時には20号ハリスを使用しておくと無難だ。
 ビシテグス尻より手前七尋(10.5m)の位置(ビシテグスの中)に1本の枝鈎を出すが、枝の長さは9尋(13.5m)とする。
 この七尋(10.5m)が下鈎との枝間となるが、そのビシテグスの最下部にはサルカンを付けて下鈎の14号ハリスを出す。その長さは5尋(7.5m)〜6尋(9m)程度。
 冬季には深く、春には浅く曳くのがコツ。
 疑似餌を使用する場合は、イカやタコベイトよりも弓角やテンテンの方が良く釣れる。
 タコベイトは3.5号、使用する鈎は二股のケンケン鈎よりも、1本鈎の15号程度の鈎先が鋭い鋼製トローリング鈎や大きな鯛鈎が丈夫でいい。
 弓角やテンテンは4号又は5号サイズを使用すれば良く釣れる。
 イカの餌を使用する場合は、外れたり不自然な動きのないように、頭部を糸で縛って速く曳く方が食いがいい。
 小物の取り込みは、船のスピードは落とさずに捕り込むこと。「ゴボウ抜き」できない大ブリは停船して手玉を使用すること。
 イカ餌の場合、親子鈎の中間を「ブリが噛む」時は曳くスピードが足りないからだ。ブリが鈎を避けているから。
 孫鈎のネソハリスが「張らず緩まず」になるように、長さを餌に合わせて鈎掛けすること。
 ブリのビシテグス曳きの場合、鈎を掛けたイカのケンサキ部分を細い真鍮線で縛ればイカが外れない。
 ※ 鉛やキャップを付けると食いが落ち、2分の1の釣果だ。
 ビシテグス曳きのビシテグスには、30尋(45m)に1800gのビシが最適。食む時以外には、深い程食い付きがいい。
 観音崎の場合は、3号ビシテグス50m、又は2号ビシテグス70mでもいい。
 ハリスは14号以上でないと大ブリは捕れない。食いの悪い時以外には20号を使用するがいい。
 但し20号では鈎の結び付けを「しっかり」としてないと鈎が抜ける。
 鈎は鋼製小鯛鈎15号二本仕掛けがいい。尚、イカが小さい場合は13号を使用する。


「素曳きでの水面曳きブリ釣り」(豊後水道・津久見市O漁港HL漁師の仕掛け)
 ブリやハマチの来流が確認された際には、テグスにイカやタコの疑似餌を付けただけの素曳きでやると、ブリやハマチが多く釣れる。
 ビシテグスでのトローリングよりもはるかに食いがいい。特に春先から5月にかけては、ハマチは小イカに附けているから食い付きがいい。
 5月に入って、トビウオやアジが来流するとブリ・ハマチはイカの疑似餌では食い難くなる。尚、迷いサンマが来流した場合も同様だ。
 船から伸ばす仕掛けが100m程度と長く、海面を曳くので他船の航行があると仕掛けを失う。又、流れ藻などの漂流物が多いポイントではやれない。
 主ハリスは26号。枝ハリスには20号以上が必要。
 枝鈎は、主ハリスに2尋(3m)間隔で15本程度出す。
 枝ハリス出しには、サルカンは使用しない。枝糸は主ハリスより直接出す。
 サルカンは枝数本おきに、枝と枝の中間に丈夫なものを付けておく。
 鈎元の枝ハリスは20号以上を使用し、長さは大矢引き(100cm)とする。
 イカの疑似餌は、10cm程度のもの。ブリの好む色合いは赤茶系がいい。時季によってはタコもいい。
 鈎は、ステン製綸環付き1本鈎20号位のものが錆びなくていい。
 ビシテグスと26号ハリスの間には、太刀魚曳き釣り用の太いクッションゴム1〜2m物を付けておく。
 錘は全く付けない。
 シャクリを入れながら曳くとブリの食いを誘う。
 仕掛けの収納には、直径50cm程度のプラ籠を使用して、鈎は周辺に引っ掛けるがいい。
 枝ハリスの間隔は4尋(6m)はないとブリは警戒して食い付かない。(K丸)


「素曳きでの水面曳きブリ釣り」(豊後水道・津久見市TK漁港漁師の仕掛け)
 5s物の場合は、主ハリスは26号、枝ハリスには20号が必要。
 4s物以下のハマチには、主ハリスは20号、枝ハリスには14号でいい。
 枝鈎は、主ハリスに4尋(6m)間隔で5本〜7本程度出す。
 枝ハリス出しには、サルカンは使用しない。枝糸は主ハリスより直接出す。
 サルカンは枝数本おきに、枝と枝の中間に丈夫なものを付けておく。
 鈎元の枝ハリスの長さは大矢引き(100cm)とする。
 イカの疑似餌は、10cm程度のもの。ブリの好む色合いは赤茶系がいい。時季によってはタコもいい。
 鈎は、ステン製綸環付き1本鈎20号位のものが錆びなくていい。
 ビシテグスと主ハリスの間には、太刀魚曳き釣り用の太いクッションゴム1〜2m物を付けておく。
 錘は全く付けない。
 シャクリを入れながら曳くと、疑似餌の「タコ」が開閉動きをするからブリの食いを誘う。


「弓角トローリング」竿4本釣り(豊後水道・津久見市TK漁港の漁師仕掛け)
 船の両側より長短各2本の竿を出すが、2本の竿は、竿元と中間の2箇所をしっかりと縛っておく。
 長い竿には「手釣り用ビシテグス」程度の軽いビシテグスで50尋(90m)出す。
 短い竿には重いビシテグスを使用して、30〜40尋(45m〜60m)出す。
 後方にはビシテグスで60尋(90m)出すが、竿は使用しないで、クッションゴムを付けて一本鈎りとする。
 枝鈎は付けず、テンテン又は弓角1本を付ける。
 イカを付ける場合は、姿勢が崩れぬように、しっかりと糸で縛っておく。
 アジ掛け又は「テンヤ鈎」を、チを長くして使用するのもいい。
 船は速く走る方が食いを誘うが、急な旋回はいけない。


「ヒコーキトローリング」竿2本釣り(豊後水道・津久見市F漁港MN漁師の仕掛け)
 船の両側より各1本の長い竿を出すが、2本の竿は、竿元をしっかりと舟に固定しておく。竿には取り綱受ける丈夫な糸を竿の1.5倍程出してヤマに結ぶ。
 竿が長くて十分な間隔が取れれば、船尾の中央部から三番目の仕掛けを流し出すのもいい。
 竿からは、ブリの曳きに耐える30号〜50号のヤマを使用して、30〜50m程出す。
 船は5ノット〜6ノット程度と速く走る方が食いを誘うが、スクリューの泡が消える位置が「ブリ」のポイントだ。
 ヒコーキの飛ばす飛沫の様子を見ながら舟足と位置を定めるがいい。
 急な旋回はいけない。ヒコーキの動きを止めるだけでなく、仕掛け同士の絡みを発生させる。
 ヒコーキの後には、枝鈎を出し、タコの疑似餌の3号〜3.5号を3〜5本付け、最後部にはテンテン又は弓角を付ける。
 テンテン又は弓角のサイズはハマチやブリの大きさで使い分けるが、大き目のものを使用すると動きが良く食いを誘う。
 ヒコーキの手前には30号以上のテグスを使用するが、ヒコーキの手前に枝鈎を1本出してもいい。
 枝鈎を付けない場合の元糸は、滑らずに手繰り易い太いスヤマでもいい。
 ヒコーキからのハリスは20号。枝数は2本から4本にタコ。後鈎には弓角又はテンテン。
 枝間は1尋矢引き(2m)親子サルカンで枝鈎を出すが、枝ハリスは16号、長さは60〜90cm。枝が縺れると食い付かないので、絡む場合は短くするがいい。
 最終ハリスは16号を2〜3尋(4m)にサルカンを付けて、後ハリス2m出し弓角又はテンテンを付ける。
 カタクチイワシ等の小さな餌に附けたハマチやブリはタコベイトには食い付きにくい。この為、イカナゴ3.0号及び3.5号を使用するがいい。


「竿立てブイ曳きトローリング」(豊後水道・津久見市F漁港MN漁師の仕掛け)
 {ヒコーキトローリング}で食わない時には、竿立てブイ曳きトローリングがいい。
 船の艫付近に、5m程度の丈夫な竹竿1本を垂直に立てる。
 竿は、竿元をしっかりと舟に固定しておき、竿先には仕掛けを受ける丈夫な取り糸を竿の1.5倍(7〜10m)程出しておく。
 仕掛け尻に付ける抵抗物には、ラグビーボール型の浮きブイにコンクリートを1/3程入れて重くして抵抗を増し、2s〜3sの錘に該当するように仕上げる。
 浮力が必要なので空間部分に浸水しないように穴は完全に防いでおく。下方に重心があるから、曳いても浮上したまま回転せず塩梅がいい。
 竿立ての主テグスは50号テグス100mは必要。船に立てた竿先より出した主テグス100mの先に、抵抗物として前記のブイを結ぶ。
 枝ハリスは14号がいい。14号ハリスであれば6s物が釣れても切れない。これ以上の大ブリが居る時には枝ハリスを適宜太くする。
 高い竿の先から後方のブイまで主テグスを張って、これから海面すれすれに垂らした10〜15本程の枝ハリスに、タコベイトやイカナゴ疑似餌を付ける。
 枝ハリスは丈夫な親子サルカンで出す。
 ブイ近くはハリスが短いから疑似餌の間隔を近くし、船に近くなる程海面からの垂直距離があるので枝ハリスも長くなる。
 枝間は、この枝ハリスの長さに比例させて間隔を空ける。
 基本的には、ブイに近い程ハリスの長さは短くなるが、ブイに近い3本の疑似餌だけは間隔を2尋(3m)とし、水中を来るように長さを調節する。
 これより前部船側の疑似餌は、小魚が海面を跳ねるように垂らすハリスの長さを調節する。この長さが釣果を左右する。
 ※ 海面すれすれにするのがコツ。
 鈎の位置は、イカナゴ疑似餌のスカートの中央部に1本鈎を仕込む。
 ハマチ、ヤズには、イカナゴ3号。ブリには3.5号タコベイトを使用する。
 疑似餌のタコやイカナゴの色は赤やピンクが中心。山下のBや2Aがいい。山下Aではブリ・ハマチ共に食いが悪い。
 鈎は、小さい程食いがいいが、ガマカツ小鯛鈎の14号程度がいい。
 12号以下の鈎は弱いので14号以上の鈎を付けること。
 二股鈎やイカリ鈎は疑似餌の動きが悪くてブリが警戒するだけでなく、掛かりも悪いので使用しない。
 疑似餌には弓角やテンテンを使用するのもいい。サイズはブリやハマチの追う大きさに合わせること。
 ※ 小魚やアミに付けた{ハマチ}や「ブリ」は、太い餌には食いにくい。これは常識。
 船は3ノット〜5ノットとゆっくりと走らせるが、旋回すると仕掛けが弛むから要注意。※ 仕掛けが弛むと全ての疑似餌が水中に没するからブリは喰い付かない。
 中央部(ブイの手前7.8本目)に最も良く食い付く。
 一匹食ったならば、疑似餌に動きがでるから次々に追い食いするので、あわてずにそのまま船を走らせて、多くのブリが鈎掛かりしてから捕り込みにかかる。
 群の中に突っ込んではならない。疑似餌がブリ、ハマチ群の先頭に出逢うように船を回し込むことだ。
 この際、急な旋回で曳き縄が弛むことのないように注意することだ。
 なぶら近くや潮目、瀬際を攻めるが、仕掛けの最後尾までが100mと長くて水上を走るから、他の船の航行があると釣りづらい。
 ※ この場合は全長を短くし、枝鈎数を減すといい。
 流れ藻などの浮遊物があるとやりづらい。又、養殖場付近ではブリが喰い付いても揚げずに、緩めずにロープの無い沖合いまで曳き出して釣り揚げることだ。


 
「竿立てブイ曳きトローリング」(豊後水道・津久見市T漁港S名人漁師の仕掛け)
 船から40尋(60m)鈎数は15本出すが、航行する船が多くて小回りするポイントでは30尋(45m)でもいい。
 主テグスは30号、枝ハリスは14号。疑似餌のタコベイトは中空から「海面すれすれ」にぶら下げる。
 鈎はタコベイトの中程に仕込む。鈎は丈夫な鯛一本釣り15号がいい。サルカンは大ブリに耐える丈夫なものを使用する。
 ブイの後方にも少数の疑似餌を出すのもいい。最後部に付ける疑似餌には弓角がいい。
 14号ハリスであれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。
 12号ハリスであれば、4.5s物のブリは跳ね込み可能だ。


「竿立て100m曳き釣り」(豊後水道・津久見市TH漁港・NF漁師の仕掛け)
 他の{トローリング}方法で食わない時には、この釣り方が最もいい釣果を出す。
 船の艫付近に、丈夫な5m程度の竿1本を垂直に立てる。
 竿は、竿元をしっかりと舟に固定しておく。取り綱は、竿先より丈夫な糸を竿の1.5倍程出して、主テグスの「仕掛けを出す長さの位置」に結んでおく。
 船から出す主テグスは50号テグス100m。
 「竿立て100mブイ曳き釣り」の枝ハリスは14号がいい。14号ハリスであれば6s物が釣れても切れない。
 5m程度の竿の先から100m出した主テグスの先に、ラグビーボール程のブイに2s〜3sの錘を入れて抵抗物とする。
 張った主テグスより、海面すれすれに10数本の枝ハリスを垂らして、タコベイトやイカナゴ疑似餌を付ける。疑似餌の中には1本鈎を仕込む。
 フロート近くは疑似餌の間隔を近くして、船に近くなる程間隔を空ける。
 基本的には、ブイに近い程ハリスの長さは短くなるが、ブイに近い3本の疑似餌だけは間隔を2尋(3m)とし、水中を来るように長さを調節する。
 これより前部に垂らした枝ハリスの疑似餌は、小魚が海面を跳ねるように垂らすハリスの長さを調節する。
 この長さが釣果を左右する。尚、垂らしたハリスの長さが枝間より長い場合には絡むからよろしくない。
 鈎は、タコベイトやイカナゴ疑似餌のスカートの中央部に隠す。
 ハマチ、ヤズには、イカナゴ3号。ブリにはタコベイト3.5号とする。
 疑似餌のタコやイカナゴの色は赤やピンクが中心。山下のBや2Aを使用するがいい。
 鈎は、小さい程食いがいいが、ガマカツ小鯛鈎の14号がいい。12号以下の鈎は弱いのでこれ以上の鈎を付ける。
 二股鈎は、疑似餌の動きが悪くてブリが警戒するだけでなく、掛かりも悪いので使用しない。
 弓角やテンテンを使用するのもいい。サイズはブリやハマチの追う大きさに合わせること。
 小魚やアミに付けた{ハマチ}や「ブリ」は、太い餌には食いにくい。これは常識。
 フロートの後方にも少数の疑似餌を出してもいい。
 船はゆっくりと走らせる。
 ブイ付近の後方に一匹食ったならば、疑似餌に動きがでるから次々に追い食いするので、あわてずに、多くのブリが鈎掛かりしてから捕り込みにかかる。
 群の中に突っ込んではならない。疑似餌がハマチ群に出逢うように船を回し込むことだ。この際、曳き縄が弛むことのないように注意することだ。
 曳き釣り用下駄でやると食いがいいので、バクダンでもいいのではないか。
 なぶら近くや潮目、瀬際を攻めるが、仕掛けが長くて水上を走るから、他の船の航行があると釣りづらい。



「潜水板トローリング」 (豊後水道・KL漁港H名人漁師の仕掛け)
 元糸には100mビシテグス使用。船から50m出し、潜水板8号又は10号を付けて{潜水板トローリング}する。
 3〜5ノットで曳くとビシテグスの沈下力と潜水板の潜水力で仕掛けは15mから20m近くは潜水する。
 ビシテグス下の主ハリスは22号で良く、枝ハリスは18号で数本出す。
 潜水板より上にも疑似餌を付けてもいいが、仕掛けを流し込む際に、潜水板が急潜行するから、枝鈎の釣り人への鈎掛かりには注意が必要だ。
 鈎はステン製のイカリ鈎を使用。
 疑似餌は、イカ型のゴム疑似餌を使用。
 釣り上げた夏のブリは、横になると死ぬものだ。その場合、ブリの腹を肛門向きに数回そっと撫でてやるとブクを出して正常に泳ぐようになって死ぬことはない。


「ビシテグス潜水板トローリング」 (豊後水道・TH漁港の名人漁師の仕掛け)
 ブリハマチは表層でも釣れるが、中層から低層を曳く方が、ブリ群との出会い頻度が大きいから多く釣れる。年間を通して通用する釣り方だ。
 元糸には100mビシテグス使用。船から50m出し、潜水板8号又は10号を付けて{潜水板トローリング}する。
 3〜5ノットで曳くとビシテグスの沈下力と潜水板の潜水力で仕掛けは15mから20m近くは潜水する。
 潜水板を付けずに、ビシテグス下に12sの錘を付けて曳いてもいいが、引き揚げが大変。
 ビシテグス下の主ハリスは22号〜30号で良く、枝ハリスは18号で数本出す。
 潜水板より上にも疑似餌を付けてもいいが、仕掛けを流し込む際に、潜水板が急潜行するから、枝鈎の釣り人への鈎掛かりには注意が必要だ。
 鈎はステン製のイカリ鈎を使用。
 疑似餌は、イカ型のゴム疑似餌を使用。


「ハマチ・ブリ」の「ルアー釣り」(豊後水道・T漁港NF漁師の仕掛け)
 Pラインはテグスの3倍の張力がある。例 4号×3倍=12号。
 ルアーは60g〜120g物のピンク系統のメタルジグがいい。
 荒い沈み瀬で着低させると根掛かりするから、瀬際で投入して舟を走らせて糸を長く出し、電動で巻くがいい。
 底から三分の一より海面までの上層で釣れることが多い。
 鈎は、イカリ鈎やケンケン鈎は根掛し易く、ハリスとの絡みがでる上、ルアーの動きを阻害するから使用しない。
 鈎は丈夫な鋼製1本鈎を、頭より2本出す。
 ハリスを4尋にすると明らかに食いがいい。(M氏)12号を中心でいい。
 ヤズやハマチには、頭から小さな鈎を2本、長さを変えて出すがいい。(M氏)
 ブリ、ハマチには、着底次第、竿をシャクッテから、緩まないようにルアーが沈下しないうちに2回巻いて張る。この動作を10回程繰り返して再度沈下させる。
 カンパチを狙うには、竿をシャクッテから、若干緩ませてルアーを沈下傾向で1回巻くがいい(M氏)
 ハリスの結び付近はサワラやタチウオ、エソなどの歯魚に対応する為に二重にしておく。
 魚が掛かった時には2〜3回強く「追加合わせ」動作をすると魚が外れにくい。
 曇天時の晴れ間に食いがいい。


「ハマチ・ブリ」の「ルアー釣り」 (豊後水道・H漁港M氏の仕掛け)
 Pラインはテグスの3倍の張力がある。例 4号×3倍=12号。
 ハリスを4尋にすると明らかに食いがいい。
 低層狙いでは、ルアーは60g〜120g物のピンク系統のメタルジグがいい。海面で喰む時のルアーは30号を使ってナブラの向こうに投げてから巻くと直ぐに食い付く。
 中アジなど大きい餌を追う大魚には大きめのジグを使用し、カタクチイワシなどの小魚に附けている時は小さなルアーが好釣果を呼ぶ。
 荒い沈み瀬で着低させると根掛かりするから、瀬際で投入して舟を走らせて糸を長く出して電動で巻くがいい。
 ブリなどの棚を斜めに通過するので釣れる時間帯が多いことになる。底から三分の一より海面までの上層で釣れることが多い。
 イカリ鈎やケンケン鈎は根掛し易く、ハリスとの絡みがでる上、ルアーの動きを阻害するから使用しない。
 鈎は、小さい程魚が警戒しないが、ルアーの幅や厚さと鈎の太さが合うと鈎がルアーに掛かってしまう。この見極めが必要だ。
 鈎は丈夫な鋼製1本鈎がいい。鯛一本釣り鈎の12号〜15号を中心。
 ヤズやハマチには、小さな鈎をルアーの頭より2cmと4cmに長さを変えて2本出すがいい。
 ブリ・ハマチには、着底次第、竿をシャクッテから、緩まないようにルアーが沈下しないうちに2回巻いて張る。この動作を10回程繰り返して再度沈下させる。
 カンパチ狙いでは、竿をシャクッテから、若干緩ませてルアーを沈下傾向で1回巻くがいい(M氏)
 ハリスとPラインを結ぶには、17回交互に撚り上げてからホズミを17回すると、リールに巻けるだけでなく結び目で切れることはない。
 静かに食む時の ヤズハマチは釣れない。
 いつもは、海面で派手な食みを見せるヤズやハマチであるが、時には濃密群が海面でボラの群の如くザワザワとした静かな食みを見せることがある。
 これは、アミやシラスなど動きの少ない御馳走を食べているからに他ならない。秋季などに散見される現象だ。
 ルアーなどの疑似餌や小魚餌も追わず釣果は期待できない。※サバ群にも同じ傾向が見られる。
 海面を白く泡立てる ヤズハマチ群には ルアーを投げ込め。
 ヤズハマチの濃密群が海面を泡立てて食む時には、静かに船を寄せてルアーを振り込むがいい。
 シラスが「やや成長した」カエリを夢中で追っているから疑似餌にも反応する。
 ヤズには8号ハリスに2〜2.5号のタコ数本を付けて群目がけて投げる。尚、ヤズ・ハマチの大きさで、ハリスやタコの大きさを適宜変えること



ヤズ釣り・・・大アジ・タチウオ・サワラ混漁時(豊後水道・津久見市FK漁港Y漁師の仕掛け)
 夏から秋にかけて津久見湾や四浦湾沖合いには、中小羽カタクチイワシに大アジや真鯛・サワラ・ヤズ・タチウオ・エソが附けて多く釣れる。
 歯魚のタチウオ・サワラ・フグが仕掛けを切るから、その対応が必要となる。このような時の仕掛け。
 元糸はビシテグス12号の100m程度で良く、クッションゴム2.5mm又は3.0mm、200cm物を付けてハリスを結ぶ。
 特大アジ・真鯛・ハマチ・タチウオ・サワラなどの大物が居るから、ハリスは主ハリス8号、枝ハリス7号とする。
 上枝まで2尋程度で良く、枝間は1.5m、枝長は75cm。枝数はイワシ群の立ち上がり具合に合わせて10〜12本とする。
 鈎は既製品のカマス用疑似鈎「茶金色ヒゲ金鈎12 号」。※ヒゲの長さは5cm。
 ハリスの鈎元には、細い4cmのビニール管を通しておき、移動しないようにコブで止めておく。
 沈下が速い方が上層に居る外道が食わず、中低層の魚群に附けている大アジや真鯛に当たる確率が高いから、錘は重くして50号程度がいい。


「カンパチのルアー釣り」 (豊後水道沖合い水深70〜100mでの仕掛け)
 70〜90mの沈み瀬の]ポイント ルアーは魚型200gから450gを使用するが、動きを出すのと根掛かりを防止する為にイカリ鈎を外して使用する。代用の鈎は、ルアーの頭に長短2本の1本鈎を付けて振らせておく。
 ルアーの色合いは、天気がいい場合や浅場、潮が澄んだ時には目立たない色合いでやる。
 曇天時や深場、潮が濁った時には光沢の強いルアーを選ぶ。
 ルアー近くのハリスはWにしておくこと。
 ポイントに船を止めて、ルアーを真下に沈下させ、着底次第、大きくシャクリ乍らリールを巻くが、1回シャクって1回巻き、1回シャクって2回巻くなど、変化を付け乍ら早く巻くことだ。
 根が荒く潮流が速いポイントなので海底を引き摺ると即根掛りする。


「三角テンテン仕掛け」(豊後水道沖・水深70〜120mでの漁師仕掛け)
 ゆっくり手繰ると前後左右に動くからブリの喰いを誘う。重いからホーラーを使うがいい。
 元糸はスーパートトヤマ50号程度。
 元テグス30号。枝ハリスは14号使用し、枝間は1m、枝の長さ30cm。
 パールテンテン後には、二本の鈎を出すが、14号ハリス90cmと150cm物だ。
 疑似餌は、タコ3.5cm物、毛鉤、弓角、テンテン等を使用する。
 大ブリの場合は適宜ハリスを太くする。


「パールテンテン仕掛け」(豊後水道・M・N漁師の仕掛け
 元糸はスーパートトヤマ50号程度。
 元テグス30号。枝ハリスは14号使用し、枝間は1m、枝の長さ30cm。
 パールテンテン後には、二本の鈎を出すが、14号ハリス90cmと150cm物だ。
 疑似餌は、タコ3.5cm物、毛鉤、弓角、テンテン等を使用する。
 大魚の場合はハリスを太くする。


「ヒコーキ曳き釣り」 (豊後水道・H漁港の漁師の仕掛け)
 大きいヒコーキ使用時。主ハリス20号。枝ハリス14号。枝間3尋(4.5m)枝長さは60cm〜90cm、枝数3〜5本。
 後尾3尋ハリスの後にサルカンを付けて2尋には弓角。親子サルカンで枝出しする。
 小さいヒコーキ使用時。
 主ハリス20号。枝ハリス12号。枝間2尋(3m)枝数3〜5本。後尾3尋ハリスの後にサルカンを付けて2尋には弓角。親子サルカンで枝出しする。
 春先にはブリの追いがいい。※ 流れ藻が多い時にはやりづらい。


「活きイカ掛け胴付き釣り」 (豊後水道・津久見市O漁港H名人漁師の仕掛け)
 ビシテグスは12号〜14号を使用する。ビシテグスとハリスの間には、ゴムクッション2.5o又は3oの2m物を必ず付ける。
 主ハリスは釣れるブリの大きさに合わせて8号〜10号、枝ハリスは6号〜8号とし、上枝まで4尋(6m)枝数は5本〜8本とする。
 ブリは群れており、次々と追い食いするから要注意。
 枝ハリスは親子サルカンの5×6号以上を付けて、これより出す。
 最下部の枝鈎を海底近くにするとヒラメが食い付くが、荒い海底では根掛かりが多い。
 枝間は1尋矢引き(2.1m)枝の長さは片手(60〜75cm)でいい。
 鉛間は1mとし、錘ハリスは捨て錘的に細くして、5号ハリスを使用。
 錘は40号中心にするが、水深とイカの大きさ、鈎数で適宜変える。
 餌には活きたイカ類が最もいい。イカ餌には大きな真鯛やヒラメも食ってくる。
 小イカは一本鈎、中サイズ以上のイカには、前後各1本を鈎掛けする二本鈎仕掛けとする。
 イカの活餌が入手できない場合はアジの活餌でもいい。但し、アジ餌には真鯛が食い付くことは稀だが、ニベやホゴ、ヒラメは食い付く。
    ブリはアジ類も大好物・・ハマチが餌に寄った際に、アジ餌が逃げる動きをしないとブリは追わないから、アジ類では丸アジの活餌が最良。
   鈎掛けするアジは肥えていて大き目のアジを鈎付けするとブリの追いがいい。尚、アジ餌が小さい場合、ハリスと枝間を適宜長くするがいい。
 アジ餌の場合でも合わせ動作はせず、全て向こう合わせとする。
 活きのいいアジを選んで鼻掛け又は上口掛けするが、アジを鈎付けする時に、絶対にグゥーと言う程に強く握らないこと。
 8号ハリスであれば、カンパチやブリの6s物や8sクラスの大真鯛が食っても「やりとり」すると大丈夫だ。
 食いが確認され次第、瀬や漁礁から沖に向って曳き出すことだ。
 瀬から離れた後も、微速で右旋回しながら「やりとり」すると楽に船際まで揚がって来るが、捕り込み時には、クラッチを抜いて船を止めてからすくい捕る。
 ※ {イワシ鯛釣り方式}で小アジを食わせて3sクラスのハマチを釣る場合、主、枝共に6号ハリスで対応できる。尚、1.5s物のハマチは、5号でもハリスを握って、そっと持ち上げると手玉の必用はない。


 
「胴付き釣り」 (豊後水道・津久見市T港NF名人の仕掛け)
 元糸のビシテグスは14号を使用する。元テグスは8号を10m。
 主ハリスは6号とし、枝ハリスは5号として枝数は3本とする。
 枝は親子サルカンを付けて出すが、枝間は各6m。
 上枝の長さは3m。中枝は3m。下枝は4.5m。
 鉛間は1mとし、錘ハリスは捨て錘的に細くして、3号ハリスを使用。
 錘は40号中心。
 1.5s物のハマチであれば、5号ハリスでそっと持ち上げると手玉の必用はない。
 餌には活きたイカ類が最もいい。イカ餌には大きな真鯛やヒラメも食ってくる。
 小イカは一本鈎、中イカは二本鈎とし、向こう合わせとする。
 アジ類では丸アジの活餌が最良。ハマチが餌に寄った際に、餌が逃げる動きをしないと食い掛からない。
 アジ餌は上顎又は鼻に掛けるが、アジを鈎付けする時に、絶対にグゥーと言う程に強く握らないこと。


ヤズ・ハマチ「胴付き釣り」「小アジの活餌掛け」(豊後水道・津久見市保戸島の漁師仕掛け)
 元糸のビシテグスは14号を使用する。
 主ハリスは14号とし、枝ハリスは8号を使用する。
 枝間は各3m。枝数は7本とする。
 枝は親子サルカンを付けて出す?サルカンを付けない方がヤズの喰いはいい。
 枝の長さは上下が絡まない程度。xm
 鉛間は1mとし、錘ハリスは捨て錘的に細くして、5号ハリスを使用。
 錘は50号中心だが、沈下すれば軽い方が喰いがいい。
 1.5s物のハマチであれば、5号ハリスでそっと持ち上げると手玉の必用はない。
 1匹鈎掛かりしても「そのまま」持って居れば多く食い付く。
 トクが多く掛かると枝ハリスが飛ぶことがある。


「胴付き釣り」 (豊後水道・津久見市TJ港U漁師の仕掛け) 
 胴付き仕掛けでは、主ハリス7号、枝ハリス6号であれば3s物がW食いしてもOK。
 ブリは海底付近で鈎掛かりした場合、ハリス張力の許容範囲以内で伸ばさずに締めて対応すれば、こくっ!こくっ!と7、8回頭振りさせると、不思議にも曳きが弱くなって揚がってくる。
 6号ハリスでは、7s物のブリが同時に2匹鈎掛かりした場合には片方は切れる。
 6号ハリスで6s物のブリを取り込むには10分はかかる。
 手玉で取り込むには、空気を吸わした大魚の前に手玉をそっと入れて、テグスを緩めて手玉に泳ぎ込ませる。
 カタクチイワシやいかなご等の小さな餌に附いた場合は、他の大きな餌には食い付きにくい。
 イワシやウルメイワシに附けた場合は、丸アジ等のアジ類の餌を使うがいい。
 活きイカを使用して泳ぎ込ませる場合は、孫鈎は力足、又は体の裾に浅く掛けるがいい。潮吹きに掛けると呼吸ができずに死ぬ。


ブリ・真鯛「沖合い胴付き釣り」(4Kg物) (豊後水道・津久見市四浦半島漁師の仕掛け)
 元糸のビシテグスは14〜16号使用。10号程度の元テグス5尋(7.5m)。
 ハリスは主7号、枝6号を使用。
 枝数は3本。枝間は四尋(6m)枝長は1.5尋(2.3m)。
 鈎は真鯛一本釣り鈎の10号〜13号の一本鈎。
 錘は鉄玉の60号〜80号。
 秋季の餌にはモイカの活きたもの


ブリ(8Kg物)「活きコブイカ掛け胴付き釣り」 (豊後水道・津久見市TK港TS漁師の仕掛け)
 ビシテグスは20号以上を使用する。ビシテグスとハリスの間には、丈夫なゴムクッション2m物を必ず付ける。
 主ハリスは釣れるブリの大きさに合わせて30号、枝ハリスは14号とし、上枝まで4尋(6m)枝数は5本〜8本とする。
 ブリは群に会うと次々と追い食いするから要注意。ブリ群との出会い回数は少ないが出会うと大群なので大漁する。
 枝ハリスは親子サルカンの5×6号以上を付けて、これより出す。
 最下部の枝鈎を海底近くにすると大ヒラメも釣れるが根掛かりが多い。
 枝間は1尋矢引き(2.1m)枝の長さは片手(60〜75cm)でいい。
 鉛間は1mとし、錘ハリスは捨て錘的に細くして、5号ハリスを使用。
 錘は40号中心にするが、水深とイカの大きさ、鈎数で適宜変える。


ブリ・真鯛「活きイカでの胴付き仕掛け」 (豊後水道・津久見市K名人漁師の仕掛け)
 元糸のビシテグスは12号〜14号を100m使用する。
 大真鯛主体でブリ兼用仕掛けなので、対象魚や大きさに合わせてハリスは6号〜8号とする。
 枝上のハリスを4尋(6m)、枝間は3尋(4.5m)〜四尋(6m)。枝の長さは、上枝2尋(3m)中枝2尋(3m)下枝は2尋(3m)〜3尋(4.5m)とし、親子サルカンで枝ハリスを出す。
 錘間は20cmとし、錘はなるべく軽いものを使用することだ。
 真鯛が近寄った際、逃げる動きをするような、元気な15cm物程度の大きいイカに食いがいい。
 大イカには親鈎子鈎を使い、前鈎は真鯛鈎12号、後鈎は14号とする。
 コブイカを餌にすると食いがいい。ゲシに鈎が掛かると死ぬので、前鈎は横向きに刺す。後鈎は鈎元のテグスが張らないように、力足元に横向きに掛ける。
 後鈎は鈎元のテグスが張らないように、力足元に横向きに掛ける。


ブリ6Kg物・真鯛「活きイカ餌胴付き釣り」 (豊後水道・津久見市H港YK名人漁師の仕掛け)
 ビシテグスは14号を使用する。
 主、枝共に7号ハリスを使用し、親子サルカンを付けて枝は2本。
 枝間は四尋(6m)枝の長さは3尋(4.5m)。
 下の鉛間は1mとし、捨て鉛仕様の3号テグス使用。
 ポイントによっては瀬頭を狙うこと。ブリ・ハマチの他に大真鯛も釣れる。


ハマチ「イカ鯛釣り」ヒラメ兼用仕掛け(豊後水道・津久見市H港YK名人漁師の仕掛け)
 沖合いの{ヒラメ}ポイントには{ハマチ}や「ブリ」が多く居るので主ハリス7号・枝ハリスは6号使用。真鯛の場合は主ハリス6号・枝ハリス5号で可能だ。
 錘間1尋(1.5m)中間2.5尋(3.75m)上間2尋(3m)とする。
 枝の長さは、下枝3尋(4.5m)中枝2尋半(3.75m)上枝2尋(3m)。
 ビシテグスを使用するので、錘は軽くて良く25号〜30号。
 仕掛けは、ノーをやらずに海底をコツコツ探りながら流す。
 イカは健常で元気なこと。マツイカが最もいい。
 元鈎はイカの剣先に浅く掛けること。先鈎は鈎元のテグスを張らないように注意が必要。
 向こう合わせで鈎掛かりさせて、できるだけ伸ばし込みをしない。


ブリ・ハマチ「イカ餌やアジでの胴付き釣り」(豊後水道・津久見漁港I名人漁師の仕掛け)
 1年物のヤズ太り主体にハマチ・ブリが混漁。小アジの活餌でのブリ釣り仕掛け。
 ビシテグス14号程度。
 主ハリス8号・枝ハリス6号を使用する。ブリが多く居れば主ハリス10号・枝ハリスを8号とする。※ 主ハリスは枝ハリスより2号APとする。
 4本枝とし、枝間3尋(4.5m)〜4尋・枝長1,5尋(2.1m)。
 丈夫な鈎を使用するが、釣れるブリ・ハマチのサイズに合わせる。
 錘は底を離さないことだ。底程大物が食い付く。尚、ヤズは中層でも多く釣れる。
 ブリ,ハマチ釣り用のアジ餌は、マアジよりもマルアジの方に食いが良く、大き目のアジの方が食い付きがいい。


ブリ・真鯛「イカ餌やアジでの胴付き釣り」(豊後水道・津久見市TK港漁師T丸仕掛け)
 アジの活餌でのブリ釣りは、ビシテグス14号・ビシテグスが14号を越すとハリスに無理がいく。
 6号ハリスを使用する。食いのいい時や大ブリの場合には主ハリスを7号とする。
 3本枝とし、枝間3尋(4.5m)・枝長2尋(3m)。
 鈎はガマカツ13号鯛鈎を使用。
 大真鯛でも6号ハリスであれば、鈎掛かり当初の曳き込み時に注意すれば、海底に達したら止まり、その後は締めても切れることはない。
 錘は底を離さないことだ。底程大物が食い付く。
 ブリ釣りのアジ餌は、{マアジ}よりも{マルアジ}の方に食いが良く、大き目のアジの方が食い付きがいい。
 真鯛は最初にイカの腹を噛むので、鈎を腹に掛けていると、真鯛の歯が異物を感じて二回目の食いがない。先鈎はケンサキに浅く掛け、後鈎は力足に横向きに掛ける。
 4s物ブリの場合6号ハリスであれば、2回ばかり強烈な曳き込み時に、抑え乍らやればコクコクと頭を振るようになるので、締めながら釣り上げる。


ブリ・ハマチ「イカ餌やアジでの胴付き釣り」(豊後水道・津久見市保戸島の漁師仕掛け)
 アジの活餌でのブリ釣りは、ビシテグス12号程度、ビシテグスが大きいとハリスに無理がいく。
 大ブリが居るポイントでは枝ハリス10号を使用する。ブリが居なければハリスを8号とする。
 枝鈎は5本〜7本とし、枝間3尋(4.5m)・枝長1,5尋(2.1m)
 鈎は餌の大きさを考慮して、イカには12号程度・アジ餌の場合はアジ太鈎5号〜8号 を使用する。
 錘は底を離さないことだ。底程大物が食い付く。
 ブリ,ハマチ釣り用のアジ餌は、{マアジ}よりも{マルアジ}の方に食いが良く、大き目のアジの方が食い付きがいい。
 真鯛は最初にイカの腹を噛むので、鈎を腹に掛けていると、真鯛の歯が異物を感じて二回目の食いがない。先鈎はケンサキに浅く掛け、後鈎は力足に横向きに掛ける。
 4s物ブリの場合8号ハリスであれば、2回ばかり強烈な曳き込み時に、抑え乍らやればコクコクと頭を振るようになるので、締めながら釣り上げる。


大ブリ・真鯛「活きイカでの胴付き仕掛け」(豊後水道・津久見市T漁港漁師の仕掛け)
 豊後水道本流域XXポイントで、6.28/03[胴付き仕掛け活イカ掛け]で6s物大漁。同時に数匹釣れることも多い。
 主30号、枝20号ハリスを使用して、ごぼう抜きで釣り上げることだ。
 安易に緩めて伸ばし込むと、20号でも引き千切られる。


ブリ「手繰り釣り」 (豊後水道・津久見市TK港NF名人漁師の仕掛け)
 28号ビシテグス、50mに0.5号鉛のビシを付けて鉛ビシ重量は400gがいい。ハマチ用は26号テグスに300gのビシ。
 ビシ間は手前の20mは30cm間隔。中の15mは25cm間、先の15mは20cm間とする。
 ハリスは14号以上とし、長さは8m。14号であれば6s物でも跳ね込み可能だ。ブリが大きい場合は、ハリスを適宜太くする。
 たぐり鉛は「船型」「笹型」の銀メッキ、金メッキ物を使用する。当地方のブリには笹型より船型が合っているようだ。
 1.5s物ハマチには100g(M)又はそれ以下。ブリには130g物(L)がいい。
 型の中央がヒシャゲて、尻が長いのがいい。メッキは光る程食いを誘う。
 タコは3号の赤やピンク系が安定して食うようだ。ブリの場合は、3.5号のタコを使用する。
 潮が濁った時には白色もいい。透明には喰いつかない。
 タコは1匹。鈎は真鯛一本釣り鈎の13号〜15号1本だけ。小さな鈎程食いはいいが12号鈎ではハマチには可だが、ブリに対しては弱いので不可だ。
 サルカンはビシテグス下に丈夫なサイズの品を使用するが、箱サルカンは船の「こべり」に当てると「く」の字型に曲がって折れるから使用しない。
 場合によっては、クッションゴム3ミリ1m物を取り付けるがいい。
 速く手繰る程食いがいい。海底より、22手・23手で食い付くので、ハリスが船べりに来るまで一気に手繰ること。キツイ釣技だぞー。
 ビシテグス元(ハリスとの継ぎ目)まで手繰った時に食い付くことが多い。
 朝夕に食いがいいが、夕方には暗くなるまで釣れる。
 活き餌釣りで食わない時でも、この仕掛けで手繰れば釣れる。
 鉛製の「魚型の手繰りルアー」も使用に値する。イカリ鈎は弱い上に、ルアーの動きを阻害するだけでなく、大魚が警戒するので使用しない方がいい。
 沖合いの瀬際や小魚群付近で手繰るとブリ、ハマチの他に真鯛やサワラも良く食い付く。
 エソや{タチウオ}が食い付くと、鈎元のねそが傷むから常に点検をすることだ。


ブリ・真鯛「イワシ鯛釣り」(豊後水道・津久見市HT港Y名人漁師の仕掛け
 
主ハリス7号、枝ハリスは6号。枝6号であれば3s物がWで鈎掛かりしても切れない。
仕掛けのハリスは鈎元がすれるから毎回の鈎の結び替えがベターだ。
ハマチ・ブリ・真鯛・ヒラメはウルメイワシ・カタクチイワシ等の群に付ける。
ハマチ・ブリは丸アジ群が大好物。「馬の瀬沖」「平瀬沖の瀬」[白石周辺][白小島沖の瀬]等にこれらの小魚群が来流すると必ず附けるものだ。マアジ群は敬遠するようだ。
クッションゴム3ミリ・2m物を取り付けは欠かせない。
サビキは2日目には光沢がなくなり、小魚が食い付かない。魚皮は丁寧に外すと再使用が可能だ。


ブリ・真鯛「イワシ鯛釣り」(豊後水道・津久見市保戸島港、大真鯛やブリが多い時の漁師仕掛け)
 主ハリストヨフロン12号・枝ハリスは10号。
 鈎は金龍アジ鈎7号。
 エバはサバ皮3,5cm。
 クッションゴム3ミリ、2m物を取り付けは欠かせない。
 ※  サワラは10号ハリスでも咬み切る。


ハマチ・ブリ・真鯛「イワシ鯛釣り」 (豊後水道・四浦半島M.N漁師の仕掛け)
 8.25〜8.30、白石から観音崎沖合にかけて中羽のカタクチイワシが大群で居た。
 2〜4s物の{ハマチ}が附けており1日数匹〜10匹以上、大真鯛も3s物〜最大10s物が附けており、釣果のいい日には真鯛数匹。
 主ハリスは6号・枝ハリスも6号・5号ハリスでは大真鯛には耐えるが大ブリが掛かると飛ぶ。
 枝間は80cmX2=160+20cm == 180cmから200cmとする。
 枝の長さは80cm程度。 枝数は6本〜8本程度。
 サバ魚皮サビキ使用。サビキのエバは3cm。
 鈎は金龍極太アジ鈎3号。カタクチイワシ、ウルメイワシが食えば太い4号鈎でもいい。
 ブリ・ハマチはウルメイワシが大好物だ。ウルメイワシであれば絶対に釣れる。
 真鯛の場合、2s物、4s物、5s物が同時に3枚掛かっても主5号ハリス、枝ハリス5号で捕れた。
 6号ハリスであれば5s〜7s物ブリでも1匹掛かりならば確実に獲れるが、許容超えの大魚がWで食うと枝が飛ばされる。2.5s物のハマチが複数食っても可。


ハマチ・ブリ・真鯛・ヒラメ兼用「イワシ鯛釣り」(豊後水道・四浦半島TN漁港の漁師仕掛け
 中羽のウルメイワシ群が沈み瀬に寄ると大真鯛やブリが附けるから「イワシ鯛釣り」で狙うがいい。ブリ・ハマチはウルメイワシが大好物だ。ウルメイワシが鈎掛かりすれば絶対に釣れる。
 主ハリスは8号、枝ハリスは8号。
 枝間は80cmX2=160+20cm == 180cmから200cmとする。
 枝の長さは80cm程度。 枝数は6本〜8本程度。
 魚皮サビキ使用。サビキは大きくてもウルメイワシは食い付く。
 ゴムクッション3mm、1m物使用。錘は40号。
 鈎は金龍極太アジ鈎5号。ウルメイワシが食えば太いのがいい。


ブリ「竿立て100m曳き釣り」(豊後水道・T漁港N漁師の仕掛け)
 他の{トローリング}方法で食わない時には、この釣り方が最もいい。
 主テグスは50号テグス100m。
 竿立て100mブイ曳きの枝ハリスは14号がいい。14号ハリスであれば6s物が釣れても切れない。
 船に5m程度の竿を立て、100m出した主テグスの先に、ラグビーボール程のブイに2s〜3sの錘を入れて抵抗物とする。
 張った主テグスより、海面すれすれに垂らした10数本のハリスに、イカナゴ疑似餌に1本鈎を仕込む。
 フロート近くは疑似餌の間隔を近くして、船に近くなる程間隔を空ける。
 基本的には、ブイに近い程ハリスの長さは短くなるが、ブイに近い3本の疑似餌だけは間隔を2尋(3m)とし、水中を来るように長さを調節する。
 これより前部の疑似餌は、小魚が海面を跳ねるように、垂らすハリスの長さを調節する。この長さが釣果を左右する。
 鈎の位置は、イカナゴ疑似餌のスカートの中央部に隠す。
 ハマチ・ヤズには、イカナゴ3号・ブリには3.5号とする。
 疑似餌のタコやイカナゴの色は赤やピンクが中心・山下のBや2Aがいい・山下Aはブリ・ハマチ共に食いが悪い。
 鈎は、小さい程食いがいいが、ガマカツ小鯛鈎の14号がいい。12号以下の鈎は弱いので12号以上の鈎を付ける。
 二股鈎は、疑似餌の動きが悪くてブリが警戒するだけでなく、掛かりも悪いので使用しない。
 弓角やテンテンを使用するのもいいが、サイズはブリやハマチの追う大きさに合わせること。
 小魚やアミに付けたハマチやブリは、太い餌には食いにくい。これは常識。
 フロートの後方にも少数の疑似餌を出すがいい。
 船はゆっくりと走らせる。
 ブイ付近の後方に一匹食ったならば、疑似餌に動きがでるから次々に追い食いするので、あわてずに、多くのブリが鈎掛かりしてから捕り込みにかかる。
 群の中に突っ込んではならない。疑似餌が{ハマチ群}の先頭に出逢うように船を回し込むことだ。この際、曳き縄が弛むことのないように注意することだ。
 曳き釣り用下駄でやると食いがいいので、バクダンでもいいのではないか。
 なぶら近くや潮目、瀬際を攻めるが、仕掛けが長くて水上を走るから、他の船の航行があると釣りづらい。
 14号ハリスであれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。
 12号ハリスであれば、4.5s物のブリは跳ね込み可能だ。


ブリ「引っ掛け釣り」(豊後水道・津久見市無垢島沖合での釣り・漁師仕掛け)
 例年10月末〜12月中旬には[無垢島沖]〜[保戸島沖]にかけて、1.5s物〜3s物ハマチの群が小魚群を「食い揚げて」大きな「ナブラ」を表す。アミの発生があり、小魚群が来流するものと思われる。
 リール竿で、飛ばせ錘を先に付けた擬似鈎や「ボラ引っ掛け鈎」でねらう。
 20号ハリス、短い枝ハリスにボラ掛け鈎を1〜4本付ける。
 {ハマチ}の「なぶら」に向けて投げ、着水と同時に合わせる。合わせが遅いと掛からないので要注意。
 鈎が多いと投げづらいから数本以内がいい。丈夫な錨鈎1本でもいい。
 「なぶら」を探索するには、カモメなど水鳥の乱舞する「鳥山」を見付けることだ。
 ※ 同じ仕掛けで、沿岸の急流域で大群を成す大型尾長メジナ群を狙うといい釣果を出す。


ブリ「鉛付き鈎での曳き釣り」イカ餌使用(豊後水道・津久見市M漁港K名人漁師の仕掛け)
 28号ビシテグス使用。50mに0.5号鉛のビシを付けるが、鉛ビシの総重量は400gがいい。ハマチ用は26号テグス50mに300gのビシ。
 ビシの鉛間は手前の20mが30cm間隔、中の15mは25cm間隔、先の15mは20cm間とする。
 14号ハリスであれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。
 イカダ周りや瀬際を曳くと大ブリが居る。


ブリ「鉛付き鈎での曳き釣り」小魚餌使用(豊後水道・津久見市H漁港の漁師仕掛け)
 ブリの食みが見られる時に、鉛付き鈎にサンマを掛けて海面を曳くと一発だ。イワシを掛けてもいいがウルメイワシがあれば、この方が食いがいい。
 14号ハリスであれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。 12号ハリスであれば、4.5s物のブリは跳ね込み可能だ。
 養殖場のイカダ周りや瀬際には大ブリが居る。特にイカダ付近のブリは食い付き当初の曳きが強く、深く潜るからロープには要注意。


ブリ「鉛付き鈎でのたぐり釣り」イカ餌使用(豊後水道・津久見市K漁港K名人漁師の仕掛け)
 28号ビシテグス使用。50mに0.5号鉛のビシを付けるが、鉛ビシの総重量は400gがいい。ハマチ用は26号テグス50mに300gのビシ。
 ビシの鉛間は手前の20mを30cm間隔とし、中の15mは25cm間隔、先の15mは20cm間とする。
 ハリスは14号以上とし、長さは8m。14号であれば6s物でも跳ね込み可能だ。ブリが大きい場合はハリスを適宜太くする。
 10尋程度のたぐり揚げでいいが、速く手繰るほど追い食いする。
 サワラが居れば、活き餌付けがいい。サワラはアジ餌を敬遠するのでサバ子の餌が最もいい餌となる。


「イカダ付近での浮きブリ釣り」(豊後水道・津久見市H漁港Y名人漁師の仕掛け)
 養殖場イカダ付近の特定の位置にブリが目視されることがある。そのような時には、長さ数mの錘を付けないハリスに14号鈎で活餌のアジやイカを付け、小さな浮きブイを付けて投げ込み、若干の距離を保って船を停めて、道糸を持って食いを待つ。
 このブリを狙う餌には活きたイカが最もいい。力足又は体の裾に鈎を浅く掛けて泳がす。
 活きた中アジやアメタ・サバ・イワシの餌もいい。小魚は腹ヒレに鈎掛けするがいい。
 14号ハリスであれば、6s物のブリまでは跳ね込みが可能。12号ハリスであれば、4.5s物のブリは跳ね込み可能だが、食いが悪い場合はハリスを細くする。
 鈎は丈夫な小鯛鈎がいいが、餌の大きさで号数を決める。尚、ブリの大きさに対応できる最小サイズとする。
 ブリが食い、ブイに動きが確認され次第、直ちに生け簀やロープから曳き離すのがコツ。


「養殖場の餌撒き時の浮きブリ6Kg物釣り」(豊後水道・津久見市H港Y名人漁師の仕掛け)
 元糸は太いヤマ。ハリスは16号5尋(8m)。
 鈎は、はえ縄鯛鈎13号から15号。
 船から10尋(15m)出して食いを待つ。手持ち以外は、竿に鈴を付けておく。
 餌は大き目の[アジの活餌掛け]背掛け。
 ※ 弱ったものや、背鰭や尻尾のばらけたアジや弱ったアジには食い付かない。
 ※ 鈎が太いので鼻掛けはいけない。
 活きたイカが手に入れば、最もいい餌となる。丸アジもいい。
 逃げ物の「ブリ」は、餌撒き船の一艘だけの周辺に附く。


「養殖場の餌撒き時の浮きブリ釣り」(豊後水道・津久見市H港Y名人漁師の仕掛け)
 ハリスは12号を中心。食いの悪い時には小さく逆に食いが良ければ14号とする。14号であれば6s物のブリでも抜き揚げることができる。
 錘は小さくてもいいが、食ったブリが走り回るから20〜30号ものをつけるがいい。
 鈎は12号以上のハリスを使用する時には、小鯛鈎15〜18号を使うがいい。
 食いの落ちた時には、極太アジ鈎の4号〜8号だ。鈎が小さい程食いがいい。
 狙う水深は5尋中心。ブリが多いと必ず食い付く。
 餌は、活きたイカや小さな丸アジが良く、マアジには若干だが食いが落ちる。秋季にクラゲに身を寄せるアメタ(イボダイ)はいい餌だ。


「食む時の浮きブリ釣り」(豊後水道・津久見市H港Y名人漁師の仕掛け)
 食む時に活き餌を付けて「食むブリ」の中に投げ込む。活き餌は事前に鈎付けしておき、リール竿や手で投げ込むがいい。
 ハリスは12号を中心。食いの悪い時には小さくし、逆に食いが良ければ14号とする。14号であれば6s物のブリでも抜き揚げることができる。
 鈎は12号以上のハリスを使用する時には、小鯛鈎15〜18号を使うがいい。
 食いの落ちた時や餌が小さい時には極太アジ鈎の4号〜8号、鈎が小さい程食いがいい。
 錘は原則として付けない。尚、リール竿で遠飛する為の錘は使用に値する。
 餌は、活きたイカや小さな丸アジが良く、マアジには食いが落ちる。アメタはいい餌だ。
 うまく「食み」の中に投げ込めば直ぐに食い付くものだ。
 活き餌が手に入らない場合にはルアーでもいい。しかし、活き餌程の釣果は望めない。


「流れ藻に附いた浮ブリ釣り」 (豊後水道・津久見市H港Y名人漁師の仕掛け) 
 流れ藻や流れ木、潮目でハマチやブリ、しいら等が一寸ばかり「水」をしたり、目視される場合には、それらに附いた小魚やイカ子を狙っており、離れないものだ。
 事前に活き餌を鈎付けしておき、大魚の附けている「流れ藻」等そっと舟を近着けて、その中に活き餌をリール竿や手で投げ込むがいい。
 ハリスは12号を中心。食いの悪い時には小さく逆に食いが良ければ14号とする。14号であれば6s物のブリでも抜き揚げることができる。
 鈎は12号以上のハリスを使用する時には、小鯛鈎15〜18号を使うがいい。
 錘は原則として付けない。尚、リール竿で遠飛する為の錘は使用に値する。
 餌は、活きたイカや小さな丸アジが良く、マアジには食いが落ちる。アメタはいい餌だ。
 うまく大魚の居る付近に投げ込めば直ぐに食い付くものだ。


「サンマや流れ藻の小魚に附いた浮きブリ釣り」 (豊後水道・保戸島漁師・H丸の仕掛け)
5月頃、迷いサンマやトビウオが来るとブリが附けるものだ。又、イワシなどの小魚群に附けた場合は海面に追い上げて夢中で食い漁る。
潮目で流れ藻や流れ木付近でハマチやブリ、しいら等が一寸ばかり「水」をするのが目視される場合には、それらに附いた小魚やイカ子を狙っており、この位置を離れないものだ。
事前にアジなどの活き餌を鈎付けしておき、大魚の食む所や「附けている流れ藻」等にそっと舟を近付けて、その中に活き餌を投げ込むがいい。一寸距離のある位置で食んでいても、投げ込むと同時に食い付くものだ。
主、枝ハリス共に12号を中心。ブリが大きい場合や食いが良ければ14号とする。14号であれば6s物のブリでも抜き揚げることができる。
鈎は12号以上のハリスを使用する時には、小鯛鈎15〜18号を使うがいい。
主ハリスには枝鈎を2本付けるが、鈎枝のハリスは主ハリスと同じ号数を各1尋。枝間は4尋(6m)先鈎までも4尋(6m)。
活きアジは船際から泳ぎ込ませるがいい。尚、絶対にアジを鈎掛けしながら投入してはならない。先鈎に食い付いたぶりが猛烈な曳き込みをして上鈎が手に掛かる凶器となる。※ ブリに釣られたのでは漫画にもならない。
餌は、活きたイカが最良の餌となるが、丸アジ、サバ子やアメタもいい餌だ。マアジには食いが落ちるが使用に値する。
錘は原則として付けない。リール竿で遠飛する時はアジの活餌だけが基本だ。
うまく大魚の居る付近に投げ込めば直ぐに食い付くものだ。


「沖合い沈み瀬・漁礁に附いた大ブリ釣り」(豊後水道・四浦、保戸島の漁師仕掛け)
冬季の[無垢島〜高島間の漁礁]や豊後水道本流域での8〜15s物の大ブリ釣りだ。この頃の大ブリは脂が乗っており、マグロのトロに負けない食味だ。1本数万円と高価だ。
[胴付き仕掛け]に活餌を掛けて釣るが、釣れる大ブリに対応できる最小ハリスを使用する。細いハリスであれば食い付きはいいが、弱くて縺れ易く、太いハリスでは丈夫であるが、活餌の泳ぎが活発でないからブリの食い付きが悪い。
元ヤマとビシテグスは、ハリス以上の強度と縺れにくいことが絶対条件となる。尚、水深の2倍の長さは必用だ。錘は、水深と潮流に合った号数とするが、軽いに越したことはない。
ビシテグスとハリスの間には、3mm以上1mのクッションゴムの取り付けは欠かせない。
餌には、大きなマツイカ(スルメイカ)が最もいいが、簡単に手に入る活餌ではない。食い込みは良くはないが、活きた大型の丸アジを掛けるのもいい。
晩秋には同じポイントには8s物を越す大ニベが来流する。仕掛けも活き餌も同一でいいが、ニベやアラはイサキの活餌にも盛んに餌付く。
アラは、鈎掛かりすると同時に漁礁や沈み瀬に逃げ込む習性がある。ハリス能力一杯に〆て耐える以外に方法はない。
ニベは、鈎掛かりすると沖合いに逃げる習性があり、時間をかけて取り込むといい。しかし、秋に来流するニベは、大きな個体は30sにも達する巨大魚であることを忘れない。


「沖合い沈み瀬・漁礁に附いた大ブリ疑似餌釣り」(豊後水道・四浦半島O漁港の漁師・H丸の仕掛け)
 [無垢島〜高島間の漁礁]や豊後水道本流域の無垢島や「釜戸崎」等での数s物のブリやハマチ釣りだ。同時に多数の漁獲があるのが特徴だ。
 [胴付き仕掛け式]にハグ鈎に10cm程のピンクや青いラメゴムを付けて釣るが、釣れる大ブリに対応できる最小ハリスを使用する。
 1匹掛かると追い食いして、次々に鈴なりに食い付くから、枝数は14〜20本程度がいい。
 枝間は大矢引き〜1尋程度。枝ハリスの長さは片手(40〜50cm)程度。
※ 枝ハリスが長過ぎると泳ぎに助走力がつくので良くない。
 ハグを使用するが、鈎のサイズと主ハリス、枝ハリスの太さは釣れるブリに大きさに比例させる。
 枝ハリスの長さは、枝間間隔の二分の一以下とする。これ以上長いと絡むことになる。
 5s物以上のブリであれば、主ハリス40号、枝ハリス30号。
 3s以下の{ハマチ}には主ハリス18号、枝ハリス14号でいい。
 錘はポイントの水深に比例させるが、[釜戸崎][無垢島周辺]では60号でいい。
 着底次第、手繰り揚げ、落とし込みを繰り返す。
 ゴムクッションを付けてもいいが、よほど丈夫でないと使えない。
 鈎掛かりしたブリは錨を揚げる要領で釣り上げることだ。


ブリ「活きコブイカ掛け胴付き釣り」8Kg物(豊後水道・津久見市TK港漁師・TS丸の仕掛け)
 ビシテグスは16号以上を使用する。ビシテグスとハリスの間には、対応できる丈夫なゴムクッション2m物を必ず付ける。
 主ハリスは釣れるブリの大きさに合わせて30号、枝ハリスは14号とし、上枝まで4尋(6m)枝数は5本〜8本とする。
 群に会うと次々と追い食いするから要注意。ブリ群との出会い回数は少ないが、出会うと大群なので数匹は同時に釣れる。
 枝ハリスは親子サルカンの5×6号以上を付けて、これより出す。
 最下部の枝鈎を海底近くにすると大ヒラメがくるが根掛かりが多くなる。
 枝間は1尋矢引き(2.1m)枝の長さは片手(60〜75cm)でいい。
 鉛間は1mとし、錘ハリスは捨て錘的に細くして、5号ハリスを使用。
 錘は40号中心にするが、水深とイカの大きさ、鈎数で適宜変える。


ブリ・真鯛「活きイカでの胴付き仕掛け」(豊後水道・津久見市M漁港K名人漁師の仕掛け)
 
元糸のビシテグスは12号〜14号を100m使用する。
ハリスは真鯛とブリ釣り兼用なので、対象魚に合わせて6号〜8号とする。
枝上のハリスを4尋(6m)、枝間は3尋(4.5m)〜四尋(6m)。枝の長さは、上枝2尋(3m)中枝2尋(3m)下枝は2尋(3m)〜3尋(4.5m)とし、丈夫な親子サルカンで枝ハリスを出す。
錘間は20cmとし、錘はなるべく軽いものを使用することだ。
真鯛が近寄った際、逃げる動きをするような、元気な15cm物程度の大きいイカに食いがいい。
大イカには親鈎子鈎を使い、前鈎は真鯛鈎12号、後鈎は14号とする。
冬季には、シリヤケイカやコブイカを餌にすると食いがいい。ゲシに鈎が掛かると死ぬので、前鈎は横向きに刺す。後鈎は鈎元のテグスが張らないように、力足元に横向きに掛ける。
小イカの場合は一本鈎とし、イカの大きさに合わせたサイズとする。


トップページ