豊後水道で出会った魚

豊後水道海域で佳丸ジイジが釣った魚・・・佳丸撮影
  豊後水道は豊饒の海、春夏秋冬・多種多様の魚やイカ類が釣れるだけでなく、各種の鳥類やイルカ達とも友達になれます。
 下の写真は釣り天国・豊後水道で佳丸ジイジが釣った魚と、佳丸と遊ぶイルカ達です。

 
豊後水道にはイルカも多い・・・佳丸ジイジと遊ぶイルカ達 
真鯛は四季を問わず多く釣れる魚
イサキ・20cm以下は漁獲禁止。オコゼに似たフサカサゴは藻場に居るカサゴ・・・毒刺は持ってない
鬼イカや松イカと称されるスルメイカは、豊後水道では食用に供しないイカ
モイカは秋から冬にかけて藻場で釣れるが、晩春の産卵を控えた親イカは2s近くになるのも居る
ナマコは冬季に浅場で多く獲れるが、アカナマコは藻場・アオナマコは砂泥地に多い
紋甲イカ・コブイカは秋から冬を中心に春にかけて沖合いの砂泥地で釣れる
アイゴは浅場で多く釣れる魚だが、多くの毒刺を持つから絶対に触らない
 
サメ類の歯は鋭い・エイ類は尻尾に大きな毒刺が1本〜2本あるから絶対に触らない 
サメ類・ウツボ・ハモは近付くと咬み付いて大怪我をする。絶対に近付かない・・・
 
エイ類は尻尾に大きな毒刺が1本〜2本あるから絶対に触らない
 
ウミヘビかな?・・・漁師からは、毒魚で咬みつくと聞く。
豊後水道には南方系の猛毒ウミヘビも稀に居る・・・長い魚は触らないのが鉄則
 
 
タチウオ・サワラ・エソ・カマスは咬み付く魚ではないが、鋭い歯を持っている・・・鈎を外す際は要注意。
佳丸の鈎に掛かったメバルです。豊後水道にはこれだけの種類のメバルが居るが、種類によって習性が異なる
メジナやクロダイは沿岸に多い魚だが、豊後水道の住民や漁師は釣りでは狙わない
 
 アジ釣りの外道で釣れた61cm・5.7sのクロマグロ
 
海の米と呼ばれるイワシ類は、新鮮であれば旨い魚
日々変化する豊後水道の夜明けは素晴らしい・・・
秋から冬にかけて釣れる大きな{関サバ}は絶品、ポイントは豊後水道北部
ベラは藻場で多く釣れる魚
カンダイを豊後水道では「モブシ」と称する・左の写真は雄のカンダイ・中は雌カンダイ・右はマゴチ
豊後水道での呼び名は、タカノハダイを「ヒダリマキ」・小型のイシダイは「カチコブリ」
深場のホゴ(カサゴ)は紅い・不格好な魚だが、みそ汁や煮物にすると絶品
イラ君は刀を差しているから「ショウヤサン」=庄屋さんと呼ぶ
愛嬌があり綺麗な魚だが、多くの毒刺を持つから絶対に触らない
ニベは活き餌で釣るが、太いのは30sを超す大魚・・・脊髄が尻尾の中央部に露出する
 
イセエビは刺し網・籠罠で獲る・・・友人H君が漁獲したイセエビ
甲イカ釣り時に釣れたマダコとイイダコ
アオサギ・ギンガメアジ・ブダイ・ヨスジフエダイは、豊後水道に近年やって来た魚と鳥・・・地球温暖化の影響か?
左の写真の魚はビトン柄???右の魚は冬季に来流するアカヤガラ
ウミネコは豊後水道北部の速吸海峡に位置する高島が営巣地
豊後水道ではブリ・ハマチが年間を通して多く釣れる・・・カンパチは秋季に多く釣れる魚
アラ類は近年著しく減少した魚
フグ類は愛嬌のある魚だが、小さくても猛毒を持つから家庭料理は絶対にしない
左端のフグは無毒のサバフグだが、類似フグには猛毒を持ったのが居るから要注意・中の魚はイシガキダイ
オコゼは保護色で餌を待つ・・・オコゼ料理は旨いが、多くの毒刺を持つから絶対に触らない
 
真鯛は個体によって、大きさ・姿・形・色合い・肥満度が違い、老成魚は10sを超す
日々変化のある豊後水道の夜明けは素晴らしい
豊後水道に多い小魚だがメジャーな魚ではありません
スズメダイやヒメジは焼き魚にし、カボス醤油で食すると絶品
この三種の魚は豊後水道に多くは居ない
 
 
 
ホウボウやカナガシラは個体によって鰭の色や模様が違う
左端のキダイや中のチダイは成魚でも1sを超さない鯛・チダイはエラ蓋が紅く老成魚はオデコが出っ張る。
左端の中央に的のある魚はマトウダイ太いのは2s近い・中はヒラアジ・右の紅い魚はアカタチ
左は10sを超す大ヒラメ・・・ヒラメは釣れた海底の砂色の保護色をしている
天然ヒラメの腹は真っ白だが、放流ヒラメや養殖ヒラメの腹は真っ白ではない
 
スズキには河口などに多いマルスズキと、荒磯を住処とするヒラスズキの2種類ある。
食味はヒラスズキの方が良く、浜値も高価。
豊後水道で代表的なカワハギ類三種・・・ウスバハギは南方系のカワハギで最も美味。
アジ類では最も美味な シマアジ
大きなマアジは1sを超す・・・右のマアジは佐賀関沖で釣った関アジ・・・脂がのったマアジは黄金色
高級魚のアマダイ・シロアマダイ・イトヨリ・キダイは同じポイントで釣れる魚
高級魚のアマダイ・シロアマダイ・イトヨリは釣り揚げると絶命する魚・・・極く稀に見る泳ぐ姿をパチリ
 
上下に長い糸を曳くイトヒキ・・・イボダイは鈎掛かりしない魚、写真は津久見魚市場で撮ったもの
 
 
ヘダイは秋に養殖場の低層で多く釣れる。最大サイズ1s程の魚。
鮮度が落ち易い魚だが、鮮度が落ちないうちに塩焼きやバター焼きにすると旨い。
 
シイラは高水温を好み曳きが強い魚。豊後水道では「マンビキ」と称する。
豊後水道には夏から秋にかけて来流するが、大型は北部には来流しない。
釣り上げた時は金緑色に輝き実に綺麗な魚。
豊後水道には本ガツオは少ない・・・唯一多いのはソーダガツオ・・・右の魚はコロダイ
チカメキントキは冬季に来流する魚・・・無垢島沖で釣り揚げてパチリ
ハンドウイルカのようだ                真鯛を釣る漁船
佳丸の舳先に寄るイルカの群れ            イルカは人間を見物にやってくる
自然のイルカが遊んでくれる・・・のページもご覧下さい。
トップページ